派遣社員とフリーターの違いとは?派遣社員の特徴や就職の仕方を紹介!

派遣社員とフリーターの違いとは?派遣社員の特徴や就職の仕方を紹介!

フリーターとしての生活が長くなると、収入が上がらないなどの理由で、派遣社員として働こうと考えている人が多いのではないでしょうか?

派遣社員として働けば、フリーターよりも収入が上がるので、生活の水準が上がります。

また、仕事内容も幅広い業務が経験できるので、フリーターとして仕事をするよりも幅広い業務を経験できます。

正社員になろうと思った時に、アピールポイントができるので、就活ハードルが低くなり就活しやすくなるでしょう。

しかし、中には派遣社員という働き方をイマイチ理解していない人が多いかもしれません。

そこでこの記事では、派遣社員とフリーターの働き方の違いや派遣社員の特徴を紹介していきます。

派遣社員の働き方の特徴などを紹介!

まず、最初に派遣社員の働き方などの特徴から説明していきます。

大きく分けて4つの特徴があります。

1つずつ詳しく説明していきます。

派遣会社に雇用されて別の企業に派遣される

派遣社員とは、派遣会社と雇用契約を結んでから、別の企業へ派遣されて働く形態です。

アルバイトの場合には、働く場所と雇用主は一致しています。

対して、派遣の場合は派遣会社が数多くの企業と契約を結んでおり、契約先企業が欲しい人材要件に沿って派遣社員を派遣していきます。

派遣先が変わることで様々な業務を経験することができるので、様々な種類の仕事を経験できます。

転職を繰り返さなくても様々なスキルを高められるというのは大きなメリットと言えるでしょう。

1つの企業で、多種多様な業種の方々と働き交流を持てるのは、将来的にもアピールできる経験になります。

賃金や福利厚生は派遣元の会社が決める

仕事をしている企業異なるものの、雇用契約は派遣会社と結んでいるため、給与や福利厚生などの待遇は派遣会社が決定します。

そのため、派遣先の社員と同じ仕事をしていても、給与や待遇に大きな違いが生まれるケースがあります。

派遣社員はフリーターと同じ様に時給制なので、時給換算だと派遣先の社員よりも高給であることが多いですね。

しかし、派遣会社はサポーター的な存在なので、賃金や福利厚生などで改善したい点があっても割と話しやすい雰囲気があります。

スキルがあれば交渉次第で時給を上げることができ、専門的な仕事に派遣されれば、高い時給を貰える企業が多くなります。

ボーナスや昇給はほとんど無い

派遣社員はフリーターに比べて時給が高いものの、ほとんどボーナスや昇給がありません。

稀に昇給があったとしても、時給が数十円上がるくらいでしょう。

数年勤務しても収入がアップする見込みは低いので、長い期間同じ収入で働かなければなりません。

スキルアップに直結する講義や経験ができる

派遣会社の中には、スキルアップのための講座を定期的に行っている派遣会社があり、登録者は無料で受けられる場合が多いです。

講義を受ければパソコン操作や派遣先の業務に直結する口座を受けられるので、派遣先での派遣契約の更新が得られやすくなります。

また、派遣会社の中には多彩な提携先をもっており、スポーツクラブ、ホテル等の施設利用等も割引料金で利用できる会社もあります。

登録社員をゲストのように大事にしてくれる会社もあるので、相談しやすい自分に合った派遣会社を見つけることが大切です。

雇用期間が定まっている

派遣社員には、3ヶ月~数年と雇用期間が決まっています。

そのため、派遣期間が終了すると、その会社との雇用期間が終わり別の会社へと派遣されます。

働きが評価されれば、派遣期間が延長されて、引き続き勤務することになりますが大抵の場合は別の会社へと派遣されます。

フリーターと派遣社員の大きな4つの違い

ここからはフリーターとは派遣社員の大きな違いを紹介していきます。

違いは大きく分けて5つの違いがあります。

1つずつ補足して説明していきます。

収入が大きく異なる

まずフリーターと派遣社員では、時給に差があるので、収入が大きな差が生まれます。

フリーターの時給が1000円だとすると、派遣社員はその1.5倍程時給が高いので、1500円前後の時給になります。

そのため、派遣社員としてフルタイムで働くと、正社員よりも高い給料を貰えるケースがあります。

加えて、時給以外にも様々な手当てが付く場合があるので、全体的に見ても派遣社員の方が高い収入が得られます。

福利厚生が整っている

派遣社員の待遇は充実しており、各種社会保険や福利厚生などが整っています。

アルバイトでも社会保険・雇用保険など最低限の保険には加入できるものの、有給休暇が取得できるアルバイトはほとんどありません。

それと比べて派遣社員は、しっかりと有給休暇が取得・消化でき、特定施設をお得に使える福利厚生などが使えたりします。

健康保険が派遣社員にも適用されており、スポーツクラブが割引価格で利用できる、などの福利厚生が使える場合もあります。

他にも、派遣社員であれば年末調整を派遣会社が代行してくれるケースが多いのに比べて、フリーターの場合は自分自身で確定申告をしなければなりません。

一つ一つが些細なことに思うかもしれませんが、長い目で見ると大きな違いになります。

派遣先に不満があれば職場を変更できる

企業によって違いがあるものの、派遣期間は定まっていることが多いですが、派遣先に不満を感じた場合には派遣先の変更ができます。

正社員として入社すると、入社後職場に不満を感じても数か月で辞めるのは次の転職に響いてしまうのでかなり厳しいです。

しかし、派遣社員は派遣先の職場がたくさんあるので、一カ所に留まらず様々な派遣先から職場を決められます。

ミスマッチがあった場合にも申告すれば派遣先を変更できるので、自分に適した職場で働くことができます。

正社員と同じ様な仕事内容を任される

肩書きは派遣社員ですが、職場に入ってしまえば、多少は責任が少ないものの正社員と同じ様な仕事を任されます。

職場に入っていない人から見れば、派遣社員と正社員で違いが分からないでしょう。

仕事内容に大きな違いが無いので、正社員と同じ様な仕事を経験でき、仕事に必要な好きなスキルが身に付きます。

正社員への就活の際に、派遣社員の経験を活かせる場合があるので、就活も有利に進みます。

フリーターも派遣社員も雇用が安定していない

ここまでは、派遣社員とフリーターの主な違いを紹介してきましたが、どちらにも共通しているのは雇用が不安定という点です。

派遣社員、フリーターどちらも基本的に時給制で収入を得ています。

時間単位で管理することにより、正社員だけでは補いきれない仕事を派遣社員やアルバイトに任せている意味合いが大きいです。

派遣社員の場合は、定期的に契約期間を区切られ、企業側が不要とみなせば契約が終わってしまうケースもあります。

真っ先に首を切られるのは非正規雇用者なので、人数合わせ要員としか見られていないと思っておく必要があるでしょう。

安定した生活を手に入れるためには正社員になりましょう

派遣社員・フリーターしても、生活に必要最低限の収入を得ることができるものの、雇用が安定していないという点では同じです。

将来を考えた時に、収入が安定しない・社会的信用が低いなどの懸念点があります。

安定した収入を手に入れるためには、正社員として働くのが一番です。

正社員として働くことで、どのようなメリットがあるのか紹介していきます。

雇用が保証されている

正社員の雇用期間は定められていないので、自主退社しない限りは、原則定年まで勤務が可能です。

企業の業績などで早期退職やリストラになってしまうことが稀にありますが、十分な話し合いの元で決まるので、いきなり職を失ってしまうことはありません。

リストラされたとしても、職業紹介所への案内や再就職への手厚いサポートが受けられます。

また、世界的に見ても日本企業は急な解雇が少ないので、非常に安定した環境で働いていると考えていいでしょう。

ボーナスや昇給が貰えて収入が上がる

フリーターや派遣社員をしていても、ボーナスや昇給が無いので、急激な収入アップは見込めません。

勤続期間が数年経ったとしても、時給は数十円~100円位しか上がらないので、入社直後と収入があまり変わらないというケースもあるでしょう。

対して正社員の場合には、年に1.2回の昇給があり、夏冬2回のボーナスもあります。

勤続年数が増えるごとに、昇給額・ボーナス額も上がるので、着実に収入をあげていくことができます。

フリーター・正社員の生涯年収の差はどのくらい?驚愕の収入差を紹介します!

社会的な信用も高い

年齢が高くなってくると、車や住居の購入する人も増えていきます。

値段が大きい買い物する際には、一括で支払うことができないので、ローンを組むのが一般的です。

ローンを組むにはその人の年収や経済状況などを審査して、返済能力があると認められないとローンを組めません。

派遣社員やフリーターの場合は、収入が低く雇用も安定していないので、大きい買い物をしようとしてもローンを組めないケースがほとんどです。

その点、正社員の場合は安定した収入と雇用があるので、ローンを組めないことはほとんどありません。

年齢が高くなるにつれて結婚を市\する人が多くなリ、それに合わせて大きな買い物もふえていくので、正社員になって働くのが一番安心です。

リクらくを活用して就活を成功させましょう!

先述しましたが、安定した生活を手に入れるためには正社員として働くのが一番です。

正社員になれば雇用が安定し、収入も上がるので将来的にも不安や悩みが少なくなります。

しかし正社員への就職は、派遣社員やアルバイトと違い難易度が高く、就活しても思うようにいかないことが多いでしょう。

採用率をあげるために、リクらくを活用して就活を進めてみませんか?

リクらくでは履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど就活に必要なサポートが全て無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の90%以上は採用を貰っており、安定した実績を誇っています。

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!

こちらの記事も読んでみて下さい。

面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する4つの方法~