仕事にやる気が持てない20代の要因とは?転職するのも一つの方法です

仕事にやる気が持てない20代の要因とは?転職するのも一つの方法です

仕事をしている20代の中には、仕事へのやる気が持てずに悩んでいる人が多いのではないでしょうか?

仕事にやる気が出ない状況は精神的にきついですよね。

この先もずっと仕事をしていかなければならないので、仕事にやる気が持てないとかなりのストレスになってしまいます。

しかし、多くの20代が仕事のやる気が持てなくて悩んでいるので、決してあなた一人だけの悩みではありません。

果たして仕事にやる気が持てない20代はどのような要因で、仕事のやる気が持てないのでしょうか?

また、やる気が出ない会社で働き続けると、将来的にどのような事態に陥ってしまうのでしょうか?

この記事で解説していきます。

仕事にやる気が持てない20代の要因

なぜ、多くの20代が仕事のやる気を保てないのでしょうか?

仕事にやる気を持てない理由は、

  • 収入が少ない
  • 入社前にイメージしていた仕事内容とギャップを感じた
  • 与えられる仕事が単調
  • 人間関係に問題がある
  • 仕事の成果を評価されない

主に上記5つの要因が考えられます。

1つずつ見ていきましょう。

収入が少ない

社会に出たての20代は阿多和えられる仕事が単純な仕事が多く、加えて責任が少ないので、その分もらえる収入が低くなります。

大手企業でもない限り、20代のうちから高い収入を得られることは、ほとんどないでしょう。

入社前にイメージしていた仕事内容とギャップを感じた

入社前は、「仕事をして○○の成果をあげたい」「将来的には○○の役職に就きたい」などと、希望を持って入社している人が多いです。

しかし、入社してから少しの期間が経過すると、会社の現実を目の当りにしてしまいヤル気が一気に無くなってしまいます。

このように、理想と現実のギャップが「やる気がでない・つまらない」という感情に繋がるようです。

与えられる仕事が単調

社会人経験が浅く、完璧に仕事を覚えていないため、20代に与えられる仕事は、単純な作業がほとんどです。

そのため、入社前に抱いていた「仕事をたくさんこなしてはやく一人前になる」という気持ちがそがれてしまいます。

仕事が忙しすぎて悩む人もいますが、それとは反対に、仕事量が少なくて悩んでいる人も多いようです。

人間関係に問題がある

職場の人間関係は仕事をしていくうえで、成長に関わってくる大きな要因です。

仕事をしていくうえでは、ひとりで黙々と出来る仕事は少なく、ほとんどが周りの人間と密接にコミュニケーションを取らなければなりません。

そのため、会社の人との人間関係が悪く、コミュニケーションを円滑に取れないと仕事に支障が出てきます。

加えて、悩みを打ち明ける人やモチベーションを高めあう存在がいないので、仕事のストレスが溜まってしまうでしょう。

仕事の成果を評価されない

「仕事の成果を上げているのに正当な評価をされない…」
「周りは昇進しているにもかかわらず自分だけが昇進できない」

上記のように、仕事の成果を正当に評価してもらえずに、やる気をなくしている人も多いようです。

仕事の評価基準は、企業によってかなり大きな差があるので、入社した企業の評価基準が曖昧だったら仕事へのやる気が保てないでしょう。

【完全版】ブラック企業を見分ける方法を伝授します!

仕事のやる気が出ない会社で働き続けると…

上記で説明したように、やる気が保てない会社に長期間勤務するのはおすすめできません。

我慢はとても大事なことですが、見切りをつけるのも、社会人に必要なスキルです。

仕事へのやる気が出ない会社にだらだらと勤務してしまうと、以下のようなリスクがあります。

  • 昇進が遅くなってしまう
  • 20代の貴重な時間を無駄にしてしまう
  • うつ病にかかってしまう

それぞれのリスクを解説していきます。

昇進が遅くなってしまう

仕事へのやる気が保てない場合は、個人に問題があるケースもありますが、企業側に問題がある場合もあります。

評価基準が整っていなくて、社員の働きを正当に判断しない企業の場合、まわりの同年代よりも昇進が遅くなってしまいます。

加えて昇進が遅くなると、収入にも差が出てきて、生涯年収にも違いが出てきます。

そのため、今働いている会社を今一度振り返ってみて、正当に判断されているのか考えてみましょう。

働きを評価されない会社に長期間勤務しても。ほとんど昇進・昇給が無いので、暗い将来が待ち構えています。

20代の貴重な時間を無駄にしてしまう

20代は、人生においてかなり貴重な年代です。

20代のうちに様々な経験を味わっておけば、20代の経験を活かして30代・40代と飛躍できます。

しかし、その貴重な20代をやる気が出ない会社で過ごしてしまうと、将来的な成長も期待できません。

仕事への熱意を持っている人に比べると、かなり不本意な時間を過ごしてしまい、時間を無駄に浪費してしまうでしょう。

うつ病にかかってしまう

自分の気持ちと現実にギャップが生まれてしまうと、かなりのストレスが生まれてしまいます。

そのため、やる気が出ない会社で働いてしまうと、最悪の場合うつ病にかかってしまうリスクがあります。

うつ病にかかってしまうと、完治するまでにかなりの年月がかかるので、社会復帰が難しくなります。

うつ病になる前までに、退職して転職するなど、何かしらの対策を取るようにしましょう。

どうしてもやる気が出ない場合は転職しましょう

やる気が出ない会社で長期間働いてしまうと、かなりのストレスを溜めこんでしまうので、様々なリスクが出てきます。

20代という貴重な年代を棒に振ってしまう可能性もあるので、転職も視野に入れるべきです。

20代だけではなく、その後の人生も棒に振ってしまう可能性もあるので、今一度自分野環境を見つめなおしてみましょう。

20代が抱える悩みをランキング形式で紹介!あわせて解決法も伝授します

転職には当サイトを活用してみませんか?

もし転職を考えていたら、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、履歴書作成・面接対策・内定後のフローなど転職に必要なあらゆるサービスが無料で受けられます。

また、リクらくを活用して転職した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

安定した実績を誇っているリクらくを活用して、20代の転職を成功させましょう!