転職したいと思ったらすべきこと!自分の現状を把握して適切な行動を心掛けよう

転職したいと思ったらすべきこと!自分の現状を把握して適切な行動を心掛けよう

仕事内容も給与も福利厚生も人間関係も、なにもかも気に入らない!

もうこんな会社嫌だ!転職したい!

会社のどこか一つ嫌になってしまうと連鎖的に、ほかの気にならなかったことも嫌になってきます。

辞めたくなる気持ちは理解できます。

しかし一度冷静になってください。

「転職したい」ではなく「仕事を辞めること」が目的になってしまっていませんか?

今回の記事では、転職したいと思った時にすべき行動について解説していきます。

転職したいと思ったら一度冷静に考える

本当に転職したいのか、冷静になってよく考えてください。

現職で嫌なことがあると仕事辞めたいと同じ感覚で転職したいと言葉にしていませんか?

人間は仕事をしていかなければ、生活することができません。

そのため、仕事辞めたいというワードは、愚痴のような冗談交じりの言葉。

本気で仕事を辞める気はさらさらないのが本音。

仕事辞めたいと軽い気持ちで言うのと同じように転職したいと言っていると、大して転職したいと思っていなくても、本当にそのような思考になってしまいがちです。

転職したいと思った理由を明確にする

転職したいと思っても本気で転職したいと感じていない場合もあります。

急いで転職の準備を始める前に、なぜ転職したいと思ったのか明確にしてみましょう。

仕事が嫌だから。
といった漠然としたものではなく、仕事の何が嫌なのか、転職することで確実に改善できるものなのか、具体的に洗い出しましょう。

冷静になって転職理由の明確化をおこなうと、
転職したいと思うほど現在の会社も悪くないと自覚できることがあります。

転職したいと思ったときにすべき行動

転職したい気持ちが本物だと自覚したら、いよいよ行動を起こしましょう。

下記から転職したいと思った時にすべき行動を紹介していきます。

転職市場における自分の価値を客観視

自分の年齢や業務の経験・スキル・職種や会社の業界など、現在の転職市場において自分の価値がどれだけあるのかリサーチしましょう。

転職市場で価値がないのにも関わらず、転職をはじめてしまうとなかなか転職ができずに期間が延びてしまい、だんだん意欲もなくなってしまいます。

転職で使える自分の武器の確認

スキルや経験、業務内容・資格など採用面接時にアピールできるポイントを確認しておきましょう。

もし経験年数も少なくアピールできるポイントがないという場合は、年齢やフレッシュさなども立派な武器になります。

転職経験者に話を聞く

転職して実際jに良かったのか、悪かったのか、
ここは良かったけど、ここは後悔したなど
経験者から転職の経験談を聞きましょう。

経験に勝るものはありません。

転職者の話を聞くことで転職後の具体的なイメージがついたり、モチベーションの維持にもつながります。

転職で求める条件を明確にする

転職先に求める条件を明確化しましょう。

現職から転職する理由が「給与に納得がいっていない」場合。

せっかく転職するのだからと給与以外に休日日数や福利厚生などのあらゆるものを転職先に求めてしまう人が多いです。

しかしあなたの欲望をすべて叶えてくれる素晴らしい会社なんて一部です。

転職に多くの条件を設定してしまうと、転職期間も長引くうえに妥協で会社を決めてしまう結果に終わることもあります。

二兎を追う者は一兎をも得ず。

転職先に求める条件には優先順位をつけましょう。

それが転職を短期間で終わらせるコツです。

転職したいなら転職リスクを知っておこう

転職したら現状からなにもかもが良くなる!とは限りません。

絶対に現状が良くなるならみんなこぞって転職しますよね?

転職にリスクはつきもの。

転職をすることで起きてしまうリスクについて解説していきます。

現状より確実に良くなる保証はない

転職は現状抱えている不満を解消するためにおこなうものです。

しかし転職をしたからといって、確実に現状が良くなる保証はありません。

給与が不満で、転職で給与面での不満は解消されたとします。

しかし新たに人間関係や業務内容などに不満を抱えるリスクがあります。

そのため、確実に現状よりも良くなる保証はないのです。

年下が上司になる可能性がある

新卒で入った会社では、自分よりもあとに入った人が先に昇進するということは、なかなかありません。

しかし転職先では、年下が上司になる可能性があります。

転職先がベンチャーや中小企業だと起こる可能性が高いです。

年下が上司でも大丈夫という人でも実際にその場面になると接し方に困るものです。

仕事では必要のないプライドなども邪魔して、作業が円滑化しない可能性もあります。

人間関係を0から作る必要がある

当然ですが、人間関係を0から作らなくてはならなくなります。

現職で人間関係がうまくいっている人は、人間関係を気にしこともないと思います。

しかし社会人になって改めて人間関係を作るのは、大変なもの。

ビジネスと割り切った関係なら、仕事をすればいいだけなので簡単です。

しかし人間関係の問題は、それだけで辞める人がいるほど、転職理由としてメジャー。

現在人間関係に大きな悩みを抱えていなくても、新しい職場で人間関係が新たな悩みになってしまう可能性もあります。

ローンや信用系の審査に通らない

転職したてだと社会的信用が低くなってしまい、ローンや信用系商品の審査に通過しにくくなります。

転職自体のリスクというより転職によって副次的に引きおこるものです。

転職すべきではない人の特徴

転職が抱えるリスクを紹介してきました。

転職のリスクを理解しても転職をしたいという人はいると思います。

しかし転職したいと鋼の意思を持っていても、そもそも転職に向いていない、転職すべきではない人がいます。

転職すべきではない人の特徴を解説していきます。

転職の目的が曖昧

転職の目的が曖昧な人は、転職すべきではないです。

現職の業務内容が気に入らないから転職をしたいと考える人の中には、
「語学スキルを活かしたい」「持っている資格を活かしたい」という人が多いです。

しかしその転職理由はあまりに曖昧です。

語学スキルを活かしてどのような仕事をしたいのか。
資格を活かしてどのような仕事がしたいのか。

業務内容を明確にしないと、実際に配属されたときに希望するような業務がおこなえないため、早期退職、再度転職をする可能性が高まります。

自分が転職する理由や不満を明確にせず、曖昧な状態で転職しようとする人は、転職すべきではありません。

未経験の業界や職種にチャレンジしようとしている人

現在の業界や職種に嫌気がさして、未経験の業界や職種に転職しようと考えている人は、転職すべきではないです。

もしあなたが第二新卒と呼ばれる20代前半の年齢なら未経験の業界や職種への挑戦は問題ないです。

しかし20代後半、30代以降であれば未経験の業界や職種に挑戦するのは、リスクが高すぎます。

そもそも転職できないリスクをかかえるうえに、仮に転職できたとしてもとりあえず人材が欲しいようなブラック企業に入社してしまうリスクもあります。

いくらゼロからやりたい業界・職種の仕事ができるとしても現在の会社の条件よりも落ちれば、今度は落ちた条件面で不満が溜まり、転職のきっかけになってしまいます。

嫌なことをすべて他人のせいにする人

「評価が低いのは、上司が悪いから」
「嫌な同僚だらけで人間関係が悪い」

現在の会社で抱えている不満をすべて何かのせいにしている人は、転職すべきではないです。

もちろん本当に会社が悪い場合や同僚、上司が悪い場合もあります。

しかしそもそも数ある会社の中から今の企業を選んだのは、あなた自身ですよね?

人間関係や評価だって、あなたに一切の責任がないとはいえません。

それをすべて他人のせいにしてしまうような性格・考え方なら、仮に転職に成功したとしてもまた同じ目にあって転職を繰り返すだけです。

転職を成功させるコツ

転職にはリスクがあります。

そもそも転職すべきではない人もいることを紹介してきました。

内定の獲得が転職の成功ではありません。

良い会社に転職して、前職よりも満足のいく環境になったと実感して初めて転職が成功したといえるのです。

しかし一度転職したいと思ってしまうと、気持ちが先走ってもう止まらないという人もいるのではないでしょうか?

そこで下記から転職を成功させるコツを紹介いたします。

ぜひ参考にして、転職を成功させましょう。

転職したいと思ってもすぐに退職しない

転職したいと思うとすぐに退職してしまう人がいます。

しかし退職してしまうと収入が途切れるため、焦りにつながり、転職先を妥協してしまう可能性があります。

辞めるにしても企業研究や自己分析が進み、最低一つは内定を貰った段階で辞めるべきです。

この記事中に何度も話していますが、転職活動にはリスクがつきもの。

転職先がなかなか見つからないリスクも考えながら、慎重に転職を進めましょう。

自己分析を入念に行う

転職をしてどうなりたいのか。
何の仕事に就きたいのかが明確ではない状態で転職を始めてしまうと、何から取りかかればいいのかが分かりません。

そのため、効率の良い転職活動ができません。

それを防ぐために自己分析を徹底しておきましょう。

自分が何をしたいのか、どんな職種に向いているのかが明確になります。

転職活動を始めてからでは遅いので、始める前にやっておきましょう。

効果的な自己分析の取り組み方

自己分析を行う上で大切なのは、紙に書きだして可視化すること。

まずは、自分の長所を紙に書き出してみましょう。

アピールにならなそうなことなどでも構わないので、とにかくたくさん書きだすことが大切。

そのうち、自分が気付いてなかった思いもよらないアピールポイントが見つかるケースもあります。

次に書き出したアピールポイントから、面接の中でアピールできそうなものをピックアップしましょう。

ピックアップしたら、面接の中で伝えられるような言葉に変換します。

面接の中でどのように伝えるのが効果的なのか考えてみましょう。

企業研究を徹底する

企業への入社意欲を伝えるためには、入念に企業研究を行う必要があります。

企業研究を入念に行わなければ、どのような点をアピールすればいいのか理解できません。

面接の中での発言も抽象的な内容になってしまうので、採用担当者の印象に残りにくいです。

志望する業界・職種が決まっていない人は、志望職種を絞るために必須の作業と言えます。

入念な企業研究を行って、転職活動を有利に進めましょう。

ポジティブな退職理由を伝える

退職理由を話す際、会社の愚痴や不満を話して終わってしまうパターンが多いです。

しかしそれは避けた方が賢明。

面接官が退職理由を聞くのは、あなたの愚痴や不満を聞くためではありません。

前職の経験を通し、どう活かしていきたいか伝えましょう。

ネガティブな退職理由だったとしても、伝え方を工夫してポジティブな退職理由を伝えるのが大事。

ポジティブな退職理由であれば、面接官にいい印象を与えることができます。

ポジティブな退職理由を伝えるコツ

退職理由は質問の性質上、ネガティブに伝わってしまうケースがほとんど。

たしかに退職理由自体をポジティブに伝えるのはかなり難しいです。

そのため、退職理由にプラスし、仕事への熱意を伝えるとポジティブな印象を与えられます。

熱意を伝えるときには、年数や期限を絡めると発言に具体性が出てよりアピールに繋がります。

転職エージェントに相談

新卒で就活していたのは、何年も前の話。

もう就活の仕方なんて忘れてしまった、一人で転職を進めていくのは不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そんな方は転職エージェントを利用するのがおすすめです。

転職エージェントは無料で面接の対策や企業探しを手伝ってくれるサービスです。

満足できる転職がしやすく、転職活動に不安を持っているなら転職エージェントを利用しましょう。

みんなの転職したいと思った理由

転職の採用面接では、転職理由を確実に聞かれることになります。

そのため、転職理由を明確にし、自己分析を深めることが重要です。

その際、自分の転職理由が一般的にみておかしくないか、気になってしまいますよね。

そこで他の転職希望者が転職したいと思った理由を紹介していきます!

給与が少ない

転職理由として最も多いのが、給与の少なさです。

自分の働きを考えると、給料が少ないのではないか。
残業代が出ない…。全然昇給しない。賞与が出ない。

新卒のときは、大きな仕事なんて任されません。

そのため給与が多少低いと感じていても「こんなもんだろう」と納得してしまいます。

しかしある程度経験を重ねてきて、別業界や他会社の同年代の人の給料などを知ると、給与に不満を感じてしまうことがあります。

自分の働きを考えると、もっと給与を貰ってもいいのではないか?

給与関係が転職したいと思ってしまう理由です。

人間関係がうまくいってない

人間関係も転職したい理由として多いです。

上司と折り合いが悪い。
同僚と仲が悪い。嫌われている。
それだけならいいが、業務上必要なコミュニケーションにも支障がでる。

仕事の問題は、自分次第で解決することができます。

しかし人間関係の問題って自分が解決に動こうとすればするほど、泥沼にはまっていってしまうこともある複雑なもの。

面倒の極みです。

休憩時間だけならまだしも、人間関係が業務にまで支障をきたしてしまうともうどうにもなりません。

仕事内容に不満

24時間のうち、睡眠は7時間。

仕事は、それ以上の残業時間も含めて8~9時間はおこなうことになります。

その仕事をつまらない・やりたくないと感じてしまうと、一日の3分の1以上の時間を苦痛に感じて過ごすことになります。

あくまで仕事は生活をするための手段と考えれば、耐えられるかもしれません。

仕事内容よりも生きていくほうが大切です。

しかし仕事がおもしろい・やりがいを感じるなら楽しく生きていけます。

少なくとも、つまらないと感じる仕事でなければいいので、転職したいと思う人は多くなるようです。

労働時間が長い

労働時間が長い場合、転職したくなってしまうようです。

残業時間が多くて、毎日朝から終電まで働いている。
休日もお呼びがかかれば出勤しなくてはならない。

いくら手当がでてお金を稼ぐことができても、使う時間がなければ意味がありません。

友達との付き合いが悪くなってワークライフバランスのかけらもない。
単純に働きすぎて、体力・精神ともに限界。

長時間労働に嫌気がさして転職を考える人も多いです。

しかし長時間労働のなかで、転職活動をするのはなかなか大変だと思います。

このような人達は退職してから、転職活動をおこなうのでしょうか?

会社のカラーが自分とあってない

会社のカラーと自分の性格がとにかく合わないことも転職したいと思う理由になるようです。

暗い性格なのにイケイケな社風の会社に入ってしまった。
仕事に対して熱くなりたいのに、社員全員が仕事に対してやる気がない。

社風は、実際に入社して体験してみなければわからないことです。

まさかそれを会社に訴えたところで、会社側が自分に合わせてくれることは、ありえません。

この理由で転職を考える人は、若い方が多いです。

評価されない

仕事は、評価されてなんぼです。

いくら過程を頑張っても成果がでなければ評価されません。

しかしなかには、成果がでているのにも関わらず、評価をしてくれない会社や上司も存在します。

上司の期限を伺うだけの人間が出世したり、自分に対してだけ風当たりが強かったり。

正当な評価をくださない会社や上司だと、ストレスが溜まってしまいます。

転職したいと感じたらリクらくに相談

転職したいと感じたら、まずは転職エージェントに相談するのがおすすめです。

リクらくでは専任の転職エージェントが付き、履歴書の添削や面接練習、企業との日程調整など転職における全てをサポートします。

求職者のカウンセリング実績は2万人以上で、内定率は90%を超えている実績があります。

その理由は、あなたのスキルや経歴をもとに、あなたに合った転職先を紹介してくれます。

サポート費用はすべて無料。

転職したいと思っていても、転職に成功できるか悩んでいる人は、ぜひ気軽に相談してみましょう。

リクらくを活用して、転職を成功させましょう!