既卒2年目から内定を貰うために!内定を貰うための秘訣

既卒2年目から内定を貰うために!内定を貰うための秘訣

学校を卒業後に働かず、だらだらと過ごしてしまい既卒になってから2年目に突入してしまった。

「そろそろ就職しないと…」と思っても、1年以上既卒として過ごしてきた人を採用してくれる企業はあるのかと不安に思う人も多いのではないでしょうか?

既卒2年目の就活事情や、就活をどのように進めていけば内定を貰えるのか知っておきたいポイントだと思います。

この記事では、2年目の既卒が内定を貰うための秘訣を紹介していきます!

就活を始めようとしている人は、是非参考にしてみて下さいね。

既卒2年目の就活は不利になるケースが多い

2年目の既卒が就活を始める前に理解しておいてほしいのは、新卒や第二新卒、既卒期間が短い人と比べて就活が不利になってしまう傾向があるという点。

決して内定を貰えないという訳ではありませんが、不利な就活になってしまうのが現状です。

それではなぜ、既卒の就活は不利になってしまうのでしょうか?

原因は企業が抱えている不信感にあるようです。

企業の不信感を払拭できるかがカギ

企業は、既卒歴の長い人に対してあまりいい印象を持っていません。

上記のような不信感を抱えているため、既卒歴の長い人は企業から敬遠されてしまうのです。

そのため、企業が抱えている不信感を払拭できないと、内定を貰える可能性が限りなく低くなってしまいます。

とは言え、既卒歴の長い人が企業から全く人気が無いかと言われれば、決してそんなことはありません。

若い世代の人材を求めている企業は多い

現代では、少子高齢化の影響を受けて、どこの業界でも若い人材が不足しています。

そのため、職歴や経験が無くても、若手の人材を積極的に採用する意思のある企業が多くなっています。

就活の進め方や工夫次第では、既卒でもスムーズに内定を貰うことも可能。

職歴や仕事の経験が無い人にとって、年齢は何よりも重要な要素なので、年齢が若いうちに就活を始めるのが大切です。

既卒2年目に必ずされる質問の回答を用意しよう!

採用担当者が既卒に対して疑問を抱えるのは「なぜ既卒になったのか」「既卒の期間はどのように過ごしていたのか」の2点。

質問に対しての答え方次第で、企業が抱えている不信感を払拭でき内定に近づきます。

そこでそれぞれの質問に答える際のポイントを紹介していきます。

既卒になってしまった理由を明確に伝える

なぜ既卒になってしまったのか、企業が知りたがっている理由なので、自分なりの理由を伝えていく必要があります。

ただ、上記のように既卒になった理由は人によって様々。

どの様な理由にしても、既卒になった理由だけで終わらせてしまうと、何一つアピールには繋がりません。

そのため、「既卒になった理由+これから仕事にどう向き合っていくか」を伝える様にしましょう。

「既卒になった理由は○○です。その反省を活かし、仕事には熱意を持って取り組み○○の目標を達成したいと思います。」

上記のように上手く伝えられれば、挫折を乗り越えて成長できる人材を言うことをアピールできます。

空白期間をポジティブに伝える

既卒になった理由と合わせて、ニート期間中はどのように過ごしていたのかというのも、企業が知りたがっている点です。

ニート期間中の過ごし方は、ポジティブに伝えるのが重要。

「仕事に活かせる資格勉強をしていました」「自分のやりたい仕事を見つけるために企業分析していました」などと伝えれば、就職に対しての意欲をアピールできます。

しかし、バイトだけしかしていない、特に何もせずに過ごしていたなどとポジティブに伝えづらい場合もあるでしょう。

そのような場合の対策は大きく分けて2つあります。

今から資格勉強やインターンなどを始める

1つの目の方法は、資格勉強やインターンを始めて、既卒期間の説明ができる要素を作る方法。

資格勉強やインターンを始めれば、仕事に対してのひたむきな姿勢をアピールでき、何よる大きな経験になります。

それぞれを通して新たな可能性が広がり、就職先の選択肢も広がっていくため、就活を有利に進められます。

しかし、その分就活をスタートするタイミングが遅くなってしまうというデメリットも。

資格勉強やインターンを始めようと考えているのであれば、自分の年齢や状況を考慮してから始めるようにしましょう。

正直に伝えて反省していることを伝える

もう一つの方法は、就活に関して何もしていなかったということを正直に伝える方法。

この場合、企業にネガティブな印象を与えてしまうため、気をつけなければなりません。

ネガティブな印象を与えない方法は、明確な将来ビジョンを付け加えること。

入社したらどのように成長していきたいのか、将来的にはどのような人間になりたいのかなどを、自信を持って伝える様にしましょう。

どのような質問にもポジティブに伝えるのがポイント

上記2つの質問に関わらず、面接では様々な質問をされます。

既卒にされる質問は、回答がネガティブになってしまいがちな質問が多いです

そのため、質問に回答するだけだとアピールに繋がりません。

ポジティブに伝えることで、魅力的な人材と判断されることが多いので、どの様な質問にもポジティブに伝える様に心掛けましょう。

既卒2年目の就活を成功させるための秘訣

それではここから、既卒2年目の就活を成功させるための秘訣を紹介していきます。

それぞれ見ていきましょう。

職歴や経歴を不問としている企業にエントリーする

新卒や第二新卒向けの求人にエントリーしてしまうと、既卒の就活はかなり不利になってしまいます。

そのため、既卒ニートの経歴が不利にならない「未経験歓迎」「経歴不問」の求人に絞ってエントリーするのがおすすめ。

それぞれの応募条件を設けている企業では、人手不足を抱えている傾向があるため、既卒歴の長い人でも比較的スムーズに内定をもらえます。

また、経験や経歴を重視していない分、仕事に対しての熱意やポテンシャルの高さを求められています。

自信を持ってアピールができる様に、自分なりの意気込みを考えておきましょう。

仕事に活かせる資格を取得する

既卒のニートは社会人経験や仕事に活かせる資格などが無いため、何をアピールすればいいのか分からない人もいるでしょう。

そのように悩んでいる人は、就活に活かせる資格の取得がおすすめ。

就職先の業務に活かせる資格を取得しておけば即戦力人材になれたり、仕事に対しての意欲をアピールできます。

資格によって取得までの期間や難易度が異なるものの、取得難易度の低い資格は数週間で取得できる資格も。

資格を取得すれば現在だけではなく将来的にも仕事に活かせるので、一生仕事に困ることが無くなります。

また、既卒の空白期間の説明をする際にも資格勉強に取り組んでいたと伝えれば、企業に納得してもらえるでしょう。

しかし、資格勉強を始めてしまうと、転職活動をスタートするのが遅れてしまうというリスクも。

自分の状況を見つめなおし、ある程度の見通しを立てて、計画的に資格勉強を進めていくようにしましょう。

既卒の就職活動に役立つ資格とは?資格を取得しておくと就職に有利になる?

就活エージェントを活用する

「既卒として一人で就活を進めるのが不安」「アドバイスを貰いつつ就活を進めたい」と考えている人には、就活エージェントがおすすめ。

就活エージェントを活用すれば、就活に関するプロからのアドバイスを受けつつ、有意義に就活を進められます。

また、就活エージェントを活用している人と活用していない人とでは、内定率に大きな差があります。

いち早く内定を貰うためにも、就活エージェントを活用してみましょう。

しかし、就活エージェントは数多くあるため、どれを使えばいいのか迷ってしまいますよね。

既卒のニートからの就活におすすめなのが、当サイトのリクらく。

「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く扱っているため、他のエージェントよりも、若い世代の内定率が圧倒的に高くなっています。

リクらくの詳細については、この記事の最後に記載しているので、ぜひ最後まで読んで見て下さいね。

履歴書作成・面接対策は入念に!

既卒だけに関わらず、就活をしていくうえで履歴書作成・面接対策は必ずしなければならないポイント。

この二つのステップを通過しないと内定を貰えません。

魅力的な履歴書・万全の面接対策をしていくには、自己分析と企業研究を入念に行わなければなりません。

それぞれのやり方やポイントを紹介していくので、参考にしてみて下さいね。

既卒の履歴書はどう書けばいい?採用担当者に評価されやすい書き方を紹介!

自己分析をして自分の適性を理解する

「自分がどのような仕事をしていきたいのか」「自分にはどのような適性があるのか」など自己分析を通して、自分への理解を深めていきます。

就活を始めようとしても、自分がどのような仕事をしたいのか分かっていないと、エントリーすることもできません。

また、自己分析をせず興味があるという理由だけでエントリーしてしまうと、入社後のミスマッチに繋がるケースも。

せっかく内定をもらったにも関わらず、早期退職してしまうと、就活を頑張った意味が無くなってしまいます。

そのような事態を防ぐためにも、入念に自己分析を行いましょう。

面接中の質問に対しての解答に繋がる

「あなたの自己PRをしてください」「なぜこの業界を選んだのですか」「これまで頑張ってきたことは何ですか」などのように、面接中は様々な質問をされます。

質問に対して的確に自分なりの解答ができないと、内定をもらうのは難しくなってしまいます。

質問に対しての解答を考えていくうえで自己分析は必須です。

入念に自己分析をして、的確な回答ができる様にしましょう。

企業研究をして自分に合った企業を探す

自己分析が終わったら、次に企業研究をしていきます。

企業研究をすることで、企業の経営方針・事業内容・職場環境などを理解することが可能。

また、就活の中で重要になる、志望動機作成にも繋がります。

企業が出している求人や企業のホームページ、ネットの口コミなどを見比べて企業研究を行っていきましょう。

既卒が業界研究を行う理由とは?業界研究のやり方やポイントを解説

既卒からの就活に不安を感じたらリクらくに相談!

一般的な就活エージェントでは、経験者向けの求人が多いため、既卒としての就活に向いている求人が無いことがほとんど。

しかし、リクらくでは「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く抱えており、既卒歴が長い人でも活躍できる求人が豊富に揃っています。

また、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで就活を完全サポート致します。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが、完全無料で受けられるのも大きなポイント。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているりくらくを活用して。転職を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!