仕事に対する20代の価値観とは?自分の価値観を知り、仕事と上手く向き合いましょう

仕事に対する20代の価値観とは?自分の価値観を知り、仕事と上手く向き合いましょう

20代で仕事に対しての価値観に悩んでいる人は多いでしょう。

学生の頃には接したことのない、幅広い年代の人と接する機会が増えるので、様々な人の価値観に接します。

上司と仕事の価値観が合わず、悩んでいる人も多いのではないでしょうか?

20代は情報化社会で育ってきたので、価値観がかなり多様化しています。

30代や40代が持っている「根性」「嫌なことでも我慢して続ける持続力」などの価値観は、今の20代にはない価値観でしょう。

それでは、20代が具体的にどのような価値観を持って仕事をしているのか、この記事で詳しく説明していきます。

20代の仕事への価値観は、仕事よりもプライベート

現代の20代は、仕事に対してのやりがいやキャリア構成よりも、プライベートを重視する特徴があります。

一昔前は、人生において仕事が最も重視されていましたが、現代の20代で仕事を最優先と考えている人は少ないでしょう。

このような価値観になっていったのは、時代の発展とともに職場環境が整備され、働き方が見直されたことが要因となっています。

仕事に対しての20代の価値観は、主に3つです。

  • 安定志向が高い
  • 仕事よりもプライベート重視
  • 仕事が全てではない

簡潔に言うならば、「仕事よりもプライベートを重視して、安定志向を持っている」です。
1つずつ、詳細に説明していきます。

安定志向が高まっている

現在の20代は、どの世代よりも安定志向が高くなっています。

そのため、多少のリスクを背負ってでも、大金持ちになりたいと考えている人は少ないです。

どんなことでもネットで手軽に調べられる時代で育ってきたので、昔の人の失敗談や悲惨な人生を知っています。

様々な失敗を見てきて、同じ過ちを繰り返さないようにと、堅実に生きているのが現在の20代です。

リスクを背負い、苦労をしてでも大金を手に入れたいと考えている20代はかなり少数派でしょう。

仕事よりもプライベート重視

20代のほとんどが、仕事よりもプライベートを重視している傾向があります。

プライベートの時間を削ってまで働きたいと考えている人は少ないでしょう。

そのため、残業を過度に嫌い、定時で帰りたいと思っている人が多いです。

以前の日本には残業をした人が評価される風潮があり、長い時間残業をした人が、良い社員とされていました。

しかし、現代では残業は悪とされており、就業時間内に仕事を終わらせられないのは仕事ができない人とのレッテルを貼られてしまいます。

このような背景も、20代がプライベートを重視する価値観に影響しているのかもしれません。

人間関係が良い環境を求めている

仕事を最優先においていないので、仕事と割り切って、人間関係を築いていく人はかなり少ないです。

20代は、給与ややりがいよりも、人間関係の良い職場に重点を置いています。

「人間関係が悪い職場では、自分のパフォーマンスを発揮できない」

「人間関係が上手くいかないと、心の余裕ができない」

人目を過度に気にしてしまう20代ならではの意見かもしれません。

また、人間関係が上手くいかないことを理由に、転職をしている20代の数も多いです。

仕事のやりがいや、収入よりも人間関係を重視する傾向が強いみたいです。

20代の価値観は日々変化する

仕事の価値観は年齢を重ねていくことによって、日々変化していきます。

20代の内は、日々新しい経験や接したことのないタイプの人と接します。

自分が理解できない価値観を持っている人とも接する機会があるでしょう。

価値観が固まっていないので、いろんな人の価値観に触れることによって。自分の価値観も変わっていきます。

また、20代の内は自分の生活のために仕事をしていくわけですが、年次があがるにつれて環境は変わっていきます。

結婚をして子どもができれば、守るものも多くなり、家や車を購入したりすれば支出も多くなります。

支出が多くなれば、そのぶん昇進して、稼ぎを増やさなければならないので、仕事への取り組み方も変わっていきます。

現段階で自分の価値観にネガティブになっている人は、不安に思わなくても大丈夫でしょう。

職場でジェネレーションギャップを感じたら

職場には、20代だけではなく、30代・40代と様々な年代の人がいます。

年代が開くにつれて、仕事に対しての取り組み方や、価値観に大きな違いが出てきます。

年代による価値観の違いを「ジェネレーションギャップ」と言います。

ジェネレーションギャップがあるのは、仕方がないことです。

しかし、ジェネレーションギャップを感じたままだと、良い職場環境や人間関係を築いていけません。

ジェネレーションギャップを埋めるための方法を紹介していきます。

相手の意見を尊重して受け入れる

相手の考えや意見を理解し、尊重することは難しいかもしれません。

年齢が高い人たちは、「詰込み」や「根性」と言った、精神論で育ってきました。

対して、20代はゆとり世代と言われて、余裕を持って無理のない範囲で取り組む姿勢を持っています。

そのため、育ってきた環境や時代背景が違う分、どうしてもわかりあえないこともあるでしょう。

しかし、それでお互いを否定し合うのではなく、それぞれをそのまま受け入れるということが大事です。

価値観が違うからと言って、相手を受け入れないのは、双方にとって損しかありません。

仕事をしていくにも、障害が出てくるでしょう。

同じ職場で働いていくわけですので、 お互いの意見・価値観を尊重しましょう。

自分の気持ちをはっきり伝える

コミュニケーションに重要なのは、自分の気持ちをきちんと相手に伝えることです。

相手が何を考えているのかが分からないと、どう接していいのか悩んでしまいます。

しかし「話しても理解してもらえないだろう」という考えが20代に多く共通しています。

また、ネット社会で育ってきたのが要因で、日常でのコミュニケーションに、困難を感じてしまう20代も多いです。

どちらにしても、自分の意見を伝えて、否定されるのが怖いという不安が根底にあります。

たしかに、話して否定されたら落ち込んでしまい、理解し合えないと感じてしまいますよね。
しかし、まず伝えてみない事には、相手はなにもわかりません。

勇気を出して、きちんと自分のことを伝えることが大切です。

相手の視点から物事を考える

自分の視点だけで、考えを相手に伝えてしまうのはNGです。

相手によって、立場や価値観が違うので、一方的に伝えたところで相手には響きません。

「あの人はどのような考えを持っているだろうか?」相手の視点に立って、物事を考える癖をつけましょう。

自分の考えを押しつけるのは、相手に不快な気持ちを与えてしまい、仕事の関係も悪化してしまいます。

相手の視点に立って物事を考える能力が身に付けば、自分の考えに凝り固まらないので、視野が広がり心に余裕も生まれてくるでしょう。

価値観は人に合わせるものではありません

価値観は生まれて、育ってきた環境によって変化が出るので、人によって価値観が違うのは当然です。

自分の仕事への価値観に自信が無いと感じている人もいますが、自分の価値観に自信を無くす必要はありません。

先述しましたが、20代の内にもっている価値観は、年齢を重ねていくにつれて変化していきます。

現段階で持っている価値観は、30代になれば間違いなく、違う価値観に代わっています。

また、価値観が違うからと言って必ずしも仕事に支障が出るわけではありません。

価値観によって仕事のモチベーションが保てない人は、自分なりのモチベーションの高め方を知っておいたほうが良いでしょう。

いくつか紹介しますので、参考にしてみてください。

自分なりに仕事へのモチベーションを高める方法を知りましょう

将来の目標を設定する

将来の目標をノートなどに書き出せば、自分の将来についてじっくり考える時間が作られ、普段はあまり意識していなかった欲求も可視化できます。

たとえば「大きな家を買う」「子どもは4人作る」「年に2回は海外旅行に行く」など、具体的に書いていけば、自分のしたいことが意識出来ます。

将来の目標をリスト化する際のポイントは、目標の大小に関わらず、たくさん書くことです。

思いつくのであれば、100個でも500個でも書いておくといいです。

せっかく仕事をしていくわけなので、自分の欲求には素直になっても良いでしょう。

自分の目標が定まれば、その目標のために現在何をすればいいのか、どのように取り組むべきなのかが明確になります。

なんとなくで、仕事をこなしていくのは、自分の成長に繋がりません。

目標が無い場合には、何かしらの目標を設定して、その目標に向かうための努力をしましょう。

ストレスの発散の仕方を学ぶ

現代社会は、経済的にも豊かになり、科学技術も高度に発達してきて、より便利で快適な生活が実現しています。

その反面、会社間の競争は激しくなり、売り上げ競争がどこの業界でも行われています。

また、働き方改革をはじめとして、勤務形態にも様々な決まりができて、管理社会に拍車がかかっています。

それらの要因で現代人は多くのストレスを抱えており、「ストレス社会」ともいわれています。

ストレスを溜めこんでしまうのは、精神的にも身体的にも良いことは無いので、ストレスと上手く向き合っていかなければなりません。

釈迦人のほとんどは、それぞれストレスの発散方法を持っています。

  • 週末はゴルフのコースに出る
  • サウナにいって汗をかきストレスを発散する
  • 欲しいものを買って物欲を満たす

自分なりのストレス解消法を知り、ストレスと上手く向きあえれば、仕事へのモチベーションも維持で切るでしょう。

転職も視野に入れる

人によっては、どうしても職場の環境や価値観が合わないと悩んでいる人もいるでしょう。

世間には様々な種類の人間がいるので、どうしても分かり合えない場合もあります。

ある程度は、仕事と割り切ることも大切ですが20代の内は社会経験が少なく、守るべきものも無いので完全に仕事と割り切るのは難しいでしょう。

その場合には、転職することも一つの手です。

実際転職をして、収入があがり自分に最適な環境に行けた人もいます。

ある程度のリスクはあるものの、どうしても職場に馴染めない場合には、転職する手もあります。

また、転職を考えたら、転職エージェントのリクらくを活用しましょう。

転職を考えたら、リクらくを活用しよう

リクらくでは、他の求人サイトに掲載していない求人を抱えており、様々な職種の求人が揃っています。

まずは電話で、あなたの経歴や仕事に求める条件を聞き取りした後に、あなたに合った最適な求人を提案します。

内定率も90%を超えていて、リクらくを活用したたくさんの人たちが転職に成功しており、安定した実績を持っています。

受けられるサービスは、全て無料となっているので、安心してご利用ください!

価値観は合わなくて当然!仕事と割り切るのが大切です

この記事では、20代の価値観を紹介してきましたが、いかがでしたか?

人それぞれ、育ってきた環境が違うので、価値観が違うのは当然です。

自分の仕事への価値観に、ネガティブになる必要はありませんし、わざわざ変える必要もありません。

しかし、仕事に支障が出てしまうようであれば、割り切って仕事に取り組む必要があるでしょう。

また、自分なりにモチベーションを保っていく方法を知るのも、仕事にいい影響が生まれます。

自分の価値観と、職場の価値観を上手く合わせて、良い環境で仕事ができるようにしましょう!