転職にはどのくらいの期間がかかる?平均的な期間や転職を成功させるポイントを解説!

転職にかかる期間は人によって様々で、転職をしようと思っても、転職にどのくらいの期間がかかるのかわからず、不安を感じて中々転職活動に踏み切れないという方がいるかと思います。

今回の記事では、20代の転職にかかる平均的な期間や、どのような流れで転職活動が進んでいくのかを説明していきます。

また、転職が長引いてしまう人の特徴や、短期間で転職を成功させるポイントも合わせて紹介していきますので、是非参考にしてみてください。

平均的な転職にかかる期間は1ヶ月~3か月程度

一般的に20代の転職にかかる期間は、1~3か月とされています。

20代での転職にかかる期間は、他の年代と違って比較的、短期間で済みます。

なぜ、20代の転職は短期間で済むのかを説明していきます。

20代の若い世代は人件費が安い

20代と違い、30代や40代は、社会人経験が長いため、会社の中で責任のあるポジションに就いている人がほとんどです。

それに伴い、給料も年代が上がるにつれて高くなっていきますので、人件費が高くなります。

人件費は会社を経営する上で、かなり大きな比重を占めますので、できるだけ人件費を低く抑えたいのが、経営者の本音です。

20代の若い世代であれば社会人経験も浅く、出来る仕事にも限りがありますので、比較的安い賃金で雇うことができ、人件費を安く抑えることができます。

今後の成長に期待ができる

時代の変化に伴って、企業側が人材に求めるニーズも変化し、「特定の限られたスキルや経験値」よりも「成長率や人間性」を重視する企業が増えてきました。

30代以降の世代が転職する場合には、これまでの社会人としての経験や専門的な知識を求められますので、かなり需要が限られ、転職活動をすることが難しいです。

その反面、20代の採用にはある程度の期間をかけて、人材を育てるという投資的な意味合いがあります。

そのため、20代の採用には、専門的なスキル、経験値よりも、将来性や今後の成長率、仕事に対する意欲などを重視されます。

最近では企業が多様化し、会社の数が増えて、仕事に強い意欲を持った20代を欲しがっている企業が多くなってきているため、20代の転職期間が短くなっているのです。

転職活動の流れとそれぞれに掛かる期間

転職活動には大きく分けて、

書類選考→一次面接→二次面接→内定~入社と、4つのステップがあります。

1つの企業の選考にかかる期間は、大体1ヶ月が目安となっています。

ここでは、それぞれのステップにかかる期間を説明していきます。

書類選考から面接まで1週間

履歴書や職務経歴書を書面で企業に送り、書類選考通過の連絡がくるまでに、およそ1週間が目安とされています。

返事が早い企業だと2.3日で返事がくる場合もありますし、2週間ほどかかってしまう場合もあります。

書類が通った場合には、次のステップの一次面接に移ります。

一次面接~二次面接の連絡まで1週間

一次面接の日程調整は、あなたと企業間で行います。

面接日は多くの場合、あなたの方から面接希望日を複数企業に提示して企業が、都合が合う日にちを調整して面接日が決めます。

書類通過から大体1週間以内の間に一次面接を行います。

一次面接の合格通知も、大体1週間が目安で通知が来ます。

二次面接名が無い企業の場合には、ここで内定ですが、二次面接がある企業の場合は次のステップに移ります。

二次面接~内定通知まで1週間

二次面接の日程調整も、あなたと企業間で行い、1週間後が目安で行われます。

内定通知~入社まで1週間~1ヶ月

内定の通知を貰ったら、次に入社日や待遇などを決めていきます。

在職しながら、転職活動をしている方は、退職日をいつにするのか会社との折り合いをつけて、から転職先の入社日を決めます。

中には、退社することが出来ずに、転職先への入社日がかなり伸びてしまうケースもありますので、注意しましょう。

転職活動が伸びてしまう要因

転職期間は、大体3か月と言いましたが、人によっては転職期間が長引いてしまい、自分が想像していたよりも長くなってしまう場合があります。

転職が長引いてしまう人の原因を説明していきます。

応募する企業を絞り過ぎてしまっている

年収・仕事内容・福利厚生・職場環境・経営方針など、企業に求める条件は人によって様々です。

せっかく転職をするのだから、前の職場よりも良い環境に行こうとするのは当然の考えです。

しかし、中には企業に求める条件を絞り過ぎてしまい、応募することが出来ず、転職が進まないという方がいます。

企業を一切選ばず、闇雲に応募することも問題ですが、自分の中で条件にある程度、順位をつけることも、転職活動を進める中で大切なことです。

自己分析・企業研究が出来ていない

転職先が決まらない理由として、

などの理由があげられます。

これらを解決するためには、自己分析・企業研究が大切です。

自己分析は、自分がどのような人間で、何に興味・関心があり、どういう仕事に向いているのかを知ることが出来ます。

自己分析をしたうえで、企業研究をすることにより、自分の興味を持った業界が、どういう業界で、どんなスキルが必要なのかを知ることができます。

自己分析・企業研究が出来ていないと、自分も企業も良く分からないままで面接をすることになってしまうので、面接官からの質問に、的確に答えることが出来ません。

そのため、転職が上手くいかなくなってしまうのです。

退職に時間がかかってしまう

現在の仕事をしつつ、転職活動をしている人は、転職活動の他に現在の職を退社しなければならない問題もあります。

「別の企業に内定をもらったので、会社辞めます!」と言って、すぐに会社を退社できる訳ではありません。

退社にも、手続きが必要で辞めるまでに1~3ぁ月ほどかかってしまいます。

中には、退職の申し出を受けてくれず、退社できないために、転職先に移れないという状況に陥っている方もいます。
現職を続けながら、転職活動を考えている方は、現在の会社を退社できるタイミングを見極めながら転職活動をするようにしましょう。

アルバイトをしつつ、転職活動を進める

一刻も早く会社を辞めたいという思いで、会社を退職し、特に転職先も決まっていないので、アルバイトをしつつ、フリーターで転職活動をしようとすると、転職活動を長引かせてしまう原因になります。

現代では、正社員ではなくともフリーターとして、生活にそれほど困らず生活を送ることが出来てしまいます。

フリーターを始めた当初は、3か月以内には転職をすると意気込んでいたものの、生活をする為に、バイトをたくさん入れてしまい、転職活動に充てる時間が確保できない。

焦りを感じたものの、一定期間が過ぎるとフリーターの生活に慣れてしまい、逆に正社員として働くことに抵抗を感じ始めてしまうことになります。

フリーターには、あまり社会的な責任がかかりませんので、長く続けてしまうとその生活に慣れます。

アルバイトをしつつ転職を考えているのであれば、転職の意欲が薄れないうちに、転職を決めてしまいましょう。

短期間で転職を成功させるポイント

ここからは、どうすれば転職を成功させることが出来るのかを説明していきます。

大まかな転職スケジュールを立てる

転職スケジュールとは、いつまでに転職を終えて、そのためには、今自分が何をすべきなのかを決めるものです。

転職活動を進めていくうえで、転職スケジュールを立てることは転職を成功させるポイントになります。

転職スケジュールを立てないで、ただ漠然と転職を進めていると、転職に対する熱意が薄れてしまい、転職活動が長引いてしまいます。

転職はかなりの体力とエネルギーを使います。

そのため自分の中でスケジュールを立てて、見通しを持つことにより、自分の労力を注ぐことができます。

複数の企業を並行して受ける

転職をしてく上で、一つだけの企業に応募して選考を進めるのはあまり得策とは言えません。もしその企業に落とされてしまった場合には、他に並行して選考を受けている企業がありませんので、また書類を送ることから始まります。

1つの企業の選考にかかる期間は1ヶ月間かかり、かなり長いので、4~6つほどの企業の選考を同時に進めることをおすすめします。

応募する企業の数を増やすことによって、内定率をあげることが出来ます。

何社以上受けてはならない、という決まりもありませんので、自分が管理しきれる範囲内で企業に応募し、より多くの企業の選考を並行して受けましょう。

転職エージェントを活用する

転職サイトを使い、全て自分で転職活動を行うことに不安を感じたり、上手くいくのかが心配の方は、転職エージェントを活用する事をおすすめします。

転職エージェントとは、簡単に言うと転職活動をサポートするプロです。

転職に関する知識や各企業の採用担当殿繋がりを持っていたりするので、転職エージェントを活用することによって、内定率をぐっと上げることが出来ます。

転職エージェントのサービス内容は、履歴書・職務経歴書の添削、面接練習、それぞれの特性やスキルに合った求人の紹介、転職先との細かい連絡など、転職に関するほぼすべてのことをサービスしてくれます。

また、費用も完全無料ですので、少しでも不安を感じた方は、電話で相談してみてはいかがでしょうか?

在職中・退職後どちらが転職に適している?それぞれのメリット・デメリット

転職を考えた時、「現在職を続けつつ、転職するのか」「今の仕事を辞めてから転職するのか」迷うポイントだと思います。

それぞれの場合のメリットとデメリットを確認しながらポイントを踏まえて見ていきましょう。

現在の仕事を続けつつ、転職活動をする場合

現在の仕事を続けながら、転職活動を行う場合には、転職活動のゴールを強く意識して、転職活動を行うようにしましょう。

仕事を続けつつ、転職活動を行うと、転職にかける時間が少なくなり、一般的な転職の目安の期間である3か月を超えてしまい、転職に対するモチベーションを保つのが、困難になります。

仕事を続けているため、安定した収入はありますが、金銭的な危機感を感じることが無いです。

給与面的には安定している現状を手放すことを、不安に感じたりして、いつしか転職に対する意欲が無くなってしまいます。

そのため、仕事をし続けながら転職を考えている方は、いつまでに転職先を決めるなどの、具体的な目標を設定するようにしましょう。

退職後に転職活動をする場合

仕事を続けていたら、履歴書などの書類作成に充てる時間も確保できませんし、面接の対策、企業との面接をすることすらできません。

仕事を辞めてから転職活動をする場合には、転職期間中は転職活動に専念することが出来ます。

しかし、デメリットもあります。

転職活動期間には、収入を得ることが出来ませんので、転職活動を進める資金、生活をするための資金をどうするかが問題になります。

転職活動が長引いてしまうと、その期間は収入が無い状況が続くので、貯金が底をついて、生活をすることすらできなくなってしまいます。

そのため、仕事を続けるときと同様に、転職のゴールを明確に決めて転職への意欲を持ち続けることが大切です。・

転職を短期間で成功させるには、準備が大切!

20代が転職にかかる期間は、一般的に1~3か月。

しかし人によっては、転職の期間が長くなってしまう方もいます。

長引いてしまう方の特徴として、

などの特徴があります

転職を長引かせないためにも、転職前の準備が大切です。

自己PRや企業研究に十分な時間をかけて、起業に最大限のアピールが出来るようにしましょう。

また、一人で転職を進めていくことに不安を感じた方は、転職エージェントを活用すると転職成功率があがり、短期間で転職を成功させる確率が上がります。

リクらくでは、あなたの転職活動を最大限サポートできる環境が整っています。

まずは電話相談だけしたいという方でも大歓迎ですので、転職活動にお困りの方はリクらくを活用してみてください!

長い記事を最後まで読んでいただき、ありがとうございました。