営業としてキャリアアップするためには?どんな行動を起こせばいい?

営業としてキャリアアップするためには?どんな行動を起こせばいい?

キャリアアップしたいと考えたとき、営業職は他職種よりも多くの方向性がみえてきます。

その理由は、営業という日々の活動で「対人スキル」や「ビジネススキル」を養い発揮しているからです。

ここでは、営業としてステップアップしたいときに考えられる4つの方向性を紹介しています。

自分の思考と照らし合わせながら、今後どんな活動をしていくべきか、一緒に考えていきましょう。

営業職としてキャリアアップするためには4つの方向性がある

これから営業として成長するために考えられる選択肢には、以下の4つの方向性があります。

  1. マネジメントスキルを伸ばして管理職を目指す
  2. 純粋に営業力を磨いて営業のスペシャリストを目指す
  3. 営業コンサルタントとして独立する
  4. 営業経験が活かせる別の企業に転職する

「管理職」「スペシャリスト」「コンサルタント」「転職」など、いくつかの選択肢から自分が進みたい方向を探ってみましょう。

営業の仕事内容とは?営業の種類や求められるスキルを紹介

マネジメントスキルを伸ばして管理職を目指す

組織の1プレイヤーから、組織をマネジメントする「管理職」へキャリアアップすることができます。

マネジメント層に求められる役目は、

「組織として課題や目標を達成すること」
「部下の能力を最大限に引き出し発揮させること」

です。

自分の成績よりも部下の管理能力が必要

プレイヤーなら、自分の目標や予算を達成すれば問題ありませんでした。

しかし管理職になると部下の仕事を管理して、指導し成長させることがミッションです。

一人ひとりの話を聞いて適切なアドバイスをしたり、個人の能力や性格に合わせた目標を設定したりして、組織全体の底上げを目指します。

何十倍の責任が生じる

高いレベルのマネジメントができれば組織の営業力は高まり、業績アップが図れます。

しかし最初から成果が出るマネジメントができる人はほとんどいません。

思うような結果がでないことの方が多く、会社に貢献できるようになるには経験を積むことが重要になってきます。

プレイヤー時代と比べると責任重大なポジションですが、人材を育成する仕事は自分自身の成長にもつながるでしょう。

営業の仕事はきつい!仕事がきつい時の対処法と向いている人の特徴

純粋に営業力を磨いて営業のスペシャリストを目指す

一般的に考えられる道は、管理職について出世するか、営業としての技術を磨いて「スペシャリスト」になるかです。

中には歩合制を導入している企業に転職して、高収入を目指す人もいます。

とにかく結果を残し続けることが重要

管理職になると、顧客活動よりも社内業務に追われます。そのため「ずっと現場に出ていたい」「顧客と仕事をすることに喜びを感じる」という人はスペシャリストを目指すのも一つの方法です。

スペシャリストと名乗るには、結果にこだわり努力し続けることが大切になってきます。

また一つの会社で熟練度を高め、知識と実績を増やしておくことも重要です。

より専門性の高いスキルが求められる

自分の市場価値を高めるには、他の人が持っていない専門性の高いスキルを持つことです。

競争相手が少ないというだけで、市場で優位な存在になることができます。

営業コンサルタントとして独立する

特定の分野の第一線で活躍し、結果を出した人は、「独立」「開業」という道に進む人もいます。

そもそも営業は「個人事業主」と言われることも多く、「その商品を買いたい」というより、「あなたから買いたい」と思わせ、自分のファンを増やしていくのが営業活動です。

自分から買いたいという人が増えれば、会社を辞めて独立することも可能になります。

身に付けてきたノウハウを発信するスキル

営業コンサルタントの仕事は、顧客である企業の営業を支援することです。

これまで営業として培ってきたノウハウや人脈を活かし、クライアント企業の経営支援を行います。

成功したら高収入を得られるもの失敗のリスクが大きい

自分の持っているスキルがどんな顧客に役立つかを見極め、自分を売り出していくことが大切です。

自分で顧客を見つけて仕事を掴みにいかなくては、仕事の方から歩いてきてくれることはありません。

これまでトップ営業として働いてきた人でも、会社という看板がなくなるわけですから、一から人間関係を築いていく必要があります。

最初から成功することは稀ですので、1件1件の仕事を大切にこなし、信頼を築いていく長期的な戦力が重要です。

営業経験が活かせる別の企業に転職する

キャリアアップを考えたとき、「新しい環境で実力を試したい」と考える営業マンも多いのではないでしょうか?

営業の実力を向上させるには、「商社」と「メディア業界」がオススメです。

商社

「自分の力を試す」「これまでの経験を活かす」という意味で、商社へチャレンジする人も多いようです。

商社は営業が主力となり多くの企業と取引をするため、自分のキャリアアップを図るのに最適な業界です。

商社はトレーディングビジネスが中心となるため、新規の顧客開拓はもちろん、仕入れ先の確保や情報収集、マーケティングなども業務の一環となります。

さまざまな商材を取り扱えるのが魅力で、幅広い知識や商談力が身に付きます。

また他の業界に比べて高収入であることが多く、大手の総合商社は平均年収が1000万円を超えるほどです。

仕事量が多く定時退社はほとんどできませんが、商社での営業経験は転職でも有利になり、海外駐在のチャンスにも恵まれます。

メディア業界

広告代理店やテレビ局、出版社などは、企業の商品やサービスの魅力を発信し、消費者に伝え販売促進するのが仕事です。

営業はプロデューサーやデザイナー、カメラマンなどのクリエイティブな人と関わることが多く、顧客の要望やイメージを形にしていくことが求められます。

業界や分野を問わないため、メディア業界ほど人脈や幅広い分野の人と関わる仕事はありません。

メディア業界で培った人脈を活かし、新しいビジネスを展開する営業マンも多いようです。

自分の担当している案件が大ヒットし、大きな反響があることにやりがいを感じられます。

また服装も比較的ラフで、「ひげOK」や「長髪OK」などカジュアルな点が特徴です。

営業にはどのような種類がある?営業職の種類や業務内容の違いを紹介

キャリアアップを目指している人には無形商材の法人営業がおすすめ!

営業としてステップアップするには「無形商材の法人営業」がオススメです。

営業には「有形」と「無形」とがあり、以下のような業界が無形に該当します。

年収アップを狙える

無形商材の営業で働くことは、キャリアアップを図る上で理にかなった選択です。

いずれも業界の成長率が高く、より優秀な人材を確保しようと人事の動きも活発になっています。

先細りしている業界に比べると、今後の業界成長に伴い高い年収が期待できる点もメリットです。

時代にあった業界に身を置きスキルを身に付けることで、自分自身の市場価値が高まります。

仕事の専門性が身に付く

有形商材は、顧客の目に見え触れることができるため、購入したあとのイメージが湧きやすいのが特徴です。

一方で無形商材は、商材を活用したときのメリットがイメージしづらく、仕事の難易度が高くなり営業の力量が問われます。

また形のない商材・サービスを買ってもらうわけですので、顧客を説得するための論理的な提案や、「あなたから買いたい!」と思ってもらえる人間性が養われます。

待ちの姿勢では仕事は来ませんので、自ら仕事を作りだす営業スキルも向上します。

仕事の規模が大きくやりがいを感じやすい

個人相手の商売は扱う金額や仕事の規模が小さいので、数をこなさなくてはいけません。

しかし法人であれば多くの取引が大口になり、スケールが大きくなります。

また社会貢献や顧客に利益をもたらす達成感は、法人営業ならではの醍醐味でもあります。

取引先から感謝されれば、次の仕事への原動力にもつながるでしょう。

将来を見据えてアクションを起こそう!

どんな道を選ぶか、どの分野に進んでいくかは、「将来どうなりたいか」によって変わります。

自分なりの目標を立て、そうなるまでの道筋を逆算してステップアップしていく計画性が大切です。

営業はハードな仕事ですが、日々の仕事に追われるだけではキャリアアップの道は開けません。

顧客の課題を解決し、優れた結果を出して成長しながら、将来に向けた一歩を踏み出しましょう。