ニートが社会復帰するための方法を紹介!

現在ニートをしている人の中には、このままニートを続けていいのだろうか?と考えている人もいるでしょう。

いつまでもニートをしていることはできないので、どこかのタイミングで社会復帰して、働かなければなりません。

しかし、ニートから脱して働きたいと考える一方で、中々就活に踏み切れない人も多いのではないでしょうか?

一度ニートになってしまうと、中々社会復帰するのが、難しくなります。

そこで今回は、ニートが社会復帰するためにはどのような行動が大切で、何をすべきなのか紹介していきます。

ニートが社会復帰するには、行動量・意欲が大切です

ニートが社会復帰するには、ニートから抜け出したいという、強い意欲が大切です。

長い期間ニートをしている人は、人と関わることが少なく、「働く」意欲が低下しています。

自分で働いてお金を稼ぐ体験を長いこと経験していないので、社会への免疫が無く、働くのを極度に拒んでしまいます。

そのため、社会復帰したい意欲を高めて、行動に移すのが何よりも大切です。

ニートが社会復帰するために、具体的にどのようにすればいいのか、次の項目で説明していきます。

ニートが社会復帰するためにすべきことは?

ニートは期間に違いがあるものの、社会と関わることが少なくなっています。

生活習慣も乱れていて、昼夜が逆転してしまっている人もいるでしょう。

そんなニートがいきなり社会に出て、人並みに働くのはかなり難易度が高いでしょう。

そこで、社会復帰するためには、どのようなことから始めていけばいいのか、説明していきます。

規則正しい生活習慣を意識する

社会復帰の第一歩は、規則正しい生活に戻すことから始まります。

ニートをしている人は、朝に起きて日中仕事をし、夜に寝るという習慣がありません。

就職できたとしても、規則正しい生活になれていないので、苦痛に感じてしまうでしょう。

社会復帰を志したなら、まずは規則正しい生活になれることから始まります。

朝は決まった時間に起きて、夜も12時前には眠り、生活のリズムを矯正していきましょう。

ニートになってしまった要因を追求する

ニートになってしまう要因は人によって異なります。

ニートをしている期間は、なぜ自分がニートになってしまったのか深く考えたことが無いかもしれません。

中には、特に理由が無く、ニートになってしまった人もいるでしょう。

そこで、なぜ自分がニートになってしまったのか、原因を考えてみましょう。

原因を考えていくことによって、社会復帰のきっかけをつかめるかもしれません。

短期間の簡単なアルバイトから始めてみる

ニートをしていた人が、いきなり正社員になって働くのは、かなり難易度が高いでしょう。

能力的な部分はもちろん、社会人としてのマナーも備わっていない場合が多いので、分からないことだらけでしょう。

そこで、まずは短期アルバイトから始めて、徐々に働くことの免疫をつけていきましょう。

今の時代、日雇いのバイト、短期アルバイトはたくさん求人が出ています。

履歴書不要・面接なしの誰でも始められるアルバイトがたくさんあるので、まずはそこから始めてみましょう。

働いてみると、意外と楽しい・やりがいを感じるなどの発見があるかもしれません。

まずは、新しい環境に踏み出す勇気を持ち、どんな職種の仕事でもいいので体験してみましょう。

社会復帰が難しいニートの特徴

社会復帰をしたいと思っていても、人によっては難しい人もいます。

社会復帰が難しいニートに共通している特徴は、

以上の3つです。

この特徴を覚えておくだけでも、反面教師にできます。

それでは、一つずつ紹介していきます。

行動力が無い

先述しましたが、行動力はニートを脱する上で最も大切なことです。

そもそも行動力が低いと、面接を受けに行くこともありませんし、履歴書を書こうという気持ちも持てません。

企業から見て、ニートは採用する価値が低い存在なので、就職難易度がかなり高いです。

そのため、就職活動をしていく中で、中々内定が貰えず悩んでしまうことが多いでしょう。

人によっては「就職先が決まらないからもう就活を辞めよう」と考える人も出てくるでしょう。

しかし、中々内定が貰えないからと言って諦めてしまっては、いつまでたっても社会復帰できません。

強い信念をもって、積極的に選考を受ける行動力が大切です。

社会に対して偏見を持っている

「○○の仕事には絶対に就きたくない」
「外仕事は、体力を使うし疲れるからやりたくない」

自分が働いていないことを棚に上げ、様々な職種に文句をつけて、自分なりの偏見を持っているニートがいます。

中には、「○○の仕事をしている人は、底辺だ」なんて思っている人もいるでしょう。

偏見を持つのは一見すると、自分なりの視点を持っていて、誇らしいと思う人もいますが決して誇るべきことではありません。

自分の殻に閉じこもり、自分の世界観を持って悦に浸るのはある種の快感を得られます。

しかし、偏見は自分の行動に制限をかけてしまい、視野を狭めてしまっています。

また、働き始めるといろんな人に触れて、様々な価値観の人に会います。

そのうちに、自分の偏見を持っているのが、ばからしく思えるでしょう。

ネガティブな感情が強い人

現在ニートしている人は、何かしらの挫折を経験しているケースが多く、ネガティブな感情を抱えています。

ネガティブな感情は生きていくうえで、邪魔にしかなりません。

ネガティブな感情を抱えて成功する人は、ごく限られた表現者だけです。

ニートになってしまった事実は変えられないので、ニートの期間を肯定的に捉え、ポジティブに考えるようにしましょう。

ニートから就職して正社員になるには?

社会経験が無いニートが、一般的な就職活動をしても、内定できる見込みは薄いでしょう。

ニート期間があるのは、確実にネックになり、就活に影響を与えます。

何度も同じように就活していても、成果が出ず、エネルギーだけを使ってしまうことになります。

ニートが就職するには、様々な工夫をしていくのが大切です。

過去に経験がある仕事をする

現在はニートをしている人の中には、過去に正社員として働いていた人もいるでしょう。

ニートのブランク期間があるとはいえ、経験があるという事実は、就活をしていく中で強みになります。

経験したことのある同業種への就職であれば、未経験者に比べて、採用率も上がります。

自分の経験してきた強みを最大限に活かして、就活を有利に進めましょう。

軽作業や工場の一人で行う仕事

業界によっては、過去の経歴に関係なく、採用を行っている業界も多数あります。

経歴を重視されないので、ニートをしていた過去があっても、比較的簡単に就職できるでしょう。

ニートをしていた人におすすめの職種は、基本的に一人で行う工場の軽作業員です。

多くのニートは、コミュニケーション能力が著しく低い徳量があります。

そのため、コミュニケーション能力が必要とされる、一般企業への就職は難易度が高いでしょう。

その反面、工場の仕事は一人で黙々と行う作業が多いので、コミュニケーション能力が無くても問題ありません。

中には工場で働くことに抵抗を感じている人もいるかもしれませんが、何事も経験で、第一歩として働いてお金を稼ぐ経験を重ねましょう。

働くことになれれば、将来的には転職して、やりたい仕事につけえるかもしれません。

販売や飲食などのサービス業に就職

消費者のニーズが増えてきていることにより、サービス業界は万年的に人手不足を抱えています。

特に飲食業界は、人手不足が深刻な問題になっていて、採用の基準がかなり低くなっています。

専門的なスキルや知識が必要ないのも、サービス業界の特徴です。

そのため、ニートでも比較的スムーズに、内定を貰える可能性があります。

人と接するので、身なりや人柄が重視されるものの、仕事をしていくうちに接し方は身に付いていきます。

「接客業はできない」と考えている人でも、働き始めたら、意外と楽しいと感じるかもしれません。

自分が気付いていなかった部分を発見できることもあるので、まずは踏み出す勇気を持ちましょう。

派遣社員・アルバイトから始める手もあります

ニートからいきなり、正社員として働くのに、抵抗がある人もいるでしょう。

その場合には、アルバイトや派遣社員から働く方法もあります。

正社員に比べると、求められるスキルも少なく、責任もそれほど重くありません。

アルバイトや派遣社員で経験を積んで、正社員登用して、正社員になる選択肢もあります。

考え方次第では、社会復帰して正社員になる方法はいくらでもあります。

一般的な就活の道が厳しいからこそ、様々な視点からアプローチして、社会復帰を実現させましょう。

リクらくを活用してニートから社会復帰しましょう

就活は基本的に一人で行うものなので、様々な疑問点を感じるでしょう。

また、ニートの就活はハードルが高いので、思うようにいかないケースも多いと思います。

心機一転して、社会復帰しようと行動したにも関わらず、就活が思うようにいかず挫折してしまうとかなりもったいないです。

社会復帰しようとした、決心を無駄にしないためにも、リクらくを活用してみましょう。

未経験者を歓迎している企業の求人や、過去の経歴が一切不問の求人など、他の就職サイトでは掲載していない求人を多く扱っています。

また、リクらくを活用した求職者の内定率は90%を超えていて、安定した実績を持っています。

リクらくで受けられるサービスは全て無料なので、安心して気軽に活用してみてください。

最終的には社会復帰したいという気持ちが大切!

ニートの社会復帰について説明してきましたが、いかがだったでしょうか?

就活の仕方を工夫したり、職種を限定せずどんな仕事でもやるという気持ちがあれば、必ず社会復帰できます。

また、社会復帰をする一番大切なポイントは、ニートから脱して社会復帰したいという気持ちです。

自分の気持ちを奮い立たせて、社会復帰できるようにしましょう!

この記事を読んで、一人でも多くのニートが社会復帰できることを願っています。