高卒フリーターでも就職できる!内定を貰うポイントと就職しやすい業界を紹介!

高卒でフリーターを続けた人の中には、「そろそろ就職しないと…」と考える人もいるのではないでしょうか?

フリーターよりも正社員として働いている方が、圧倒的に収入面などで安定します。

生涯賃金にもかなりの差が出てくるので、いち早く正社員になったほうが、将来的にもいい選択でしょう。

しかし、大学卒や高校を出て就職している人に比べると、就職しづらいと思っている人が多いようです。

確かに、大学を出ている人に比べてしまうと就職できる業界などが限定されてしまいます。

ただ、就職のポイントをつかんで、就職しやすい業界を選べば高卒のフリーターでも就職できます。

そこで今回の記事では、高卒フリーターがしやすい業界と、就職活動をする上でのポイントを紹介していきます。

自分ひとりで就活するのに不安を感じる人は、ぜひ参考にしてみてください。

高卒フリーターと正社員の年収の違い

「就職したいけど、フリーターでも正社員と同じくらい給料を貰っているから…」

フリーターをしている現在でも、金銭的に生活に困らないと感じている人も多くいると思います。

確かに、働いた分だけの給与を受け取れますので、時給1000円だとしても200時間働けば20万円を受け取れます

しかし、体調を崩したり、何かしらの理由でバイトに入れなかったら一銭も給与を受け取れません。

正社員の場合には、固定給に加えて有給休暇制度もあるので、体調を崩したとしても最低限の給与が受け取れます。

それでは、正社員とフリータではどのくらい給与に違いがあるのか、説明していきます。

フリーターと正社員では、月収に約10万円の差がある

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査結果によると、以下のような結果になりました。

高卒正社員(男) 高卒女性(女性) 高卒フリーター
29万円 21万円 12万円

フリーターの平均的な月収は12万円、で、正社員の男性と比べると、2倍以上の差があることがわかりました。

正社員の場合には、固定給にプラスして残業代や各種手当が付きます。

対して、フリーターは手当がつかず、働いた分の時給しか受け取れないのでかなり給与が低くなっているようです。

年収に換算すると、正社員が348万円でフリーターは144万円でした。

年収換算すると、年収額にかなりの差が出ており、2倍以上の差が得ます。

この結果を見ると、いち早く正社員になったほうが賢明な判断と言えるでしょう。

生涯賃金は約2.5倍差がある

厚生労働省の平成29年賃金構造基本統計調査結果から、平均月収を生涯賃金で表すと、高卒男性が1億4964万円でフリーターが6048万円でした。

正社員とフリーターで、約2.5倍も差が開きます。

フリーターとして生活していく場合は、生活に特に支障がないかもしれませんが、将来的に家族ができたらフリーターの給料では、家族を養うのがかなり困難です。

招来のために貯金をしておくことを考えたら、フリーターを辞めて正社員になって方が、賢明な判断と言えるでしょう。

企業は高卒フリーターに悪い印象を持っているのを理解しておく

企業に入社して働いている人をみると、新卒で入った大卒や専門卒がほとんどです。

優良企業に就職している人のほとんどが、高卒以上の学歴を持っています。

その背景には、企業が高卒フリーターに悪い印象を抱いていることが原因となっているようです。

企業が高卒のフリーターに抱いている印象は、主に以下の通りです。

こういった印象を持っているので、企業は高卒のフリーターを採用しない方針を取っているみたいです。

大学に進学している人の場合には、勉強を努力した証があるので、勉強と同様に仕事にもまじめに取り組んでくれると思っています。

また、大卒の多くが論理的思考を身に付けているので、自分で考える力が備わっている人が多いです。

高卒の全員に、そのような能力が身に付いていないとは言い切れませんが、高卒の場合には企業から大卒に比べて劣っていると思われがちです。

そのため、悪い印象を払拭しない事には、内定を貰えません。

最初の段階で悪い印象を持たれているのであれば、いくらでも挽回のチャンスがあります。

悪い印象を払拭して内定を勝ち取ろう

企業が具体的にどのような悪いイメージを持っているのかを理解しておけば、対処する方法をいくらでも考えられます。

などと、想定される質問は限られてきますので、回答をいくらでも用意しておけます。

企業が持っている悪い印象を払拭することが、内定を勝ち取るのに一番効果的な方法です。

学歴が高卒でも就職できるチャンスが十分にある

高卒という学歴を引け目に感じてしまい、就職活動に踏み切れないフリーターがたくさんいると思います。

大手企業や一部の企業に関していえば、大卒以上しか採用しない企業もあります。

しかし、学歴に関係なく高卒でも採用する企業もたくさんあります。

企業が採用で注目するのは学歴だけとは限りません。

未経験者の採用において重視されるのは「年齢」で、年齢が若ければスキルがなくても入社後の成長が見込まれ採用に至る場合もあります。

年齢が高くなると、成長性を見込んでの採用から、経歴やスキルを重視した即戦力採用に代わります。

フリーター期間は職歴とみなされないため、アルバイト生活が長引かないうちに就活を始めましょう。

高卒フリーターでも就職しやすい業界

高卒フリーターは、資格が不問で未経験者を歓迎している業界がおすすめです。

高卒フリーターでも就職しやすい業界を5つピックアップしたので、紹介していきます。

サービス業

飲食や、販売・施客業などのサービス業は、店舗数の増大やニーズの多様化によって、人材不足を抱えています。

仕事内容も完成されたマニュアルがあるので、仕事も比較的覚えやすいです。

商品に関する知識も、働きながら身に付けていく場合が多いので、あらかじめ知識を身に付けておく必要もありません。

高卒フリーターから、サービス業界に就職する人も多いので、一番ハードルの低い業界と言えるでしょう。

運送業

ネットが普及したことにより、ネットショッピングを活用する人が増えてきています。

それが影響して、配送業界のニーズが急速に高まってきています。

自動車の免許が必須になるものの、免許さえあればフリーターからでも就職できます。

大型車の免許を持っていると、仕事の幅が広がり、給与アップにも繋がるでしょう。

配送業界を希望している人は、あらかじめ大型車の免許を取得しておくことをおすすめします。

介護業

高齢化社会が急速に進んでいることにより、介護業界では深刻な人手不足が問題になっています。

介護と聞くと、資格が必要だと思うかもしれませんが基本的に無資格でも始められます。

仕事をしていくうえで、資格を取得できるのが、介護業界の特徴です。

資格を取得すれば、仕事内容にも幅が出て、資格手当を受けることも可能です。

清掃業

全国各地で大きな建物が次々に建てられており、清掃業のニーズも高くなっています。

業界内で高齢化が高まっていることもあり、若い世代を求めている傾向があります。

学歴不問で未経験歓迎の企業がほとんどなので、フリーターからでもチャレンジできます。
また、清掃現場まで自動車で移動することが多いので、自動車免許を持っていると重宝されるでしょう。

公務員

意外に思うかもしれませんが、高卒からでも公務員に就職ができます。

一般企業と違い、公務員は筆記試験と面接試験の結果のみで、採用を行うのであまり学歴を見られません。

大卒も高卒も条件は同じということです。

しかし、筆記試験は幅広い範囲から出題されるので、万全の試験対策絵をする必要があるでしょう。

採用されにくい高卒フリーターの特徴

高卒のフリーターでも、就職ができます。

しかし、人によっては採用されにくい人がいるのも確かです。

そこで、ここからは採用されづらい人の特徴を説明していきます。

主体性が無く、人から言われて就職活動をしている人

就職活動を行う上で、自分がどうなりたいのか明確なビジョンを持っておく必要があります。

将来ビジョンがあることは、最終地点に向けて今何をすればいいのかが明確に理解できている証拠になります。

しかし、就職している人の中には、

「母親にいい加減に就職しなさいと言われたから、就活を始めた」

「特にやりたいことはなく、なんとなく就活をしている」

などの、自分の意思が無い状態で、就活している人がいます。

主体性がない人は、企業側から見て威力的に感じる部分が無いので、たとえ就職しやすい業界だとしても採用を貰える見込みがないでしょう。

正社員になりたい理由を話せない

業種や企業鵜の規模に関わらず、なぜこの業界を選んだのか、なぜ就職を志望するのかなどの志望動機を必ず問われます。

志望動機が曖昧だったり、答えられなかったりすると、ほとんど採用に至りません。

明確な意思があったうえで、志望動機を伝えることが大切です。

志望動機は就職活動の基本なので、しっかりと回答を用意しておきましょう。

高卒フリーターが内定を貰うためのポイント

採用されにくい人の特徴が理解できたところで、ここからは高卒フリーターが内定を貰うためのポイントを説明していきます。

このポイントを押えておけば、採用率もぐっと上がるので必見です。

早い段階で就職する

最も重要な前提として、早い段階で就職活動を始めるべきです。

先述した通りに、「若い」という事だけで大きな武器になります。

未経験者を採用する場合は、より若い年齢の人材を求めています。

そのため、だらだらとフリーターを続けていくよりも、早い段階でフリーターに見切りをつけて就職活動を始めましょう。

正社員になる目的を具体的に説明できるようにする

就職する上で、志望動機は必須です。

理由もなく曖昧な気持ちで就職活動をしても、内定を貰える可能性は極めて低いです。

どんな仕事をしたくて、なぜ就職しようとしたのかを説明できるように、回答を用意しておきましょう。

アルバイトの経験が活かせる業界を選ぶ

就職先の企業によっては、アルバイトを通して経験したことを評価してくれる企業も多数あります。

アルバイトの経験が活かせそうな職種を選べば、経験者として採用してくれる企業もあります。

職歴が無いからと引け目に感じずに、果敢にチャレンジしましょう。

就職活動で困ったことがあれば、リクらくに相談しよう!

就職活動は基本的に一人で行いますので、不安になることもあると思います。

もし不安に感じることがあれば、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくは、使用量が無料であなたの就職を全面的にサポートいたします。

たとえ小さな悩みだとしても、その悩みを解消させるために、専任のエージェントが全力でお手伝いします。

当サイトでしか取り扱いのない求人や、未経験からでも安定して仕事ができる環境が整っている職場など、優良求人を茶数抱えています。

電話番号は、0120-997-231です!

リクらくを使って、就職活動を成功させましょう!