中小企業からの転職は不利ってホント?中小企業でも有利になるポイントとは

中小企業からの転職は不利ってホント?中小企業でも有利になるポイントとは

「大企業に転職したいけど自分の経歴が通用するかな?」
「中小企業出身って転職で不利になるの?」

そんな想いを抱えて転職に踏み切れないでいませんか?

中小企業は、大企業にはないメリットが豊富で、知識やスキルに長けている面もあります。

しかし企業規模や仕事のスケールの違いなどから、求めるターゲットにマッチしていても採用が見送られてしまうケースもあるようです。

中小企業の経験が不利にならないよう、自分の強みやアピールポイントを把握してから転職にチャレンジしましょう。

中小企業・大手企業に関わらずこれまでの実績が重要

会社の知名度、資金力、社員数、仕事の規模、中小企業ではあらゆる面で大企業に劣ってしまいます。

しかし中小企業出身だからといって、転職で不利になるわけではありません。

大企業出身でも、会社の名前がなくなったとたんに仕事ができなくなる人も多いものです。

 

むしろ限られた資金やリソースで結果を出してきた中小企業出身者の方が、優秀なケースも多々あります。

転職においては会社の規模ではなく、どんなキャリアを積んできたか、どんなスキルを身につけたか、どれくらいの実績を残してきたかが重要です。

中小企業出身者が不利になるポイント

長年の実務経験があったとしても、中小企業出身ということが不利になるケースがあります。

ほかの応募者が大企業出身だった場合は、比較されてしまうこともあるでしょう。

しかし自身の弱みを知ることは、転職を成功に導く上で大切なことです。

自分のどんなところが転職で不利になるのかを把握し、それを挽回できるような対策を考えましょう。

幅広い業務=専門性がないと捉えられる

中小企業では人が不足しがちです。これまで自分の職種の枠を超えて、さまざまな業務に携わってきたのではないでしょうか?

経理職に関していえば、大企業では「売掛・買掛担当」「与信・審査担当」「決済担当」など、仕事が細かく分業化されています。

一方で社員数が少ない会社では、一連の経理業務を1名、もしくは数名でこなしている会社も多いようです。

この場合、「業務全体を把握し、仕事の内容を深く理解している」と受け取られることが多いのですが、まれに「専門的な知識に乏しい」と捉えられることもあります。

これまで携わってきた業務内容を説明する際には、自分の担当していた仕事を相手にわかりやすく伝えた上で、「他にもこんなことができます」という形で説明した方がいいでしょう。

面接官が業務規模のイメージが湧きづらい

中小企業と大企業では仕事の規模が異なりますよね。

しかし双方で仕事を経験していなければ、どの程度の規模なのかイメージが湧きません。

例えば、1件数千万円の大型案件を取り扱う場合と、数万円の小さな案件を取り扱う場合とでは、そこに関わる人数、予算、スケジュールも変わってきます。

面接で業務内容を説明したり、自身の実績をアピールしたりする場面では、具体的な数字を出して説明するようにしましょう。

「何名のチームで」「どのくらいの期間をかけて」「1日何件の問い合わせを」など、規模が小さいことを引け目に感じず正直に話すと、相手に伝わりやすいです。

社風に馴染めるのか不安視される

大企業には細かな社内ルールがたくさんあり、入社当時は困惑してしまうかもしれません。

仕事のやりづらさを感じることも増えるでしょう。

社風に馴染めるのかを危惧され、採用を躊躇される可能性もあります。

最終選考に残った応募者が、中小企業出身者と大企業出身者だった場合、大企業の経験がある方に有利に働いてしまうのが現状です。

大きな案件を取り扱った経験を問われる場合もある

大企業に転職できれば、これまで扱ったことのない大型案件に携わることができます。

しかし、これまでに同じような規模の案件の経験があるかを問われるかもしれません。

経験がない場合は正直に伝えるしかありませんが、それに代わる何かしらのアピールは必要です。

中小企業出身者が有利になるポイント

中小企業出身ということが不利になることを伝えてきましたが、ここで有利になる点についても解説したいと思います。

幅広い業務経験を積んでいる

中小企業やベンチャー企業では人材リソースが少ないこともあり、若手でも裁量権を与えられ、責任ある立場として働いてきた経験をお持ちだと思います。

一人で何役もこなさなくてはならないため責任の範囲も広く、大変だったでしょう。

営業職であればマーケティングや販促の業務まで、人事であれば新卒・中途採用の面接や入社・退社手続きまで、高い経験値を持っているはずです。

大企業では分業化や専門化が進んでいるため、一部の仕事しか経験していない社員が多くを占めます。

そのため業務全体を把握できていない中堅社員も存在します。

あなたの幅広い経験は転職で武器になり、入社してからも与えられたフィールドで活躍できるはずです。

限られたリソースで会社に貢献してきた実績がある

知名度が高く、倒産の可能性も低い大企業に比べ、立場の弱い中小企業で結果を出すのは大変です。

市場を開拓するにも、会社概要を説明するところからスタートし、信頼を得なくてはいけません。

予算も潤沢ではありませんので、思うような仕事ができなかった人も多いでしょう。

このような環境で知恵を絞りアイデアを出し合って、売り上げアップに貢献してきた経験は大企業でも高く評価されます。

「中小企業でしか働いたことがないから転職で不利だ」と考えている人も多いようですが、与えられたリソースで仕事をしてきた経験は、大企業に劣りません。自信を持って転職に臨んで下さい。

一人での転職が不安ならリクらくを利用!

リクらくは、「株式会社リクルートネット」が運営する転職サービスです。

既卒や第二新卒、フリーターなど、20代の就職や転職をメインに支援しています。

ここでリクらくの特徴を紹介します。

それぞれの内容について詳しく説明します。

1回の面接で内定が決まる

一般的な求人への応募では、書類による応募からスタートして、審査が通ったら一次面接、二次面接まで行い、最終で役員による三次面接が行われることがほとんどです。

応募から内定を得るまでに、最低でも1ヶ月以上はかかるスケジュールになっています。

リクらくでは、1回の面接で内定を得ることができ、最短1週間で入社できる道が開けています。

20代の内定率は94%

リクらくに登録されている企業は、20代の採用に積極的なところばかり。

イチからしっかりと教育していこうという採用方針を持っているため、職歴や学歴を問わず高い内定率を誇ります。

20代はいろんな仕事の悩みを抱えていると思いますが、「新卒で入社したけど早期退職してしまった」「大企業に入社してキャリアアップしたい」、そんな一つひとつの悩みに真摯に答えてくれるのがリクらくの魅力です。

未経験でも就職可能

「フリーターから正社員になりたい」という、若手の就職にも対応しているリクらく。

なんと登録者の8割が、正社員未経験で内定をもらった実績を持っています。

とくにIT業界には強く、リクらくによる研修で資格を取得することも可能です。

非公開求人が豊富

大企業が中途採用をする場合、新しいプロジェクトや新規事業を立ち上げるケースが多いです。

そのためライバル他社に内情を察知されないよう、非公開に人材を募集します。

求人サイトに人気企業や大手企業の案件が少ないのは、水面下で話を進めているからで、一般の人の目にはとまりません。

大手への転職を望んでいる人は、非公開求人を紹介してもらうのが、大企業に入社できる近道です。

ブラック企業を徹底排除

リクらくでは、「営業が実際に訪問した企業だけを紹介する」という徹底した体制を整えています。

求人サイトのメッセージや写真だけでは伝わらない、現場で働く社員の様子や会社の雰囲気などの話を聞くことが可能です。

求人サイトでは、応募者を呼び寄せるための表向きの面しか見ることができません。

内情を知ることで、転職後のミスマッチを防げます。