大学を中退した人の最終学歴とは?就活に成功する方法を合わせて紹介!

「大学を中退してしまった場合の最終学歴は何になるんだろう?」

...と、大学を中退してしまった人は、履歴書に学歴をどのように書けばいいのか悩んでしまう場合もあると思います。

最終学歴は履歴書や応募書類に記載しなければならないので、理解しておけなければなりません。

また、大学を卒業した人と中退した人で、就職の難易度が異なる場合もあります。

この記事では、大学中退者の最終学歴や大学中退者の成功しやすい就職方法を紹介していきます。

大学を中退した人の最終学歴は高卒です

大學に入学した経験があることから、履歴書の経歴の部分には、大学中退と書いてしまいたくなるでしょう。

しかし、大学中退は最終学歴には含まれないので、大学を中退した場合の最終学歴は高卒になります。

大学入学してから1ヶ月で辞めた人も大学4年まで行った人も、同様に高卒扱いになってしまいます。

しかし、企業の採用基準によって、高卒として評価されたり、大学中退が学歴として評価される場合もあります。

一応大学の入学試験に合格しているため評価に値すると考える企業もあれば、卒業していないと学歴とは認めない企業もあり、企業で大きく違いがあるようです。

最終学歴とは「最も高い教育機関を卒業した経歴」のこと

最終学歴とは、「最後に卒業した学校の経歴」ではなく、「最も高い水準の教育機関を卒業した経歴」を指します。

そのため、大学卒業後に専門学校へ入学・卒業したとしても、最終学歴は大学卒となります。

しかし、大学を中退した経歴を履歴書に記載できるので、大学に在籍していた事実は残ります。

大学中退を隠すと「学歴詐称」になってしまうので注意

「卒業単位が足りなくて大学を卒業できず、仕方なく中退した」

「大学に行くのが面倒くさくなって、大学を中退した」

…など、大学を中退してしまった理由は人によって様々です。

上記のような自己原因による中退理由の場合、後ろめたさから中退理由に嘘をついてしまったり、中退の事実を隠してしまったりする人がいます。

しかし、学歴をごまかすのは、学歴詐称になり、罪に問われてしまうケースもあります。

隠したい人の気持ちもわかりますが、将来的に必ずばれてしまうので、正直に話すようにしましょう。

中退してしまった事実は変えられないので、反省している姿勢を示して、将来へ意欲を伝えるようにしましょう。

応募基準が大卒以上の企業には応募できない

大手企業の求人によく見られますが、選考を受けるための応募基準に「大卒以上」と制限をかけられている場合があります。

大学を中退している人は、最終学歴が高卒になってしまうため、応募基準を満たしておらず選考を受けられない場合があります。

中退してしまうと、就職先を選ぶ際にある程度限られてしまうので、覚悟しておかなければなりません。

大学中退者の就職難易度が高い理由とは?

大学を中退してしまうと、なぜ就職難易度が上がってしまうのでしょうか。

大きく分けて2つの要因があるので、説明していきます。

大学を途中で辞めたことにより仕事も長く続かないと思われている

大学を中退してしまっている人は、物事を最後まで継続して続けられないと、企業から思われています。

学校を続けられないということは、採用したとしても長くは続かないと思われてしまいます。

気御意鵜が採用するにあたって、すぐに辞めてしまう人よりも長く勤務して、会社に貢献してくれる人の方を重宝します。

すぐに辞めてしまうという目で見られているので、面接の中ですぐに辞めない姿勢・意欲をアピールして不信感を払拭しないと採用に至らないでしょう。

将来への見通しが立っていない人

大學に進学する人は、勉強をして自分のスキルを高める目的で進学する人がほとんどです。

そのため、大学に進学したら卒業まで在籍するのが一般的です。

どのような理由であれ、大学を進学してしまったという事実は、将来への見通しを立てていないと企業から判断されてしまいます。

仕事をしていくうえで、将来を見通す力は必須のスキルです。

採用したとしても、先々のこと見越して仕事ができない人間と判断されます。

大学中退者の就活に成功する方法

ここまで述べてきたように、大学中退者は就職の難易度がかなり高いです。

新卒や第二新卒と同じ様に就活しても、思うようにいかないケースが多いでしょう。

そこで、ここからは大学中退者が就職に成功しやすい方法を紹介していきます。

大學中退者に向いている就職方法は、

以上の5つです。

1つずつ詳細に説明していきます。

中退理由と自己PRを合わせて伝える

大学中退者に対して、企業は必ず「中退理由」を問います。

企業は中退者に対して、かなり不信感を抱えているので、質問に上手く答えて不信感を払拭しなければなりません。

中退理由だけ伝えてしまうと、何一つアピールにならないので、中退理由+ポジティブな自己PRを伝えましょう。

下記で大学の中退理由について、詳しく書いてある記事があるので、読んでみて下さい。

大学中退の理由はどのように伝えるべき?状況別の中退理由を説明します!

学歴不問の業界に応募する

学歴が大学中退で終わってしまったことに対して、引け目を感じている人もいるでしょう。

そんな人は、「学歴不問」の業界に応募するのも一つの手です。

学歴不問の求人は、ほとんどが中小企業で会社規模が小さいケースも多いですが、社員が少ない分経験を積ませてくれる企業も多いです。

中小企業では、いつまで経っても昇進できないと思っている人もいるかもしれませんが、中小企業でも働きを評価してくれる企業はたくさんあります。

企業選びに成功すれば、大学中退でも優良企業に就職できるでしょう。

また、学歴を不問にしている企業だと、上司や役員が高卒・中退のケースも多いので中退に対しての理解があります。

背伸びして大手企業に就職するよりも、中小企業で良い環境の職場を探した方が、あなたに合っている場合もあります。

自分と向き合って、あなたの仕事観を見つめなおしましょう。

大学中退後の空白期間が長くならないようにする

大学中退後の期間は、履歴書に記載することができない空白期間です。

空白期間が長くなってしまうと、企業が抱く不信感も大きくなり、内定率も低くなってしまうでしょう。

また、面接の中で空白期間について必ず質問されるので、空白期間が長くなるにつれて説明もしづらくなってしまいます。

上手く説明できないと、採用される見込みが低くなってしまうので、いち早く行動に移すのが賢明です。

資格を取得して仕事への意欲をアピールする

資格を取得しておけば、大学を中退しても空白期間の間に勉強していたことになり、仕事に対する意欲をアピールできます。

そのため、あなたが希望している業界に、どのような資格が役立つのかリサーチしておきましょう。

空白期間を説明する際も、資格の勉強をしていたということで企業から納得してもらえます。

また、仮に採用された場合にも、業務に関連した知識を身に付けているのでいち早く仕事を覚えられるでしょう。

就活支援サービスを活用する

就活は基本的に一人で行うものなので、就活経験が無い大学中退者にとっては分からないことがたくさん出てくれかもしれません。

一人で就活することも可能ですが、就活の中で分からないことや不安点が出てくるでしょう。

分からないことをそのままにして就活を進めてしまうと、就活方法が間違っていたり、企業が求めているニーズに応えられない場合もあります。

そのため、十分にアピールできず、あなたの魅力を十分に伝えきれないため、採用される確率が低くなってしまうでしょう。

採用率をあげるためには、就活支援サービスがいおすすめです。

就活支援サービスを活用すれば、面接や履歴書作成、その他就活に関することなど就活に関するあらゆるサポートを受けられます。

下記で当サイトのリクらくを詳細に説明しているので、ぜひ読んでみてください。

当サイトのリクらくを活用して就活を成功させよう

当サイトのリクらくでは、学歴・スキル不問の求人を多く抱えており、大学を中退してしまった人でもチャレンジできる職種が揃っています。

大學中退者が答えづらい、中退理由や空白期間などの回答もエージェントが付いているので、あなたなりのベストな回答例を導き出せるでしょう。

その他にも、履歴書の作成・添削、面接練習など主勝に関わる全てのサポートを受けられます。

また、リクらくを活用した人の90%以上が就活に成功しており、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けられるサービスはすべて無料なので、安心して気軽に相談してみて下さい。

リクらくを活用して、就活を成功させましょう。

大学を中退しても十分に就職できる!

大学を中退してしまうと就活の難易度が上がってしまうものの、決して就職先が決まらない・優良企業に就職できないわけではありません。

出身大学やアピール次第では、大手企業への就職も可能です。

しかし、就活の取り組み方には工夫しなければなりません。

業界研究や自己PRなど大切なことはたくさんありますが、最も重要なポイントは、「中退理由」「空白期間」の説明です。

企業が大学中退者に抱えている不安を払拭して、就活を成功させましょう!

また、こちらの記事も合わせて読んでみてください!

大学中退した人の就職は厳しい?就職に成功する方法を紹介します!