フリーターは何歳までに就職すべき?フリーターの就活に年齢制限はある?

フリーターは何歳までに就職すべき?フリーターの就活に年齢制限はある?

「就職したいけどめんどくさいな…」

「まだ若いからフリーターでも大丈夫」

「やりたい仕事が無いからとりあえずフリーターでいよう」

…などと考えているフリーターが多いのではないでしょうか?

確かにフリーターでも生活に必要な収入が得られるので、焦りを感じている人も少ないと思います。

しかし、フリーターからの就活には年齢制限があり、年齢が高くなってしまうと就職できないという事態に陥ってしまいます。

いつまでもだらだらとフリーターを続けてしまうと危険が多いので、いち早く就活して正社員を目指しましょう。

この記事では、フリーターの就活に年齢がどのように関連しているのかを解説していきます。

フリーターから就職するリミットは27歳

フリーターから正社員へと就職するリミットは27歳と言われています。

フリーターから就職するとなると、ほとんどの場合が未経験職への就職になります。

未経験を歓迎する場合には、ほとんどの企業が20代前半の若い人材を欲しているので、30代を目前に控えたアラサーを未経験から採用する企業はほとんどありません。

30歳を超えてしまうと就職先がかなり限られてしまう

30代にもなると世間的にはある程度社会人経験をしているので、会社位の中で役職に就いていてもおかしくない年齢です。

そのため、企業が30代を採用する場合は、スキルや経歴に重点を置いた即戦力としての採用がほとんどです。

そのため、30代が未経験職に就職するのはかなり難易度が高く、ほとんどの場合採用されません。

稀に年齢不問で未経験者を募集している企業もありますが、年齢を問わずに採用している企業は何かしらの悪条件があるブラック企業です。

労働条件が悪い・休みが少ない・給料が低いなどの環境で仕事をしなければならないので、入社したとしても早期退職に繋がります。

25歳以下であれば問題なく就職できる

20代前半で
あれば仕事の呑み込みが早く、ポテンシャルが高い傾向があるので、未経験でも企業からのニーズが高くなっています

加えて社会人経験浅く、仕事に対しての取り組み方や考え方が固まっておらず、入社した会社のやり方に馴染むスピードが速い傾向があります。

年齢が高くなるにつれて、仕事の取り組み方や仕事観が定まってくるので、新しい職場のルールや仕事の仕方に馴染みづらいです。

フリーターを長く続けることで巻き起こる事態

若い年代であれば、フリーターと正社員で年収の差がそこまで開きがありません。

働き方次第では、正社員よりもフリーターの方が給料が多いなんてこともあるので、「フリーターも悪くないな」と思うかもしれません。

現状に甘えてフリーターを長く続けてしまうと、将来的に悲惨な状況に陥ってしまいます。

そこで,
フリーター生活が長くなってしまうことによってどのようになってしまうのか、紹介していきます。

年収がいつまで経っても上がらない

正社員の給料は、固定給で年に数回の昇給があるので、勤続年数が続くことによって給料も上がっていきます。

加えてボーナスもあるので、年次に伴った給料を貰えます。

対してフリーターの給与形態はほとんどの場合が時給制なので、働いた分の給与しか貰えません。

また、正社員が年に数回の昇給があるのに対して、フリーターの収入が上がる機会はほとんどありません。

時給が上がったとしても、50円位が相場なので、大きな昇給のチャンスがありません。

そのため、若い時はフリーターと正社員で収入に差が無いものの、年齢が上がるにつれて収入の差は確実に広がります。

こちらの記事も読んでみて下さい。

フリーター・正社員の生涯年収の差はどのくらい?驚愕の収入差を紹介します!

体調を崩してしまうと年収が無くなる

正社員として働いている場合は、病気やけがをして働けなくなっても保険に加入しているので、最低限の収入の保証がされています。

働けなくなったとしても、収入が無くなって生活ができなくなってしまう事態に陥る心配はありません。

しかし、フリーターの場合には体調を崩してシフトに入れないと、その分収入が下がります。

そのため、体調を崩してしまうと収入が無くなり、生活ができなくなってしまう場合があります。

フリーターは常にリスクと隣り合わせだということを理解しておきましょう。

将来的に受け取れる年金が低くなる

正社員として働いている人は、月々に支払う年金が給料から天引きされるので、支払い漏れがありません。

対してフリーターの場合は、年金の加入や支払いを全て自分で行わなければなりません。

そのため、年金の支払いを後回しにしてしまい、滞納してしまうフリーターがかなり多くいます。

中には年金の支払い以前に、国民年金に加入していない人もいます。

年金を支払っていないと、老後に受け取れる年金が少なくなったり、最悪の場合には年金を受け取れなくなるケースもあります。

将来的に考えても、正社員に比べるとフリーターは様々なところにリスクがあると理解しておきましょう。

就職先の選択肢が多い20代のうちに就活しておきましょう

フリーター生活が長くなるにつれて、就職のハードルが高くなり、就職しづらくなります。

20代の前半であれば、若さをアピールして就活を有利に進められ、就職先の選択肢もかなりの数があるでしょう。

未経験からでも応募できる求人がたくさんあるので、就活してキャリアチェンジすることも可能です。

年齢が若ければ無限の可能性があるので、何かと有利な若いうちに就活に入れるようにしましょう。

就活スケジュールを立てて目標を定めよう

就活を行うにあたって、何も目標を立てずに就活を始めてしまうと、就活に成功する見込みは低いです。

就職してどうなりたいのか」「いつまでに内定を貰いたいのか」などの目標を設定すると、就活に見通しが付いて、効果的な活動ができます。

また、中々内定を貰えなかったとしても、最終的な目標がしっかりと定まっていれば、「ゴールに向かって今何をすればいいのか」現状を見つめ直せるでしょう。

仕事に対してのポジティブな姿勢をアピールする

スキルや経歴が無いのは変えられない事実なので、言い訳をだらだらと言ってしまうと、企業から評価を受けることはありません。

年齢の若いフリーターに求められているのは、仕事に対しての前向きな姿勢です。

「入社して○○がしたい!」「将来的には○○の役職に就きたい」など、仕事への前向きな姿勢を全面的にアピールしましょう。

ひたむきな姿勢で将来への熱い思いを話せば、採用担当にも必ず響いて、いい結果が得られます。

選考を受ける企業の数を増やす

フリーターからの就職は、新卒や第二新卒などに比べるとかなり難易度が高く、思うように就活が進まないこともあるでしょう。

就活が上手くいかないときに、自信を無くしてしまい就活の行動量が少なくなってしまうと採用率もそれに伴って低くなります。

思うような就活ができなくても、応募する企業数が少なくならないようにしましょう。

応募する企業を増やした分だけ、採用される可能性が高くなります。

リクらくを活用してフリーターからの就活を成功させましょう

フリーターの中には就活した経験がないという人もいるでしょう。

就活の正しいやり方を理解しておかないと採用される見込みが低くなってしまい、いつまで経ってもフリーターから抜け出せなくなってしまいます。

そうならないためにも、当サイトのリクらくを活用して就活を始めてみませんか?

リクらくでは、履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど就活に関するあらゆるサポートが無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の90%が採用に至っている安定した実績を誇っております。

リクらくを活用してフリーターからの就活を成功させましょう。

年齢制限にかからないうちに一刻も早く就活を始めましょう

ここまで読んでみていかがでしたか?

フリーターからの就職には年齢制限があるということが分かったかと思います。

年齢制限があるので、いつまでもフリーター生活を続けてしまうと、将来的に就職したくても就職できない事態に陥ってしまいます。

そうなってしまう前に、若い年齢の間に就職して正社員になりましょう。

フリーターでも年齢が若ければ、選択肢がたくさんあるので、フリーターという過去に左右されず就活ができます。

年齢が若いうちに就職を成功させて、明るい未来を切り開きましょう!

合わせてこちらの記事も読んでみて下さい。

フリーターを待ち受けている悲惨な末路と回避方法を紹介!