無職で不安を感じている人は少しでも早く就職しましょう!

無職で不安を感じている人は少しでも早く就職しましょう!

今現在無職の人は、毎日不安を感じている人も多いのではないでしょうか?

平日の昼間からゴロゴロしているので、罪悪感や劣等感を感じてしまうこともあると思います。

「いつまでも無職で良いのか」

「そろそろ働き始めないと」

…などと様々な焦り・不安を感じてしまうでしょう。

無職期間中に感じる漠然とした不安は、どのように処理すればいいのでしょうか?

今回の記事では、無職が不安を感じてしまう理由と無職を続けることによって巻き起こる悲劇、就職するための方法を説明していきます。

無職はどこから不安を感じるのか?

無職になって感じる漠然とした不安は、どこから湧き上がってくるのでしょうか?

大きく分けて3つの要因があるので、紹介してきます。

収入が無い

一番大きな要因は、収入が無い事でしょう。

収入が無いとそもそも生活を送ることができませんし、お金が無いのは死活問題です。

ある程度貯金があったとしても、家賃・光熱費・その他の出費だけで、10万円近くかかってしまいます。

お金の余裕は心の余裕で、お金が無ければ精神的にも、身体的にもストレスが募って負担が大きくなってしまうでしょう。

また、気分転換に友達と遊ぶにしても、ショッピングをするにしてもお金が無ければ何もできません。

社会から疎外されている気持ちになる

普通に働いていれば、大体週に5日は会社に行き、仕事をします。

しかし、無職の場合は定職に就いていないので、会社に行く必要が無いので外出する機会が減ります。

一日中家の中で過ごすことになるので、特にやることもなく、友人は仕事をしているので遊ぶ相手もいません。

外出をせず、人と会う機会が少なくなってしまうと、社会から疎外されている気持ちになってしまうでしょう。

その期間が長く続いてしまうと、人との接し方が分からなくなり、コミュニケーション能力も大幅に低下してしまいます。

友人や家族から軽蔑されている気持ちになる

世間は無職に、

「だらしない人間」

「働いていないダメな人間」

「社会に適応できない人間」

…などのかなり辛辣なイメージを持っています。

世間が無職に対してそのようなイメージを持っているということは、あなたの友人・家族も同じようなイメージを持っているでしょう。

そのため、身の回りの人もあなたに対しての接し方が変わってきます。

仕事をしていた時は、友人たちと頻繁に遊んだりご飯を食べに行ったりしていたのが、無職になるとあなたに対してのイメージが変わります。

誘われる回数が減り、最終的には疎遠になってしまうことも考えられます。

最終的にはあなたの家族にも見捨てられてしまうでしょう。

無職を続けていくことによって巻き起こる悲劇

無職期間が短いうちは、主に生活面の不安を主に感じることになりますが、無職期間が長くなってしまうと取り返しのつかない事態に陥ってしまいます。

就活に腰があがらず、中々就活が始められないでいると、将来は悲惨です。

無職を続けていくことによって巻き起こる悲劇を紹介していくので、無職を続けることはやばい事と緊張感を感じましょう。

無職期間が長くなってしまうと就職できなくなってしまう

無職期間を続けることは、この先に取り返しのつかないハンデを背負ってしまうことになります。

無職期間が長くなるに伴って、就職難易度も高くなります。

企業は無職をしていた期間に対して、不信感を抱きます。

「なぜ無職になってしまったのか?」

「就職して働こうとは思わなかったのか?」

「なぜこのタイミングで就活を始めたのか?」

これらの不信感を解消しなければ、採用されるのはかなり難しいです。

また、応募する年齢に制限をかけている企業もあるので、年齢制限に引っかかってしまい応募ができない状態になってしまいます。

老後に生活ができなくなってしまう

年金の支払は全国民に課せられている義務です。

無職は収入が無くて、日々の生活を送るだけで精一杯なので、年金の支払にお金を回せないこともあります。

そのため、年金を支払わない人がほとんどです。

年金を納めておかないと、老後に受け取れる年金が少なくなってしまう、または年金が貰えない事態になってしまいます。

結婚ができない

収入が無い無職を結婚相手に選ぶ人はほとんどいないでしょう。

将来を共にする相手には、裕福とまではいかずとも、ある程度の安定した収入を求めます。

そのため、収入が無い無職は相手にされません。

もし付き合ってくれる人がいたとしても、相手の両親が結婚を承諾しないでしょう。

一生結婚をせずに、孤独に生きていかなければならない人生を送ってしまうことになります。

友人が減る・友人がいなくなる

先述したように、無職は世間的なイメージが悪く、友人もその例外ではありません。

無職は収入が無いので、慢性的にお金が無く、遊ぶお金すらありません。

そのため、会う機会が少なくなり、最終的には疎遠になってしまうでしょう。

長い人生を友人も作らずに、一人で生きていくと考えると、楽しみが何一つありません。

不安を感じたら一刻も早く就活を始めよう

無職を続けることで待っているのは、暗黒で悲惨な将来です。

無職の期間が長くなってしまうと、仕事をしたくても仕事に就けない事態に陥ってしまいます。

無職でいることに不安を感じているのであれば、いち早く就活して仕事に就きましょう。

無職が就職するためのポイント

無職は、新卒・転職者に比べると、就活難易度がかなり高いです。

そのため、無職が就活をしていくうえでは、就活方法を工夫しなければなりません。

無職が就職に成功するポイントは、

  • 未経験OK・経歴不問の職種に就職する
  • 資格を取得してアピールポイントを作る
  • アルバイトから始めて正社員になる
  • 就活の行動量を増やす

主に、上記の5つです。

1項目ずつ詳細に説明していくので、参考にしてみてください。

未経験OK・経歴不問の職種に就職する

無職をしていた過去は、就活においてかなりマイナス評価をされてしまいます。

無職の過去は職歴に記入できないので、職歴に空白の期間ができてしまい、企業から空白期間の説明を求められます。

空白期間ができてしまった明確な理由があれば、弁明の余地があるものの、無職の場合には説得力のある理由になりません。

よほど突出したスキルが無い限り、採用に至るケースは少ないでしょう。

しかし、企業によっては、未経験OK・経歴不問の求人を出している企業もあります。

未経験OK・経歴不問であれば、無職の過去がある人も、仕事に対しての前向きな姿勢・改心している姿勢を評価されれば採用を貰える可能性も十分にあります。

求人を見るときは、未経験OK・経歴不問に注目してみましょう。

資格を取得してアピールポイントを作る

無職は、仕事に必要なスキル・主な仕事経歴を持っていないので、自分のどこをアピールすればいいのか分からない人もいるでしょう。

就活において自分のアピールポイントを見つけて、相手に伝える力は、合否を左右すると言っても過言ではありません。

自分のアピールポイントが見つからない人は、資格を取得して、就活の中でアピールしましょう。

応募している企業の業務内容に関連している資格を取得していれば、仕事に対しての意欲の高さをアピールできます。

希望している職種の業務内容を調べて、その業務にどのような資格が役立つか研究してみましょう。

アルバイトから始めて正社員になる

無職の就活は、難易度がかなり高いので、中々内定までたどり着かないこともあるでしょう。

何度も同じ就活方法を続けても、内定を貰える見込みは低いので、就活のやり方を工夫する必要があります。

正社員になって働く以外にも、アルバイトから正社員になる方法もあります。

アルバイトから正社員になるには、大体1年程かかってしまいますが、無職で無為な日々を過ごすよりも断然やりがいを感じられるでしょう。

また、長い無職期間を過ごしてきた人が、いきなり正社員として働くのは、かなりハードルが高いかもしれません。

まずは、アルバイトから始めて、働くことに慣れてから正社員になるのも一つの手でしょう。

企業によって、アルバイトからの正社員登用制度が無い企業もあるので、注意しておきましょう。

就活の行動量を増やす

無職の就職難易度が高いということは、先述しましたが、中々内定を貰えないことに心が挫けてしまい、就活の行動量が減ってしまうのはよくありません。

何度が高いからこそ、たくさんの企業に応募して選考を受ける必要があります。

ただ、業種や職種を絞らず闇雲に就活を進めるのは、内定に至る可能性が極めて低いので辞めましょう。

就活エージェントを活用する

就活をする上で、不明点や不安なことがある場合には、就活エージェントを活用しましょう。

就活エージェントを活用すれば、全ての就職活動をサポートしてくれて、入社まで面倒を見てくれます。

内定率もぐっと上がるので、就職に合成功する可能性もアップします。

就活エージェントは種類がたくさんありますが、当サイトの「リクらく」を活用してみませんか?

下記でリクらくについて説明していきます。

当サイトのリクらくを活用して就活を成功させよう

当サイトのリクらくでは、未経験OK・経歴不問の求人を多く扱っており、無職からでも内定できる可能性が十分にあります。

応募する企業選びから、履歴書添削・面接練習・入社後のフローまで就活に関わる全てのサポートを受けられます。

リクらくを活用した人の90%以上が内定に至っており、安定した実績を誇っています。

リクらくで受けられるサービスはすべて無料なので、安心して気軽に活用してみてください。

リクらくを活用して、就活を成功させましょう!

また、こちらの記事も参考にしてみてください。

フリーター必見!面接で聞かれる空白期間の回答方法!

ニートが社会復帰するための方法を紹介!