フリーターの将来は絶望!すぐにでも正社員になって明るい未来を手に入れましょう

フリーター生活を送っていると、経済面で困難を抱えている人が多いのではないでしょうか?

将来に対して、「このままフリーターでいいのか」と漠然とした不安を持っている人いるでしょう。

フリーターの年収は、正社員をしている人に比べてかなり低いです。

正社員には昇給やボーナス、各種手当があるので、固定給以外にも収入を増やせます。

対してフリーターは、働いた金額分しか貰えず、昇給の機会もほとんどないので収入を上げられるチャンスはほとんどありません。

若いうちこそ、収入差が変わらないものの、年齢を重ねるごとに確実に収入格差が生まれます。

また、結婚したり車や住居を購入したりと、年齢を重ねるごとに支出の機会も増えます。

フリーターの収入だけでは限界があるでしょう。

フリーターとして生きていくと、近い将来間違いなく悲惨な結果を迎えてしまいます。

この記事を読めば、フリーターの絶望的な将来がわかります。

そのため、読み終える頃には正社員を目指すようになっているでしょう。

フリーターに対していい印象を持っている人はいない

そもそもですが、世間はフリーターに対していい印象を持っていません。

「目標が無くてだらしない人」

「正社員になる気持ちが無い未熟な人」

世間の一般的なフリーターのイメージはこのような感じです。

加えて、低収入・不安定・誰にでもできる仕事などと連想できるので、プラスのイメージを抱いている人はほぼいないでしょう。

例外としては、バンドや芸能活動など夢を追いかけてフリーターをしている人です。

夢を追っているフリーターに対して悪い印象を持つ人は少ないです。

事実、下積み時代を経て、有名になった人が何人もいます。

ただ、30~40代にもなって、夢を叶えるためにフリーターをしているとなると、世間の目は冷ややかなものになるでしょう。

フリーターを待っている悲惨な未来とは?

それでは、フリーターを続けていくとどのような未来が待っているのでしょうか?

考えられる未来を具体的に紹介していきます。

収入が少なく、上がる見込みもない

正社員の場合は、勤続年数や能力に応じて随時昇給や昇格があり、給与以外にもボーナスや各種手当もつくケースが多いです。

対して、フリーターの場合には、収入がアップする見込みがありません。

勤続年数に応じて、時給があがるものの、上がったとしても50~100円程度でしょう。

また、ボーナスや各種手当て、退職金などが受けられません。

そのため、正社員と比べるとフリーターはかなり収入が低くなります。

生涯で受け取れる収入にも億単位の差が出るので、正社員に比べると、生活水準がかなり低くなってしまいます。

病気やケガをした時に収入が無くなってしまう

企業に勤めて正社員として働いている場合には、病気やケガが理由で働けなくなったら、保険や手当などが付くので収入が無くなることはないでしょう。

対して、フリーターが病気やケガで働けなくなった場合には、収入が見込めません。

ほとんど無収状態になるので、生活が続けられない状況に陥ってしまいます。

また、フリーターは保険などの手続きをすべて自分でしなければなりませんので、そもそも保険に加入していないケースもあります。

もしあなたの身に何かあったとしても、何一つ保険が適用されない事態もあります

社会的信用が低い

クレジットカードやローンを組む際には、会社や銀行から審査を受けます。

クレジットカード・ローンは、ともにお金を借りるためにするものですので、相手から返済能力がないとみなされるとカードが作れずローンも組めません。

審査基準は各会社によって異なるものの、フリーターの場合は、繊細能力が低い・社会的地位が低いと見られています。

車や住居はほとんどの場合、ローンを組み購入します。

フリーターの場合には、ローンを組める可能性が低いので、大きな買い物ができなくなってしまいます。

結婚ができない

結婚する上でかかる費用は、一般的に300万円程と言われています。

結婚式を挙げる規模によっては、さらに料金がかかってしまう場合もあります。

フリーターではこの金額を用意するのは、ほとんど不可能と言えるでしょう。

また、相手の両親から見ても彼氏がフリーターをしていると知れば、中々結婚の許可を貰えないでしょう。

年齢が若いうちは、フリーターでも付き合ってくれる人が見つかりますが、ある程度年齢を重ねていくと見向きもされないでしょう。

受け取れる年金が少ない

フリーターは国民年金、正社員は会社で厚生年金に加入します。

国民年金と厚生年金では、将来的に受け取れる金額に差があります。

正社員が加入している厚生年金の方が、将来的に受け取れる年金額が高くなっています。

また、フリーターの場合には保険に関する手続きを全て自分で行わなければいけないので、
手続きをしていないと年金に加入していないことになります。

年金を納めなければ、将来貰える年金額が少なかったり、受け取れない場合もあります。

フリーターには3つのタイプがあります

フリーターと一括りにしても、3タイプに別けられます。

名前だけ聞いても分かりにくいと思うので、1つずつ説明していきます。

夢追求型

何か夢があり、夢に向けての下積み期間としてフリーターをしている人を、夢追求型と呼びます。

20代の若い年齢であれば、周りからも応援されて、フリーターとしても理解されるかもしれません。

しかし、年齢が高くなって30代でも夢追求型のフリーターでいると、周りからは冷たい目で見られてしまいます。

モラトリアム型

「まだ仕事をしたくない」

「自分に合う仕事が分からない」

社会人として働く意欲が低くて、惰性的にフリーターを続けている場合もあります。

フリーターの中で一番多いタイプがこのモラトリアム型です。

モラトリアム型によくある特徴は、中々社会人になるきっかけをつかみづらい傾向があり、長期間フリーターを続けてしまう場合が多いです。

だらだらとフリーターを続けて、30代になって就職しようとしても、採用される見込みが低いでしょう。

やむを得ず型

就職期間中に病気やけがなどが原因で、就職できずにフリーターをしている人もいます。

このように、逃れられない理由がありフリーターになった人を、「やむを得ず型」と呼びます。

やむを得ず型の場合は、フリーター期間が短い傾向があります。

就職活動をするにしても、れっきとした理由があるのでフリーター期間を咎められることも少ないです。

フリーターになってしまった理由をしっかり伝えられれば、新卒と同じ待遇で就職活動ができます。

フリーターから就職したきっかけは、将来への不安を感じたから

長い期間フリーター生活をしてきた人が、どのタイミングで就職をしようと思ったのか、きっかけを紹介していきます。

主なきっかけは3つで

年齢に関係なく、将来に不安を感じて、就職を始める人が多いようです。

フリーターとして働くことの不安定さが将来への不安につながり、正社員を目指すきっかけになっているようです。

また、恋人との結婚を機に就職する人も多いです。

20代の後半にもなると、徐々に結婚する人が多くなり、周りの環境も変わってきます。

徐々に結婚も意識しだすので、フリーター生活を続けることに焦りや疑問を感じるようです。

フリーターの将来を明るくするには正社員になるのが一番の近道

この記事を読んでわかるように、フリーターの将来は明るいとは決して言えません。

将来的に安定を求めるとなると、かなり暗い未来が待ち構えています。

明るい未来を迎えるには、就職して正社員として働くのが一番の近道です。

アルバイト先で正社員になる

正社員になる一番早い方法は、アルバイト先で正社員になることです。

昇格試験や条件があるものの、未経験職を目指して就職するよりも比較的簡単に正社員になれるでしょう。

アルバイトと正社員で雇用形態が違うだけで、仕事内容があまり変わらないケースもあります。

仕事の容量をつかんでいれば、正社員として歓迎される場合もあるので、アルバイト先の社員に正社員になりたい旨を相談してみましょう。

資格を取って有利に就活を進める

若い年代のフリーターであれば、熱意や適性が評価されれば、未経験職にも就職ができます。

しかし、人によっては内定を貰いづらい人もいます。

そこで、就職を有利に進めるために、資格を取得しておくことをおすすめします。

資格を取得していれば、就職活動において優遇されるケースが多いです。

自分が志望している業界にはどのような資格が役立ち、評価されるのかを調べておきましょう。

面接で、資格をアピールする際にはポイントがあります。

資格を取得しようと思った経緯を伝えよう

面接で資格をアピールする際には、

上記の3つをしっかり説明できて、初めてアピールになります。

資格を取得したからと言って、必ずしもプラスの評価を得られるわけではありません。

資格を取得しても無駄になってしまうので、気を付けておきましょう、

リクらくを使って、明るい未来を迎えましょう

若いうちにフリーターをしていても、特に不安やストレスを感じにくいかもしれません。

しかし、年齢を重ねていく毎に、フリーターと正社員で明確な差ができます。

収入面ではもちろんのこと、社会的な地位や福利厚生面でも差が出ます。

だらだらとフリーターを続けていくと、取り返しのつかない事態を引き起こしてしまうケースもあり、悲惨な将来が待ち構えています。

悲惨な将来を明るくするには、就職して正社員になるのが一番です。

年齢が上がるにつれて、就職も困難になるので、なるべく早い段階で就職活動を始めるようにしましょう。

就職活動をしていくうえでは、当サイトのリクらくを活用すると、内定率がぐっと上がります。

些細な悩みでも大きな不安も、相談できるエージェントが揃っているので、安心して電話してみてください。

リクらくを使って、明るい未来を迎えましょう!