高卒にはどのような就職先がある?高卒におすすめする7つの仕事を紹介

高卒で就活をしている人の中には、「就職がうまくいくだろうか…」と不安を感じている人が多いでしょう。

世間的に見ても、高卒の就職は困難と言われているので、不安になるのも無理はありません。

確かに大卒と比べてしまうと、就職先の選択肢が少なく、高卒を採用していない企業・業界があるのも事実。

そのような業界を選んでしまうと、書類選考の時点で落とされてしまう可能性が濃厚です。

それでは、高卒の就職先にはどのような業界があるのでしょうか?

この記事では、高卒からでも始められる仕事の特徴や、高卒に人気の仕事を紹介していきます。

就職先に悩んでいる高卒の人は、ぜひ参考にしてみて下さい!

高卒の就職率は98.1%で就職先が無いわけではない!

「高卒だと就職先が無いのだろうか…」と不安かもしれません。

しかし、平成30年3月末時点の文部科学省のデータを参照すると、高卒の就職率は98.1%となっています。

この結果から、高卒で就職活動をしていた人の、ほぼ全員がなんらかの仕事に就いていることが分かります。

男女比で見ても、男性の就職率は98.5%・女性の就職率は97.4%なので、男女による違いもありません。

高卒の就職活動は甘くない面もありますが、少なくとも仕事が見つからない状況ではないのです。

就職率自体は大学卒と変わらない

高卒でこれだけ就職率が高いのであれば、大卒はさらに有利になると思う人もいるかもしれません。

文部科学省が平成30年3月に卒業する人を集計したデータによると、大学卒の就職率は98%なので、ほとんど高卒と変わりません。

入社している業界や職種こそ異なるものの、就職率だけをみると高卒者と大卒者の間にはほとんど差が無いのが分かります。

学歴の高さと就職率は比例しないので、学歴が低いからと言って、悲観的になる必要は無いのです。

なぜ「高卒の就職は困難」というイメージがあるのか

高卒と大卒でほとんど就職率が変わらないのが理解できたと思います。

しかし、高卒の就職が困難という風潮があるのも事実。

なぜ、そういう風潮があるのかを説明していきます。

先入観によって高卒の就職が困難と言われている

一つ目の要因は、単純な先入観によるものが強いです。

昨今では進学する人が増えて、大卒や専門卒が当たり前の時代になってきています。

そのため、進学していない高卒は、「能力が低い」「学習意欲が低い」などの先入観を持たれてしまい就職が困難という先入観を持たれています。

学歴フィルターによる要因もある

学歴フィルターとは、応募者を難関大学や有名大学に絞る、日本ならではの選考方法です。

大手企業や大企業になると、選考者がかなり多くなるので、全ての人を平等に選考するとなると膨大な時間とコストがかかってしまいます。

そこで学歴フィルターをかけることにより、一定水準に達している人のみ、選考をしていくことができます。

学歴フィルターの存在を知らないと、書類選考の段階でふるいに落とされる可能性が高いです。

不採用通知が続くと、「やっぱり高卒ではできる仕事がない…」と感じることもあるでしょう。

すべての企業で学歴フィルターを取り入れている訳ではないものの、応募先企業の募集要項や採用ニーズは応募前にしっかり確認しいて、効率よく就職活動を進めましょう。

高卒から始めやすい仕事の特徴とは?

それではここから、高卒でも比較的始めやすい仕事を紹介していきます。

上記3つが、高卒からでも始めやすい仕事の特徴です。

それぞれ解説していきます。

学歴を問われない仕事

仕事によっては、ある程度の学歴が無いとできない仕事があるものの、学歴を問わずに始められる仕事も多く存在します。

視野を広く持てば、自分に適した仕事を見つけられるので、様々な業界を調べていくようにしましょう。

人手不足を抱えている仕事

業界によっては、慢性的な人手不足を抱えている業界もあり、高卒でも即戦力として働ける環境が整っています。

人手不足を抱えている業界については、人の移り変わりが激しい業界でもあるため、長期間勤務すれば早い段階での昇進も可能です。

入社後は、知識や技術の習得など一定の努力は必要ですが、挑戦しがいのある仕事といえるでしょう。

働きながら資格が取れる仕事

「教育制度」が整った企業では、研修や勉強会などが充実しているため、就職してから必要な知識や技術を身につけられます。

また、資格取得支援制度がある場合は、働きながら資格を取得することも可能な職場も多くあります。

そのため、制度をうまく利用すれば、特別なスキルがない人も着実にスキルアップを目指せるでしょう。

高卒におすすめの仕事7選

それではここから、高卒におすすめの仕事7つを紹介していきます。

公務員

公務員は学歴に関係なく、公務員試験に合格すれば、公務員として働くことができます。

公務員は安定している職業の代表格で、雇用や収入、複利厚生などあらゆる面で安定を誇っています。

加えて、仕事量も落ちついていることが多く、残業が少ないのも大きな魅力です。

しかし、公務員の種類によっては年齢制限があるものもあるので、目指す公務員の年齢制限に達していないか確認しておきましょう。

高卒でも公務員になれる!公務員を目指す際に知っておくべきこととは?

配送ドライバー

現代ではネットショッピングする人が増えて、配送業界の深刻な人手不足が嘆かれています。

配送ドライバーに関しては、自動車の免許を取得していれば、学歴に関係なくチャレンジできる仕事です。

仕事内容もそこまで複雑ではないので、入社後に即戦力として働き始めることができるでしょう。

介護スタッフ

介護業界も慢性的な人手不足と、業界内の高齢化が進んでおり、若い人材を必要としています。

無資格からでも始めることができ、仕事をしていきながら資格を取得できるのが介護業界の大きな特徴です。

資格を取得すれば、仕事の幅が広がり様々な業務を経験できるので、より収入が上がります。

建設現場の職人

モノづくりや体力に自信がある人におすすめなのが、建設業界です。

最初は見習いから始まり、雑務を任されることも多いですが、仕事を覚えていけば幅ひろく業務をこなすことができます。

体力仕事で仕事内容はハードですが、その分給与がかなり高い傾向があります。

手に職をつけることができるので、独り立ちして働いていくというキャリアも見えてくるでしょう。

事務員

事務職は書類作成やデータ入力、書類の整理といったデスクワークが主な仕事になります。

また事務員と一括りにしても、一般事務・営業事務・医療事務などがあり、勤務先によって仕事の範囲が異なります。

いずれの事務職にしても、学歴を問われないので高卒からでも十分に活躍できる可能性があります。

営業職

少し以外かもしれませんが、営業職も高卒を受け入れている企業があります。

営業職は学歴や経歴よりも、コミュニケーション能力が重視される職業なので、適性が認められれば高卒からでもチャレンジすることができます。

また、営業職には実力主義の側面があるので、学歴に関係なく成果を上げた分だけの収入が得られるのも特徴です。

高卒から営業職に就職できる?営業職の種類や向いている人の特徴とは?

工場で働く製造業

製造業は工場などで働き、ものづくりに貢献する仕事です。物を販売するより作りたい人や、身体を動かすのが好きな人には向いているでしょう。

製造業といえば黙々と仕事をするイメージを持ちますが、他部署への連絡などコミュニケーション能力が問われる場面も多いです。

また、製造業は基本的には労働時間がはっきりと決まっているのも大きな特徴なので、ワークライフバランスを形成することができます。

就職に成功する高卒の特徴とは?

ここからは、就職に成功する高卒の特徴を紹介していきます。

成功している人の特徴を理解して、あなたの就活に役立ててみましょう。

仕事上のコミュニケーション能力が高い人

高卒の人ができる仕事の多くは、仕事内容が単純なものが多く、高度なスキルや知識が必要ありません。

そのため、仕事上のコミュニケーション能力が必須になります。

職場の人間関係はもちろんですが、社外の人や得意先の人とのコミュニケーション能力も求められます。

能動的に仕事をする姿勢を持っている人

入社して間もないころは、不明点や悩みなどが頻繁に出てくるでしょう。

分からない事をそのままにしてしまうと、評価をされることが無く、成長も見込めません。

そのため、仕事をしていて分からないことがあったらすぐに聞けたり、他の人から仕事を貰ったりと能動的に仕事をする姿勢を持っている人が重宝されます。

社会人として基本的なスキルともいえるので、仕事に対しての能動的な姿勢を身に付けておきましょう。

高卒転職にはリクらくを活用!

高卒の就職は、就職率が高いとはいえ、何かと困難に遭遇してしまうことも多いでしょう。

もし不安を感じたら、リクらくを活用していませんか?

リクらくでは、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く抱えており、高卒からでもチャレンジできる仕事が揃っています。

加えて、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した数字を誇っています。

リクらくで受けられるサポートは全て無料なので、気軽に活用してみて下さい!

あなたのお電話お待ちしています!