20代の転職率は30%!?20代の転職事情を解説します!

現在転職を考えている人の中には、同世代の20代がどのくらい転職をしているのか気になりますよね。

20代での転職は世間的に見て、普通なのだろうか?と思う人が多いはずです。

一昔前は、一度入社した会社に定年まで勤める終身雇用の制度が一般的でしたが、現代においてはそんな風潮も無くなり、20代の30%が入社した会社を3年以内に退社する時代になっています。

今回の記事では、20代の転職率や転職するメリット・デメリット、転職活動をする上での注意点を説明していきたいと思います。

そもそも転職率とは?

転職率とは、一定期間の内に労働者が会社を退社して、転職をしようとする人の割合のことです。

例えば100人の20代が働いていたとして、1年間の間に20人が退職して転職した場合、転職率は20%ということになります。

なぜこんなに20代の転職率が多いのか?

20代の3人に1人が転職していると聞くと、かなり高い割合で転職をしていることがわかります。

それではなぜ、こんなにも転職率が高いのか、理由を説明していきます。

給与が少ない

転職理由で最も多いのが給料面に不満を感じるケースです。

20代の内はできる仕事にも限りがあり、責任量が軽いため給与が低く設定されています。

一人暮らしをしていれば、家賃や光熱費、携帯代、奨学金の返済などで、給料の半分ほどを引かれてしまいますので、自分で自由に使えるお金がかなり少ないです。

その点に不満を抱え、今の会社よりも給与が高い会社を求めて転職をする20代が多くなっています

労働時間が長い

仕事量が膨大で勤務時間内には終わらせることが出来ず、毎日のように残業をしなければならない環境の会社が多くあります。

残業時間が多く仕事量が多い会社の場合には、離職率が高いので慢性的に人手不足の問題を抱えています。

中には残業をしても残業代が発生しない会社もありますので、転職先を選ぶ際には注意しなければなりません。

20代での転職は当たり前になりつつある!

20代でまだまだ仕事の経験が浅い段階で転職してしまうと、企業から根性がない・仕事を続ける継続力がない、などと思われる恐れがあって、転職に動き出せない人がいると思います。

しかし、先ほど説明したように20代の3人に1人が転職しているので、あなたが思っている以上に転職は身近な存在になってきています。

20代で転職するメリット

転職をする20代が増えてきていることがわかりましたが、それでは転職をするメリット・デメリットをそれぞれ説明していきます。

未経験でも受け入れてくれる企業が多い

転職市場では年齢の若い人材を求める企業が多いので、20代は転職にかなり有利です。

そのため、未経験からでも異業種にチャレンジできます。

20代は成長率や吸収率などが主な採用基準になっていますので、必要なスキルや知識を身に付けていなくても、ポテンシャルが高いと判断されれば採用に至ります。

年齢を重ねるごとに異業種へ転職するのが難しくなりますので、異業種へ転身を考えている場合には、出来るだけ早く行動に移す事をおすすめまします。

キャリアアップできる可能性がある

現在の職場ではキャリアを構成するのに限界を感じていて、将来的にもキャリアアップしていけそうにない場合には、転職することでその悩みを解消できます。

自分の適性に合った職場に就ければ、元々いた人たちよりも早く出世できる可能性もありますし、今働いている職場以上に収入を増やせる可能性もあります。

多少リスクはあるものの、転職はやり方次第で無限の可能性を秘めています。

20代で転職するデメリット

次にデメリットを紹介していきます。

昇進が遅れてしまう

前職での経験やスキルを多少は考慮してくれるものの、転職先では一からのスタートとなります。

そのため転職先の同年代よりも昇進が遅れてしまう場合もあります。

努力次第では追い抜くこともできるかもしれませんが、頑張りを評価されてすぐに評価に繋がるケースの会社はあまり多くないです。

軽い気持ちで転職してしまうと昇進が遅れて苦労することになるので、注意しておきましょう。

給与が下がってしまう場合もある

前職で仕事をたくさん任されて、責任感のある仕事をしていた人でも転職して、新しい職種の企業にいくと新人として扱われます。

現在の収入額が低く、今の会社よりも給与の高い会社を目指して転職する場合に問題ありませんが、現在の仕事で高い給料を受け取っている人が転職をすると、前の職場よりも給料が低くなってしまう可能性があります。

収入が低くなってしまうかもしれないリスクを理解しておきましょう。

希望の職に就くまで、時間がかかってしまう場合がある

自分がやりたい仕事に就くために転職をする場合には、転職までに時間がかかってしまうケースが多いです。

希望する職の求人が頻繁に出ているわけではありませんし、目指す職が人気の職種だった場合は、たくさんの転職者が応募するので倍率も高くなります。

また、転職期間中は無職状態になるので収入がありません。

貯金をしている人でも、転職の目安の3か月間を無収入で生活が送れるほどの貯金はないと思います。

そのため、現在の職を続けつつ転職活動を進めることをおすすめします。

「仕事をしながらだと転職活動に割く時間がない」という方は、転職エージェントを活用してみて下さい。企業との連絡や、面接日程の調整などをすべて請け負ってくれるので、仕事をしつつでも、並行して転職活動を進められます。

20代が転職する際の注意点

ここからは、転職活動をするときの注意点について説明していきます。

退社理由を会社のせいにしない

転職活動中の面接で、「なぜ前の会社を辞めたのか」をかなりの確率で問われますので、解答を用意しておかなければなりません。

この際に注意すべきは、退職理由が会社の愚痴や不満だけで終わらせないことです。

しかし転職者の多くが、「給料が低いので辞めました」「仕事量が多すぎて残業が多かった」などの前職の不満で終わらせてしまう場合が多いです。

採用側からすると、前職の不満を聞かされても評価の対象にはなりません。

前職ではどのようなことを意識して仕事に取り組んできたのか、その経験をどのように次の仕事に活かしていきたいのか、常に前向きな姿勢を見せることが大切です。

職場を辞めるタイミングを見極める

転職する上で、仕事を続けつつ転職活動するのか、仕事を退社してから転職活動をするのかを選ばなければなりません。

先程も言ったように転職活動中は収入が無い状態になるので、仕事を続けつつ転職活動することをおすすめします。

ですが、中には現在の仕事が嫌すぎて職場に行くだけで体調が悪くなったり、上司の顔も見たくない方もいると思います。

その場合には仕事を辞めてから転職活動してもいいかと思いますが、よほどのことが無い限り、退職してからの転職活動は避けるべきです。

転職の前に普段の生活ができなくなってしまうリスクがありますので、自分なりのスケジュールを立てて転職活動を行いましょう。

将来像を描けていない

面接の中であなたが将来どうなりたいか、キャリアプランを聞かれたときに上手く答えることができず、内定に繋がらないケースが多くあります。

伝える際のポイントは、抽象的ではなく出来るだけ具体的に伝えることです。


将来的には○○の部分で活躍をして御社の売り上げに貢献し、御社の中心的な存在になりたいです。

これでは目標が抽象的で不明瞭です。具体的な数字や期間を交えることで、目標が明瞭になり将来像をイメージできます。

御社とご縁があり入社することが出来たら、売り上げ貢献に尽力したいと思っています。
入社してからの半年間の間で営業としての業務内容やスキルを身に付けて、それ以降は新規の営業先を〇件以上増やし、売り上げを○○万円以上達成します。
将来的には、営業部長として部下を育成しつつ自分の営業先とも良好な関係を築いていけるようにしたいです。

このように発言の中に数字を出すことで、内容に具体性を持たすことが出来ます。

数字があったほうが目標が明確なので、面接官にも意欲を伝えやすいです。

転職をする20代は多いが、転職活動は慎重に行おう!

20代の転職率は30%で、3人に1人が転職している。

転職するメリットは…

転職するデメリットは…

転職する時の注意点

今日では転職は特別なものではなく、転職して当たり前になりつつあります。

転職することで自分のしたい職に就くことが出来ますし、収入を増やすこともできます。

しかしリスクがあることも理解しておかなければいけません。

転職が身近になった今だからこそ、軽い気持ちで転職せず、本当に転職すべきなのかを慎重に検討したうえで、行動するようにしましょう。