フリーターの就活にボランティア経験はアピールになる?アピールのコツを解説!

フリーターの就活にボランティア経験はアピールになる?アピールのコツを解説!

フリーターとして生活している人は、アルバイトばかりしている人がほとんどではないでしょうか?

いくらアルバイトを頑張っても職歴に含まれないので、就活をしようとしてもアピールポイントがありません。

就活でアピールできるポイントを作る一つの手段として、ボランティアが挙げられます。

ボランティアは一見就活に直結しなそうですが、実際のところはどうなのでしょうか?

この記事では、フリーターがボランティア活動をすることのメリットや、アピール方法を紹介していきます。

ボランティア経験は必ずしも就活に役立つわけではない

ボランティア活動は、社会人としてのスキルや、経歴を積むために取り組むものではありません。

そのため、フリーターとしてボランティアに参加したとしても、アピールになるケースは少ないです。

ボランティア経験を前面にアピールすると、「打算的な人なんだな」と悪い印象を与えてしまうケースもあるので注意しなければなりません。

しかし、ボランティア活動が全く役に立たないわけではありません。

アピールの仕方次第では、企業から高評価を受ける場合も十分にあります。

就活の中でボランティア活動をアピールする方法

せっかくボランティア活動をしたわけなので、折角ならボランティア経験をアピールした方が良いでしょう。

しかし、伝え方次第では打算的な人・計算高い人などの印象を与えてしまうので、注意が必要です。

ボランティアは利益や営利目的で行うのではなく、善意で足り組むものなので、その点だけ理解しておきましょう。

嫌らしくならない、効果的なアピール方法を紹介していくので、参考にしてみてください。

なぜボランティアをしようと思ったのか

「○○のボランティアに参加してきました」と、伝えても企業には何一つアピールできていません。

アピールする上で大切なのは、ボランティアに取り組んだ事実ではありません。。

自分なりの理由があって、ボランティア活動に参加したことを伝えましょう。

面接で説明できるように「なぜボランティア活動をしようと思ったか」「なぜそのボランティアを選んだのか」などを明確にしておきましょう。

ボランティア活動を通して何を得たのか

ボランティアを経験してどのような成果が得られたのかを伝えましょう。

また、ボランティアの経験を就職先の業務内容に関連させて、入社後どのようなことに活かしていきたいのかしっかりと説明しましょう。

あなたの思いが企業に伝われば、就活に向けて有意義な活動をしていたと評価されます。

ボランティア経験で得られるメリットとは?

ボランティア活動で得られるメリットは,

  • 空白期間を有効に使える
  • コミュニケーション能力が身に付く
  • 積極性・主体性が養える
  • 志望する企業の業務内容に関連させてアピールできる

...になります。

1つずつ詳細に説明していきます。

空白期間を有効に使える

フリーターをしていた期間は職歴に含まれないので、履歴書の職歴の欄が空白になります。

空白の期間に関しては、就活の中で必ず質問されるので、面接官が納得できるような回答を用意しておく必要があります。

フリーターのほとんどがアルバイトしかしていないので、空白の期間を上手に説明することができません。

しかし、ボランティア活動をしていた実績があれば、空白期間を問われてもしっかりとした理由が話せます。

空白期間を有効に活用していたとアピールできるので、面接官から良い印象を持たれるでしょう。

コミュニケーション能力が身に付く

ボランティアに参加する人は毎回異なり、年齢も幅広く老若男女問わず、様々な人が参加します。

そのため、たくさんの人と初対面の状態からコミュニケーションを取らなければなりません。

コミュニケーション能力に自信がない人にとっては、改善できる絶好の機会と言えます。

ボランティア同士の繋がりもできるので、思わぬチャンスに出会うかもしれません。

積極性・主体性が養える

アルバイトには働いた分の収入が得られるのに対して、ボランティアは慈善活動なので収入が得られません。

ボランティアはあくまで自分の意思で行うものなので、自ら積極的に行動すしなければならない場面が頻繁にあります。

ボランティアの経験を重ねていけば、積極性や主体性が自然と芽生えてきます。

社会人として大切な要素なので、身につけておくと就活に有利です。

志望する企業の業務内容に関連させてアピールできる

ボランティアの活動内容の中で、志望する企業と関連性が高い活動をピックアップしてアピールしましょう。

インストラクターなどのスポーツ系の仕事に就職を考えている人は、スポーツ支援ボランティアに参加した方がアピールに繋がります。

将来を見据えて行動していると評価されるので、志望動機やアピール内容にも説得力を持たせることができます。

フリーターからの就活に困ったらリクらくを活用しましょう

フリーターとしての就活に困難を感じたら、当サイトのリクらくを活用して就活をしてみませんか?

リクらくでは、「未経験歓迎」「経歴不問」の求人を多く取り扱っており、フリーターからでも就職に成功する環境が整っています。

履歴書の作成や添削・面接対策・内定後のフローなど就活に関する全てのサポートが、完全無料で受けられるのもリクらくの特徴です。

また、リクらくを活用した90%が就職に成功している、安定した実績を誇っています。

あなたのリクらくを活用して、フリーターからの就活を成功させましょう!

また、こちらの記事も参考にしてみて下さい。

フリーターの将来は絶望!すぐにでも正社員になって明るい未来を手に入れましょう

フリーターを待ち受けている悲惨な末路と回避方法を紹介!