面接が怖いと感じるフリーターへ~面接を克服する4つの方法~

「就職したいけど面接が怖い」

「面接中の質問に上手く答えられるかが不安…」

フリーターの中には、就職しようという気があるものの、面接が怖くて中々就職活動に踏み切れない人がいます。

就職活動において、面接は必ず通る道なので避けては通れません。

面接を怖がり、就職活動に踏み込めないでいると、いつまでたっても正社員になれません。

面接は言うなれば、企業と応募者の「相互理解の場」です。

お互いへの理解を深める意図で面接をするので、決して怖がる必要はありません。

面接に苦手意識を持ってしまい、怖がる人には理由があります。

また、明確な克服方法もあるので、苦手意識を持っている人でも克服できます。

この記事では、面接を怖がってしまう理由や、面接を克服する方法を説明していきます。

最後まで読んで、面接への恐怖心を解消しましょう!

フリーターが面接を怖がる理由とは?

フリーターが面接を怖がってしまうのは、下記のような理由が考えられます。

面接を克服するためには、理由を解明していかなければなりません。

怖がってしまう理由を説明していくので、怖がる理由を理解して、克服するための材料にしましょう。

面接に対しての経験値が足りていない

人生の中で面接をする機会はめったにありません。

就職活動や転職活動、何かのオーディション位しか面接をする機会が無いので、多くても10回程でしょう。

経験する機会が少ないからこそ、苦手意識が高くなって、恐怖心を抱いてしまうようです。

フリーターになると、スーツを着て人と向かい合って話をする機会が滅多にないので、余計に面接のシチュエーションに緊張してしまうようです。

面接官が怖い

企業の採用担当が面接官として、面接を行います。

面接官も人なので、当然あなたとの相性の良し悪しはあるでしょう。

運悪く顔つきが怖い面接官にあたってしまうと、何でもない質問をされても、怒られている錯覚をしてしまい、恐怖心を持ってしまう人が多いようです。

フリーターの過去にコンプレックスを抱いている人は、面接官にフリーターの過去に触れられるのを怖がってしまい、余計に恐怖心が強くなるようです

何を聞かれるかが分からなくて不安

面接中は平均して5~8個くらいの質問をされます。

多少は質問を想定して、回答を事前に準備できるものの、予想もしていない質問をされた時に対処ができない人がいます。

質問に答えられず、無言になってしまうことを想像しただけで、憂鬱な気持ちになってしまうようです。

また、回答を準備していたとしても、棒読みしてしまうと面接官に熱意が伝わりにくいです。

抑揚をつけて、面接官の胸に刺さるような受け答えができるといいでしょう。

人見知りで知らない人と話すのに抵抗がある

人見知りやコミュニケーション能力が低い人は面接に対して、苦手意識を持つ傾向が強いです。

当然ながら、面接官は初対面です。

初対面の人に様々な質問をされるわけですから、人見知りの人からすれば、当然緊張するでしょう。

面接が怖いのは、準備不足が主な原因です!

面接に苦手意識を持ってしまう大きな要因は、「準備不足」です。

上記の記事で紹介した、面接を怖がってしまう理由の全ては、面接の準備を完璧にすれば面接への恐怖心を克服できます。

始めの内は、うまく出来ないとしても、回数を重ねていくことで着実に面接慣れしてきます。

面接慣れすると、回答を準備した質問にも抑揚をつけて伝えることができ、回答を用意していない質問にも余裕をもって答えられます。

正直なところ、面接は慣れが大事ということを覚えておきましょう。

面接を克服する4つの方法

面接には準備が重要ということを上記で説明しましたが、具体的にどのようにして克服していけば良いのか、4つの方法を紹介していきます。

面接慣れをするために面接練習をしましょう

まず何よりも、面接には慣れるのが大事です。

友人などにお願いして、模擬面接の経験を重ねていき、面接への耐性を付けていきましょう。

最初は相手が友人でもかなり緊張しますが、回数を重ねていくと、慣れて緊張しなくなるでしょう。

友人との模擬面接に慣れたら、次に知り合い以外の人と模擬面接を行いましょう。

しかし、知人でもない人と面接できる機会はそうそうありません。

そこで、当サイトのリクらくを活用しましょう。

リクらくでは、面接の練習も行っているので、初対面の人と面接練習がしたいと思っている人には絶好のチャンスです。

記事の最後にリクらくの詳しい説明をしているので、最後まで読んでみてください!

また、あまりおすすめできませんが、興味が無い企業に応募して面接の場数を踏むのも一つの手です。

質問に対しての回答を用意しておく

面接の中では、いくつかの質問をされます。

質問の答えを用意しておかないと、面接官からの質問に答えるのはかなり難しいです。

フリーターがされる質問には、ある程度予想ができるので、あらかじめ回答を用意しておけば面接のときに回答に困りません。

この記事をもう少し読み進めると、フリーターがされやすい質問の例が書いてあるので、そこも参考にしてみてください。

面接官の人間的な部分を想像する

面接に苦手意識を持っているフリータの中には、面接官が怖くてたまらない人がいます。

「自分のことを全否定しているようで怖い」

「冷酷で人間味のない人」

…などと、面接官のことを、冷酷なロボットとみたいな感じで捉えているようです。

しかし、当然のことながら面接官もあなたと同じ人間です。

普通に友達と遊びますし、家族もいて子どもがいる人もいるでしょう。

様々なタイプのフリーターがいるように、面接官にも様々なタイプの面接官がいます。

精神的な部分になってしまいますが、面接官の日常的な風景を想像してみると、緊張が和らぎます。

面接官を「冷酷で怖い人」と捉えるのはやめましょう。

企業がフリーターに何を求めているのかを理解する

企業はフリーターに、華々しい経歴や、豊富なスキルを求めているわけではありません。

そのような要素の人材を採用する場合には、経験者採用などで募集をかけるので、フリーターはそもそも応募ができません。

フリーターに求められるのは、「ポテンシャル」や「人間性」です。

そのため、選考の時点では知識やスキルは必要ありません。

求められているものを、勘違いしてしまうと、面接の中で十分にアピールができません。

あなたがどんなに魅力的な人だとしても、魅力を企業に伝えられずに終わってしまいます。

ポテンシャルと人間性を十分にアピールできるように準備しておきましょう。

フリーターが面接でよく聞かれる質問

フリーターにされがちな質問はある程度予想できます。

質問の回答を用意しておけば、心に余裕が生まれて、ある程度は緊張を和らげます。

面接の恐怖心を和らげるために、質問の回答を用意しておきましょう!

頻出質問と面接官が質問する理由を紹介していくので、参考にしてみてください。

なぜフリーターをしてきたのか?

フリーターが面接を受けると必ずされるのがこの質問です。

「なぜフリーターをしてきたのか?」と面接官が質問している意図は、あなたの人となりを見るためです。

面接官はフリーターに対して、

「働くことに対しての意識が低いのではないか?」

「フリーター気分から抜け出せずに中途半端に仕事に取り組むのではないか?」

上記のような不信感を抱いています。

面接官の不安を払拭するためにも、フリーターをしていた理由をはっきりと伝えましょう。

過去のフリーター経験を振り返るのではなく、これからどうしていきたいかを伝えるのがポイントです。

フリーターになった理由だけを話してしまうと、ネガティブな印象だけで終わってしまいます。

ポジティブな印象を持ってもらうためにも、フリーター経験を通して何を学び、次の職場ではどうしていきたいかを伝えましょう。

アルバイトでは何をしていたのか?

この質問を表面的に解釈してしまうと、職種だけを解答すればいいのでかなり簡単に思えます。

しかし、当然ながらフリーターの時にしていた職種を知りたいわけではありません。

この質問の真意は、

以上の3つです。

フリーター時代に経験した職種と、希望する職種の仕事内容に関連させて伝えるとアピールできるでしょう。

また、失敗体験があればその失敗をどのように乗り越えたのか、成功体験があればどのようにして成功をしたのかを合わせて伝えられるとより効果的です。

なぜ就職しようとしたのか

フリーター生活をしてきて、なぜこのタイミングで就職しようと思ったのかも面接官が気になる質問です。

この質問では、就職に対する熱意がどのくらいあるのかを見られています。

「このままフリーターを続けるのは将来が心配なので…」

「正社員の方が安定しているから…」

こういうニュアンスの回答だと、熱意が伝わらず、なんとなく就職している印象を与えてしまいます。

仕事に対しての熱意をアピールするには、気持ちに変化が起きたエピソードを伝えるといいでしょう。

リクらくは面接対策のサポートも行っています

履歴書作成と違って、面接対策は全てを一人ではできません。

質問の回答を用意したり、頭の中で面接のイメージはできるものの、それだけだと実際に面接しようと思っても上手くできません。

友人に面接練習を付き合ってもらうにしても、本番は初対面の面接官と面接するので、要領が違います。

リクらくでは、面接練習も行っているので、本番さながらの面接練習を受けられます。

アドバイスやフィードバックを受けられるので、万全の面接対策ができます。

リクらくを活用して、面接への恐怖心を克服しましょう!