フリーターとニートの違いを紹介!すぐにでも就職活動を始めよう!

フリーターとニートを似たようなものと考えている人が多いです。

ニュアンスが似ているので、同じジャンルで括ってしまいがちですが、フリーターとニートでは大きな違いがあります。

しかし、何が違うのかを明確に説明できる人は少ないでしょう。

就職活動を行う上でも、フリーターとニートでは内定率がかなり違い、世間から向けられる目線にも大きな差があります。

それでは、フリーターとニートの違いはどのようなところにあるのでしょうか?

今回は、フリーターとニートの違いやそれぞれに適した就職方法を説明していきます。

フリーターとニートの違い

フリーター ニート
正式名称 フリーアルバイター 若年無業者、または
Not in Education, Employment or Training
対象年齢 15~34 15~34
学業 卒業 卒業、中退、通学していない
結婚 未婚 未婚
雇用形態 アルバイト・パート 無職
就業意欲 あり なし

 

フリーターとニートの違いを表でまとめると上記のようになります。

雇用形態と、就業意欲を除いては、ほとんど同じ条件というのが分かります。

一見すると、そんなに大きな違いが無いように思えますが、実際は大きく異なります。

それでは、下記で詳しく説明していきます。

フリーターを詳しく説明します!

 

アルバイトやパートで生計を立てている

15歳~34歳のアルバイト・パートをして生計を立てている人を、フリーターと呼びます。

フリーターになる原因には、正社員として働きたくない、自分のやりたい仕事が見つからないなどの原因があります。

将来の夢を追いかけて、アルバイトをしている人もフリーターに含まれます。

また、フリーターと勘違いされる契約社員ですが、契約社員はフリーターではありません。

契約社員は、正社員同様の福利厚生が受けられるため、限りなく正社員に近いです。

無職だとしても就業意思があれば、フリーター扱いになる

アルバイトやパートとして働いている人だけではなく、現時点で働いていなくても、アルバイト・パートとして働く意思がある人もフリーターに分類されます。

そのためニートだとしても、フリーターになりたい気持ちを持っていればフリーターに分類されます。

ニートを詳しく説明していきます

 

働いていない・働く気持ちも無い人がニート

フリーターに対してニートは、働いておらず、働く気持ちも無い人を指します。

そもそも、ニートは働いてないので収入がありません。

両親と同居して生活したり、仕送りを貰って生活している人がほとんどです。

ケガや病気などで働けない人はニートに含まれない

けがや病気で働けない人、仕事を探している人は、ニートに含まれません。

ニートは「就業意思が無い人」のことなので、就業意欲はあるのに事情があって働けないといった人はニートには含まれません。

また、大学進学に向けて浪人している人は、予備校に通っていればニートには分類されず、自宅学習をしているとニートに分類されてしまうこともあります。

ニートの捉え方が人によって異なるので、見られ方も違ってくるでしょう。

就職活動をする上ではニートの方が不利

就職活動をしていくうえで、ニートよりもフリーターの方がいい印象を企業に与えます。

アルバイトという雇用形態ではあるものの、一応社会に出て働いていることに変わりはないです。

アピール次第では、フリーターでも優良企業へ就職ができる可能性もあります。

対してニートの場合には、働いていた経験が無いので、就業意欲が低いと企業に思われてしまいます。

加えて、社会適応力が低いとも思われます。

環境に馴染めず、すぐに辞めてしまうだろうと不信感を持つので、採用に至るケースが低いです。

しかしフリーターもニートも職歴なしという点では同じ

フリーターとニートでどちらかと言えば、フリーターの方が就職に有利ではあるものの、圧倒的な差があるわけではありません。

アルバイト経験はあまり重視されない

職種によって一概には言い切れないものの、就職活動においては、アルバイトの経験が重視されるケースが少ないです。

例え、アルバイト歴が3年あったとしても、面接の際にはあまりアピールポイントにはなりません。

そのため、面接の際には経験してきた業務よりも、人間性や将来像をアピールしましょう。

アピールポイントを間違えてしまうと、企業のニーズに応えられないので、注意しておきましょう。

フリーター経験は職歴に含まれない

就職活動では、これまでの職歴を記載する履歴書を作成しなければなりません。

職歴はこれまでに経験してきた会社名を記載しますが、フリーターの場合には職歴を記載できません。

アルバイトは正社員に比べて、仕事量が限られていたり、業務上の責任も軽くなっています。

企業からすると、アルバイトの経験は、正社員として働いていくうえで、重視されません。

そのため、5年間アルバイトを続けていたとしても、職歴の欄は空白になってしまいます。

フリーター・ニート期間が長引いてしまうと就職が困難になる

フリーター・ニートどちらにも言えますが、若いうちに正社員になっておいた方が賢明です。

若さは武器なので、20代であれば経歴やスキルが不問の業界にも就職できます。

対して、年齢を重ねて30代になってしまうと、採用してくれる企業は一気に少なくなります。

職種もかなり限られてしまい、就職できたとしても就職した先が20代の若い人ばかりで、接し方が分からず人間関係に悩んでしまう場合もあります。

フリーターに適した就職方法

フリーター生活を続けていくのはデメリットになる部分が多く、世間的に見てもフリーターは良い印象を持たれませんので、様々な面で不利になってしまうことがあります。

年齢を重ねるほど、就職難易度も高くなってしまうので早めの就職を心がけて、いち早く正社員になれるようにしましょう。

自力で就職活動を行う

年齢が若ければ、フリーターでも自分の力で内定を貰えます。

ある程度業界は絞られてしまうものの、若ければたくさんの選択肢の中から就職先を選べます。

未経験OK、経歴不問の求人もたくさんあり、フリーターをしていた過去がマイナスにならない求人もあります。

しかし、就職活動は中々上手くいくものでもありません。

10社受けても内定が貰えないなんてこともざらにあります。

内定が貰えないと、ストレスが溜まったり、自己嫌悪に陥ってしまったりと就職活動を放棄してしまう場合もあります。

それを防ぐためにも、当サイトのリクらくを活用すれば内定率がぐっと上がります。

この記事の最後にリクらくについて詳しく説明するので、ぜひ最後まで読んでみてください。

アルバイト先で正社員になる

就職活動をする以外に、現在のアルバイト先で正社員になる方法もあります。

バイト先によって正社員登用が無い場合もありますが、ほとんどの場合は正社員登用制度があります。

アルバイト歴が長いと雇用形態が違うだけで、社員とほぼ変わらない業務をこなしている場合もあります。

バイト歴が長い人であれば、すぐにでも正社員として迎えてくれる企業もあります。

もし正社員になる気があれば、一度バイト先の社員に聞いてみるといいでしょう。

ニートに適した就職方法

フリーターよりも、社会的に下に見られているニートは、就職難易度がかなり高いです。

就職しようとしても中々内定を貰えない場合もあるでしょう。

しかし、内定を貰えないことはないので、これまでの過去を捨てて新たな未来を切り開きましょう。

ここからは、ニートの人の就職方法を説明していくので、ぜひ参考にしてみてください。

未経験OK、経歴不問の業界に就職する

ニートの人は闇雲に応募をして、就職活動を進めるのは得策ではありません。

企業側から見て、ニートは悪い印象しかないので、何も考えずに就職活動をしていても採用を貰える見込みはかなり低いです。

一番可能性があるのは、「未経験OK」「経歴不問」の企業です。

未経験OK、経歴不問の場合には、人柄やポテンシャルに重点を置いています。

そのため、過去に職歴が無いニートでも、適性があると判断されれば採用される可能性が大いにあります。

自分の長所やアピールポイントを理解し、魅力的な人材と言ことを伝えられるようにしましょう。

まずはアルバイトから始めるのも一つの手段

何も仕事をしていないニートの状態から、いきなり正社員になるのはハードルが高すぎる人もいるかと思います。

そんな人は、まずアルバイトから始めてみて、仕事に対しての免疫を付けましょう。

アルバイトもれっきとした社会経験で、ニートの状態よりもフリーターの方が、世間から向けられる目線も違ってきます。

アルバイトを始めれば、将来的にはアルバイト先で正社員になれたり、アルバイトと関連性のある職種に経験者として就職できる場合もあります。

何にもしていないニートの状態よりも、とりあえずフリーターになったほうが、視野も広がり選択肢が出てきます。

正社員への第一歩だと思って、アルバイトから始めるのも一つの手段です。

早い段階で正社員を目指しましょう

だらだらとフリーターやニートの状態を続けて年齢を重ねてしまうと、いざ就職活動をしようと思っても、年齢がネックになってしまいます。

就職活動において、年齢は合否を左右する大きな要因です。

正社員になりたくてもなれず、一生フリーターとして生きていかなければならない事態を招いてしまいます。

そのような最悪の将来を防ぐためにも、いち早く今の環境から抜け出して、就職活動を始めましょう。

もし就職活動で困ったことがあれば、当サイトのリクらくを活用してみてください。

就職活動で困ったことがあれば、当サイトのリクらくを活用!

当サイトのリクらくは、未経験者歓迎・学歴不問の求人を多く抱えており、相談者にピッタリの企業を紹介します。

一人一人の現在の状況や、仕事に求める希望を聞き取りし、あなたに合った就職活動プランを提案します。

内定率は90%を超えているので、相談してきたほとんどの求職者を内定に導いた実績があります。

内定後のアフターサービスも行っているので、入社後に困ったことや悩みがあっても、就職先企業との協力のもと、どんな悩みにも的確なアドバイスをします!

リクらくで受けられるサービスは全て完全無料となっているので、気軽に活用してみてください!

電話番号は、0120-997-231です。

リクらくを活用して、フリーター・ニート生活から抜け出しましょう!