ニートの仕事探し方のコツ!ニートからチャレンジできる仕事の特徴を解説!

ニートの仕事探し方のコツ!ニートからチャレンジできる仕事の特徴を解説!

ニートとして生活している人の中には、「そろそろ仕事をしないとやばいかも…」と、就活をしようとしている人もいるでしょう。

しかし、ニートから正社員へと就職できるのか、どんな仕事であればニートを採用してくれるのかよくわかりませんよね。

そもそもどのようにして、仕事を探せばいいのか分かっていないニートも多いです。

そこでこの記事では、ニートから就活をしようとしている人に向けて、仕事探しのコツとおすすめの職種を紹介していきます。

「ニートからは就職できないのでは…?」と不安を抱いている人は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

ニートが仕事を探す際のコツ

ニートとしてどのように仕事を探せばいいのか、よくわかっていない人のために、仕事の探し方のコツを紹介していきます。

ニートは仕事をしていないため、他の職歴の人と同じ様に仕事を探しても、就活が上手くいきません。

ニート独自の仕事の探し方を理解して、効率良く就活を進めていきましょう。

人材不足を抱えている仕事を狙う

業界や職種によっては離職率が高く、慢性的に人手不足を抱えている業界があります。

人手不足を抱えている業界は、人の離職率が非常に高いため、職歴や年齢を問わず手広く採用活動を行っております。

そのため、職歴が無いニートでも比較的スムーズに内定を貰いやすいのです。

入社した人の大半が1年以内に退職しているため、1年以上勤務すればニートでも、ある程度の地位を確立できるのも嬉しいポイントです。

有効求人倍率が高い職種を選ぶ

有効求人倍率が高めの求人にエントリーするのも、ニートから仕事を探す際の有効な手段です。

有効求人倍率とは、求人数を求職者数で割った数値のことで、求職者1人あたり何件の求人があるかを示しています。

有効求人倍率が2倍の職種は「1人あたり2件の求人がある」という意味です。

有効求人倍率が1を割っている職種は「1人あたりの求人数が1件にも満たない」という状態を示しています

求人倍数が高ければその求人に対しての応募総数が集まっていないことを示しており、採用に繋がる可能性が高くなります。

資格や経験が不要の仕事

求人によっては資格や経験が無いとエントリーすらできない企業もあり、ニートからの就職が難しい企業があります。

逆に、資格不要・経歴不問などの求人であればニートもエントリー対象になり、内定を貰える可能性が高いです。

求人の募集要項を入念にチェックし、そもそもニートとしてエントリーできるのかチェックしておきましょう。

年齢不問で募集している仕事

年齢不問の職種もニートがエントリーできる求人の1つです。

ニートとしての年数が長くなり、年齢が上がってしまうと、エントリーすらできなくなってしまう企業が多くなってしまうためニートにとってはありがたいですね。

30代でニートになるとエントリーできる求人がほとんどなくなってしまい、就活すらできなくなってしまうことも。

ニートからの仕事探しに困っている人は、年齢不問の求人がおすすめです。

派遣やアルバイトから正社員へと登用する

「ニートからいきなり正社員になるのが怖い」と不安を感じている人は、アルバイトや派遣社員から正社員に登用するのも1つの手です。

正社員登用の精度が整っている企業であれば、アルバイトとしての経験を重ねて実績を積んでいけば、そのまま正社員になれます。

アルバイトから正社員を目指す場合は、就活をする手間を省けるので、ある意味正社員へのハードルが低いです。

アルバイト先によっては正社員登用制度が無い場合もあるので、必ず確認してからアルバイトを探しましょう。

ニートには悲惨な末路が舞っている!抜けだすための方法とは?

ニートからチャレンジできるおすすめの仕事

ニートからチャレンジできる仕事はかなり限られています。

どのような職種がニートからチャレンジできるのかを理解しておかないと、積極的に就活して採用を貰えません。

そこで、ここからはニートでもチャレンジできる職種を紹介していきます。

ニートからだと就職できない?社会人へと就職するための秘訣とは?

配送員

荷物を配送先まで配送するのが配送員の仕事で、生活用品や食料、出前サービスなど形態は様々。

今ではネットショッピングの普及によって、配送サービスへの需要が急激に高くなっており、配送業界は慢性的な人手不足を抱えています。

運転免許証を取得していれば、経歴や学歴に関係なく就職が可能なので、もちろんニートからでも就職できます。

仕事中は基本的に一人で配送作業を行うので、コミュニケーションをあまり取りたくない人にもとてもおすすめです。

警備員

オフィスの出入り口や商業施設、空港などで見回りをするのが警備員の主な仕事。

主に見回りをするだけなので、特別何かを行わなければならないことはありませんj。

初回の研修を受けてしまえば、経歴や年齢に関わらず誰でもなれる仕事なので、就活を早く終わらせたいと考えているニートにおすすめの仕事です。

また、業務時間内ほとんどの時間立って仕事をしなければならないので、体力に自信がある人ぴったりです。

コンビニ定員

アルバイトを探している人におすすめなのが、コンビニ店員です。

レジ打ちや品出し、商品管理などが主な仕事で、難しい仕事はほとんどありません。

ほとんどのコンビニでアルバイト募集を行っているので、比較的スムーズに働き始められるのも特徴です。

また、アルバイト経験を積んでいけば店長候補やマネージャーへと昇進できる可能性もあるので、将来性もあります。

清掃員

商業施設やオフィス、ホテルなどの床や壁、窓ガラスなど様々なところ掃除するのが清掃員の仕事です。

業務を一通り覚えてしまえばだれでもできる仕事なので、経歴や年齢をほとんど重視されません。

実際にニートから清掃員として働いている人も多く、同じような経歴の人が多いので仕事もしていきやすい環境と言えます。

また、業務中の会話やコミュニケーションもほとんどないので、静かに黙々と仕事がしたいと人にピッタリです。

工場作業員

商品の検品やライン作業などほとんどの作業が流れ作業で、頭を使わなくても問題なく仕事ができます。

単純作業なので資格やスキルも必要なく、ニート期間が長くブランクのある人でも比較的スムーズに内定を貰えるでしょう。

仕事のマニュアルを覚えるまでが大変ですが、覚えてしまえば、だれでも仕事をこなせます。

土木作業員

道路工事や建設など、土木作業員は体力メインの仕事なので、学歴や資格が不要です。

ニートからでも仕事への熱意を持って業務経験を積んでいけば、管理する側へと昇進することも可能。

業務に関連した資格を取得すれば、仕事の幅も広がり、収入アップ・昇進のチャンスが増えます。

外仕事で体力的に負担が大きい仕事ですが、その分収入が良い傾向があるので、高収入を狙っている人にもおすすめです。

営業職

意外かもしれませんが、営業職も経験や資格を問わない仕事なので、ニートからでもチャレンジできる仕事です。

営業職は自社の製品を顧客や企業に販売するのがメイン業務で、知識や経歴をというよりは、コミュニケーションや人間性が重要です。

例えニートでも、営業職にピッタリの適正を持っていれば、ブランク期間があっても採用される可能性があります。

扱う商材によっても営業の仕事内容に違いがあるものの、ニートにおすすめなのは不動産・人材・保険などです。

資格や経歴が無いとエントリーすらできない企業もあるので、求人をしっかりとチェックしておきましょう。

IT関連の技術職

IT関連の技術職は専門的な知識やスキルが必要ですが、企業ごとに研修プログラムがしっかりと整っているので、未経験のニートからもチャレンジできます。

もちろん自発的に勉強し、仕事に関連したスキルを習得する姿勢が必要で、仕事に対して熱意が無いと未経験から始めるのはかなり厳しいです。

業務内容も管理専門的で難しいので、生半可な気持ちでIT業界を目指すのはやめておいた方がいいです。

業務内容が難しい分、仕事が非常に専門的なので、ITに関連したスキルや知識を身に付けてしまえば将来的に仕事に困ることはありません。

また、フリーランスや独立して働くことも可能になるので、働き方が広がるのは嬉しいポイントです。

未経験でもできる仕事10選!企業が未経験者を求めている理由とは?

ニートからの就活を成功させるためにできること

ニートは他の職歴に比べて、印象が良くないので企業的にも採用を躊躇ってしまう傾向があります。

そんな就活に不利なニートの就活を成功させるための秘訣を紹介していきますね。

就活はなるべく早いタイミングで始める

ニートから就活をする場合は、先手でなるべく早いタイミングで就活を始める様にしましょう。

ニート期間が長くなるにつれて就活は難しくなってしまい、就活を始めるタイミングも逃してしまいます。

ニートの期間が短ければ企業へあまり不信感を抱かれずに済むので、採用基準が高くなるのも防げます。

加えて、年齢側変えれば若いほど、人間性やポテンシャル重視の採用が行えるので採用してもらえる可能性が高いです。

特に、未経験歓迎・経歴不問の求人は若さを重視する傾向にあるので、1歳でも若いうちに就職活動を始めましょう

就職先に条件を求めすぎない

高収入・完全週休2日制・ボーナス2回など、就職歳の企業に条件を求めすぎるのは辞めましょう。

条件を求めすぎてしまうと、求める条件が多いだけ、採用のハードルが高くなります。

ニートとしての就活する場合、他の職歴の人よりもかなり不利になってしまい、採用される可能性も下がります。

全く採用されない状況に陥ってしまう可能性があるので、あまり条件は求めず、採用にこだわって就活を進めましょう。

履歴書と面接対策を入念に行う

ニートの場合、履歴書の職歴の欄が空白になり、面接でもニート期間に何をしていたのか・なぜニートになってしまったのか必ず質問されます。

回答次第では悪い印象を与えてしまう可能性があり、就活が一気に不利になってしまいます。

少しでも印象を良くして内定を貰いやすくするためにも、履歴書作成と面接対策は入念に行っておきましょう。

とにかく行動し続ける

精神論になってしまいますが、ニートの就活はとにかく行動し続けるのは大事です。

他の職歴の人よりも経歴にハンデがあるからこそ、就活の行動量を増やして、アクションを起こしていくしかありません。

エントリーする企業数を増やしていけば、その分内定に繋がる可能性が高くなるので、普通の人の倍以上行動しましょう、

ニートが面接で心掛けておきたいポイント

ニートに限らず、就活で最も大切なのは面接で、面接のでき次第で合否が明確に分かれます。

特にニートの場合は企業からの印象が良くないので、面接で好印象を与えていくしかありません。

そこで、ニートの面接で心掛けて欲しいポイントを紹介していきます。

はっきりとした口調で話す

面接の受け答えははっきりとした口調で行いましょう。

ニートという経歴に後ろめたさを感じてしまい、口調や表情が暗くなってしまいがちです。

そのような態度を取ってしまうと、面接官に頼りがいや人間性をアピールできず、悪い印象を与えてしまいます。

明快で明るい印象を与えるためにも、面接中は常に明るくハキハキとした口調で受け答えをしましょう。

ニート期間の説明を正直に伝える

ニートとして就活を行うと高い確率で、「ニート期間に何をしていたのか」「なぜニートになったのか」問われます。

資格勉強や病気などれっきとした理由があれば問題ありませんが、特に理由もなくニートをしていた場合は伝え方に気をつけなければなりません。

まず働いていなかったことに対する反省の気持ちを伝え、将来的にそうなりたいのか、現在どんな努力をしているかを具体的に述べましょう。

逆質問をいくつか用意しておく

面接の最後に面接官から「何か質問はありますか?」と、逆質問の時間を設けられます。

その際に質問をせずに終えてしまうと、採用に対しての熱意が低いと判断されるので、印象が悪くなってしまいます。

内定への熱意をアピールするためにも、必ず逆質問を2~3つ用意しておきましょう。

逆質問をすれば、「会社を理解したがっているんだな」と面接官にアピールできます。

ニートの就活に困ったらリクらくを活用しよう!

他の職歴と比べてニートとしての就活は難易度が高いので、採用のハードルが非常に高いです。

エントリーできる職種や業種にも限りがあるため、仕事選びにも苦戦してしまう事でしょう。

就活の期間が長くなってしまうにつれて内定のハードルが高くなる一方なので、少しでも内定を貰う確率を上げるためにもリクらくを活用してみましょう。

リクらくではニート向けの求人を多数持っており、他の求人サイトで取り扱っていないレアな求人もあります。

また、履歴書の作成や面接対策も無料で行っており、就活のプロのアドバイスを受けながら有意義に就活を進められます。

リクらくで受けられるサービスは全て無料なので、気になる人はぜひ活用してみて下さいね!

就職したいニートが取り組むべき4つのこと!就活のポイントを押えて社会人デビューを