20代の転職者必見!絶対に失敗しない転職先の選び方

20代の転職者必見!絶対に失敗しない転職先の選び方

「転職を考えているけど、どういう職に就こうかな」

「転職先を選ぶときにはどうやって選べばいいのだろう」

転職をしようと思っているけれど、何を基準に選べばいいのかがわからずに、迷っている方も少なくないと思います。

転職は、人生を左右すると言っても過言ではないほど大切なことです。

あまり深く考えずに転職してしまい、今の環境よりも良い環境を目指して転職したものの、新しい職場が自分に合っていなかったり、前の職場よりも環境の悪い職場に転職してきてしまったなんてこともありえます。

そうなってしまうと、転職した意味がありませんよね…。

そこで今回は、転職先を選ぶ際の注意点や転職者の目的に合った職種などを紹介していきたいと思います。

是非転職活動の参考にしてみてくださいね。

そもそも何を基準に転職先を選んだらいいのだろう?

20代転職のポイント

結論から言うと、自分が何をしたいのかが大切

一番初めに結論から言ってしまうと、結局は「自分が何をしたいのか」が大切です。

仕事は定年までずっと続くものなので、ある程度は自分の興味関心があることややりがいを感じることが出来る職種を選ぶ必要があります。

ましてや、20代の若い年代は結婚している人も少なく、そのほかの責任も少ないため、仕事を続ける責任感のようなものが希薄です。

そのため、自分のしたいことがあるのであれば、多少困難でもその職に就くために努力しなければなりません。

やりたいことが無い人はどうすればいいの?

転職者の全員が、やりたいことがあり転職しているわけではありませんよね。

転職をしているものの、どの業界もイマイチ興味が湧かなかったり、やりたい仕事が見つからない場合もあります。

その場合には、以下の三つの方法を試してみると、転職先を選ぶ選択肢が増えるかもしれません。

自分のやりたいことを探す3つの方法

スーツ姿の男性

自己分析を明確にしておく!

就職・転職活動を経験してきている人であれば、だれもが経験してきたはずだと思います。

なかには、自己分析をしても意味がない。自己分析をやる意味が分からない。などと自己分析を軽視している人が割合多く存在します。

ですが自己分析は、自分の価値観や将来的になりたい自分像を明確にすることが出来ますし、給与水準や仕事内容までも知ることが出来ます。

また、自己分析した結果が自己PRや志望動機に繋がります。
自己分析をやる意味が見いだせない、面倒くさいなどと言わず、自分と向き合う良い機会だと思って取り組んでみましょう。

業界研究をして興味のある業界への理解を深めておく!

業界調査

世の中には無数の業界があり、全ての業界の研究をするのは不可能と言えます。

そのため、業界研究と言われても漠然として何から始めればいいか分からない人が多く孫座します。

業界研究は2つのポイントを押えて取り組むと研究が捗ります。

業界の大まかな特徴を捉える

それぞれの業界は、仕事内容も違えば勤務時間、給与水準も違うので、大まかに各業界の特徴をつかみ、興味を惹かれた業界を深く研究していく流れが一般的で、効率が良いです。

業界の安定性・成長率を研究する

上記で業界の大枠の特徴を知ることが出来たら、次にはその企業の安定性・成長率に注目してみましょう。

成長性を知ると、将来的なキャリアプランの形成に大きな影響を与えます。企業に採用をされても衰退している業界では長期的に働くことは難しいこともあります。

一般的には業界の平均年齢が低いほど成長性があり、業界内の売上高が高いほど安定性がある傾向にあります。

身の回りの知人・友人から情報収集

意外な方法かもしれませんが、身の回りの人に転職先について聞いてみるのも、一つの方法かもしれません。

意外な人の繋がりから、職場を紹介してもらって転職に成功する場合もあります。

自分一人では転職活動が進まないと悩んでいる方は、周りの人に頼るのも言ってかもしれません。

転職先を選ぶうえでの3つの注意点

「転職先が思っていたような職場と違った。」などと、転職に失敗してしまう人もいます。

今よりも良い環境を目指して転職したにも関わらず、却って悪い環境にいってしまったら転職をした意味がありませんし、また転職するとなると、かなりエネルギーを使うことになります。

そうならないためにも、転職の際の注意点を説明していきます。

職場を理解していないまま転職をしてしまう

転職に失敗してしまう一番の理由として、転職先の職場を理解していないまま転職してしまうことです。

働き始めてから、想像していた仕事内容と違い、ギャップが生まれてしまった方や、社風が自分合わずについていけないなど、理由は様々です。

これを防ぐためには、職場がどういう所なのかを十分に理解しておく必要があります。

例えば求人やWEB上でどんな職場なのかを知ることができますし、面接の際には直接話ができるので、遠慮することなく疑問に思ったことを聞いてみるべきです。

たくさん質問することは、全く失礼なことではありませんし、採用側もたくさん質問されたからと言って名迷惑に思う事は、一切ありません。

転職が決まり、働きだしてからでは遅いので、転職活動の段階で会社への理解を深めておきましょう。

将来を考えキャリアプランを立てておく

キャリアプランとは、自身のキャリアにおいて、将来的にどのようになりたいかという目標を持ち、計画を立てることで自分の人生設計の中の、仕事に関するプランニングと言えます。

自分がどんな仕事に就いて、どんな仕事をしたいのか、また将来的にはどういう役職に就き、どのくらいの給与をもらいたいのか、を考えることがキャリアプランを構成するということです。

キャリアプランを立てることで、自分の将来像を具体的にすることが出来ます。

各企業にもそれぞれのプランニングがあり、自分のキャリアプランと照らし合わせることもできますので、選ぶ際の1つの基準にもなります。

慢性的に人手が不足している業界は注意!

業界の中には、慢性的に人手が足りておらず、人手不足問題になっている業界があります。

人手不足の原因としていくつか理由を挙げると、

などの理由あります。

人手不足の問題を抱えている業界には、上記の3つの理由や、そのほかに原因があり、人手が足りていない状況です。

新しく転職して、すぐに辞めてしまうのはもったいないので、なるべく人手不足と呼ばれる業界にはいかない事をおすすめします。

転職に失敗しないために・・・

転職先の注意点がわかったところで、次に転職に失敗しないための方法をお伝えします。

転職が決まるまでのスケジュールを立てておく

漠然と転職を進めるのではなくて、大体のスケジュールを立てて転職活動を進めることで転職の失敗を防ぐことが出来ます。

転職活動をしていると、中々スムーズに転職が決まらずに最後の方に焦って転職を決める人がいますが、このパターンは良いパターンではありません。

焦って転職先を決めてしまうと、転職先での仕事内容や職場環境、福利厚生などを十分に理解しないまま働き始めることになってしまうので、入社前と入社後でギャップを感じやすいです。

そうならないためにも、

事前準備(自己分析・業界研・履歴書作成など)

応募~選考

内定

上記のような流れを理解して、具体的な日数を設けていくことで、どこにも決まらず焦って転職する事態を回避することができます。

今の職を続けつつ、転職活動を進める

今の職場が嫌だと思って、辞めてしまってから転職活動をするとなると、金銭的な面で苦しくなります。

転職期間中には収入を得ることが出来ません。アルバイトをしつつ転職活動をする場合でも、前の職場の正社員として働いていた時に比べると収入はかなり落ちます。

また、アルバイトをしつつだと、転職活動に専念しきれない場合もあります。

そのため、嫌だと思ってもすぐに辞めることを決断せずに、仕事と並行して転職活動をするのが賢明です。

目的別におすすめの職種を紹介

次に、転職先を選ぶことに悩まれている方に向けて目的別の職を紹介していきます。

キャリア、年収を挙げたい方

転職をする上で、キャリアアップ・年収アップに重点を置いている人にオススメの職を紹介します。

営業職

不動産・保険・広告・医薬品など営業と一口に言っても種類は様々あり、営業の種類によって働き方、扱う商材、収入などかなり異なります。

しかし共通していることとして、売り上げを達成するとその分、報酬として受け取ることができます。これをインセンティブと言い、トップクラスの営業成績を収めている人になると、年収は数千万に上る人もいます。

そのため、年収アップに重点を置いている人には、理想の職種と言えます。

これまでの経験や知識はあまり必要とされず、コミュニケーション能力や人間性が評価されますので転職の難易度は比較手に低いことも特徴です。

ITエンジニア

ITエンジニアを募集している企業になると、未経験でもチャレンジできる研修制度が整っているので専門的なスキルや知識を身に付けることが出来ます。

収入に関しても、専門的な仕事になるので、他の職種よりも高い収入を得られます。

プライベートの時間を確保したい方

転職活動の中で、プライベートの時間を確保したいと考えている人もいると思います。

そんな人のために、比較的残業が少なく出来る仕事を紹介したいと思います。

事務職

事務職は残業時間が少ない仕事として女性に人気です。また、事務職の特徴として、これまでの経験や知識が不問の場合がほとんどですので、転職の難易度も低く転職がしやすい職とも言えます。

仕事にプライベートの時間を圧迫されたくない人には、ぴったりの職種です。

販売職

販売職などの店舗で仕事をする職種は、あらかじめ営業時間が決まっているため残業が発生しません。

また、仕事内容に関しても、お客様に対しての接客が主な仕事内容になりますので、複雑な作業は発生しません。

コミュニケーション能力に自信がある人や、人と接するのにやりがいを感じる人には合っている仕事です。

なるべく早く転職を決めたい方

一刻も早く仕事を始めたいと考えている方に、比較的転職の難易度が低く転職し易い職を紹介します。

接客業

販売員や、飲食店であればそれまでの職歴に関係なく、転職何度の低い業種です。

人柄やコミュニケーション能力などの人間性を重視しており、これまでの仕事上のスキルを必要としません。

接客業であれば、学生時代にアルバイトで経験している場合が多く、アルバイト経験があるだけでも、重宝されます。

また、飲食業界はどこの店舗でも人手不足の問題を抱えており、常に人材を求めています。

運送ドライバー

配送ドライバーは、大型や中型車の免許が必要になりますが、場合によっては普通免許のみでも採用をしてくる企業があります。

また、中型・大型の免許が必要な場合には、免許を取るにあたっての費用を会社が負担してくれることもあります。

配送業界は人手が不足していることが原因で、ドライバーによる交通事故が頻発し、問題視されています。

そのため、業界全体でドライバーの勤務状況が見直されてきており、待遇が厚くなってきています。

介護士

少子高齢化に年々拍車がかかってきており、介護士のニーズが高くなってきています。

前までは、主に女性がしていた仕事でしたが、近年では男性の介護士の数も増えてきており、施設によっては男性介護士の方が多い施設もあります。

また、若い世代の介護士が少なく、業界内の高齢化も進んでいることから、若い世代の人材を求めています。

未経験からでも始めることができ、仕事をしていく中で免許を取得することができるのも特徴の一つです。

転職を選ぶのに困ったら、転職エージェントに相談しよう!

転職には、分からないことが多くて一人では心細いと思う人もいるかもしれません。そんな方には転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントとは、あなたの要望を聞いたうえで最適な転職先を紹介してくれます。

また。転職先の企業との連絡をしてくれて、面接の日にちなどを調整してくれたり、履歴書の添削、面接の練習もしてくれます。

リクらくでは、相談費用もかからず無料で相談することができて、一人一人の要望や経歴を理解したうえで、あなたにとって最適な職場を提案します。

転職活動で困ったことがあれば、リクらくに相談してみましょう。