「フリーターから正社員になれない」は迷信!正社員になる方法を解説!

「フリーターから正社員になれない」は迷信!正社員になる方法を解説!

現在フリーターをしている人の中には、就職して社会人を目指そうとしている人も多いのではないでしょうか?

正社員は収入面や将来的な面で、フリーターに比べて、かなり安定しています。

将来のことを考えると、フリーターよりも断然、正社員として働いていたほうが安心できるでしょう。

しかし「フリーターからは正社員になれない」と思って、中々就職活動に踏み出せない人がいるのも実情です。

そう考えている人に朗報ですが、フリーターからでも正社員になれます。

ひとまず安心してください。

希望する業界や就職できる人とできない人の特徴をつかめば、フリーターでも内定を貰えます。

今回の記事では、「フリーターから正社員になれない」と思っている人に、就職活動を行う際のポイントを説明していきます。

「フリーターから正社員になれない」は迷信です!

結論からいえば、フリーターから正社員になれないということはありません。

年齢にもよりますが、29歳までのフリーターの内定獲得率は、およそ30%あります。

正直、大企業の場合は、高いスキル・経歴が求められるため、フリーターからの就職は難しいです。

しかし、企業規模や業種・職種にこだわらなければ、フリーターでも就職できます。

実際に求人サイトを見てみると、未経験・学歴不問の求人がたくさんあります。

職種や企業にこだわらなければ、比較的スムーズに内定を貰うことができるのです。

フリーターでも年齢が若ければ武器になる

企業がフリーターを採用する際には、ほとんどの企業が成長性、吸収率を見込んでポテンシャル重視の採用をします。

仕事のスキルや知識に関しては、仕事をしていく中で覚えていけばいいと考えている企業がほとんどです。

年齢が若いほど仕事覚えが早かったり、職場環境に馴染むのが早いと言われているので、どの業界からも若い人のニーズはかなり高いです。

年齢が若いほど内定率が高く、年齢が上がるほど内定率が下がります。

若さをアピールできるうちに、就職活動を始めておきましょう。

最低でも20代の内に就職を目指しましょう

フリーターをだらだら続けてしまうのは、就職活動において良いことがありません。

できるだけ早い段階でフリーターに見切りをつけて、正社員になるのをおすすめします。

応募条件に「25歳以下」までしか、応募ができない求人もあるので、応募できる企業が限られてしまいます。

就職活動を始める段階で、選択肢を多く持っておくためにも、年齢が若い20代前半の内に就職活動を始めましょう。

フリーターから正社員なるための方法

フリーターからでも正社員を目指すことは充分可能です。

しかしやみくもに就活をしているだけでは、就活に失敗してしまいます。

フリーターから正社員を目指すのは、そこまで困難ではありませんが、簡単でもないです。

そこでフリーターが正社員になるための方法を解説していきます。

アルバイト・非正規雇用から正社員登用

アルバイトや派遣社員などの非正規雇用からの正社員登用を狙うのも、正社員になるための有効な方法の一つでしょう。

アルバイトからの正社員雇用を狙う場合、業界や職種は限られてしまいますが、ハードルは低いでしょう。

逆に派遣社員などの非正規雇用からの正社員登用は、業界も幅広く、大手企業への就職も狙うことができます。

しかし正社員へのハードルは、かなり高いものになってしまいます。

友人・先輩の紹介

規模が小さい会社や、ベンチャー企業などの場合、友人・知人の紹介を通して仕事を紹介してもらえることもあります。

知人から仕事内容や会社の雰囲気聞いた上で就職ができるので、イメージと現実のギャップも生まれにくいです。

知人がいることで人間関係も安心できるでしょう。

しかし求人サイトやエージェントを介さずに紹介のみで採用を行っている会社の場合、労働環境が悪かったり、資金力がない可能性もあります。

知人が紹介してくれた会社だから大丈夫と思わずに、しっかり情報収集をしてから決めるようにしましょう。

就職エージェントを利用する

自力で就職するのに自信がない、ツテもない、何から始めたらいいのか分からないという人は、リクらくのような就職エージェントを利用してみるのも手です。

就職エージェントは企業の採用担当と話しをしているため、企業側がどんな人材を求めているのかを把握し、それにそった書類添削・面接対策を行うことが可能です。

専属のコンサルタントに1対1に相談できるため、自分の希望や適性にあった求人を紹介してもらえます。

面接後のフィードバックや企業との交渉など、自分ではできないことも行ってくれるため、効率的に就職活動をすすめることができますよ。

就職しやすい業界を選ぶ

フリーターからでも就職しやすい業界が存在します。

下記から紹介する業界に絞って、就職活動をおこなえばフリーターからでも比較的簡単に正社員に就職することができます。

学歴不問・未経験歓迎の業界

未経験OKや学歴不問の業界は、人柄を重視した採用を行っています。

こういう業界は、経歴やスキルよりも、やる気や熱意を重視しているというわけです。

経歴やスキルのないフリーターでも、スムーズに内定を貰えるでしょう

慢性的な人材不足を抱えている業界

業界によっては、慢性的に人手が足りていない業界があります。

介護業界や配送業界、サービス業場度が、人手不足を抱えている業界として有名です。

人手不足を抱えている業界は、収入が低かったり、休みが無かったりと何かしら悪条件がつきものです。

この業界に入ったとしても、仕事が大変ですぐに辞めてしまう人がたくさんいます。

いわゆる離職率が高いということです。

常に人材を求めており、採用基準がかなり低くなっているので、フリーターでも簡単に内定を貰えます。

しかし、休みがなかったり、収入が低いなどは覚悟しておかなければなりません。

成長している業界

時代の変化に伴って業界のニーズが高くなり、いい意味で人手不足を抱えている業界もあります。

IT業界がいい例で、ITはニーズが多様化しています。

その需要にこたえようと、IT業界も様々なサービスを展開しているので、多くの人材を欲しています。

向上心があり、キャリアアップ願望があるフリーターにはおすすめの業界です。

例えITに関する知識を持っていなくても、IT業界は未経験から応募できます。

企業ごとに確立した研修体制が整っているので、適性があると判断されれば、未経験者でも内定を貰えます。

就職しやすい職種を選ぶ

就職しやすい業界だけでなく、就職しやすい職種も存在します。

下記からフリーターからでも就職しやすい職種を紹介します。

営業職

営業職は、基本的に人柄重視の採用を行っています。

というのも、営業先とのやり取りや扱っている商材の商品説明が主な業務なので、これまでの経歴やスキルがあまり重視されません。

経歴やスキルよりも、コミュニケーション力や人柄に重点を置かれています。

フリーターで主な経歴が無くても、人柄を見込まれれば、営業職に就職ができます。

給与も低くなく、仕事で成果をあげればその分の報酬を受けられるので、フリーター時代よりも高い収入を得られます。

また、営業職は出入りが激しいため、どの業界でも募集が多いのもメリットです。

ただし、人の出入りが多いということは、向いていない人も一定数いるということです。

プレッシャーを感じやすい人や、売り上げや数字に関心がない人が続けていくのは厳しいでしょう。

営業職を目指す場合は、自分に向いているかどうかをしっかり考えてからがおすすめです。

事務職

事務職は仕事量も多くなく、残業も少ない傾向があります。

また、休暇も基本的にはカレンダー通りなのでワークライフバランスを取りやすいです。

事務職の業務内容は、書類の作成や処理、ファイリングや整理、データ入力や電話応対・来客応対などです。

そのため、特別な経験やスキルの特に必要とされていないので、フリーターでも十分に就職できるでしょう。

しかし営業職と異なり、給与は低めの傾向にあります。

20代のうちは、フリーターの方が稼げるなんてことにもなりかねません。

しかし福利厚生や昇給、賞与などを考慮すれば事務職でも就職しておいたほうがいいです。

飲食・販売・介護職などサービス業全般

飲食や販売職、介護職などもフリーターから就職した人が多く活躍しています。

事前知識やスキルが必要ありません。

学生時代やフリーター時代に経験したことのある仕事が多いので、アルバイト経験をしているだけでもかなり優遇されるでしょう。

アルバイト時代の経験をアピールできれば、すぐに就職できる可能性もあります。

「飲食や販売なら給料がフリーターと変わらないのでは?」と思う人も多いでしょう。

たしかに働き始めのうちは時給換算するとフリーターの方が高いかもしれません。

しかしフリーターはボーナスもありませんし、長く働いても昇進しないため、長い目でみると正社員の方が稼げるでしょう。

正社員になって働きが認められれば、店長・マネージャーと昇格も期待できます。

採用基準が低い業界と言われているので、就職に困っている人におすすめできる業界です。

フリーターからでも正社員になれる人の特徴

フリーターから正社員になる方法について書いてきました。

しかし方法を紹介しても、最終的に実際に正社員になれるかどうかは本人次第です。

フリーターから正社員になれる人の特徴について解説します。

明確な志望動機を持っている

就職する上で、志望動機は必須。

企業が求職者の適性をする上でかなり重要なポイントになります。

志望動機が曖昧で不明瞭だと、面接官になぜこの仕事をしようと思ったのかが伝わりません。

漠然とフリーターから正社員になりたいという理由では、企業は評価してくれません。

裏を返せば、しっかりとした志望動機を持っていれば、内定率がかなり上がります。

自分がなぜこの職業に就こうと思ったのか。
この仕事を通してどのような成果を上げたいのか。
面接官に自分の熱意が伝わるような志望動機を考えましょう。

応募する企業の数が多い

応募する企業の数を増やせば、増やした分だけ選考を受けられるので、内定を貰える可能性がかなり上がります。

例え、興味が無かった企業だったとしても、いざ働いてみると自分にぴったりの職場だったなんてことも考えられます。

求人を見ただけでは、どんな環境の諸場なのか判断できません。

できるだけたくさんの企業を受けるようにしましょう。

お願いすれば、職場見学や仕事体験をさせてもらえる企業もあります。

就職スケジュールを立てている

就職活動をする上で、スケジュールを立てている人も内定を貰える可能性が高い傾向にあります。

いつまでに内定を貰うのかゴール地点を設定すると、そこに向かって今何をすればいいのか明確になります。

対して、無計画に就職活動を進めてしまうと、やるべきことが分からなくなり目標を見失ってしまいます。

結果として、だらだらとフリーターを続けてしまうケースもあります。

ざっくりでもいいのでスケジュールを立てましょう。

自己分析がしっかりできている

自己分析がしっかりできている人は、フリーターから正社員に就職しやすいです。

自己分析ができている、ということは「自分を客観的に見て強みや弱みを理解している」ということです。

入社する前には面接がある企業がほとんどです。

自己分析がしっかりできていると、面接も自分をしっかりPRできます。

自分の強みが希望している会社にマッチしていれば、企業も期待して採用してくれる可能性が高いです。

コミュニケーション能力が高い

どんな仕事でもコミュにテーション能力が高い人は活躍する傾向にあります。

フリーターで経験やスキルがなかったとしても、コミュニケーション能力が高ければポテンシャルで採用してくれる会社もあるでしょう。

「自分から面白い話題を提供するのが不得意…」となんとなく苦手意識を持っている人もいるかもしれません。

しかし、ここで言うコミュニケーション能力とは、笑いをとることではありません。

「傾聴する能力」「話の内容を理解して返答する能力」こそが重要です。

人の話を聞かずに仕事をする人は、正社員になっても自己流で仕事をしてしまい、成長しない可能性があるため、人の話を聞く能力を見られているのです。

コミュニケーションに苦手意識がある人は、「相槌を打つ」「相手の話をよく聞く」など「聞き上手」を目指しましょう。

フリーターから正社員になれない人に共通している特徴

フリーターから正社員になれる人に共通の特徴があるように、なれない人にも共通の特徴があります。

なれない人の特徴を知って、反面教師にしましょう。

自分に当てはまる場合は、今すぐ治すべきです。

就職活動への意識が低い

「正社員として仕事をするのが面倒くさい」

「特にやりたいこともない」

フリーターで就職活動をしている人の中には、中途半端に就職活動をしている人がいます。

企業からしてみれば、気持ちが固まっていない状態の求職者にいい印象は持ちません。

採用するからには、やる気のある仕事に熱意を持った人材を欲しがります。

気持ちが固まっていない求職者は、応募する企業数も少ないので、内定を貰える可能性も低くなってしまいます。

社会人マナーが身に付いていない

挨拶の仕方や口調、先輩に対しての礼儀などが身に付いていないと企業から悪い印象を持たれてしまいます。

社会人経験がないとはいえ、最低限の礼儀を身に付けておくべきでしょう。

就職活動の中の面接では、話す内容以外にも、口調や姿勢、言葉使いなども選考基準になっています。

最低限のマナーは身につけておく必要があります。

希望条件が多すぎて企業を選びすぎている

就職をしているフリーターの中には、企業に求める条件が多く、希望に合う条件の企業が見つからないために就職活動が進まない人がいます。

先述した通り、フリーターから就職できる企業にはある程度、限りがあります。

企業を絞り過ぎてしまうと、応募できる企業が限られてしまうので、内定率もぐっと低くなってしまいます。

そのため、自分が希望する条件に優先順位をつけるといいでしょう。

手当たり次第に応募するのはおすすめできませんが、妥協点を作るのも内定を貰うポイントです。

主体性が無い就職活動をしている

主体性が無い就職活動は、成功する見込みが低いです。

就職活動には面接があり、面接の際には、志望動機や自己PRなど様々な質問をされます。

主体性がない人は、自分の意思を持っていないので、志望する理由がないので質問に答えられないケースがあります。

面接の受け答えがうまくできないと、内定を貰える確率も低くなってしまいます。

やらなきゃいけないことを後回しにしがち

やらなきゃいけないことを後回しにしてしまう人は、就職活動においても同じことをしてしまいます。

明日やろうは馬鹿野郎。
思い立ったが吉日。

フリーターからの就活を成功させたいなら積極的な姿勢が必要になります。

正社員になりたいという強い意志を持ったら、すぐに行動すべきです。

フリーターから正社員に就職するメリット

フリーターとして働いている人の中には「フリーターの方が稼げる」「フリーターの方が時間の融通が利く」と思って就職を迷っている人も多いのではないでしょうか。

たしかに正社員に比べてフリーターは責任が少なく、時間的な余裕もあるようにみえます。

長い目でみると金銭的に正社員が有利

20代の頃は正社員とアルバイトの月収はさほど違いがないようにみえます。

若い内はフリーターの方が収入が多いことも珍しくありません。

しかし、20代の内は変わらないように見えても30歳を過ぎると収入に大きな差が出てしまいます。

フリーターには「ボーナス」と「昇進・昇給」がありません。

正社員は定期的に収入がアップする機会がありますが、アルバイトは上がっても10円単位の昇給でしょう。

また正社員は年に1~2回程度ボーナスが支給されます。

会社やその年の実績によって金額の違いはあるものの、年に月給2~3ヵ月ほどのボーナスが出る企業が多いです。

正社員は月収は低く見えても、年収でみればフリータより月給2~3ヵ月分の違いがでるのです。

福利厚生がある

正社員には社会保険完備はもちろん、住宅手当・家族手当・有給休暇・従業員割引など様々な福利厚生が受けられます。

フリーターは時給制なので、休んでしまうと給料がもらえませんが、正社員になれば毎月の給料は補償されています。

女性であれば産休・生理休暇・育休などもあるため、プライべートとの両立がしやすいでしょう。

仕事にやりがいを感じられる

フリーターは自由はあるものの、正社員と比べると責任レベルの差はあります。責任が伴う分、発言権や裁量権を与えたれるでしょう。

言われた仕事をただこなすフリーターよりも社会貢献できている実感も湧きやすいです。

フリーターであれば、頑張って働いてもバイトリーダーまでにしかなれません。

しかし正社員なら店長・エリアマネージャー・本社勤務などキャリアアップが積める道が開けます。

社会的な信用を得られる

フリーターから正社員になれば、社会的信用が得られるでしょう。

社会的信用があると、車や住宅のローンを組むときに有利になります。

また結婚を予定している人は、相手家族からの信頼も得られるでしょう。

正社員は年間休日も意外と多い

正社員はフリーターに比べて、休みが少なく、時間に融通が利きにくいイメージがあるでしょう。

しかし年間休日120日の正社員になれば、年の3分の1は休みです。

アルバイトでも120日休むことはもちろん可能ですが、時給制のため休めば収入は減っていきます。

こう考えると、ある程度の休みがあって、収入も保証されている正社員は実は有利なのではないでしょうか。

フリーターから正社員へ就職することのデメリット

正社員になることのメリットを紹介しました。

逆にフリーターから正社員になることで起きてしまうデメリットは存在するのでしょうか?

自由に仕事を休むことができなくなる

フリーターは、自分でどれだけ責任感を持っていたとしても、基本的には誰でもできる代わりの利く仕事。

そのため、変わりさえ見つければいつでも仕事を休めます。

もっといえばシフトに記入さえしなければ、いつでも大型連休を作成することもできてしまいます。

しかし正社員で就職してしまうと、そうはいきません。

いくら大体120日間、一年間のうち、約3分の1休めるとは言っても仕事に責任感が出てしまい、休みたい時にいつでも休める状態にはなれません。

副業が持てなくなる

フリーターなら、よっぽどバイトの会社が厳しくない限り、副業は自由です。

今やyoutubeなど副業がメインの収入源を越えることもあります。

失うものは何もないため、様々なことに挑戦できます。

しかし正社員では、会社の就業規則として副業が禁止されている会社が多いです。

効率よく就職活動を進めるためにもリクらくを活用しよう!

就職しやすい業界を選び、就職活動のポイントをつかめば、フリーターでも内定を貰えます。

フリーターに求められているのは、スキルよりも、ポテンシャル。

自分の強みを理解して、面接官に伝えられれば、上記で紹介した説明しやすい業界以外にも就職ができるかもしれません。

また、就職活動はどれだけ頑張ったかが明瞭に出るので、熱意をもって行えば必ずいい結果が期待できるでしょう。

しかし、一人で進めていくのが心細かったり、不安になる場合がたくさんあると思います。

そういう場合には、リクらくを活用してみましょう。

リクらくでは、たくさんのフリーターの就職活動をサポートしてきました。

内定率は90%を誇っており、安定した実績を持っています。

サービスも完全無料になっているので、気軽に電話をしてみてください。

就職活動のプロであるエージェントがあなたの就活を全面的にサポートします!

リクらくを活用して、就職を成功させましょう!