転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?失敗しない転職の方法を紹介!

学校を卒業して初めての社会人として仕事を始めたものの、
「なんか仕事あっていないかも…」

「転職してみようかな」と転職をする人も少なくありません。

転職をするからには絶対に失敗したくないですよね。

転職に失敗して再び転職活動を始める人もいます。転職活動は時間と相当なエネルギーを使いますので、何度も転職をすると心身共に疲れてしまいます。

また、新卒で入った会社を退職して3年以内の人を第二新卒と言い、第二新卒者は、転職市場では何かと有利なことが多いです。

しかし、転職に失敗してしまうケースも多いのが現状です。

第二新卒の転職失敗を防ぐためにも、今回の記事では第二新卒が転職に失敗してしまう理由や、失敗しないための方法を紹介していきます。

この記事を読んで、第二新卒での転職を失敗しないようにしましょう!

第二新卒は転職に有利!

冒頭でもお伝えしましたが、第二新卒者は転職市場ではニーズがあり転職に有利と言われています。

それでは、なぜ第二新卒者が有利なのか説明していきます。

新卒と年齢的にほぼ変わらない

新卒の年齢が21~22歳なのに対して、第二新卒は22~25歳でそこまで年齢に差がありません。

若い年代を求めている企業は多く、若いという事実だけで評価されます。

5年以上の社会人経験がある場合には、それぞれに仕事の仕方や仕事身に対しての向き合い方が確立しています。

そのため、新しい環境に馴染むのに時間がかかってしまい、呑み込みが遅くなってしまいがちです。

それに対して社会人経験が浅い新卒の場合には、仕事への取り組み方や考え方が定まっていないので、入社した職場のルールや方針にすぐに馴染んでいくことができます。

企業は20代に人間性やポテンシャルを求めていますので、経験や知識が無くても内定を貰うことが出来るのです。

社会人マナーが身についている

第二新卒は卒業してから、在籍期間は違うものの社会人としての経験をしています。

新しい環境で、社会人としての基礎である挨拶の仕方やメールの送り方などビジネスマナーを身に付けています。

そのため、基本中の基本である社会人マナーに時間をかける必要がありません。

企業側から考えてみれば、前職の在籍期間・職種に関わらず、社会人マナーは身に付けていて当たり前と考えているので、身に付けていない振る舞いをしてしまうと、一気に評価を下げてしまいますので注意しておきましょう。

これからの成長に期待できる

20代後半・30代に比べて20代前半である第二新卒者は、仕事の吸収力や成長率が高いため、将来性に期待を持てます。

企業が第二新卒に華々しい経歴やスキル、豊富な知識を求めているわけではありません。

ポテンシャルや人間性を重視して企業は採用を行うので、何を求められているのかを理解しないで選考を進めてしまうと、内定を貰うのが厳しくなります。

経歴がある人材を取ろうと考えたら、中途採用などで人材を集めますので、第二新卒枠で人材を集めようとは思いません。

第二新卒っていつまで?第二新卒を採用する意図を理解して転職を成功させよう!

第二新卒で転職に失敗してしまう人の特徴

第二新卒が転職活動に有利ということがわかってもらえたと思いますので、そのことを踏まえて、第二新卒者で転職に失敗してしまう人の特徴を紹介していきます。

前職の退職理由がネガティブ

転職活動の面接で必ず聞かれることの1つで、前職の退職理由を聞かれます。

企業が退職者に対して最も気になる点ですので、あらかじめ回答を用意しておく必要があります。

第二新卒者が退職理由を答えるときに、前職での愚痴や不満を長々と話してしまうことが多いですが、企業側からすれば愚痴や不満を聞きたいために、この質問をしているわけではありません。

そのため、企業が退職理由を聞く意図を理解しておかなければなりません。

退職理由を聞く意図は、

以上の二つを確認するために、退職理由を聞きます。

前職ではどんな仕事をしていて、何に不満を持って辞めたのか、前職で働いて会得したスキルや経験を次の職場ではどのように活かしていきたいか、まで話す必要があります。

「残業が多くて辞めました」「仕事量が多くて辞めました」で終わらせずに、「前の職場よりも○○の仕事をしたくて、リスクがあるのを承知して退職しました」などのようにポジティブな退職理由を伝えられるようにしましょう。

転職をしている明確な意図がない

「転職をしてどうなりたいのか」を明確に定めずに転職活動を始めてしまうと、転職先が決まらず、転職期間が延びてしまいます。

転職はあくまでもやりたい仕事をする為の手段であり、内定はゴールではありません。

内定を最終目標と認識している人が多いですが、勘違いしてはいけません。

そこの目的意識を明確にしないと、今何をすればよいのか判断できませんので、

転職活動を充実させるためにも、上記の3つは自分の中で明確にしておきましょう。

無計画に退職をしてしまう

転職をするにあたって、現在の職場を辞めてから転職をするのか、仕事を続けつつ転職活動をするのか慎重に判断しなければなりません。

どちらにしても、メリット・デメリットは存在します。

仕事を続けつつ転職をすると、日中は仕事があるので転職活動に充てることが出来ないため、転職活動が全く進まずに、転職先が決まらないデメリットがあります。

しかし、収入は入ってきますのでお金に困ることはありません。

仕事を退職してから転職活動をする場合には、全ての時間を転職活動に充てることが出来ますが、その間は無職になるので収入を得ることが出来ません。

転職活動は意外とお金がかかりますしそこに加えて生活費もかかりますので、転職期間が長引いてしまうと生活ができなくなってしまうリスクがあります。

何の準備もせずに、勢いで辞めてしまうとその後が苦しくなるので、退職をする際には十分な準備をして、転職先にある程度の目星をつけてから退職しましょう。

倍率の高い会社ばかり受けている

第二新卒者の中には、どうせ退職するのであれば優良企業に転職したいと考えて、大企業や人気の企業ばかりを受けている人がいます。

当然のことながら、大企業や優良企業と言ったネームバリューがある企業は、競争率が非常に高くなっていて内定を貰うのが難しいです。

また、大手の企業となると新卒枠で十分な人数の若い人材を確保していますので、新卒枠以外での採用枠では、スキルや経歴のある即戦力となる人材しか採用をしないことがほとんどです。

可能性はゼロではありませんが、限りなく低いことは確かです。

就職が予想以上に長引いてしまう危険性もありますので、企業のネームバリューに踊らされず、自分のスキルやポテンシャルを自覚したうえで企業を選ぶようにしましょう。

第二新卒はやばい?第二新卒の転職を成功させるポイントを教えます

転職に失敗しないための方法

転職する上でどんな特徴の人が失敗してしまうのかが分かったところで、ここからは転職に失敗しないための方法を説明していきます。

ポジティブな退職理由を考える

転職活動の中でポジティブな退職理由を考えることが何よりの近道です。

企業が最も聞きたいことですので、企業が感心するような回答を用意して置きましょう。

退職理由の例文を記載しておきますので、参考にしてみてください。

退職理由の例

前職ではWEBデザイナーとして2年働いていました。

LPのデザインやサイト運営などに携わり、前の会社に入社しキャリアを積んでいこうと考えていたのですが、2年間の間に希望する業務をさせて貰えず、与えられる仕事はバナー広告の製作や分量の少ないライティング業務が主でした。

WEBデザイナーとしてキャリアを積んでいきたい思いが強いので仕事に対する意欲は高いものの、与えられえる仕事の単調さにギャップを感じ、将来的な不安を感じたので退職する意思を固めました。

前職では希望する業務内容に恵まれませんでしたが、御社では様々なサイトのWEBサイト運営をされており、私の熱望する業務をできると思い志望させて頂きました。

このように、退職理由を明確に伝えたうえで志望動機まで伝えると、ポジティブな姿勢で退職したことが面接官にも伝わります。

転職スケジュールを立てる

転職をするにあたって、転職スケジュールを立てましょう。

自分がどういった目的で転職をするのか、いつまでに転職を決めるのか、そのために今やるべきことは何か、転職スケジュールを立てることで、自分の目標を見失う心配がありません。

転職スケジュールの立て方を説明します。

転職スケジュールの立て方

仕事を続けつつ、転職する場合の一例

転職スケジュールは、ゴール(初出勤日)から逆算して考えると立てやすいです。

現在が7月1日で初出勤日を10月1日に設定した場合、退社日は9月の中頃に設定しておきましょう。

有給の消化や、引継ぎ業務をしなければいけませんので最低でも半月は必要です。

そのためには、9月の初週には内定を貰うつもりで転職活動をしなければなりません。

7月いっぱいで、自己研究・業界分析、希望する業界への応募を済ませておき、8月~9月初週で面接を済ませて、内定を貰うのが理想の流れです。

かなりざっくりですが、このスケジュールだけでもいつまでに何をすべきかを知ることができます。

計画的に内定を貰うためにも、転職活動に入る前に転職スケジュールの作成を済ませておきましょう。

前職で得た知識やスキルを棚卸して、自己分析をする

自分がどんな職に就きたいのか、自分にどんなスキルや知識が身についているのか、経験してきた職を思い出して自己分析をしてみましょう。

前職で営業をしていた場合には、コミュニケーション力や取引先とのスケジュールなどを調整する管理能力、基本的なパソコンスキル・資料作成などのスキルが身についているとして、そのスキルが次の職場のどういった部分で活かすことが出来るのかを考えてみましょう。

伝え方次第で、大きなアピールに繋げることができます。

面接で聞かれる質問を想定して回答を用意する

転職活動の面接でされる頻度の高い質問は大体一緒で、ある程度は予想することができます。

「アドリブで回答出来る」と考えている人は考えが甘いです。

何回回数を重ねても面接は緊張するものですので、抜かりなく回答を準備しておきましょう。

以下で面接される頻度の高い質問ですので、参考にしてみてください。

当たり前ですが受け答えは、快活な態度ではきはきと答えましょう。

特に退職理由では仕事を辞めた後ろめたさから、うつむきがちになり暗い口調になってしまいがちです。

口調や表情が暗いと面接官から、

「何か嘘をついているのではないか?」

「話している内容以外に何か理由があるのではないか」などの疑念を持たれてしまう恐れがあります。

余計な疑いをもたれないためにも、終始明るい態度で面接に挑みましょう。

志望動機・キャリア形成に整合性を持たせる

仕事を選ぶ時には人それぞれに選んだ理由があり、現在では辞めたいと考えている職場でも、入社する前には何かしらの志望動機があったはずです。

その志望動機と次に受ける企業の志望動機を関連させて、将来的なキャリア形成に繋げてアピールすることが出来れば、将来への見通しを立てた上でシャリアプランを構築していると判断され、好印象を与えることができます。

応募する会社の数を増やして行動数を増やす

前提としてですが、そもそも受ける企業の数を増やさない事には内定率をあげることができません。

仕事を続けながら転職をしている人の場合は、業務に支障が出てしまう可能性もあります。

そのため自分が許容できる範囲内で活動する必要がありますが、退職をして転職活動をする場合には、転職活動中に収入がありませんので、出来るだけ早いタイミングで内定を貰わなければなりません。

業種などを絞らず闇雲に選考を受けるのも問題がありますが、ある程度は間口を広くして選考を受けるようにしましょう。

失敗してしまう人の特徴を理解して、転職を成功させよう!

この記事では、どんな特徴の第二新卒者が転職に失敗してしまうのかをもとに、失敗しないための方法を紹介してきました。

失敗してしまう要因を知っている人と、知っていない人では成功できる確率が全く違い、内定率も異なります。

少しでも内定率をあげるもう一つの方法として、就活サービスのリクらくを活用してみませんか?

リクらくを活用して、転職成功の確率を近づけましょう!

リクらくでは、未経験からでもチャレンジできる求人やキャリアアップできる求人、リクらくでしか掲載していない求人など多種多少な求人を扱っていて、一人一人の適性やスキルに合わせた求人を紹介します。

専任の転職エージェントが付いて、履歴書の添削や面接練習、企業との日程調整など転職における全てをサポートします。

求職者のカウンセリング実績は2万人以上で、内定率は90%を超えている実績があります。

サポート費用はすべて無料となっているので、転職に悩んでいるあなたのお電話をお待ちしています。