転職活動の正しい進め方!万全の準備を済ませて内定を勝ち取ろう

転職活動の正しい進め方!万全の準備を済ませて内定を勝ち取ろう

転職活動の正しい進め方を理解しておかないと、

ということが起こります。

転職を成功させるためには、準備を入念にすることと、転職活動の流れを把握しておくことが重要です。

ここでは、転職活動の事前準備〜応募書類作成・面接〜内定・入社までの一連の流れを詳しく解説しています。

また転職活動を在職中にはじめるか、退職後にスタートさせるか、双方のメリット・デメリットも考察。転職活動の進め方を理解して、転職を成功させましょう。

転職活動の進め方【準備】

転職活動の下準備として、以下の項目をひとつずつクリアしていきましょう。

そうすることで転職へのモチベーションが上がり、つまずくことがあっても目標を見失いません。

転職の目的を立ててどのような職種に転職するのか明確にする

転職の目的を立てることで、自分軸で転職活動を行うことができます。

「何のために転職するのか」を自分に問いながら、転職の目的を明確にしていきましょう。

具体的には、

  1. どうして転職をしたいのか?
  2. 転職したらどんなことをやってみたいか?
  3. 5年後、10年後のキャリアプランのイメージ

年収や待遇はもちろん、どんな働き方をしたいのか、どんなときにやりがいを感じるかを、明確にしておくことも大切です。

キャリアチェンジを検討されている方は、どうしてその職種を選んだのかを深掘りしておくことも重要です。

未経験でのチャレンジは、ポジティブな面しか見えていないという可能性もあり、理想だけが先走りして転職を失敗しかねません。

希望する仕事をしている友人や知人がいれば、直接話を聞いてみるのもお勧めです。

転職スケジュールをざっくりと決める

転職を決意してから内定をもらうまで、どのくらいの時間がかかるか、ザックリとスケジューリングしておきましょう。

まずはいつまでに転職したいかゴールを設定し、そこから逆算して計画を立てていきます。

期間があまり長すぎるとモチベーションが低下してしまうので、3ヶ月くらいを目処にするのがおすすめです。

「平日は企業研究の時間」「休日は自己分析を念入りにする」などメリハリをつけて行うようにしましょう。

準備段階の自己分析や企業研究は、実際に応募するまでの大切なステップです。

年収や待遇だけで応募先を決めて、次から次に応募するということは避けてください。

入社してから、イメージと現実とのギャップに後悔する可能性もあります。

転職にはどのくらいの期間がかかる?平均的な期間や転職を成功させるポイントを解説!

自己分析をする

自己分析は「過去」「現在」「未来」と時間軸に沿って考えるのがお勧めです。

  1. 過去…これまでの経歴やスキルの棚卸し、成功・失敗体験
  2. 現在…転職をしようと思った動機、現状の不満点、自身の市場価値
  3. 未来…転職したらどんな仕事がしたいか、年収や待遇、自分の未来像

以上のことを洗い出し、応募企業が求める人物像にマッチしているかを照らし合わせてみましょう。

情報収集を行い業界研究・企業研究を行う

自己分析を行なって転職の方向性が決まったら、次は情報収集です。

求人サイトに登録したり転職エージェントを活用したりして、業界や企業研究を進めましょう。

転職サイトなどでは希望条件を絞り込むことになりますが、最初から条件を細かく設定することはお勧めできません。

出来るだけ多くの情報を集めるためにも、選択肢を幅広く設定して、あらゆる分野の情報を得ることが大切です。

気になる求人を洗いざらいピックアップして、可能性を捨てないよう注意してください。

ある程度の求人案件が集まったところで、自己分析による「転職の動機」や「転職先に求めるキャリアプラン」に当てはまりそうな求人に絞り込みましょう。

転職前の準備をどれだけ行うかで成功率が大きく左右する

働きながら転職活動をする場合、新卒の就職活動のように時間がないため、準備がおろそかになりがちです。

企業研究や業界研究をおこたると、

というような入社後のギャップが生まれます。

求人サイトの待遇面だけに気を取られず、応募企業の社風や文化、どのようなスキルを身につけられるか、中途採用後のキャリアアップなども調べ尽くしましょう

転職活動に向けて何を準備すればいい?~悩める20代に送る転職準備マニュアル~

転職活動の進め方

準備段階が終わったら、実際に応募して内定をもらうための活動に移ります。

応募書類の作成〜内定までは約1〜2ヶ月が目安です。

退職を伝えるタイミングや退職日の調整は、内定をもらったあと迅速に行いましょう。

履歴書・職務経歴書を作成する

履歴書は応募する企業ごとに、自己アピールや志望動機を書き換えて提出する必要があります。

企業が求める人物像によってアピールポイントは変わってきますので、使いまわしをしないように注意しましょう。

また採用担当者が見たくなるような内容にまとめることも大切です。

誤字脱字はもちろん、言いたいことが伝わりやすい書類になっているか、要点がまとまっているか、具体的なエピソードなどを盛り込みながら丁寧に仕上げましょう。

中小企業から大手など、前職と違う規模の企業へ応募する際には、採用担当者が仕事の規模をつかみづらいという欠点があります。

自身の実績をアピールする場合には、予算や人数、売り上げなど具体的な数字を明確にすると、より伝わりやすい内容になります。

求人に応募する

応募書類が完成したら、いよいよ企業へ応募していくことになります。

応募を始める前に、1ヶ月で何社くらい応募するのか、転職成功者の事例を参考にしながら決めていきましょう。

短期間でたくさんの企業に応募してしまうと、選考スケジュールが重なり本命を逃すことになりかねません。

だからといって、1社の結果を待ってから次の行動に移していくのは、大幅な時間のロスです。

面接を受ける

面接では転職のきっかけや志望動機、これまでの経歴などをアピールしていくことになります。

転職理由はネガティブになりがちなので、相手にいい印象を与えるためにも、ポジティブな理由に変換して説明できるようにしておきましょう。

中途採用の面接で重視されるのは、「態度・仕草」「話し方」「表情」など。

面接官に与える第一印象は非常に重要ですので、清潔感のある服装や髪型で臨むことも大切です。

最近はオフィスカジュアルでの面接を行なっている企業もありますが、どの程度にカジュアルダウンするか悩んだら、きちんとしたスーツでいく方が失敗はありません。

【回答例付き】20代の面接で聞かれることが多い8個の質問を紹介!

内定通知を貰う

内定をもらって入社を決意したら、現職の企業へすぐに退職する意向を伝えましょう。

退職期間については、就業規則では1ヶ月の猶予が与えられていることが多いようです。

有給を消化したいなら2ヶ月くらいを目処に、転職先の入社日を決定することになります。

「いくつか内定をもらって悩んでいる」「第一志望ではない」という場合には、すぐに返事をせず、入社条件にもしっかりと目を通しましょう。

企業側が待ってくれるのは約1週間です。

入社後のミスマッチを防ぐためにも、疑問点をすべて解決してから1社に絞りましょう。

入社日までに各種手続きを済ませておく

退職時にもらった源泉徴収票や扶養控除等申告書などの書類は、入社手続きに必ず必要になります。

また入館証の変換や名刺の整理、仕事の資料などは後任に渡しましょう。

転職先の企業によっては「身元保証書」や「卒業証明書」なども必要になっていきます。

入社日に間に合うよう、早めの手配が肝心です。

給与の振込先銀行の指定がある場合は、有給を使ったりお昼休みを利用したりして、口座を開設しておきましょう。

扶養家族がいる方は、健康保険被扶養者異動届も必要です。

保険や年金関連の手続き

保険証の変換や年金手帳の受け取りは、退職日までに済ませておきます。

企業年金に加入していた場合、退職してから受け取るか、定年を過ぎてから受け取るかなどを決めておくことも大切です。

入社日を迎えて新しい職場で働き始める

円満退社を目指して、引き継ぎや関係者へのあいさつなどは怠らないようにしましょう。

無事に退社したら、新しい職場が待っています。

初日から遅刻しないよう、新しい職場までの交通機関のチェック、始業時間の確認、入社書類などは前日に用意しておくことが大切です。

在職中・退職後どちらに転職活動を始めるべき?

転職活動における重要なポイントが、

の選択です。

双方にメリット・デメリットがありますので、よく理解した上でどちらかを選びましょう。

在職中に転職するメリット・デメリット

メリット:収入が0になるリスクが無い

在職中に転職活動をする最大のメリットは、収入がなくなるリスクを阻止できることです。

「収入がなくなる」「貯金が底をついてきた」という状況になると、焦りから転職先を妥協することにつながります。

仕事を継続しておけば、いい企業に出会えなかった場合は勤め先を辞めないという選択肢を選ぶことも可能です。

  1. 自分に合った企業をじっくりと探したい
  2. 条件がいい企業があれば転職したい
  3. 現状に大きな不満はないけど満足はしていない

このようなタイプの方は、働きながら転職先を探すことをお勧めします。

デメリット:転職活動に十分な時間を割けない

仕事をこなしながらの転職活動は、周囲にも気を使いますし、時間に余裕がありません。

平日は仕事が終わってから企業リサーチをしたり、休日には応募書類を書いたりと、内定がもらえるまでは休む暇もないくらいです。

そうなると、ついつい企業研究や業界研究がおろそかになってしまい、入社してから後悔する可能性も出てきます。

また転職活動をしていることを、会社のメンバーに隠し通すのも神経を使います。

どんなに仲がいい同僚や先輩でも、退職するとなると反感を買ってしまう可能性があるので、バレないよう注意しましょう。

退職後に転職活動を始めるメリット・デメリット

メリット:就活に十分な時間をかけられる

仕事を辞めたあとなら、転職活動のためだけに1日を使うことができます。

複数の企業へ同時に応募することもできるため、短期間で成功を掴む可能性も大きいです。

また失業保険を受け取りながら、資格を取得したりスキルアップしたりして、新しい業種・職種にチャレンジできるというのもメリットのひとつです

デメリット:転職が長引くと生活ができなくなる

仕事を辞める前に、どのくらい貯蓄があるのかを把握しておく必要があります。

最低でも3ヶ月〜半年は、働かなくても生活できるくらいのゆとりが欲しいところです。

転職活動が想像以上に長引くと、内定をもらえないストレスから転職先を妥協してしまうことになりかねません。

また生活費のためにアルバイトをはじめ、「気付けば1年以上フリーターをやっている」という状況に陥ってしまわないよう注意しましょう。

ただし、今の勤務先が「ブラック企業」や「パワハラがある」という場合は、すぐに辞めることをおすすめします。

精神的に病んでしまうと転職活動にも影響しますので、無理に長く務める必要はありません。

転職にかかる期間は3ヶ月~6ヶ月が一般的

転職活動を始めてから内定をもらうまでの期間は、3ヶ月〜6ヶ月が目安です。

地方から首都圏などの引っ越しを伴う転職は、さらに時間がかかります。

「今の仕事をすぐにでも辞めたい」という人も多いと思いますが、転職活動には時間だけでなくお金も必要です。

貯金残高を気にしながらの転職活動は、焦りから失敗を招いてしまうリスクも高いので注意しましょう。

退職日を決める際は、転職活動が長引く可能性も踏まえてから、冷静に判断することが大切です。

転職に不安を感じたら転職支援サービスを活用

転職活動はスムーズにいっても3ヶ月は必要です。

出来るだけ最短で転職したい人は、転職支援サービスを活用すると早いでしょう。

  1. 自己分析がむずかしい
  2. 企業研究ができない
  3. 年収を交渉したいけど自信がない
  4. 1日も早く転職したい
  5. 転職活動を半年以上している

このような悩みを抱えている人も、転職支援サービスを活用する価値はあります。

とくに在職中に転職活動を始める場合は、アドバイザーがスケジュール管理までしてくれるので心強いです。

転職の進め方を理解し納得のできる転職をしよう

転職活動にかかる期間は人それぞれ違うため、自分でスケジュールを立てて実行していく必要があります。

いつまでに自己分析や企業研究を行うか、応募書類の作成に何日かけるかを事前に決めて、転職計画を立てましょう。

「転職に時間をかけたくない」「できるだけ早く今の会社を退職したい」という人は、転職エージェントを使ってみるのがおすすめです。

あなたの実績や性格を踏まえて、向いている業界や職種を提案してくれます。

また退職を受け入れてくれないときの対策や、入社条件の交渉もお任せ可能です。

転職にかかる期間をしっかりと理解し、後悔のない転職を行なってください。