フリーターが就職するのは田舎と都会どちらがいい?それぞれのメリット・デメリット

フリーターが就職するのは田舎と都会どちらがいい?それぞれのメリット・デメリット

現在フリーター生活をしている人の中には、「そろそろ就職しなければ…」と考えている人も多いのではないでしょうか?

就職を考えた時に悩むのが、「田舎で就職するか」「都会で就職するか」だと思います。

どちらで就職するにしても、実はメリット・デメリットがあります。

就活はあなたの人生を左右するほどのイベントなので、じっくりと考えてから就活を始めたほうが賢明です。

そこでこの記事では、田舎でフリーターをしている人の目線から、田舎と都会それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

田舎に就職するメリット・デメリット

まず最初に、上京せずに地元の田舎で就職した時のメリット・デメリットから紹介していきます。

メリット

田舎で就職するメリットは、

以上の4つが主なメリットです。

1つずつ補足していきます。

生活費がかからない

田舎で就職する一番のメリットは、生活費を最低限に抑えられるという点です。

都会で就職する場合には、引越し資金・アパートの契約料・家具や生活用品一式を揃える費用など、初期費用だけでも30万円以上かかってしまいます。

上記の費用にプラスして、月々の家賃や光熱費、生活費がかかってくるのでかなりのお金が必要になります。

対して地元で就職する場合には、実家で生活できるので引越しにかかる費用や一人暮らしのためにかかるお金がかかりません。

実家で生活している分には、生活費がかからないので、その分貯金や自由に使えるお金を確保できるのが最大のメリットと言えるでしょう

通勤ラッシュが無い

都会で生活していると避けて通れないのが、朝の通勤ラッシュです。

8~9時出社だと、朝の通勤ラッシュにもろ被りしてしまい、満員電車に乗って通勤しなければなりません。

女性は満員電車にストレスを感じてしまう人が特に多く、通勤に不満を感じてしまうでしょう。

対して地方勤務であれば、電車もそこまで込まなくて済みますし、電車よりも車通勤のケースが多いので通勤のストレスを感じずに済みます。

都会の場合はどこへ行くにしても人が多いので、ある程度の期間を要して人ごみに慣れなければなりません。

職場の人間関係が構築しやすい

都会に就職すると様々な地方から集まっているので、人間関係が希薄で、仕事上の付き合いに留まってしまうケースがほとんどです。

人間関係が上手く構築できずに悩んでいる人もかなりたくさんいます。

職場の人間関係は、仕事をしていくうえでかなり大切で、人間関係が上手くいかないとコミュニケーションがうまく取れず、ストレスが溜まってしまいます。

地方に就職する場合は、働いている社員同士の仲が良い傾向があり、人間関係が構築しやすいメリットがあります。

子育てを支援するサポートが整っている

地方は若者が都会に出ていくために少子高齢化が深刻な地域が多いです。

地域の少子高齢化を食い止めるために、様々な政策や条例を掲げている自治体が多くなっています。

保育料や医療費の助成など、子育てをする家庭をサポートする制度を整え、子育て世代の誘致に力を入れています。

そのため、子育てをしていくには、過ごしやすい環境が整っていると言えます。

少子高齢化に伴って保育園や幼稚園も空きがあるところが大半で希望するところに入りやすく、子育てと仕事も両立しやすいです。

また、地元に就職すれば近くに親や兄弟姉妹、親戚が住んでいるケースが多く、家族から育児サポートも受けられます。

近所付き合いも地方の方が盛んに行われており、他人同士でも助け合って地域で子育てをしていく傾向があるので、地方は子育てしやすい環境と言えます。

デメリット

田舎に就職するデメリットは、

以上の3つが主なデメリットです。

1つずつ補足して説明していきます。

職種が少ない

田舎に就職する場合は、職種がかなり限られてしまい、自分のやりたい仕事ができないケースが多いです。

WEB関連の仕事や広告、マスコミ関連の仕事などは、都会特有の仕事で田舎で生活していたら経験することができません。

田舎の場合は農業や建設業、工場勤務がほとんどで、職種の選択肢が限りなく少ないというデメリットがあると理解しておきましょう。

給与が低い

地方は都会に比べてかなり物価が安く、地方勤務の場合は給与がかなり低い傾向があります。

基本的に給与は平均賃金に合わせて決められるため、一部の大手は都会に合わせて賃金を決めていることから給与が高めです。

それに対して、地方企業はそれと比べてどうしても給与面で劣ってしまいます。

生涯年収で比較するとかなりの差になることもあり、稼ぎたいのであれば都会で働いた方が良いでしょう。

こちらの記事も読んでみて下さい。

フリーター・正社員の生涯年収の差はどのくらい?驚愕の収入差を紹介します!

娯楽が少ない

都会と違って地方の場合は、娯楽施設や遊べる場所が少ないので、休日などにストレス発散できる場所がほとんどありません。

ライブや演劇などの公演や美術館・映画館の数も都会の方がはるかに充実しており文化的な刺激も少ないです。

それ故に友人や家族と遊ぼうと思っていても、ワンパターンになりがちです。

仕事でたまったストレスを発散できる場所が無いというのは、若者にとってはかなりのストレスが溜まってしまうかもしれません。

都会に就職するメリット・デメリット

ここからは都会に就職するメリット・デメリットを紹介していきます。

メリット

都会に就職するメリットは、

主に上記三つが都会に就職するメリットと言えます。

1つずつ補足して説明していきます。

求人が多い

地方と違い都会には数多くの企業が存在しており、それに伴ってたくさんの求人が公開されています。

幅広い仕事のスキルが身に付く

地方に就職する場合には、かなり職種が限定されてしまうので、限られた職種しか経験ができません。

対して都会だと求人の数が多く、職種の幅が広いのでそれに伴って様々な範囲のスキルを身に付ける事ができます。

また、1つの職種に関するスキルだけではなく、身に付けたスキルに関連した業務に活かして別の職種に転職できるケースもあります。

幅広い業務を経験してスキルを身に付ければ、将来的にも選択肢が広がり、転職にもかなり役に立つでしょう。

デメリット

続いて都会に就職するデメリットを紹介していきます。

主なデメリットは上記になります。

補足して説明していきます。

地元を離れなければならない

都会に就職する場合は当たり前ですが、地元を離れなければならないので、一人暮らしをしなければなりません。

何もかも新しい環境で、未経験の仕事を始めて、洗濯や自炊などもすべて自分ひとりで行わなければなりません。

実家で生活している分には、両親がやってくれていたことを全て自分ひとりで行わなければならないので、仕事以外の負担もかかってきます。

一人暮らしが長くなれば家事にも慣れが出てくるものの、慣れていない最初のうちは、かなりストレスになってしまうでしょう。

お金がかかる

一人暮らしをすると光熱費や食費など、実家生活ではかからなかったお金を支払わなければなりません。

手取り額が20万とすると、7・8万くらいは家賃や光熱費として支払わなければなりません。

そのため、自分で自由に使えるお金や貯金に回せるお金が少なくなります。

貯金に回せるお金を捻出するのも難しくなるので、最初の頃はかなりお金に困ってしまう場合があるかもしれません。

求められるスキルが高い

都会にはかなりの数の企業があるので、一つの職種をとっても、競合相手がたくさんいます。

競合相手の企業よりも利益を上げて、売り上げを伸ばしていかなければならないので、求められるスキルの基準が高くなっています。

また、選考を受ける求職者の数もかなり多いので、選考の倍率がかなり高くなっています。

なかなか内定が貰えないという場合もあるので注意しておかなければなりません。

悩んでしまいフリーター生活が長くなってしまうと危険です

就職先を田舎にするにしても、都会にするにしても、いつまでも決めかねてしまうのが一番リスクが高いです。

フリーターとしての職歴は履歴書に記載できないので、空白期間になってしまい、空白期間が長くなるにつれて就活は不利になります。

加えて年齢が高くなっていくにつれて、就職先の選択肢が少なくなり、就職のハードルが高くなってしまいます。

就職したくても就職できない状況に陥ってしまうので、すぐにでも自分の方向性を定めて、就活を始められるようにしましょう。

自分にとってメリットの多い方を選択しよう

いかがでしたか?

都会・田舎どちらに就職するにしても、それぞれにメリット・デメリットがあります。

どちらに就職するにしても、自分にとってメリットの多い方がどちらなのか十分に考えてから決断するようにしましょう。

都会で就職する場合には、引越しや就活などやらなければならないことが山のようにあります。

何も考えず、都会で働きたいという願望だけで上京してしまうと、後々になってから100%後悔することになります。

無計画に行動してしまい、お金だけが無くなってしまうという事態も考えられるので、綿密に予定を立ててから行動するようにしましょう。

また、フリーターからの就活に不安を感じたら、就活エージェントを活用して就活してみませんか?

リクらくを活用して就活を成功させよう

当サイトのリクらくでは、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く取り扱っており、多くのフリーターがリクらくを活用しての就活に成功しています。

履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど、就活に関するサービスはすべて無料で受けられるので、経済的に不安を感じている人でも安心して活用できます。

リクらくを活用した人の90%が就活に成功している安定した実績も誇っているのもリクらくの特徴です。

高い就職成功率を誇っているリクらくを活用して、フリーターからの就職を成功させましょう!

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

フリーターを続けるメリット・デメリットを紹介!いち早く正社員になりましょう