35歳以上のニートは就職がかなり厳しい!厳しい理由と就活のポイントを紹介!

35歳以上のニートは就職がかなり厳しい!厳しい理由と就活のポイントを紹介!

ニートは仕事をしていない20代の若者のイメージが強く、多くの人が「ニート=若者」と思っているでしょう。

ニートは若者の割合が高いものの、中には30代で仕事をしていないニートも存在します。

ニートは35歳で一区切りされており、35歳前の人・35歳以上の人で世間的な印象が大きく変わり、呼ばれ方も変化します。

そのため、35歳以上のニートは就職するのは非常に難しく、社会復帰するのも難しいです。

そこでこの記事では、30代のニートの呼ばれ方や就職を成功させるためのポイントを紹介していきます。

ニートの定義は34歳までと国で定義されている!

ニート=20代の若者というイメージを持っている人が多いかもしれませんが、実は国によって明確に定義されているのです。

厚生労働省によるニートの定義は、「非労働力人口のうち、15~34歳に限定し、家事も通学もしていないその他の者」です。

内閣府によると、「学校に通学せず、独身で、収入を伴う仕事をしていない15~34歳の個人」というカテゴリーに分類されています。

国が正式に発表している定義なので、少々小難しいですが、ニートを簡単にまとめると下記の通り。

大まかにまとめる上記4つの項目が当ては待っている人は、ニートになります。

35歳以上のニートは中年ニートに分類される

ニートの定義に15歳~34歳と年齢制限がされていましたが、35歳以上で仕事をせず、収入が無い人も存在します。

35歳以上で仕事をしていない人は、ニートではなく、「中年ニート」に分類されます。

中年ニートは世間的な印象が悪く、企業からも必要とされるケースがほとんどないので、社会的な信用が全くありません。

35歳の壁は非常に高い

ニート期間が長ければ長いほど、就職しづらくなると言われています。

また、ニート期間の長さだけではなく年齢も就職に大きく関わっており、年齢が高くなるにつれて就職するのが難しくなることに。

年齢が上がり過ぎてしまうと、そもそもエントリーすらできなくなり、一緒ニートとして生活していかなければならないのです。

その一つの区切りが35歳なのです。

就職支援サービスを活用できない

35歳以上ニートの就活が難しくなるのは、就職サービス等の支援が受けられなくなるのが大きな要因です。

公的機関が行っている就職支援窓口や民間の就職サービスは、ほとんどが若年層を対象にしているので、35歳以上の中年には就職支援ができないのです。

また、35歳以上のニートは企業から見ても必要とされていないケースがほとんどなので、エントリーすらできない野が現状。

年齢が高くなってしまうと。働きたくても働けなく状況に陥ってしまうのです。

ニートからだと就職できない?社会人へと就職するための秘訣とは?

ニートになってしまった人の理由とは?

世間的に見てニートの割合はそこまで多いわけではないので、身の回りにニートがいないという人も多いでしょう。

そのため、ニートに対して「なんで働かないのか?」「将来に不安が無いのか?」など疑問を感じますよね。

どうしてニートになったのか、現在ニートとして過ごしている人の理由を紹介していきます。

理由を見てみると、自ら積極的にニートになっていった人は少なく、外的要因でニートになってしまった人が多いようです。

就職したいニートが取り組むべき4つのこと!就活のポイントを押えて社会人デビューを

ニートを続けることで引き起こす5つのリスク

ニートとして生活しているとあらゆるリスクを引き起こしてしまう可能性があるため、常に危険と隣り合わせです。

ニートを続けることで引き起こしてしまうリスクについて、詳しく紹介していきます。

それぞれ詳しく説明していきます。

収入が無いため自分一人で生きていけない

ニートは仕事をしていないので、生活していくうえで必須となる収入を得られません、

収入が得られないので、家賃や生活費を支払うことができないので、誰かの支援がないと生活ができません。

ニートをしている人のほとんどは、親からの補助で生活をしている人がほとんどです。

一生親のすねをかじり続けないと生活すらできなくなってしまうので、永遠に自立できなくなります。

就職ハードルが上がってしまい働けなくなる

ニート期間が長くなれば長くなるほど、証歴無しの期間が長くなるので、就職がしづらく成ります。

ニート歴が長い人は、企業から見れば「人間的に問題があるのでは?」「仕事をしっかりやってくれないのでは?」など様々な不信感を持たれます。

第一印象が悪くなってしまうと、悪い印象を払拭するのは難しく、採用が非常に不利になってしまうことに。

また、年齢の高さも就職に大きな影響を与えてしまい、ニートとして年齢が上がってしまうと就職するのが非常に困難になります。

働きたくても働けなくなってしまうため、一生正社員として働けなくなります。

付き合ってくれる相手が見つからない

数千万人いる人の中で収入が0のニートと好んで付き合おうとする人はいません。

そのため、付き合ってくれる人が見つからず、一生独り身で過ごしていかなければならない状況に陥ってしまいます。

若い年齢であれば、働いていなくても将来性があるのでそこまで大きな問題にはなりませんが、30代を超えると悲惨です。

30代は結婚を考え始める年齢なので、仕事をしていないニートを選ぶ人は皆無と言っても良いでしょう。

社会的信用が低いため様々な審査に通らない

クレジットカードを作る時や高額な買い物をする際のローンを組む時に、キチンと支払いができるかを確認するために審査をおこないます。

正社員として働いている場合は、よほど高額な買い物でもない限り、あっさりと審査に通ります。

しかし、収入が無いニートの場合は支払いができないと判断されるケースが多く、審査が取らないことがほとんどです。

社会的な信用が限りなく低いので、生活していくうえで不便なことが次々に出てきます。

普通の人にできて自分にできないことが出てきてしまうので、自己嫌悪に陥ってしまう可能性も考えられます。

コミュニケーションが取れなくなる

仕事をしていないニートは外出する機会がほとんどなく、社会的な関わりがほとんどなくなってしまいます。

家族以外の人との関わりがほとんどないので、人とのコミュニケーションを取る機会が無くなります。

人との関わりが無くなってしまうと、コミュニケーションを取るのに抵抗を感じてしまい、社会復帰できなくなることも。

また、同年代の友人たちも年齢が上がっていくにつれて、家族を持ち始めるので関わりがほとんどなくなってしまいます。

コミュニケーションを取れなくなるのは、ニートが社会復帰できなくなる大きな原因なのです。

35歳以上の中年ニートにならないための就職活動のポイント

ここまで読んだ人なら気付いているかもしれませんが、35歳以上でニートをしている人は、就職するのが非常に難しいです。

そもそもエントリーすらできず、就活自体始められないというケースも、

そんな就活に不利なニートの就活を成功させるためのポイントを紹介していきます。

アルバイトから始めてみる

ニートからいきなり正社員になるのに抵抗を感じてしまう人は、とりあえずアルバイトから始めてみるのも1つの手です。

アルバイトであれば正社員に比べて、比較的簡スムーズに始められるので、いち早くニートを脱出できます。

年齢や経歴不問で募集しているバイト先も多いので、ブランク期間のリハビリという意味でも、アルバイトがおすすめです。

アルバイトから正社員になることも可能

バイト先によっては、正社員登用の制度があり、アルバイトから正社員になることができます。

就活をしなくても正社員になれるので、面倒な就活をする手間が省けます。

正社員に登用する際には、筆記試験や適性検査に合格しなければなりませんが、就活をするに手間に比べたらだいぶ楽です。

もし、正社員登用に興味がある人は、精度が整っているバイト先を探しましょう。

年齢不問・経歴不問の職種を狙う

求人によっては年齢不問」「経歴不問」と、幅広く採用を行っている企業があります。

そのような企業であれば、年齢や経歴をチェックされていないので、30代のニートでも就職できるチャンスがあります。

就職先の業界はかなり限られてしまいますが、いち早く正社員になるのであれば、職種や仕事内容を選ばずにエントリーしましょう。

あまりにエントリーする企業を選り好みしてしまうと、就活の行動量が少なくなってしまい、いつまで経っても正社員になれません。

ニートの仕事探し方のコツ!ニートからチャレンジできる仕事の特徴を解説!

就活エージェントを活用する

「ニートとして就職できるか不安!」「どのようにして就活を進めていけばいいのかわからない!」

就活に不安を抱いている人は、就活エージェントを活用してみましょう。

就活エージェントを活用すれば、求人紹介や履歴書作成、面接対策など就活に関連したあらゆる支援を受けられます。

また、就活エージェントを利用して就活を行えば成功率もぐっとアップし、ニートでもスムーズに内定を貰えるでしょう。

人とのコミュニケーションを取る

ニート期間が長く、長期間人とのコミュニケーションを取っていない人は、仕事を始めるというよりも、人とコミュニケーションを取ることから始めましょう。

ニート期間が長い人がいきなり就活を始めても、成功する可能性は限りなく低いです。

いつまで経っても内定を貰えない状況が続いてしまい、取り返しのつかない状況を招いてしまうことに。

そんな状況に陥らないためにも、初歩的なことから行っていきましょう。

エントリーする企業数を増やす

経歴や年齢を問わずに採用している企業はあるものの、ニートは他の経歴を持つ人に比べて就活派が非常に不利です。

10社にエントリーして1社も内定を貰えないケースもあるので、少しでも内定率をあげるためにも、エントリーする企業数を増やしましょう。

エントリー企業が増えれば、その分内定を貰える可能性が高くなります。

経歴が不利な分、行動量でカバーしましょう。

内定率をアップさせたい人はリクらくを活用しよう!

ニートは世間的にイメージが非常に悪いので、就活を進めていくうえで、かなり不利なケースが多いです。

内定を貰うまでにかなりの期間がかかってしまう可能性があるので、少しでも内定率をあげるためにも、就活エージェントを活用しましょう。

就活エージェントはかなりの数がありますが、中でもおすすめなのは、当サイトのリクらくです。

リクらくではニートやフリーターなどのブランク期間がある人向けの求人を多く扱っており、ニートでも有利に就活できる環境が整っています。

少しでも正社員になれる可能性を高めるためにも、リクらくを活用してみましょう!