20代の転職活動はいつからが始めるのがベスト?転職に適した時期とは?

20代の転職活動はいつからが始めるのがベスト?転職に適した時期とは?

「今の職場に不満が募って、耐えられない」

「仕事を変えてキャリアアップしたい」

「別の仕事に興味が湧いてきた」

転職には、人それぞれに様々な理由があり、転職をする人が多くなってきました。

新卒で入社した社会人の3割は、3年以内に転職をしているので、転職は珍しいことではありません。

転職を考えた人の中には「いつから転職活動を始めればいいんだろう。」「転職がしやすい時期とかあるのかな。」「転職するとしたら今の仕事は、いつ辞めればいいんだろう。」など、色々と疑問を感じることが多いのではないでしょうか?

そこでこの記事では、転職時期の目安や退職する際のポイント、転職する上で仕事は続けるべきか、辞めるべきかそれぞれのメリット・デメリットなどを、紹介していきたいと思います。

転職は3か月前を目安にして始めましょう!

転職をしようと思っている人の中で、いつから転職活動を始めればよいのか分からないという人がいると思います。

単刀直入に言うと、次の仕事に就こうと思っている3か月前から活動を開始するのが、ベストです!

中には、 1ヶ月くらいで転職先がスムーズに決まる人もいますが、大体は3ヶ月、長くなる人だと6ヶ月~それ以上かかる人もいます。

3ヶ月前は一つの目安なので、不安な人はそれ以上前から、転職活動を開始してもいいかもしれません。

転職に適している時期はいつ?

転職がしやすい時期があることを知っていますか?

魚や野菜に旬があるように、転職にも旬と呼ばれる時期があります。

この旬と呼ばれる時期は、企業内の体制が変化したり、新しい事業を立ち上げたりするなで、企業が新しい人材を求めます。

そのため、求人の数が増えて、転職がしやすくなります。

それでは、転職に有利な時期がいつなのか説明していきます。

中途採用の求人が多くなる2~3月、8~9月

2~3月は求人数が一番多い時期で、2月~3月に求人が増えるのは、新卒が入社する4月までに入社させることで教育コストを低く抑えようと考える企業が多いためです。

最も求人数が増えるので、転職活動をするのであれば最もおすすめの時期です。

その次に、求人数が増えるのが8~9月になります。

8~9月は下半期に向けての採用に力を入れる企業が多いためです。

どちらの時期も会社の期が変わるタイミングで、人事異動や人の入れ替わりがあるため、採用人数を多めにし、それまで空きがなかったポジションの募集をすることもあります。

しかし、求人の数だけ転職者の数もいますので、この時期を狙ってたくさんの転職者が活動を開始しますので、競合相手も多くなるという難点もあります。

第二新卒枠での転職は4月

転職には、第二新卒という枠がある企業があり、第二新卒とは25歳以下の転職者のことを意味します。4月に新卒枠を設けている企業もあります。

第二新卒対象の転職者は4月を狙って、転職活動するのがおすすめです。

4月入社であれば、新卒と同じ研修を受けることが出来ますし、年齢もそれほど違わないので同期のような人間関係を築くことが出来るでしょう。

年齢別、転職の転職事情

ここからは、年齢別に転職事情を説明していきます。

社会人経験3年以下での転職

社会人経験が3年以下の、20代前半での転職には、専門的な知識やスキル、仕事上の能力よりも、仕事への意欲や姿勢、これからの成長率などを重視し、採用基準にしている企業が多いです。

企業によっては、経歴を一切採用基準に入れない会社もあるので、一概には言い切れませんが、あまりにも前職の期間が短く、半年も経たずに退社している場合だと、企業側からあまり良い印象を持たれないかもしれません。

そのため、一つの会社に最低でも1年は在籍するようにしましょう。

25歳~29歳の転職

ある程度社会人経験を積むと、「自分に向いている仕事が見つかった」「新しい業種にチャレンジしたい「今の職場が合わないと感じてきた」など、20代の前半では、意識していなかった様々な気づきが生まれます。

そのため、25歳~29歳で転職をする人口は、転職人口の全体で見てもかなり多いです。

20代後半の転職活動において、重視されるのは経歴や前職での経験など、「即戦力」になる人材です。

同業種に転職するにしても、異業種に転職するにしても、これまでの経歴をふまえて次の仕事にどう生かせるかを結び付けて、自分を企業にアピールする必要があります。

30歳~35歳の転職

20代に比べて、30代になると社会人としての経験や知識が豊富になりますので、役職についている人や、責任のあるポジションを任せられている方が多いです。

役職があがり、責任量が大きくなっていくにつれて、給与も比例して上がります。

企業側も求める知識やスキルがあがり、人件費も高くなりますので、それに見合う人材を厳選して選びます。

そのため、企業とのマッチング率が下がってしまい、30代の転職期間は長くなってしまいます。

30代で転職を考えている方は、より早めに転職活動を進めることをおすすめします。

退職をする時期のポイント

退職をする時期にもポイントがあります。

このポイントを理解していないと、様々な面で損をしてしまうことになるので、理解しておきましょう。

ボーナス支給後

会社を退職する人はかなりの確率で、ボーナスを受給後に退職しています。

貰えるものは、貰ってから辞めてしまおうと考えている人が多いので、決して会社に対して後ろめたさを感じたりする必要はありません。

しかし、ボーナスの支給額が決まる査定期間は、ボーナス支給日の一ヶ月前などに決まります。

ボーナス査定前に退職を伝えてしまうと、ボーナス額が減ってしまいますので、ボーバスを貰った後に退職をするのが、賢明と言えます。

仕事の引継ぎ

会社を円満に退職するためにも、仕事の引継ぎはしっかりとしましょう。

退職日を無理やり早めて、引継ぎが中途半端な状態になってしまうと、会社から必ず言われます。

中にはもう辞めるから関係ないと思う方もいるかもしれませんが、社会人としては非常識にあたります。

いくら会社に不満があるからと言っても、縁があって会社に入ったので、恩を返すためにも最後までしっかりと引継ぎを終わらせて、円満退職できるように心掛けましょう。

有給休暇の消化

仕事をしている人であれば、全員に有給休暇が与えられて、使用する義務は労働者にあるので好きな時に、使うことができます。

とはいえ、仕事が忙しい中で有給休暇をすべて使い切ることは、中々困難です。

そのため、使い切らなかった有給休暇は退職日が決まってから、退職日までに使い切ってしまう人が多いです。

有給休暇をすべて消化しなくても何一つ問題はありませんが、使わないのはもったいないので計画的に引継ぎ作業をして、計画的に有給休暇を消化できるようにしましょう。

退職後・在籍中どちらが転職に適している?

今の仕事を続けつつ転職活動をするのか、退職してから転職活動を行ったほうがいいのか、転職者の悩むポイントだと思います。

そこで、二つのケースのメリット・デメリットを紹介していきたいと思います。

現在の会社を退職してから転職する場合

退職をしてから転職活動をする場合には、

以上のメリットがあります。

時間がたくさんあり、自分の思い通りに活動を続けていくことが出来るのが退職して、転職活動をする最大のメリットです。

一方、デメリットは

退職をすると、無職期間になり、収入がありません。

転職活動は意外とお金がかかりますし、それに加えて今まで通り生活費もかかります。

ある程度貯金があっても、転職期間が長引いてしまうと、生活をしていくことが難しくなってしまいますので、退職して転職活動を行う場合には、綿密に計画を立てて、万全の準備をしてから転職活動に入るようにしましょう。

現在の会社を退職してから転職する場合

仕事を続けつつ転職活動をする場合は、以下のようなメリットがあります。

生活するだけでもお金は必要ですので、収入があるのは最大のメリットです。

また、初めて転職活動をする方は、思うようにいかずギャップを感じる人もいるかと思います、そういう場合には、一旦転職活動を辞めて、とりあえず今の仕事に留まることもできます。

デメリットとしては、以下の物が挙げられます。

転職はかなりのエネルギーと時間を要します。

仕事をしつつ転職をすると、転職に時間が割けなくなり、想定よりも転職をするのに時間がかかってしまいます。

また、転職先が決まったとしても、退職をするのに時間がかかり中々退職することが出来ないという事態も起きてしまいます。

今の仕事を続けながら転職活動を進める場合には、転職エージェントを利用する事をオススメします。

志望企業へのエントリー・日程調整を代行してくれたり、書類の添削や面接対策で、選考対策も効率良く行う事が出来ます。

在職中に転職活動をするのがおすすめ

転職する人の状況にもよりますが、今の仕事を続けつつ転職活動をした方が賢明だと思います。

何よりも、収入が得られるというのが大きなアドバンテージです。

お金が尽きてしまうと、転職活動の前に生活ができない事態に陥ってしまいます。

仕事を続けつつでも、転職エージェントを活用することで、効率よく転職を進めることが出来ます。

転職エージェントは数多く存在し、エージェントによってサービス内容やどの業界に強いかなどが変わってきます。

20代の転職にはリクらくを活用することをおすすめします。

20代の転職には、リクらくを活用しましょう!

リクらくでは、未経験からでもキャリアアップすることが出来る求人が豊富に揃っていて。内定率94%という実績もあります。

転職のプロが、あなたに合わせた最適な転職活動のプランを形成し、最大限の支援を行います。

サービスはすべて無料となっていますので、気になった方は今すぐ相談をしてみてください!