20代で4回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣

20代で4回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣

「職場の仕事内容に不満がある」
「仕事のやりがいを感じられない」
「給与に不満がある」

上記のような理由から、転職を繰り返して、転職回数が4回にも上ってしまう人が多々います。

転職回数はなるべく少ない方が良いですが、自分に合った仕事が見つからず何度も転職を繰り返してしまう人が多いのも現実。

しかし、安易に転職を繰り返してしまうと、転職の難易度が高くなり転職しづらくなります。

そこで今回は、4回以上転職を繰り返すことで生まれる要因と、転職回数が多くても転職に成功するポイントを紹介していきます。

転職回数が4回目になると転職難易度が上がる

職場に合っているかは、実際に働きだしてみないと分からない部分が多いので、中々自分に合う職場を見つけるのは難しいのが現実です。

20代の転職回数の平均は、2回ほどと言われているので、転職回数が4回にもなってしまうとかなり転職回数が多いです。

しかし、どのような理由にしても安易に転職を繰り返してしまい転職回数が多くなると、転職の難易度がかなり高くなります。

なぜ転職回数が増えると転職しづらくなるのか

なぜ、転職回数が多くなるにつれて、転職しづらくなるのでしょうか?

下記のような要因が挙げられます。

それぞれ補足して説明していきます。

採用してもすぐ退職してしまうと思われている

企業側としては、費用や時間をかけて採用活動を行うため、当然長く働いてくれそうな人を採用したいと考えます。

そのため、採用した人が早期に退職してしまうことを企業が懸念しています。

20代のうちに4回も転職を繰り返していると、「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と企業に不信感を与えてしまいます。

企業からそのような不信感を持たれてしまうと、払拭するのはかなり難しくなります。

20代が抱える悩みをランキング形式で紹介!あわせて解決法も伝授します

仕事のスキル・知識が身に付いていない

転職回数が増えると、結果的に1社あたりの在職期間が短くなります。

中途採用は即戦力の人材を募集することが多く、1社あたりの在職期間が短いと、採用担当者から「スキルや経験が身に付いていないのではないか」と思われてしまいます。

また、20代前半の比較的若い年代であれば、仕事の熱意やモチベーション次第で十分に採用される可能性あります。

しかし、20代の後半になると社会人歴も長くなるので、その長さに見合ったスキルや経歴を身に付けていなければなりません。

1社の在籍期間が長くなると、様々な仕事を与えられたり、部下に指導する立場になるのでその分幅広い仕事のスキルが身に付きます。

対して転職を繰り返してしまうと、一定以上の仕事をやらせてもらえないので、限られた範囲の仕事しか経験できなくなります。

忍耐力が無く我慢強さが無い

「上司とそりが合わない」
「仕事量が多くてしんどい」
「仕事量のわりに給料が低い」

…など仕事をていると必ず何かしらの不満やストレスが溜まります。

悩みや不満を感じずに仕事をしている人はいません。

ビジネスパーソンは、全員なにかしらの不満を感じながら仕事をしています。

社会人であれば、多少嫌なことがあっても、仕事と割り切って続けていく我慢強さや忍耐力が必要になります。

しかし、転職回数が多くなるにつれて、忍耐力や我慢強さが欠落していると判断されてしまいます。

企業からそのように判断されてしまうと、「仕事を最後まで責任をもってできない人」「嫌なことがあったらすぐに退職してしまう人」とみなされます。

そのため、面接の中でいくらアピールしても、説得力が無いので採用される可能性がかなり低くなってしまうでしょう。

転職回数をごまかすと大変なことになります…

不利になってしまうのであれば、職務経歴書や履歴書にきちんと書かずに、転職回数をごまかしてしまおうと考える人も出てきます。

転職回数をごまかせば、自分のマイナス点を隠せるので、普通の条件で転職することができます。

しかし、転職回数をごまかすのは絶対にやめておきましょう。

また、転職回数をごまかしてしまうと職歴に空白期間が生まれてしまうので、余計にデメリットに感じる採用担当者もいます。

2社目3社目の就職履歴を省いてしまうと、空白期間の説明を求められて、離職理由の説明に不自然な点が出てくる可能性があります。

もし、経歴を詐称したことがばれてしまうと、経歴詐称の罪を問われる場合もあります。

職歴は正直に伝えて、ごまかすのは絶対にやめておきましょう。

転職回数が多くなってしまう人の特徴

なぜ人によって4回も転職を繰り返してしまうのでしょうか?

転職が多くなってしまう人の特徴を紹介していくので、あなたの転職理由を照らし合わせて考えてみましょう。

20代の転職にありがちな失敗とは?失敗しないための対策と転職成功の秘訣

職場に求める理想が高すぎる

転職は今の職場よりも良い職場を求めてすることなので、必然的に職場に求める条件が多くなり理想が高くなります。

そのため、転職に成功したとしても、仕事内容や待遇に不満を感じてしまい結果的に早期退職してしまう流れになります。

また、自分のスペックに合わない企業を目指して転職活動を進めてしまい、過度に理想を追求して転職先が決まらないというケースも考えられます。

転職先の企業を妥協しすぎるのはよくありませんが、どこかで妥協点を作って転職先を探すのも大切な要因です。

職場の嫌な点ばかりに目が行ってしまう

会社に勤務して一定期間が経過すると、慣れが出てきます。

仕事への慣れが出てくると、自分の仕事にも余裕ができて、会社のあらゆる点に疑問を持つようになります。

「同年代に比べて給料が低い」
「仕事内容が単純でやりがいを感じられない」

上記のように、会社の嫌な面に目が行ってしまい、もっといい会社に行きたいと考えるようになります。

そのため、結果的に転職回数が多くなってしまいます。

しかし、どんな会社に勤めている人にも、何かしらの不満を抱えながら仕事をしています。

自分だけに不満があると思ってしまうと、どんな会社に入っても、会社の嫌な面を見つける頻度が高くなります。

自分の中で基準を定めて、会社に対して嫌な面があっても、目をつぶって我慢するようにしましょう。

転職先を適当に決めている

会社に不満を感じて転職する人の中には、会社を退職するのが目的となってしまい、転職に目的を持っていない人がいます。

目的を持たずに転職を進めてしまうと、企業研究を十分に行えていないので、入社してから必ず後悔することになります。

加えて、転職に目的を持たないと、入社意欲を十分に伝えられないので採用される可能性も低くなってしまいます。

自分なりの基準を作って、目的のある転職活動をするようにしましょう。

転職回数が多くても採用されるためには?

ここまで読んだ人は、転職回数が多くなると次の転職ができなくなると思うかもしれません。

しかし、ポイントをつかんで転職を進めれば、志望している企業に転職できる可能性は十分にあります。

上記の4つが転職回数の多い転職者が採用されるためのポイントです。

それぞれ、補足して説明していきます。

明確な退職理由を持っている

退職理由は採用担当者が一番聞きたい質問で、回答次第で合否が左右します。

そのため、前職の愚痴や不満だけを退職理由として伝えてしまうと、採用担当に悪い印象を与えてしまい採用が遠のいてしまいます。

何を考えて退職し、前職の経験を次の職場でどう活かしたいのかを、具体的に落とし込みポジティブな退職理由を伝えるようにしましょう。

転職回数を逆に強みに変える

転職回数の多さは、悪い印象を持たれてしまう反面、豊かな経験をもっているとも言えます。

採用企業と同じ業界や職種を数社経験している場合、業界の情報や業務に必要なスキルは、十分兼ね備えていると見られるでしょう。

そのため、転職後もすぐに成果を出すことが期待されます。

即戦力が求められる中途採用では、新入社員のような研修などは行われない場合がほとんどなので、同じ業界での経験値の高さは転職時にメリットになります。

また、転職経験が無い人の場合、今の職場で当たり前に思っていることが、実はその企業独特のルールや文化に過ぎないかもしれません。

一方、転職回数が多い人は、企業ごとに独自のルールがあることを理解しているため、会社そのものを広い視野で客観的に捉えられます。

複数の企業に在籍して異なる「常識」を見てきたからこそ、「会社とはこうあるべき」という固定観念にとらわれず、新しい職場のルールをすぐに受け入れることができます。

具体的なキャリアプランを伝える

転職回数の多さは、伝え方次第では大きなアピールになります。

「前の職場では自分がやりたい仕事ができず、自分のキャリアを形成できない職場だったので、転職して自分のキャリアを形成していける職場に転職したい」

このようにポジティブな転職理由であれば、企業に悪い印象を与えることなく、将来を意識した転職をしていると良い印象を持たれます。

闇雲に転職を繰り返してしまうと、意味のない転職を繰り返してしまいます。

明確なキャリアプランの元で転職をするようにしましょう。

転職エージェントを活用する

転職回数のハンデを感じずに転職したいのであれば、転職エージェントを活用してみましょう。

転職エージェントは、あなたの適性や経歴から、その人に合った最適な環境の職場を提案します。

そのため、採用される可能性が極めて高くなります。

転職エージェントはたくさんありますが、転職回数が多い人の転職には、当サイトのリクらくがおすすめです。

この記事の最後でリクらくの説明をしているので、ぜひ最後まで記事を読んでみて下さい。

目的を持って転職活動を行いましょう

目的や目標を持たずに転職をしてしまうと、転職後のミスマッチが多くなり、結果的に転職回数が多くなってしまいます。

転職回数が多くなるにつれて、転職難易度も高くなるので、悪循環が発生してしまいます。

転職の悪循環を避けるためにも、目的を持って転職活動をするようにしましょう。

転職回数で不安を感じたらリクらくを活用してみましょう

当サイトのリクらくでは、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く取り扱っており、転職回数が多い人でもハンデを感じずに転職することができます。

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントがつくので、転職に関する悩みや不安を感じることなく有意義な転職活動ができます。

また、リクらくを活用して転職した人の90%以上が転職に成功している、高い成功率を誇っております。

リクらくで受けられるサポートはすべて無料となっているので、気軽に活用してみて下さい。

あなたのお電話をお待ちしています!