【難関?】人事への転職はしにくい?転職体験談・有利になるスキルを解説!

【難関?】人事への転職はしにくい?転職体験談・有利になるスキルを解説!

人事は数ある仕事の中でも人気の職種で、また人事として働くには人材やITなどのある程度の専門的な知識が必要です。

ですから、自分にはハードルが高いのではないかと感じている人も多くいます。

当然、人事への転職は簡単ではありません。

しかし、今回はそんな方のために人事への転職が難しい理由や、転職を成功させるカギについて解説します。

現在、人事への転職活動をされている方や検討中の方に有益な情報なので、ぜひ最後まで見てください。

ビズリーチ 広告ボックス用
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 30代~50代
主な職種 IT関連・エンジニア・マネージャ―など
注目ポイント
  • 年収1,000万円以上ハイクラス求人多数!
  • 厳選された企業と直接コンタクトが取れる
  • 一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く!

人事への転職がしにくい理由は3つ!

まず初めに、人事への転職がしにくい理由について詳しく解説していきます。

人事への転職を成功させるためには、なぜ人事への転職が難しいのかと言うことを知る必要があります。

人事への転職は難しいとされている理由は以下の3つがあります。

1. 人事は人気職種な上、募集人数が少ないため

1つ目は、人事は人気な職種な上、募集人数が他の部署に比べて少ないためです。

転職希望人数が多い一方で、募集人数が少ないという需要と供給の差が大きいのです。

これが、人事が転職しにくい理由の一つとしてあげられます。

会社によって人事に求める人材が異なるため

2つ目は、会社によって人事に求める人材が異なるためです。

一般的に人事の仕事は以下の5つです。

  • 人材の採用
  • 人材の育成
  • 人材の評価
  • 人事業務の制度設計
  • 社員が快適に働ける環境づくり

上記で紹介した5つが企業が人事に求めていますが、会社によってこれらの比重は異なります。

例えば、今日の社会の急速なデジタル化に伴い、IT業界では採用・育成のニーズが特に高まっています。

ですから、人事になるにも採用した人材を育成する必要があるので、ITリテラシーに関する専門的な知識が必要となります。

また、企業からのもの外注を請け負う企業では労務のニーズも高まってきています。

これらのように、業界によって人事に求める人材は異なるのです。

人事は人材を管理するため

3つ目は、人事は人材を管理する重要な職種であるためです。

先ほども言ったように、人事の仕事の1つに人材を管理すると言うものがあります。

人材を管理するということは、会社の業績や環境に直結します。

企業側は企業が必要としている人材を採用するためにもまずは人事に企業の理念やイメージに合致した人材を採用する必要があります。

つまり、人事は会社の顔として人材を管理する必要があるのです。

会社が人事に必要としている3つのスキルを紹介!

ここでは、会社が人事に求めている3つのスキルについて紹介します。

会社が人事に求めていることを知ることで、人事への転職の近道をすることができます。

今から紹介する3つのスキルを持っていれば、人事に転職をする際に役にたつのでしっかりチェックしてください。

1. 人事の仕事は観察力が必要

まず1つ目は、観察力です。

先ほども言ったように、人事の仕事の中には人材を採用、育成、評価すると言う「人」に関係する要素が多く含まれます。

ですから、人材を管理するにあたって、人に関する情報収集能力が大切になってくるのです。

また、今日の社会ではコロナウイルスの感染拡大や働き方改革により、多様性が重要視されるようになって雇用形態も大きく変わってきています。

このように、雇用形態が変化すると言うことは、今まで以上に会社の人材を適材適所に正確かつ迅速に配置する必要があります。

人事は、会社が1番効果的になるように鋭い観察力を持って人材を観察し、人材の経験や得意分野、スキルなどのデータを管理する必要があるのです。

2. 人事は秘密を厳守する必要がある

2つ目は、秘密を厳守するということです。

何回も言っていますが、人事は会社の人材のデータを見していると言うこともあり社員の個人情報に触れる機会の多い仕事です。

そのため、人事は会社の機密データや社員の個人情報等他の人に漏らしてしまうことがないように、常に最新の注意を払う必要があります。

個人情報の漏洩や紛失は、会社の信頼度に直接関わるものなので、人事には確実に秘密を守ることができる人おくことが必要です。

3. 会社の人事課題を迅速かつ適切に解決する必要がある

3つ目は、会社の人事課題を迅速かつ適切に解決する必要があると言うことです。

現在は、コロナウィルスの影響などに伴って、多くの会社が人事課題を抱えています。

この状況を解決するために、多くの会社は人材資源とテクノロジーを掛け合わせた「HRテック」に注目しています。

HRテックとは、AIとクラウド、膨大なデータなどの最先端のテクノロジーを活用して会社が直面している人事課題を解決する方法です。

HRテックをうまく利用することによって、人材の能力をデータ化し、会社の人事課題を素早く、適切に解決することができるようになります。

毎日の業務をこなすだけではなく、人事課題解決の視点を常に持ち、社員をうまくマネジメントする能力を持っている人材を会社は求めているのです。

ビズリーチ 広告ボックス用
公開求人数 約127,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 30代~50代
主な職種 IT関連・エンジニア・マネージャ―など
注目ポイント
  • 年収1,000万円以上ハイクラス求人多数!
  • 厳選された企業と直接コンタクトが取れる
  • 一流ヘッドハンターから直接スカウトが届く!

人事になるのに有利な資格4選!

ここでは、人事になるのに有利な資格について紹介していきます。

資格を持っていなくても人事に転職することはできますが、先ほども言ったように人事は人気の職種で倍率も高いため資格を持っていた方が転職に有利です。

今回は、数ある資格の中でも人事になるのに有利になる資格は4つ紹介します。

人事への転職を目指していて、まだ資格を持っていない人はぜひ取得を目指してください。

1. キャリアコンサルタントは人事に有利な国家資格

1つ目に紹介するのはキャリアコンサルタントです。

キャリアコンサルタントは、名前通り働く人のキャリアプラン・キャリアアップなどの相談に応じて、アドバイスや指導を行うエキスパートです。

キャリアコンサルタントの資格は、転職エージェントな印象が強い資格と思われがちですが、社員のキャリアアップ等に貢献することが期待されているため、人事にもお勧めの資格となっています。

キャリアコンサルタントの試験概要は以下の通りです。

試験内容 筆記:四肢択一のマークシート方式
実技:論述(記述式)と面接(ロールプレイ)
合格率 学科62.7% 実技74.1%
勉強量 200時間程度
学習費 講座:300,000円〜450,000円程度
(教育訓練給付制度対象のため最大70%の給付金あり)
受験料 筆記8,900円 実技29,900円

2. 社会保険労務士は会社の人材に関するエキスパート

2つ目に紹介するのは、社会保険労務士です。

社会保険労務士は、会社の人材に関するエキスパートです。

名前の通り、労働や会社保険などの管理や、社員の福祉制度の向上を助けることを目的としています。

社会保険労務士の受験資格・試験概要に関しては以下の通りです。

受験資格 以下のいずれかを満たす必要がある

  • 大学・短大・高等専門学校を卒業している
  • 社労士事務所や労働組合などで3年以上の実務経験がある
  • 特定の国家資格を有している
 試験内容 選択式または五肢択一
合格率 6〜7%
勉強量 1000時間程度
学習費 通信講座79,000円
通学講座140,000円〜200,000円程度
受験料 9,000円

3. 衛生管理者は大規模企業で働くなら必須

3つ目に紹介するのは、衛生管理者です。

労働安全衛生法に基づいて、社員が50人以上いる会社は必ず衛生管理者がいなければなりません。

衛生管理者は、社員が快適に働ける環境を管理するプロフェッショナルです。

例えば、衛生管理者はオフィスの清掃を担当したり、業務を効率化するために職場のレイアウトなども管理します。

衛生管理者の受験資格・試験概要に関しては以下の通りです。

 受験資格
  • 大学・短大・高等専門学校を卒業し、労働衛生の実務経験が1年以上ある
  • 高校を卒業し、労働衛生の実務経験が3年以上ある
  • 労働衛生の実務経験が10年以上ある
 試験内容 五肢択一のマークシート方式
合格率 第一種45% 第二種54.9%
勉強量 100〜150時間
学習費 通信講座40,000円程度
受験料 6,800円

4. メンタルヘルスマネジメントは今の時代に必要な資格

最後に紹介するのは、メンタルヘルスマネジメントです。

最近、過度な残業やテレワークなどによりうつ病や適応障害などが増えています。

そんな中で、会社にメンタルヘルスのエキスパートがいるととても心強いです。

メンタルヘルスマネジメントは、誰でも受けることができる試験なので気軽に受験することができます。

メンタルヘルスマネジメントの試験概要は以下の通りです。

試験内容 四肢択一のマークシート方式
合格率 20.2%
勉強量 300時間程度
学習費 公式講座51,400円 書籍代4,200円
受験料 11,000円

人事への転職活動を成功させる2つのカギ

ここでは、人事への転職活動を成功させる2つのカギについて紹介します。

何回も言っているように、人事への転職と言うものは決して簡単ではありません。

ですから、転職を成功させるためにも少しでも多くの情報を高いアンテナを常に張って集める必要があります。

今から紹介する2つの転職を成功させるカギも、是非しっかりと覚えてください。

1. 志望動機を明確にアピールする

1つ目は、志望動機を明確にアピールすることです。

「こんなの当たり前」と思う人は多いですよね。

しかし、人事に転職する際の志望動機はとても重要です。

人事へ転職する際に意識してアピールすべき事は、以下の2つです。

  • 会社の理念に深く共感できることをアピールする
  • 自分を多角的にアピールする

会社の理念に深く共感できることをアピールする

まず、大切なことは会社の理念に深く共感しているということを伝えることです。

先ほども言ったように、人事と言うのは会社の顔であるので会社の人事を採用するときは会社の理念とマッチしている人採用します。

自分を多角的にアピールする

2つ目は、自分をいろいろな角度から多角的にアピールすることです。

人事の仕事は多岐に渡り、さまざまな能力が必要なので自分自身を多角的にアピールすることはとても大切なことです。

自分のスキルを全てうまく伝えることができれば、会社にとってマルチに活躍できる人材になることができるということを会社に伝えることができ、選考を有利に進めることができます。

人事は、経営のパートナーとして仕事を進めることができる、大変ですがとてもやりがいのある仕事です。

ですから、ぜひ人事に対してあなたが思っていることを面接の際は余すことなく面接官に伝えましょう。

転職エージェントを利用する

場合によっては転職エージェントを利用するのも有効な手段です。

転職エージェントは、常に各企業の採用担当と連絡をとっており、その費用がどのような人材を求めているのかを知っています。

それに加え、企業の採用選考にはどのような傾向があるのかも把握しているのです。

ですから、転職エージェントを利用して自分の行きたい会社の情報を集めると言う事は転職を有利に進めるためには効果的です。

自分のこれまでの職歴や経験、スキルといったアピールポイントを、一番相手に伝わりやすく伝える方法を転職エージェントは教えてくれます。

それだけではなく、面接での受け答えなどといった方法転職エージェントから学び、前もって知っておく事で転職活動を安心して進めることができ、内定を勝ち取る確率を高めることにもつながります。

人事への転職にはハイクラス転職サイトのビズリーチがおすすめ!

ビズリーチは高収入の求人を多数掲載!

ビズリーチは年収600万円以上のハイクラス求人に特化している転職サイトです。

条件が整っている求人が多く、もちろん管理職や人事の求人も豊富に掲載しています。

スカウトをもらった企業と話を進めていくので、自分で求人を探す手間がかかりません。転職の負担がかからないので在職中でも転職を進められます。

\年収600万円以上の求人多数!/
ビズリーチ公式サイト

人事に転職するのは難しいがやりがいがある人気の仕事

いかがでしたか?

人事は様々な仕事をマルチタスクでこなし、高い観察力を駆使しながら常に会社にとって最善の方法を模索しなければならない仕事です。

人事の仕事は大変で難しいですが、その分やりがいを他の仕事よりも大きく感じることができます。

現在、人事への転職活動をしている方を始め、検討中の方もぜひこの記事を参考に転職活動が成功するように頑張ってください!