「フリーターで何が悪い」と考えている人へ!世間がフリーターに思っていること

フリーター生活を送っていると、

「なんでフリーターなんかしているの?」

「だらしない生活しているんだな」

…などと、世間がフリーターに良いイメージを持っていないので、友人や身内から冷ややかな言葉をかけられることもあるでしょう。

「フリーター」という存在がだらしない人間の代表みたいになっています。

しかし、フリーター側からすれば、一生懸命働いている意識があるので「フリーターで何が悪い!」と思う人もいるでしょう。

そこでこの記事では、フリーターが世間からどのように見られているのか、フリーター生活を続けていくリスクを紹介していきます。

世間体に悩んでいるフリーターは、ぜひ参考にしてみてください。

世間から見たフリーターの印象

冒頭で述べた通り、フリーターは世間的に見て、あまりいい印象を持たれていません。

「だらしない」と思われていることが多く、正社員として働いている人に比べると、様々な面で印象が異なるでしょう。

主にどのような印象を持たれているのか、説明していきます。

収入が不安定で将来を考えていない

フリーターとして働いていると、ほとんどの場合、時給制の場合がほとんどです。

アルバイトを掛け持ちして、シフトを詰め込んだとしても、月に稼げる上限はだいたい決まっています。

また、時給が上がる見込みもないので、収入がアップする可能性は限りなく少ないでしょう。

20代前半のうちは、フリーターの方が稼げるケースもありますが、長い目で見ると明らかに正社員の方が年収は高くなります。

そのため、将来を考えていない人という目で見られてしまいます。

こちらの記事で、正社員とフリーターの生涯年収の差について説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

フリーター・正社員の生涯年収の差はどのくらい?驚愕の収入差を紹介します!

就業意思が弱くて働く意思が低い

どのような業種でもアルバイトの場合は、簡単な業務しか与えられず、責任が生まれる種類の業務を与えられるケースは少ないでしょう。

正社員よりも気軽な気持ちで働けるので、仕事に対して責任感を持つ必要がありません。

実際に、気楽に働けるメリットがあって、フリーターをしている人が大勢います。

そのため、世間的に見れば働く意識が低くて、責任感が無いと思われています。

フリーター歴が長くなるにつれて、就業意識が低いと思われて、風当たりも強くなるでしょう。

社会的な信用が低い

フリーターは社会的な信用度が低いので、ローンを組めなかったり、クレジットカードが作れない場合があります。

社会的信用度が低くなってしまう要因は、年収の低さが多くを占めています。

フリーターは収入が低くて尚且つ不安定です。

そのため、返済能力が無いとみなされてしまいます。

また、フリーターとしての経歴は就活の際に活かせないので、アピールポイントになりません。

だらしない人間

以上のようなことから、ざっくりまとめると、フリーターは「だらしない人間」と括られています。

中には、自分の目標や夢のために、下積み期間としてフリーター生活をしている人もいますが特にやりたいこともなくフリーターをしている人もいます。

年齢が上がるにつれて、世間から余計にだらしない人間とみなされてしまいます。

フリーター生活を続けていくリスク

ここからはフリーターを続けていくことのリスクについて、紹介していきます。

年齢が上がるにつれて、若いうちには感じなかった不安やリスクが出てきます。

年齢が上がるにつれて就職が難しくなる

フリーターには経験やスキルが無いので、採用するポイントは、成長率やポテンシャルです。

年齢が若い方が、成長率やポテンシャルが高いので、採用される確率が上がります。

しかし、年齢が上がるにつれて、徐々に成長率などは低下していきます。

そのため、フリーター生活が長くなり年齢が上がると、就職難易度が高くなるでしょう。

また、就職先もかなり狭められてしまうので、自分が希望する職種の選考を受けられないケースもあります。

就職先の選択肢が多いうちに、早めの就活をした方が良いでしょう。

老後に貰える年金が減る

正社員は厚生年金、フリーターは国民年金とそれぞれで加入する年金の仕組みが異なります。

どちらも支払う金額にあまり差がありませんが、老後に受け取れる年金額は、厚生年金の方が高いケースが多いです。

また、フリーターは年金加入の手続きや支払などを全て自分ひとりで行わなければなりません。

そのため、年金に加入していない人、年金の支払いをしていない人がフリーターの中に大勢います。

年金を納めていないと、老後に貰える年金額が少なくなったり、最悪の場合は年金を受け取れないケースもあります。

老後のことを考えると、フリーターよりも正社員の方が圧倒的に安定しているでしょう。

結婚が遅くなる・結婚ができない

20後半・30代になると、結婚する人が多くなり、あなたの周りでも多くの人が結婚するでしょう。

結婚するには、ある程度まとまった資金が必要で、結婚後も安定した収入が無いと結婚は厳しいです。

一般的に働いている正社員であれば、資金的な面での問題はないでしょう。

しかし、フリーターの場合には収入も安定しておらず、貯金ができている人も少ないです。

そのため、経済的な面から、結婚できる人が少なくなります。

また、結婚相手の両親も付き合っている人がフリーターだと、様々な面で安定していないので結婚を認められない場合が多いです。

フリーターから正社員になると生活が豊かになる

ここまで読んだら分かるかと思いますが、フリーターは世間的にもあまり良い目で見られていません。

また、フリーター生活を続けていくことのリスクもかなり多いです。

しかし、フリーターを辞めて正社員になれば、生活水準が上がり生活が豊かになります。

年収が大幅に上がり贅沢が出来るようになる

フリーターは時給制なので、月に稼げる金額は大体決まっています。

昇給もほとんどせず、昇給したとしても、50円~100円程度でしょう。

長い目で見ても、フリーターの年収が上がる見込みは限りなく低いです。

対して正社員の場合は、年に1~2回ほど昇給の機会があり、1万円以上昇給する場合があります。

加えて、フリーターでは支給されないボーナスや手当を受け取れるので、年収に大幅な差ができます。

正社員になれば、フリーターの時よりも大幅に年収があがり生活も安定します。

手厚い福利厚生が受けられる

充実した福利厚生を受けられるのは、生活に余裕ができ、生活が安定します。

しかし、フリーターの時には、ほとんど福利厚生が受けられません。

対して正社員の場合には、交通費に加えて、住宅手当・育児休暇など様々な福利厚生が受けられます。

生活していくうえで欠かせないものばかりなので、フリーターの時よりも生活に余裕が生まれるでしょう。

将来を考えるとなるべく早い段階で就活を始めるべき

正社員とフリーターでは、圧倒的に正社員の方が社会的な信用度も高く、収入も安定しています。

若いうちには、特に不自由を感じるケースも少ないですが、年齢が上がるにつれて必ず生活が苦しくなります。

そのため、フリーターとして生活している人は、少しでも早く就活を始めて正社員を目指すべきです。

フリーターが就活に成功するためには、

以上の三つのポイントがあります。

就活に入る前の準備を万全にする

何も準備をせずに就活を始めても、採用される見込みは少ないでしょう。

まず始めるべきは、自己分析と業界研究です。

この二つを取り組めば、自分がどのような職業に就きたいのか、そのためにはどのようなことに取り組めばいいのかが分かります。

また、履歴書に書く志望動機や面接で話す自己PRなども、自己分析・業界研究をおこなえば完璧になります。

そのため、まずは就活の準備を完璧にしてから、就活に入りましょう。

就活の行動量を増やす

新卒や第二新卒に比べると、フリーターは就職活動において圧倒的に不利です。

フリーターには、仕事上のスキルや知識が無く、アルバイト経験も職歴には含まれないので、アピールするポイントが限られてしまいます。

企業側からしても、社会人経験がある転職者とフリーターでは、社会人を経験している人に魅力を感じるでしょう。

そのため、自分の条件を複数提示してしまい、企業を絞ってしまうと応募する企業数が減ります。

応募する企業数が減ってしまうと、当然内定率も低くなり、就職に成功する確率が下がってしまいます。

また、こちらの記事も参考にしてみてください!

フリーター必見!面接で聞かれる空白期間の回答方法!

就活サイトに登録する

就活は基本的に一人で行うものなので、就活の経験が少ないフリーターが就活するとなると、不安なことが多くなるでしょう。

就活の進め方を間違えてしまうと、企業から評価されず、採用されるケースも低くなります。

もし、一人で就活を進めるのが不安な人は、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくを活用してフリーターの就職を成功させよう

リクらくでは、未経験からでも挑戦できる求人を多く取り扱っており、他社にはない求人も多く抱えています。

また、リクらくを活用して就職に成功した人は90%を超えており、安定した実績を北誇っています。

1人1人に専属のエージェントが付いて、その人に会った就活のプランを決めていくので、就活のミスマッチが少なくなります。

リクらくで受けられるサポートは全額無料となっているので、安心して気軽に相談してみてください。

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!