大学を中退した人の効果的な就職の仕方とは?就職に成功する4つのポイントを紹介します!

大学を中退した人の効果的な就職の仕方とは?就職に成功する4つのポイントを紹介します!

大学を中退後、どのように就活すればいいのか分からない!と思っている人が多いのではないでしょうか?

大学を辞めてしまうと、大学に在学している時に受けていたサポートが無くなってしまうので、全部一人でやらなくてはなりません。

はじめての就活も一人で進めていくので、不安・疑問が多く出てくるでしょう。

また、大学中退者は新卒・第二新卒に比べて、就職の難易度がかなり高いです。

そこで、就活に悩める大学中退者に、就活を進めていくポイントや就活を成功させるコツを紹介していきます。

就職の仕方が分からないと言って、行動に移せないでいると、いつまで経っても就職できません。

この記事を読んで、就職の仕方を理解し、就職を成功させましょう!

大学中退者が就職を進める上で注意しておくポイント

まず初めに、大学中退者が就職を進める上で注意しておくポイントを説明していきます。

注意点を理解し悪い例を学んでおけば、失敗を回避できます。

大学中退は高卒扱いになる

大学に進学したとしても、大学を卒業しないと、高卒扱いになってしまいます。

そのため、高卒扱いで就活を進めることになり、就職難易度が高くなってしまいます。

企業によっては、応募基準を定めており、大手企業に至ってはほとんどが大学を卒業していないと応募すらできません。

高卒扱いだと、志望できる企業が少なくなってしまい、就職先の選択肢が少なくなってしまうでしょう。

新卒や第二新卒と比べると就職が不利

大学を中退してしまった人は、就活の中で高卒扱いになってしまいます。

新卒や第二新卒に比べると、高卒は就活においてかなり不利です。

就職先もかなり限定されてしまうので、思い通りに就活を進められないでしょう。

大学を中退したことにより継続力・持続力が低いと思われている

社会人には重要な要素が様々ありますが、その中でも、持続力・継続力は重要なスキルです。

大学を中退した人は、企業委から「持続力」「継続力」の低い人間だと思われています。

日本では、物事を途中で放棄することに、かなり辛辣な見方をされます。

そのため、大学中退者は就活で不利になってしまいます。

企業が抱えている不信感を払拭しないと、内定に至る見込みは薄いです。

中退してしまった理由だけを話すのではなく、今後の仕事に対しての意気込みまで伝えるようにしましょう。

大学を中退した人の就職方法とは?

就職に不利とされている大学中退者は、どのような就活方法が効果的なのでしょうか?

大学中退者の就職方法は、

以上の3つです。

以下で詳細に説明していきます。

求人サイトに登録して就活を進める

大学中退者・新卒・第二新卒に関わらず、就職の方法や流れは基本的に変わりません。

求人を見比べて、興味のある企業を探す。

興味のある企業が見つかったら、履歴書などの応募書類を提出する。

書類選考が合格したら、面接を受ける

内定

入社

上記が大まかな流れなので、大学中退者も流れは変わりません。

しかし、先述したように大学中退者は就職難易度が高いので、新卒・第二新卒と同じような就活をしても採用される見込みは低いでしょう。

後に大学中退者の就職に成功しやすいポイントを紹介しているので、最後まで読んでみてください。

アルバイトから正社員になる

大学中退後、多くの人はフリーター生活を送ります。

そのため、ほとんどの人が何かしらのアルバイトをしており、アルバイト期間が長い人もいるでしょう。

就活をしなくても、アルバイトから正社員登用をして、正社員になる方法もあります。

一般的に就活をするよりも、アルバイト先で正社員になったほうが、比較的スムーズに正社員になれます。

しかし、正社員登用制度が無い企業もあるので、アルバイト先の社員に確認してみましょう。

また、アルバイトとして基本的な業務内容を理解しているので、即戦力として正社員スタートが切れます。

就活にが思うようにいかなくて悩んでいる人は、アルバイト先で就職してみてはいかがでしょうか?

就活エージェントを活用する

一番手っ取り早く就活を決めたい方は、就活エージェントの活用をおすすめします。

就活エージェントを活用すれば、履歴書の添削・面接練習・企業の採用担当との連絡など、就活に関する全てをサポートしてくれます。

就活のコツや内定へのノウハウなど共有してくれるので、大学中退というハンデを感じること無く、就活ができるでしょう。

当サイトのリクらくでも就活エージェントのサービスをしているので、就活に悩んでいる人は是非活用してみてください。

この記事の最後に、当サイトのリクらくについて詳しく説明しているので、最後まで読んでみてください!

大学を中退した人が就職を成功させる4つのコツ

就活を成功させるには、大きく分けて4つのコツがあります。

以上4つのコツを踏まえて、就活をすれば成功率がぐっと上がります。

いずれも決して難しい項目は無く、簡単に始められるので、ぜひ参考にしてみてください。

大学を中退した理由をポジティブに伝える

大学中退者が就活を進めると、「なぜ大学を中退したのですか?」と必ず聞かれます。

大学中退理由のほとんどが、

「単位が足りなくて大学を中退した」

「大学に行く意味が分からなくなり辞めた」

…などの理由がほとんどで、中退理由だけを伝えてしまうと何一つアピールになりません

中退理由を伝えるポイントは、「退職理由+今後のポジティブな意気込み」です。

大学を中退した理由と共に、今後に対しての意気込みを伝えれば、大きなアピールポイントになります。

退職理由を考えるときには、ポジティブな意気込みも合わせて伝えるようにしましょう。

就活に有利な資格を取得する

就活において、合否を左右する大きなポイントは、自分をどれだけアピールできるかです。

大学中退者には、職歴もなく最終学歴も高卒扱いになってしまうので、アピールポイントが少ないです。

そのため、希望する職種に関連した資格取得を目指すのが良いでしょう。

視覚を取得していれば、仕事に対しての前向きな姿勢をアピールでき、業務にも多く活かすことができるでしょう。

他の就活者と差別化を図る上で、資格は一番手っ取り早い方法です。

資格の中には取得していても評価されない資格もあるので、役立つ資格を取得して、就活を有利に進めましょう。

大学中退後の空白期間が長くならないようにする

大学中退後の期間が長くなってしまうと、かなり就活が不利になります。

大学中退後の期間は、履歴書の職歴の欄に記載できないので、空白期間ができてしまいます。

空白期間が長くなってしまうと、

「働く意識が低い人」

「社会に適応できない人」

…などの印象を与えてしまうので、マイナス評価をされてしまい、採用に至るケースが少ないです。

空白期間が長くなってしまうと、就職先が決まらない状況に陥ってしまうので、いち早く就活を始めて正社員を目指すようにしましょう。

また、こちらの記事も読んでみてください。

20代の転職活動はいつからが始めるのがベスト?転職に適した時期とは?

リクらくを活用して就活を成功させよう

当サイトのリクらくでは、未経験歓迎・経歴不問の求人を多く扱っており、大学を中退した人でも内定を貰える環境が整っています。

リクらくを活用した人のおよそ90%が就職に成功しており、社会人として活躍しています。

また、リクらくで受けられるサービスはすべて無料なので、安心して活用してみてください。

大学中退者の就職方法は様々!方法よりも内容を重視しましょう

新卒や第二新卒に比べて、就職難易度こそ高いものの、大学中退者でも様々な職種に就職できます。

そのため、大学を中退してしまったからと言って、就職できないわけではありません。

しかし、大学中退後の期間が長くなってしまったり、無計画に就活を進めてしまうと内定を貰える可能性が低いでしょう。

人によって就活方法の相性があるので、どの方法が良いとは言い切れませんが、この記事で紹介した就活方法も1つの参考にしてみて下さい。

まt、どのような方法で就活を進めたとしても、最終的に大切なのは就活の内容です。

どれだけ自分をアピールできるかが大切です。

自分の強みや特徴を理解して、最大限にアピールできるようにしましょう!

また、こちらの記事も合わせて読んでみてください!

大学中退した人の就職は厳しい?就職に成功する方法を紹介します!