第二新卒の面接でされやすい質問とは?転職理由や志望動機など6つの回答例を紹介

第二新卒者として転職をしようと考えている人の中に、面接に対して不安を抱えている人が多いでしょう。

「どのようなことを質問されるのか?」

「面接に失敗して志望している会社にいけなかったらどうしよう」

面接官からどのような質問をされ、どんな点を見られているのか、第二新卒になって初めての転職活動なのでよくわかりませんよね。

基本的には新卒の時と変わらないものの、第二新卒者ならではの質問や要求されるスキルがあります。

そのため、第二新卒からすればポイントは押さえておきたいところです。

今回の記事では、第二新卒者が面接の中でされる頻度が高い質問と、その回答を紹介。

また、第二新卒者が面接官に何をチェックされているのかを紹介していきますので、転職活動中の第二新卒者は、是非参考にしてみてください!

第二新卒と新卒では面接でアピールするポイントが違う!

面接は企業と応募者の相互理解の場ですので、自分のことを最大限にアピールして、自分がどのような人物なのかを理解してもらう必要があります。

学校に在学中の新卒者と、一度は社会に出て社会人を経験している第二新卒者とでは、アピールするポイントが違います。

アピールポイントを間違えてしまうと、面接官から高評価を受けれませんので、注意しなければなりません。

そこで、第二新卒者がアピールしたいポイントを、新卒者のアピールポイントと比較し、
下の表で紹介していきます。

新卒 第二新卒
学生時代に取り組んできたこと 前職で身につけたスキル
学生時代に頑張ったこと 社会人経験で学んだこと
仕事につながる趣味や経験 前職の経験をどう活かしていきたいか

新卒者がアピールしたいポイントは、主に学生時代にした経験、第二新卒がアピールしたいポイントは、社会人になってからの経験です。

第二新卒者が面接中に学生時代の経験ばかり話すと、前職では何の経験も学んでいなかったと判断されてしまい、何一つアピールになりません。

そのため、自分が前職で何を経験してきたのかを整理しておく必要があります。

第二新卒の面接でチェックされていること

新卒とそこまで年齢が変わらず、社会人経験があるため、第二新卒者を欲しがる企業はたくさんあります。

社会人経験があると言っても、長くても3年なので新卒とほとんど変わらないため、ポテンシャル採用をされることがほとんどです。

面接官にポテンシャルがあると判断されるには、ポイントを押えて、自分をアピールするのが効果的です。

面接官が面接中にチェックしていることは4つありますので、順に紹介していきます。

基本的なビジネスマナーが身についているか

短いとは言っても社会人を経験しているため、基本的なビジネスマナーが身に就いていて当然と思われています。

基本的なことですが、いずれも社会人として身に付けていて当然の物ばかりです。

この項目ができていないと、他に突出したスキルがあっても評価されませんので、自分ができているか確認しておきましょう。

仕事への熱意があるか

これからどのように成長していきたいか、会社ではどのように活躍していきたいかを具体例を用いて、面接官に熱意を伝えましょう。

社会人としてスキルや経験が浅くても、前職の経験を関連させて、次はどうしたいのかを熱い思いを伝えられれば、面接官があなたにもつ印象も変わってきます。

姿勢を伝えるポイントとして、「~を頑張ります」や「~ために尽力します」などと抽象的な表現で伝えるのは、適切ではありません。

「○○万円売り上げて、御社の利益に貢献します」や「月間の顧客数を〇倍して、売り上げに繋げたい」など数字を用いて、具体的に伝えるとあなたの熱意が明確化され、熱意が伝わりやすいです。

面接官に「会社の力になる存在だ」と評価されれば、より内定の可能性を高められます。

前職のように早期退職しないか

退職者が増加しているとはいえ、新卒で入社した会社を3年以内に辞めているということは、面接官にマイナスの印象を与えてしまいます。

マイナスの印象を与えないためには、長く続ける意思を伝えなければイメージを払拭できません。

新卒の時は将来像や目標がはっきりせず、あいまいな気持ちで就職活動をしていましたが、社会人を経験してやりたいことが明確になった旨を伝えましょう。

「辞めるつもりはありません」「長く続けます」だけだと根拠が伝わらないので、5年後10年後の将来像を通して、間接的に長期間仕事を続ける思いを伝えましょう。

転職活動をしている意図がはっきりしているか

何を目標にして転職活動をしているのかが不透明で、転職している意図がはっきりしない転職者がいます。

なんとなく退職して、なんとなく転職活動をしている転職者は、企業から見れば何一つ魅力を感じません。

「何の職に就きたいのか」「その職に就いて何をしたいのか」「将来的にはどうなりたいのか」などの、意図をはっきりさせておきましょう。

面接中にされる質問の中には、あなたがしてきた行動を問う要素がある質問もあるので、行動の1つ1つに理由付けをしていく習慣をつけていきましょう。

第二新卒はやばい?第二新卒の転職を成功させるポイントを教えます

第二新卒が面接で必ずされる6つの質問と回答例

第二新卒者が目縁説をすると、必ずされる質問があります。

いずれも事前に回答を用意しておかないと、その場で答えるのが難しいものばかりです。

面接の中で質問に答えられないということが無いように、それぞれの解答例を紹介していきますので、参考にしてみてください。

これまでの経験を踏まえて自己紹介をしてください

あなたが大学で学んだことや、前職ではどのような職に就きどんな経験をしてきたのか、順を追って説明しましょう。

あまり長すぎてしまうと面接官に伝わりにくいので、要点をまとめて説明できるように準備しておきましょう。

解答例

○○と申します。

○○大学の経済学部を卒業し、大学時代はマーケティングの手法やITの基礎知識を学び、在学中にMOSとITパスポートの資格を取得しました。

大学で学んだことや資格を活かし、システムエンジニアとして働いておりましたが、希望する業務を与えてもらえず、自分のキャリアを見直したときに、この職場では成長できないと考え退職を決意し、転職活動をはじめました。

退職した理由は何ですか?

転職活動の中でカギとなる重要な質問で、ネガティブなイメージを与えないように、質問に答えなければなりません。

たとえ人間関係や職場に不満が募り退職したことが事実だとしても、ポジティブな発言に言い換えて答えられるようにしましょう。

また、退職理由の中で志望動機に繋げられるようにすると、退職理由と志望動機に関連性が出て、よりアピールに繋がります。

回答例

前職では保険の営業として働いておりました。

飛び込み営業が主で、中々契約を貰えず、売り上げ目標に達成しない日々が毎日でした。

上司にもこの営業方法では売り上げを達成するのが難しいので、新しい営業方法を提案しましたが、「このやり方が会社の方針だから」と切り捨てられてしまいました。

自分の意見も通らず、一通りしかない営業方法で、これからも仕事をしていなかければならないと考えると、自分の成長に繋がらないと思い退職を決意しました。

次の職場には、自分の発言や意向をある程度汲んでくれる風通しの良い職場を希望しています。

御社は会社全体的に年齢層が若く、若い世代の発言でも尊重してくれると、求人を拝見して知りました。

また、扱っている商材も自分の良く知るものですので、たくさんの人に御社の製品を知ってほしいという思いから、仕事のやりがいに繋がると思いました。

御社であれば、私の特性を存分に発揮できるという思いから、御社を志望いたしました。

弊社の他に選考を受けている企業・業界はありますか?

この質問をされたら、「別の企業設けていると答えたら採用されないのかな…?」と不安になってしまいますよね。

他の企業も選考を受けているけど隠した方が良いのかな…?」と回答に迷ってしまうかもしれませんが、隠さず正直に話しても何一つ問題ありません。

企業がこの質問をする意図は、応募している企業に一貫性があるのか・純粋にどのような企業を受けているのか知りたいなどの場合がほとんどです。

就職活動で様々な企業の選考を受けると、面接官も理解しているので、わざわざ隠す必要はありません。

しかし、応募している業界や職種が異なると「何も考えずに転職活動をしている」と思われるリスクがあります。

そのため、複数の業種・職種を受けている場合には、正直に話さないほうが賢明と言えます。

余計に進捗状況を伝えることは避けて、必要最低限の情報だけ伝えるようにしましょう。

回答例

営業職を中心に、御社を含めて4社の選考を進めています。

そのうち1社は最終面接まで進んでいます。

志望動機は何ですか?

志望動機はどのような企業の面接でも、必ずされる質問なので自分なりの志望動機を作成しておく必要があります。

なぜその企業の面接を受けようとしているのか、応募しようと思った時を思い出してみましょう。

「完全週休2日だったから」「給与が高かったから」「知名度の高い企業だったから」など、人によって動機は様々だと思います。

しかし、上記の様な志望動機を面接の中で伝えるわけにはいきません。

そこで、企業の事業内容や取り組みに着目し、独自の取り組みや他社にはないポイントを探してみましょう。

志望動機と退職理由がリンクしていれば、一貫性が生まれて、より良い志望動機を作成できます。

回答例

御社を志望した動機は、仕事の評価制度が整っているという点です。

前職では営業成績をいくら上げても、会社からの評価を受けられなかったため、仕事をしていてもやりがいを感じる場面がありませんでした。

しかし、御社では毎月の売り上げ目標を独自のシートで管理されており、社員の働きを評価する制度が整っていると求人を拝見して知りました。

仕事をしていくうえで、他人や上司から評価を受けるということは、仕事に対して何よりもモチベーションに繋がります。

他社では曖昧になってしまいがちな評価制度を、明確な基準で評価している御社に、惹かれて志望させて頂きました。

5年後はどうなっていたいですか?

この質問では、5年後に任されそうな仕事を想定して回答し、なぜその目標なのか理由も一緒に面接官に伝えましょう。

また、この質問のもう一つの意図として、長く続ける意思があるのかを面接官は見ています。

上手くアピールして、長年働く意思があることを伝えられるようにしましょう。

回答例

5年後の自分は、営業部のチーフとして営業部を引っ張っていけるリーダーになり、活躍していたいと考えています。

入社後まずは、実戦での経験を積みながら営業のノウハウを身に付けて、すぐに独り立ちで
きるように努力します。

その後は、新人の育成やチームの運営などを任されるようになっていると考えます。

管理業務だけではなく、現場にも出て高い営業成績をあげつつ、チームの管理業務にも力を入れたいと考えています。

逆に質問はありますか?

面接の最後に必ず聞かれる質問です。

新しい職場に入ろうとしているわけですから、分からないことがあって当然です。

ここで質問をしないと、入社意欲が低いと判断されてしまいますので、2~3つくらいは質問を用意しておきましょう。

退職理由の伝え方には注意!

第二新卒の転職おいて、最も気を付ける必要があるのは「退職理由」です。

退職理由は質問の性質上、回答がネガティブになってしまうので、企業に悪い印象を与えてしまう場合が多いです。

先述したように、ポジティブな退職理由を伝えて、企業から好印象を受けられるようにしましょう。

前職の愚痴や不満を言わないようにする

退職理由を伝える際、

「前職では残業が多くて、ほとんど休みが無かった」

「仕事量に対しての収入が低すぎて…」

…などのように、愚痴や不満ばかり伝えてしまうのはNGです。

面接官は前職に対しての、愚痴や不満を聞くために退職理由を聞いているわけではありません。

「どのような環境で不安を持つ人なのでは?」と思われ、一緒に働くのを敬遠されてしまう可能性が高くなってしまいます。

第二新卒の面接では質問以外にも注意が必要!

面接の中では、面接官からの質問にしっかりと答えるのが内定を大きく左右するポイント。

しかし、質問の受け答え以外にも評価されるポイントがあるため、注意しなければなりません。

具体的にどのようなところを見られているのか紹介していくので、マイナス評価されないように対策をしていきましょう。

服装などの身だしなみが整っているか

「人は見た目が9割」という言葉があるように、面接に挑む際の身だしなみが整っているか、採用担当者が気にしているポイントです。

社会人にとって、身だしなみを整えるのは必須スキルなので、面接をする際の身だしなみには最善の注意を払いましょう。

上記はほんの一部ですが、気をつけなければならないことはたくさんあります。

そのため、ある程度は時間に余裕を持ち、面接会場に到着したら身だしなみを整える時間を作るようにしましょう。

どのような人柄なのか

採用担当者は、面接中の立ち振る舞いや言動、顔の表情などからあなたがどのような人柄なのか判断しています。

そのため、表情が暗かったり適切な言葉使いができていなかったりすると、内定が遠のいてしまいます。

面接官からすれば、採用後一緒に働いていくわけなので、「この人と一緒に働きたい!」と思われる人間でなければなりません。

受け答えをハキハキとするのはもちろんですが、面接官としっかり目を合わせたり、社会人としてふさわしい立ち振る舞いができる様にしましょう。

第二新卒は若い年代なので、仕事のスキルや知識よりも人間性が大切。

人間性を認められ、仕事のポテンシャルを見込まれれば必ず採用されるので、しっかりとアピールできるようにしましょう。

面接中はポジティブな印象を与えることで、内定が近づきます!

第二新卒者が転職を行う上で、重要なのは面接官にポジティブな印象を与えることです。

退職理由に関しては発言がネガティブになってしまいやすい質問ですので、退職理由がネガティブな理由だとしても、伝え方に工夫してポジティブに伝えられるようにしましょう。

また、話し方や立ち振る舞いも面接官にチェックされているポイントなので、はきはきと明るい笑顔で面接がに臨むのも大切なポイントです。

転職に対する思いを、発言と姿勢で思い切りアピールして、第二新卒の転職活動を成功させましょう!

転職に失敗してしまう第二新卒の特徴とは?失敗しない転職の方法を紹介!

第二新卒からの転職を成功させるためにもリクらくを活用しよう!

第二新卒からの転職に悩んだら、リクらくを活用していませんか?

リクらくでは専任の転職エージェントが付き、求人紹介や履歴書の添削や面接練習など、転職におけるあらゆるサポートが受けられます。

求職者のカウンセリング実績は2万人以上で、内定率は90%を超えている実績があります。

また、サポート費用はすべて無料となっているので、転職に悩んでいるあなたのお電話をお待ちしています。

リクらくを活用して、第二新卒の転職を成功させましょう!