転職活動に向けて何を準備すればいい?~悩める20代に送る転職準備マニュアル~

転職活動に向けて何を準備すればいい?~悩める20代に送る転職準備マニュアル~

初めて転職活動をする人は、転職活動をするにあたってどういう準備をして転職活動を進めていくのか、よく分からない人が多いと思います。

誰でも初めてのことは、分からないことも多くて不安になってしまいますよね。

自分がこれからずっとしていかなければならない「仕事」を決める重要なものになりますので、不安はより一層大きいと思います。

転職活動に専念するためにも、不安を出来るだけなくした状態で、転職活動に臨みたいですよね。

そこで今回は、転職活動の前に何を準備すればよいのか、転職活動はどんな流れで進んでいくのかを説明していきたいと思います!

また、退職してから転職活動をする場合と、仕事を続けつつ転職をする場合のメリット・デメリットも紹介していきますので、そちらも参考にしてみてください!

転職活動をする前に知っておくべきこと

それでは最初に転職活動をするにあたって、知っておいた方が良い知識から説明していきます。

転職には3か月~6ヶ月かかります

一般的に、転職活動にかかる期間は3か月~6ヶ月と言われており、中には1ヶ月ほどで決まってしまう人もいますし、6ヶ月以上かかってしまう人もいます。

応募先によって志望動機を考えたり、自己PRを考えたり、面接対策をしたりと転職活動はかなりエネルギーを使います。

行きたい企業から内定が貰えずに、ストレスが溜まることもあります。そのため、転職活動にはある程度の覚悟をもって望む必要があります。

転職には意外とお金がかかる・・・

転職には予想以上にお金がかかります。

それに合わせて、今までの生活費もかかりますので、仕事をしない状況で転職活動をするとなると、貯金が十分にない人は生活をしていくことがかなり困難になります。

上記で言いましたが、転職にかかる期間は3か月~6ヶ月ほどですので、転職活動を続ける事よりも生活が出来なくなってしまう事態が発生してしまいます。

また、上京して転職活動を考えている場合には、交通費・宿泊費などさらにかかってきてしまいます。

そのため、お金のやりくりに関しては転職をする上で重要なポイントです。

新卒の時にした就活と、転職活動は違います!

やる気や人間性や意欲などの、精神的な面をアピールする新卒での就職活動に比べて、転職活動は、前職での経験やスキル、社会人としてのマナーなどが重要視されるので、新卒での就職活動をイメージして、転職活動を行うと失敗してしまうことが多いです。

前職での業務経験を元にして、業務に応用できる経験やスキル、吸収力の早さや成長率の大きさ、ビジネス感覚や会社への貢献意識を伝えることが大切です。

求人をある程度見て、行きたい企業を絞っておく

自分が何に興味があって、どんな仕事に就きたいのかイメージを膨らませておくことが大切です。転職を意識しだしたら、転職サイトやアプリなどでどんな求人があるのかを見る癖をつけましょう。

注意点として、求人には掲載期間というものがあり、一定期間経過したら求人が無くなってしまうこともあります。

そのため、求人の掲載期間には注意してみるようにしましょう。

興味がある企業があれば、求人が無くなってしまう前に、書類だけでも送ってしまうことをおすすめします。

書類が通れば、面接の日程はある程度調整してくれますので、企業に応募できなくなってしまうという事態を防ぐことができます。

転職スケジュールを立てよう!

どんな企業に行きたいのか、どういう手順で転職を進めるのかなど、何にも計画を立てずに、転職活動を始めてしまうと、転職先が決まるまでにかなり時間がかかってしまったり、生活費をしていくお金が無くなってしまうなどの事態に陥ってしまいます。

そのため転職をするにあたり準備すべきこととして、転職スケジュールを立てることが重要です。

転職活動のゴールを決め、スケジュールを逆算して進めることで予定が立てやすくなり、スムーズに転職活動進めることができます。

具体的なスケジュールの立て方として、

手帳やスマートフォンなどに具体的に書いていき、可視化することで今自分が何をすべきなのかがわかります。

退職してから転職をするケース

転職活動をするにあたり、仕事を続けつつ転職活動をするのか、退社してから転職活動をすすめるのか、二つのパターンがありますがどちらにも一長一短の特徴があります。

まずは、会社を退職してから転職活動を行うメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

メリット

転職活動に専念できる

履歴書・職務経歴書を完成させるだけでもかなりの時間と労力がかかってしまいます。

仕事をしていない状況だとすべての時間を、書類作成の時間に充てることが出来ますが面接などの日にち調整も融通が利きますので、企業が提示してきた日にちに自分の都合を合わせることが出来ます。

転職活動に全ての力を注げるので活動に専念できるので、転職活動を短期間で終わらせてしまいたい人に向いています。

デメリット

収入が無い状態で生活しなければならない

会社を退職してから転職活動を進める場合には、収入がない無職の状態で転職活動を勧めなくてはなりません。

貯金がある程度あり、数か月であればお金のやりくりができる人であれば問題ありませんが、貯金が無い人は転職活動の前に生活が出来なくなってしまう状況になります。

転職が中々決まらない場合も考えられますので、自分の状況を十分に考慮してから、判断しましょう。

現在の仕事を続けながら転職活動をするケース

続いて仕事をしつつ、転職活動をする場合のメリット・デメリットの紹介です。

メリット

収入を得つつ転職活動をすることが出来る

転職活動において、一番ネックとなる問題は金銭的な問題です。

退社して転職活動を勧めると、無職の状態が続き収入を得ることができませんが、仕事を続けていると、その問題を解消することが出来ます。

先ほど触れましたが、転職は意外とお金がかかります。

お金が無くなって、生活を送ることすらままならない状態にならないためにも、自分の状況にあった手順を選択する必要があります。

デメリット

転職活動に専念できない

仕事を続けながら転職を進めるとなると、シフト制ではない限り仕事をしている人は平日の夜か、休日に転職活動しなければなりません。

そのため、応募先の企業との面接日程が合わない、履歴書などの書類作成が進まないなどの事態が起きてしまいます。

現在の仕事に支障が出てしまう恐れがある

履歴書作成や職務履歴書の作成の時間が、仕事以外の時間で確保できず、仕事の中で時間を作り書類作成に時間を充てる人もいるみたいです。

そうしてしまうと、仕事の時間を圧迫してしまい、業務が進まずに支障が出てしまいます。

また、仕事をしていないことが職場にばれてしまうと、様々なリスクも出てきます。

転職活動に向けての準備と進め方

ここからは、この記事の肝である、転職活動に向けて具体的に順にすべきことと転職の進め方について、説明していきます。

自己分析をする

転職をする上で軽視しがちですが、自己分析は転職活動の準備の中で大切なことです。

何のために自己分析をするのか、と疑問を持つ人がいますが、自己分析をすることで、今までは知らなかった自分を知ることができ、知らなかった自分を知ることによって、自分が何をしたいのか、どういう職が自分に合っているのかを知ることに繋がります。

仕事をしている忙しい中では、時間を割いて自己分析をすることもできませんので、転職をいい機会だと思って、取り組んでみましょう。

行きたい企業を探す

行きたい企業を絞らない事には、転職活動は進みません。

求人によっても、条件・待遇などは様々で求人は世の中にたくさん存在しますので、ある程度自分で選択しなければなりません。

行きたい企業が見つからず、転職活動が進まないという事態が起きないためにも、なるべくたくさんの転職アプリを駆使して、どんな求人があるのかを見ておきましょう。

履歴書・職向け歴書の作成をする

転職活動をする上で、必要になってくる書類として履歴書・職務経歴書があります。

まずは、この二つがどのような書類なのか説明します。

履歴書

自分がこれまでに辿ってきた学校や会社名を記載します。

学校に関しては、大学入学時から書くのが一般的で、何年に入学・卒業して、何年に会社に入り、そこでの在籍期間などを記入していきます。

履歴書の欄に、志望動機を記入する欄もあります。

職務経歴書

自分がこれまでにどんな会社に在籍して、どのような業務に携わってきたかを記入します。

仕事上でのスキルや前の会社ではどのような成果を上げたのかなどを詳細に書きます。

抽象的な表現が多くなってしまいがちですが、具体的な数字を掲げて自分をアピールすることが大切です。

例えば、○○円の上利上げを達成した、ウェブの集客が○○人を超えた、などと、数字で自分の成果を示すことにより、企業側の目に留まりやすいです。

書類選考の段階では、企業と直接話すことが出来ないので、二つの書類を基にしてあなたがどのような人なのかを企業側は判断します。

次のステップに行くための大切な書類になりますので、時間をかけて作成しましょう。

求人に応募する

履歴書や職務履歴書の準備が整ったら、いよいよ企業へ応募しましょう。

応募をするだけであれば、なん十社に応募しても問題はないので、気におなる企業があればどんどん応募しましょう。

面接の対策を行う

書類選考を通過した場合には、企業との面接を行います。

企業側が転職活動で重要視することは、主として「即戦力」です。

転職先が、今までに経験したことがない職種だとしても、前職での経験を次の仕事でどう生かすことが出来るのか、企業から即戦力として見られるように自分をアピールしなければなりません。

志望動機や退職理由など、面接の定番質問については、あらかじめ回答の準備をしておく必要があります。

また話す内容だけでなく、話している口調や声量なども採用の基準に含まれています。

下を向いて、小さい声でぶつぶつと話していても何のアピールにもなりませんので、明るくはっきりとはきはきとして口調で話すことを心がけましょう。

内定!

無事に面接も通過したら内定です。

初勤務日をいつにするのか、待遇や勤務条件などを交渉したりと内定をもらってもいろいろとすべきことがあります。

自分の給料などもここで決まりますので、話し合いの中である程度は自分の意見を主張することも大切です。

転職活動は万全の準備をしてから行いましょう

転職の準備に何をすればよいのか、どういう流れで転職が数済んでいくのかを中心に書いてきました。

重要なポイントをまとめると、

再三同じことを言ってしまいますが、転職にはお金がかかります。

お金が無くなって生活が出来なくなってしまうことが無いように、転職スケジュールを立てて、計画的に転職活動を勧めていきましょう。