第二新卒っていつまで?第二新卒を採用する意図を理解して転職を成功させよう!

近年では「第二新卒」という言葉を耳にする機会が多くなってきました。

転職市場においても、「第二新卒」は企業から高い人気を誇っています。

しかし、第二新卒の意味がよくわかっていない人がたくさんいると思います。

「第二新卒はどんな人を指すのか」

「第二新卒の期間はいつまでなのか」

第二新卒が転職に有利と言われているのであれば、第二新卒の意味を理解しておきたいですよね。

また、企業が第二新卒を採用する意図・企業が第二新卒に抱いている懸念点や、企業から内定を貰いにくい第二新卒の特徴などを紹介していきます。

自分が第二新卒に該当するかもしれない人は、是非この記事を参考にしてみてください。

新卒入社後1~3年以内の転職者を第二新卒と呼ぶ

実は、第二新卒に法的な定めや明確な定義がありません。

第二新卒の一般的な解釈は、新卒で入社した会社を1~3年以内に退職して、転職活動を行っている人のことを第二新卒と呼びます。

新卒で入社した会社とミスマッチがあったり、他にやりたい仕事ができたりして、転職する若い世代を第二新卒と捉えてもいいでしょう。

また、高卒・専門卒・大卒など最終学歴の学校を卒業してから、3年未満の転職者を指すので、25歳以下が第二新卒の対象になる考え方が一般的です。

企業によっては第二新卒の捉え方が異なり、20代であれば第二新卒として認める企業もあります。

1年未満の場合には、第二新卒扱いされない??

一般的に1年未満の人でも第二新卒扱いを受けます。

しかし、前職の在籍期間が1年未満の人の場合は、第二新卒の他にも「短期離職」「早期離職」などと区分されます。

1年以上仕事を続けている人に比べると、スキルや熱意が低いと判断されてしまい、転職に不利になることが多いです。

そのため、仕事を退職する思いがあっても、1年は続けておくことをおすすめします。

既卒とは意味合いが全く違う

第二新卒と同じような言葉で「既卒」という言葉があります。

ニュアンス的に同じようなイメージを持っている人が多いと思いますが、だいぶ意味合いが違います。

短い期間とは言え、社会に出て働いた人を第二新卒と呼ぶのに対して、既卒は卒業後一度も正社員として働いたことが無い人のことを指します。

そのため、学校を卒業してアルバイトをしながらフリーターをしている人は、既卒ということになります。

既卒が転職活動をしていくと、「なぜ新卒で就職しなかったのか?」と面接官からかなり厳しい目で見られますので、第二新卒に比べると転職活動で不利になります。

第二新卒は、新卒枠への応募が基本的にできない

新卒とあまり年齢が変わらない第二新卒ですが、新卒枠への応募ができるとはかぎりません。

企業によって異なるものの、多くの企業が新卒枠は新卒者のみで、第二新卒者は別の採用枠を設けています。

しかし、落胆する必要はありません。

第二新卒には、第二新卒ならではの強みがあるのも確かです。

次の項目では、企業の視点から見た第二新卒を採用する意図を紹介していきます。

企業が第二新卒を採用する意図(メリット)

企業は第二新卒のどのようなところを評価して、採用しているのでしょうか?

企業の視点から見て、第二新卒を採用する意図は、

上記の四つがあります。

ざっくり説明すると、
新卒と年齢があまり変わらない+基本的なビジネスマナーが身に付いていることが、企業が第二新卒を採用する意図です。

それでは1つずつ説明していきます。

ポテンシャルに重点を置いた採用ができる

第二新卒は新卒と年齢が変わらないため、将来を見据えて、ポテンシャルに重点を置いて採用することができます。

年齢が若いと仕事を覚えていくスピードや成長速度が、30代などに比べて早いことがほとんどです。

将来的には、会社の中心としてなりうる可能性を秘めているので企業からしたら貴重な人材と言えます。

基本的なビジネスマナーを身に付けている

企業に新卒で入社している場合には、前職で新人社員研修などを受けて、基本的なビジネスマナーを身に付けている場合が多いです。

挨拶やメール、言葉使いや名刺交換など、社会人にとっては必須のスキルばかりです。

一から教育をする手間が省けるという点で、新卒にはないメリットと言えます。

ミスマッチが少ない

第二新卒で入社した会社は、新卒で入社した会社よも、退職率低いと言われています。

新卒で社会人を経験していない時の就職活動に比べて、一度社会に出て働いた経験がある第二新卒の転職活動では、仕事への姿勢や思いなどが違います。

そのため、次の職場での具体的な願望を持っているので、企業とのミスマッチが少なくなります。

また、新卒で入社した会社がブラック企業だった場合、次の職場選びは失敗しないように慎重に転職活動をするので転職に失敗する確率が低くなります。

企業側も、社員に長く働いてくれるのに越したことはありませんので、早期退職するリスクを減らせます。

新しい環境に適応できる柔軟性がある

仕事に対してのやり方や進め方を確立している30代に比べて、第二新卒者は仕事への先入観を持っていない場合がほとんどです。

そのため、新しい職場のルールや仕事の進め方に銃内に対応できて、その会社のカラーに染まることができます。

社会人して経験が少ないと、マイナスイメージを持ってしまいがちですが、経験が浅いゆえの利点もあることを覚えておきましょう。

企業が第二新卒に抱いている懸念点(デメリット)

第二新卒が必ずしもメリットばかりではなく、当然ながら第二新卒ならではのデメリットもあります。

企業が第二新卒に抱えている懸念点を知っておくだけでも、対策を練ることができますので、目を背けずに自分のデメリットとも向き合いましょう。

仕事が長く続ける継続力がない

前職の在籍期間が3年以下の第二新卒は、企業から仕事が長続きしないとレッテルを貼られていることが多いです。

「忍耐力が無いのでは?」

「次の職場もすぐに辞めてしまうのでは?」

面接官は以上のようなことを第二新卒者に思っています。

それを払拭するためにも、明確な退職理由を伝えて、次の転職先には長く勤務したい気持ちを伝えましょう。

伝え方のポイントとしては、間接的に伝えることです。

5年後10年後の話題を自分から話して、10年後もこの会社で働くビジョンを持っているというアピールをしましょう。

明確な意図が無く転職活動をしているのではないか?

転職活動をするにあたって、転職をする理由や将来のビジョンを持たないで転職活動を進めてしまうと、自分がどうなりたいのかを面接官に伝えられません。

そのため、どんな考えのもとに転職活動をしているのか、明確に定めておく必要があります。

どんな自分になりたいのか、どんな職場で働きたいのか、その職場でどうなりたいのかを明確にしておきましょう。

内定を貰えない第二新卒の特徴

ここからは、内定を貰えない第二新卒の特徴について紹介していきます。

ダメな例を知っておくことで、反面教師にできますので、ダメな例も知っておきましょう。

こだわりが強すぎて応募する企業を選びすぎている

転職をするにあたり、転職先に求める条件を高く設定しすぎていると、内定を貰うのにかなりの時間がかかる恐れがあります。

また、大企業の場合には競争率も高く、求められるスキルも高いので内定を貰えるかも疑問なところです。

闇雲にたくさんの企業に応募するのも良いわけではありませんが、ある程度は身の丈に合った企業を選ぶようにしましょう。

なんとなく転職活動をしている

転職活動には、明確な目標を設定する必要があります。

目標を設定せずに、だらだらと転職活動を進めても内定を貰うのは難しいです。

仮に内定を貰えたとしても、自分の希望する職種や企業からは内定が貰えないかもしれません。

明確な目標を設定し、短期間で集中して転職活動ができるようにしましょう

第二新卒に求められていることを理解して、転職活動を成功させよう!

社会人歴 社会人になってから3年以内
年齢 25歳未満 ※大学卒業の場合
学歴 高卒・専門卒・大卒・大学院卒のいずれも対象

明確な基準はありませんが、一般的な第二新卒の解釈をまとめるとこのようになります。

第二新卒は、転職活動においてなにかと有利なことが多いです。

企業から何を求められているのかを理解して、転職活動に明確な目標を持てば、短い期間で転職を成功させることもできます。

また、企業とのミスマッチも起こしにくいので、長く働ける企業に転職できる可能性も高くなるはずです。

転職はキャリアアップのためにするものですので、後悔が無いように、第二新卒の転職を成功させましょう!