JACリクルートメント

JACリクルートメントの評判とは?口コミやサービスからわかるメリット・デメリット

JACリクルートメント

転職エージェントを利用するなら、信頼できて評判のいいサイトを利用したいですよね。

とくに大手企業や外資系企業のハイクラス転職おいては、質の高い求人を保有している転職エージェントを利用したいと考えるのではないでしょうか?

そこで今回は、ハイクラス転職に強い「JACリクルートメント」について、利用者の口コミや評判を調査しメリットとデメリットをまとめました。

大手企業や外資系企業への転職を考えている方は、自分にとって利用価値のあるエージェントかを見極めた上で、登録すべきかを検討してみてください。

JACリクルートメントは30代~50代の転職に特化している転職エージェント

運営元である「株式会社ジェイエイシーリクルートメント」は、日本を含む世界11カ国に拠点を持っており、約800名のコンサルタントが所属する東証一部上場企業です。

ロンドン発祥の日系転職エージェントということで、外資系や日系のグローバルポジションへの転職サポートを強みとしています。

国内大手の「リクルートエージェント」や「パソナキャリア」、「doda」などでは出会えない大手企業や外資系企業などの案件が多く、求人の質に加えコンサルタントの質も非常に高いと評判です。

ハイキャリア案件を多く保有していることから、実績やスキルが乏しい20代よりも経験豊富な30代以上の利用に向いています。

ただし求職者に求められるレベルも非常に高く、キャリアによっては紹介できる案件がないと断られてしまうことも少なくありません。

そんな利点と欠点を持ったJACリクルートメントの評判について、本記事では詳しく解説していきたいと思います。

運営会社 株式会社ジェイエイシーリクルートメント
本社 東京都千代田区神田神保町1-105番地 神保町三井ビルディング14階
対応エリア 全国・海外
公開求人数 約8,000件(2021年12月時点)
利用料金 無料

JACリクルートメントの口コミ一覧

ここからはJACリクルートメントの口コミを紹介していきます。

良い口コミ・悪い口コミをそれぞれ紹介していくので、ぜひチェックしてみてくださいね。

JACリクルートメントの良い口コミ

プロフィール使用画像
ミドル層にぴったりですね
評価:口コミ評価4点34歳 男性

30代になり、現在の職場の収入に疑問を感じて、収入を上げたいと思い転職を決意。
友人が利用していたと言っていたJACリクルートメントを利用してみました。
私くらいの年齢向けの求人がたくさんあったのでとても効率良く転職が進み、満足できる転職ができました。

プロフィール使用画像
転職して年収アップ!
評価:口コミ評価5点41歳 男性

収入を上げたいと思い、JACリクルートメントを利用しました。
ハイクラス向けの高年収求人を豊富に掲載しており、たくさんの選択肢の中から転職先を選べました!
無事に年収もアップしたので大満足です。

女性のシルエットアイコン
コンサルタントが優秀だと思います
評価:口コミ評価45点30歳 女性

コンサルタントさんがとても優秀でビックリ。
色々とわがままな相談に乗ってくれたので、とてもスムーズに転職を進められました。
これから転職をしようとしてる30代~の方にとてもおすすめです!

プロフィール使用画像
実績があるので安心して利用できます
評価:口コミ評価45点35歳 男性

30代での転職は不安でしたが、知人にJACリクルートメントを進められたので利用しました。
たまにサービス名を耳にしていて、実績も豊富ということは分かっていたので安心して利用できました。
担当者が私の希望条件や適性をヒアリングしてくれて、希望条件にぴったりあてはまる求人を紹介してくれます。
無事に希望していた以上の企業に転職できたのでとても満足です!

JACリクルートメントの悪い口コミ

プロフィール使用画像
レベル高いです…
評価:口コミ評価25点31歳 男性

取り扱われている求人の質が高すぎて、私がエントリーできそうな求人がありませんでした…
ある程度のスキル・キャリアが無いと少々不向きかもしれません。

プロフィール使用画像
求人によって担当者が変わる
評価:口コミ評価2点34歳 男性

エントリ―する求人ごとに担当者が変わっていたので、正直転職を進めずらかったです。
一度受けた説明を再度受けることもありましたし、担当者によって接し方が異なりました。
最初から最後まで同じ人にサポートを受けたほうが絶対に良いと思ったので別の転職エージェントに乗り換えました。

プロフィール使用画像
対応が事務的なもので、寂しかった
評価:口コミ評価2点32歳 男性
外資系向きのサービスなので、対応がとてもドライです。悪いやいい加減といったわけではないですが、もっと寄り添って欲しいと感じました。ただそういった余計なやり取りは一切なしで良いと思う人にはとても良いと思いました。
プロフィール使用画像
担当者のスケジュール調整がいい加減
評価:口コミ評価2点38歳 男性
面談や電話の連絡が直前で対応に困りました。もっと事前に連絡してほしいです。ただ紹介してくれた求人の質はとても高い印象でした。転職自体は成功したので、その点だけは満足しています。

JACリクルートメントの口コミ・サービスからわかる6つのメリット

JACリクルートメントの口コミ・サービスからわかる6つのメリット

JACリクルートメントを利用した方の口コミや評判を調査し、サービスを利用するメリットをまとめました。

  • 転職支援実績が43万人を超えている豊富な実績がある
  • 管理職・外資系などの求人に特化しており求人数が豊富
  • JACリクルートメント独自の非公開求人がある
  • 日本だけではなく世界各国に支社を持つグローバル性のある転職ができる
  • キャリアアップ・年収アップにつながる求人が多い
  • 業界に精通したコンサルタントからの手厚いサポートを受けられる

転職支援実績が43万人を超えている豊富な実績がある

JACリクルートメントは1988年から43万人を超える支援実績を持っており、現在も年間6万7,000人の求職者が利用しています。

なかでもグローバル転職支援に関しては国内トップクラスで、長年にわたって蓄積されたデータをもとに外資系企業や海外進出企業への転職を成功させてきました。

約2万5,000社と太いパイプを構築しているため、あらゆる業界・職種の紹介が可能です。

管理職・外資系などの求人に特化しており求人数が豊富

JACリクルートメントは海外にも拠点を持っているため、現地の文化や転職事情に精通したコンサルタントが、転職に必要な情報をしっかりと提供してくれるのがメリットです。企業の風土や今後の課題といったリアルな情報まで提示してくれるので、自分のキャリアプランに適した企業なのかが明確に判断できます。

外資系企業への転職では、英文レジュメの作成なども徹底して指導してくれるのが魅力です。

利用者からも「外資案件が多い」「グローバル転職に強い」という口コミがたくさんありました。語学力を活かしてキャリアアップを狙う方にこそ利用してほしいエージェントです。

JACリクルートメント独自の非公開求人がある

公式サイトによると、保有する求人の約60%が非公開求人となっており、JACリクルートメントを経由しないと応募できない独占求人も豊富にあるようです。

利用者の口コミでも、他の大手エージェントからは応募できない企業がたくさんあったという声が見受けられました。

また求人検索やコンサルタントからの企業紹介に加え、無料でスカウトやオファーを受けることも可能です。ハイクラス求人は転職サイトなどに公開されず、水面下で募集するケースが多いことから、スカウトサービスを利用してオファーを待つ求職者も少なくありません。

複数のコンサルタントがあなたの経歴をチェックしアプローチするので、幅広い選択肢から転職先が選べます。

日本だけではなく世界各国に支社を持つグローバル性のある転職ができる

JACリクルートメントは東京や名古屋、大阪など国内に複数の拠点を構えていますが、東南アジアをはじめとする世界各地にも支社を持っています。

海外にある拠点は以下の通りです。

  • シンガポール
  • マレーシア(クアラルンプール/ジョホール/ペナン)
  • インドネシア(ジャカルタ)
  • タイ(バンコク/チョンブリ)
  • 中国(上海/香港特別行政区)
  • 韓国(ソウル)
  • ベトナム(ホーチミン/ハノイ)
  • インド(グルガオン)
  • 英国(ロンドン)
  • ドイツ(デュッセルドルフ)

各地にあるグループ会社とのネットワークを活かし、海外の求人にも柔軟に対応できるのが他のエージェントにない強みとなっています。

海外企業への転職を検討しているなら、同社が運営する「JAC International」も同時に利用するといいでしょう。

キャリアアップ・年収アップにつながる求人が多い

ハイクラス向け求人をメインに扱っているので、キャリアアップや年収アップにつながる案件が多いのも特徴です。掲載されている求人もほとんどが年収600万円以上から、中には2,000万円以上の求人も保有しています。

リクルートエージェントなどの大手エージェントでもハイクラス向けはありますが、若手向けの求人も混在しているため、希望する求人が検索しづらいというデメリットがあります。

その点JACリクルートメントは、未経験やポテンシャル採用をする20代向けの案件がありませんので、希望する案件にたどり着きやすいのがメリットになるでしょう。

業界に精通したコンサルタントからの手厚いサポートを受けられる

JACリクルートメントは業界ごとに専任のコンサルタントがつく体制を整えているため、志望業界に詳しい担当者がサポートしてくれるのも特徴です。

業界出身のコンサルタントも多いので、豊富な経験や深い知見をもとにした的確なアドバイスが期待できるでしょう。

また同社は、求職者側と企業側を同じコンサルタントが対応する「両面型」の転職エージェントです。各アドバイザーが保有している求人数は少なくなるものの、充実した手厚いサポートで他社との差別化を図っています。

企業を担当するコンサルタントが求職者に提案しているため、企業文化や事業戦略といった細かい内情まで提供することが可能です。

なお、両面型・分業型のサービス内容の違いや特徴は下記の通りです。

両面型 分業型
特徴 利用者一人に対して一人の担当者が企業と利用者を繋げてくれる
双方につながっているので、ミスマッチが起こりにくい
企業の担当者・利用者の担当者それぞれに一人ずつの担当が付く
分業することにより、多くの利用者をサポートできる
メリット 企業の情報を取り入れやすい
担当のサポートする人数が少ないので、手厚いサポートを受けられる
様々な企業を紹介してもらえる
デメリット 応募する企業ごとに担当者が変わる 企業担当・利用者担当が異なるので転職のスピード感が遅い

JACリクルートメントの口コミ・サービスからわかる3つのデメリット

JACリクルートメントの口コミ・サービスからわかる3つのデメリット

利用するメリットが多いJACリクルートメントですが、一部の利用者からはネガティブな口コミも寄せられていました。

利用者の口コミや評判から分かった、JACリクルートメントを利用するデメリットは以下の通りです。

  • 一定以上のキャリア・スキルが無いと求人紹介されない
  • 担当者の対応がドライ
  • 希望条件に見合う求人を紹介されなかった
  • エントリ―する企業によって紹介される求人が異なるケースも

ある程度のキャリア・スキルが無いと求人紹介されない

掲載している求人の多くがハイクラス向けなので、求められるスキルや経験も必然的に高くなります。職種や業界によって異なりますが、最低でも年収500万円以上を稼ぐだけのキャリアが必要になるようです。

会員登録時に現在(直近)の年収をチェックする欄がありますが、500万円以上がボーダーラインとなっています。

つまり年収500万円以下の求職者に見合った求人は少ないということで、誰でも利用できるサービスではないことを理解しておく必要があります。

担当者の対応がドライ

ある意味で「ビジネスライク」な側面があり、「転職する意思が弱い」「市場価値が低い」と判断されるとすぐに見限りをつけられるケースもあるようです。

利用自体を断られることはありませんが、紹介できる案件がないと判断されると連絡が途絶えたり、応募書類の添削が行われなかったりと対応がドライになります。

手厚いサポートを希望する方は、リクルートエージェントやパソナキャリアの利用が向いているでしょう。

希望条件に見合う求人を紹介されなかった

一定以上のスキルやキャリアを持っていない場合、希望に沿う求人を紹介されないケースもあります。

例えば一流大学出身で大手企業に勤めていても、転職市場での価値が低いと判断された場合は紹介してもらう案件に期待できません。

ネット上にも「提案される求人が少なかった」「アドバイスなどの提案が一切なかった」というネガティブな口コミがありました。

企業が欲しがるキャリアを持っていなければ、適したハイクラス求人を紹介されることはないでしょう。年収アップやキャリアアップに期待しすぎると裏切られてしまう可能性もあるので、自分のキャリアをしっかり振り返ってから登録を検討しましょう。

エントリ―する企業によって紹介される求人が異なるケースも

JACリクルートメントでは業界や職種によって担当者を分けているため、エントリーする求人によっては担当者が変わることがあります。

担当者によってサポートの内容や対応力が異なり、接し方も違うので利用している中で違和感を感じることも。

また、同じような説明を何度もされる可能性があるので、転職活動に影響するケースがあるという箏を理解しておきましょう。

JACリクルートメントを利用した方が良い人・利用しない方がいい人

JACリクルートメントを利用した方が良い人・利用しない方がいい人

利用者の口コミを総合的に判断し、「JACリクルートメントを利用した方が良い人・利用しない方がいい人」をまとめました。

あなたはどちらに当てはまるか、チェックしてみてください。

JACリクルートメントを利用すべき人の特徴

JACリクルートメントを利用すべき人の特徴は、以下の4点です。

JACリクルートメントを利用すべき人の特徴
  • 海外勤務の経験があり英語力や別言語の能力がある人
  • 専門職や技術職など特定スキルを要するスペシャリスト
  • マネジメント経験がある人
  • 年収600万円以上で特定の業界で特出したスキルがある人

JACリクルートメントが得意としているのは、ハイクラス向けの求人と外資系企業へのグローバル転職です。30代〜50代をターゲットにしていますが、20代であっても上記に当てはまれば優良な求人を紹介してもらえるでしょう。

また所属しているコンサルタントはキャリアアップ転職に関する専門性が高いので、今後のキャリア相談やアドバイスが期待できます。

現状に行き詰まっている方、今の職場では出世が望めない方は、まずはキャリアカウンセリングだけでも受けてみると将来に役立つかもしれません。

JACリクルートメントを利用すべきではない人の特徴

JACリクルートメントを利用すべきではない人の特徴は、以下の4点です。

JACリクルートメントを利用すべきではない人の特徴
  • 一定のスキルや実績を持っていない人
  • 現在(直近)の年収が500万円未満の人
  • これまでのキャリアに自信がない人
  • 仕事よりもプライベートを重視したい人

利用者の口コミをみると、JACリクルートメントに対しポジティブな感想を持っている人は、マネージャクラスや年収600万円以上の求職者が多かったです。

一方で、ネガティブな口コミを書いているのは年収が低く、これといったキャリアや実績が乏しい求職者でした。

このことから、経験が少なくスキルも低い20代やローキャリア層は、幅広い求人を取り扱っている「リクルートエージェント」や若年層のサポートに強い「マイナビ」などの利用がおすすめです。

JACリクルートメントを利用~就業までの流れ

JACリクルートメントに登録して、お仕事を開始するまでの流れをまとめました。
就業までは以下の6ステップで完了します。

  1. JACリクルートメントに登録
  2. コンサルタントとのカウンセリング
  3. 求人紹介~エントリー
  4. 面接
  5. 内定~アフタフォロー

ステップ1,JACリクルートメントに登録

JACリクルートメントのサービスを利用するには、会員登録の手続きをする必要があります。料金はかかりませんので、気軽な気持ちで申し込みましょう。

まずは公式サイトにアクセスして、「新規登録(無料)へ」をクリック。メールアドレスやパスワードを設定したら、基本情報を入力します。

年収や経験職種、業界を入力する欄がありますので、現在もしくは直近の情報を記入しましょう。

職務経歴(アピールポイント)の欄は、企業が閲覧したりコンサルタントがスカウトの参考にしたりするため、できるだけ詳しい情報を書き出しておいてください。その他にも、資格やTOEICスコア、希望勤務地などを入力して仮登録が完了します。

仮登録の後にJACリクルートメントからメールが届くので、添付されたURLにログインすると登録完了です。

ステップ2,コンサルタントとのカウンセリング

登録が完了するとコンサルタントから連絡が入りますが、登録した内容をもとに紹介できる求人があるかを確認するので、1週間の猶予を設けています。

経歴によっては「紹介できる求人がない」という案内メールが来ることもありますが、これで退会という訳ではありません。

一方で、すぐに提案できる求人があった場合は24時間以内に連絡が入ります。カウンセリングでは以下の内容について面談が行われるので、面談前に自身の経歴や今後のキャリアプランについて整理しておくといいでしょう。

 転職活動の進め方や疑問点のヒアリング
 登録した職務経歴の確認
 紹介できる求人があれば紹介
 今後のキャリア相談や方向性の提案

魅力的な経歴の持ち主であれば、企業から直接スカウトしてもらえることもあり、転職成功への近道になります。

ステップ3,求人紹介~エントリー

ヒアリングした内容をもとに、希望に沿った求人が提案されます。企業ごとに担当者が異なるので、複数のコンサルタントから連絡が入ることもあるようです。

また求人を紹介されても、興味のない企業であれば応募する必要はありません。転職するのはあなた自身ですので、強引に応募を押されてもしっかり断るようにしましょう。

ステップ4,面接

JACリクルートメントでは面接に関するアドバイスや指導も行なっています。英語での面接対応や海外のビジネスマナーにも精通しているので、直接応募するよりも高い確率で内定を獲得できるのが強みです。

また面接後に企業を訪問しプッシュしてくれるコンサルタントもいるようで、無事に内定を獲得したという利用者の口コミもありました。

JACリクルートメントは約2万5,000社と太いパイプを構築しているため、「御社の推薦であれば」などと企業からも高い信頼を得ています。

ステップ5.内定~アフタフォロー

内定を獲得したら条件交渉や入社日の調整に移ります。入社が決まったらサポートは完了という訳ではなく、入社してからもフォローしてくれるので安心です。

転職を成功させた人たちの多くが、年収アップや高待遇での転職を成功させていました。

JACリクルートメントを有効活用するコツ

JACリクルートメントを有効活用するコツは、以下の6つです。

  • 経歴やスキルについては細かい部分まで記載する
  • こまめに連絡をとりエージェントから信頼してもらう
  • エージェントの推薦文は提出前に確認する
  • 1か月~4か月以内以内に転職したい旨を伝える
  • 予算と時間的に余裕を作れれば対面で面談する
  • 他のエージェントにも登録して掛け持ちする

経歴やスキルについては細かい部分まで記載する

  • 職務経歴書の記載時
  • エージェントとの面談時

これらの時は、細かく内容を記載するようにしましょう。

面談内容は、エージェントが推薦文を書く際にも大事な情報になります。

事実と違うほど誇張して伝えるのはNG。

転職に成功したとしても、転職先で「求めていた人材と違う」といったトラブルにもなってしまいます。

こういった事態を避けるためにも、事実を伝えることが大切ですよ。

こまめに連絡をとりエージェントから信頼してもらう

エージェントとは、こまめに連絡を取りましょう。

積極的に連絡を取ることで、推薦・紹介も前向きに対応してくれます。

転職者の中には、「転職活動を中断した」や「内定が決まった」にも関わらず、その旨を連絡しない方もいます。

エージェントが定期的に連絡をしても、音信不通に。

信頼できる人であると判断されれば、エージェントもより協力的にサポートしてくれますよ。

より良い条件・職場・仕事を見つけるためには、エージェントの協力は大切。

1~2週間に一度は連絡を取り、良好な関係を維持しましょう。

エージェントの推薦文は提出前に確認する

エージェント紹介の求人に応募すると、推薦文を作ってくれます。

企業に応募するための提出書類です。

要求すれば、内容を確認させてもらうことも可能。

雑な推薦文や企業側の求める人物像と全く一致しないような文章になっていないか確認しましょう。

「推薦文を確認させて頂いてもよろしいでしょうか?」

というと、内容を確認できますよ。

1か月~4か月以内に転職したい旨を伝える

転職について、前向きに検討していることをアピールしましょう。

エージェントに本気で、転職活動を行おうとしていることを認識してもらうためです。

採用が決まった時に報酬が発生するので、積極的な求職者に対してエージェントはサポートしようとします。

在職中の方は、1か月での転職は難しいので、少なくとも4か月以内で答えるのがおすすめ。

目標の期日をもつことで、転職活動に対して積極的になれますよ。

予算と時間的に余裕を作れれば対面で面談する

初回の面談は電話やWebでの打ち合わせではなく、対面を進めます。

Webの方が多い中、対面にするとエージェントの印象にも残ります。

対面の場合、支店に来社して面談を行うのが一般的。

日本各所に支店があるので、お近くの場所で面談するのがおすすめですよ。

他のエージェントにも登録して掛け持ちする

エージェント登録は1社に絞る必要がありません。

複数社登録する方が、効率的に転職活動を進められます。

また担当者によって、対応の丁寧さも異なります。

質の高いエージェントに出会うためにも、複数社利用してみるのがおすすめ。

対応や質に満足できないエージェントのサポートを辞退すれば、掛け持ちによる労力負担も減りますよ。

JACリクルートメントと並行して他の転職エージェントも利用しよう!

「JACリクルートメントだけでは物足りない」という方へ、ハイクラスや外資系転職に強い3つの転職エージェントをご紹介します。

以下はいずれも、ハイクラスや経営幹部を狙えるような求人を抱えているエージェントで、外資系企業や日系のグローバルポジションへの転職にも特化しています。

  • ビズリーチ
  • リクルートダイレクトスカウト
  • ロバート・ウォルターズ

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは管理職や専門職などのハイクラス求人に特化し、企業やヘッドハンターからスカウトが受けられるヘッドハンティング型サービスです。

年収1,000万円以上の求人が「総求人の1/3」を占めているのが強みで、年収アップや役職、キーポジションを目指した転職をするのに向いています。

約4,700名のヘッドハンターが、利用者のレジュメを参考にぴったりの企業を紹介してくれるので、現職が忙しい方でもスムーズに転職活動を進めることができるでしょう。

以前は年収600万円以上の求職者をターゲットにしていましたが、近年では年収500万円前後の方向けの求人も多数取り揃えています。

運営会社 株式会社リクルート
対応エリア 全国
公開求人数 120,000件以上
利用料金 一部有料

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは「リクルート」が運営するハイクラス転職に特化したエージェントで、年収800〜2,000万円の求人を豊富に保有しているのが特徴です。

ビズリーチと同様でヘッドハンディング型を採用しており、企業やヘッドハンターからのオファーを待つ「受け身の転職活動」ができます。

求職者からアプローチできないので、企業やヘッドハンターの目をひくようなスキルや実績が必要です。求められるレベルもおのずと高くなるため、自身のキャリアに自信がある人だけが利用できるサービスだといえるでしょう。

「今すぐに転職したい」というよりも、「いい求人があれば転職してもいい」というスタンスを持った方に向いているエージェントです。

運営会社 株式会社リクルート
対応エリア 全国・海外
公開求人数 約75,000件(2021年9月時点)
非開求人数 非公開
利用料金 無料

ロバート・ウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

ロバートウォルターズは英国発祥の人材紹介会社で、外資系企業でグローバル人材として活躍したい人におすすめのエージェントです。

求人数は決して多くありませんが、語学力を活かせる高収入の求人や、管理職や経営幹部、エグゼクティブクラスの求人を厳選して扱っています。

また女性のキャリアアップに注力しているのも特徴で、女性活躍推進に積極的な優良企業を示す厚生労働省認定マーク「えるぼし」の最高位に認定されています。

女性向けのハイクラスエージェントは数も多くないので、キャリアアップ転職を考える女性の方にこそ利用してほしいエージェントです。

英語による面接対策や英文でのレジュメ作成など、語学力に長けたコンサルタントによる実践的なアドバイスがもらえます。

運営会社 ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社
対応エリア 関東・関西
公開求人数 約1,430件(2021年9月時点)
非開求人数 非公開
利用料金 無料

JACリクルートメントのよくある質問

ここからはJACリクルートメントのよくある質問について紹介していきます。

電話での登録は可能ですか?

電話での登録には対応していないため、登録できません。

登録をする際には公式HPより申し込みをして下さい。

利用するのに年齢の制限はありますか?

JACリクルートメントでは年齢での制限がないため、年齢に関わらず登録可能です。

しかし、掲載している求人は年齢に応じた実務経験やスキルがある人を対象にしているので、年齢が若かったり経験がないと求人を紹介されないケースもあります。

あらかじめご了承ください。

求人を紹介されたら必ずエントリ―しなければなりませんか?

担当者から紹介された求人には必ずしもエントリ―する必要はありません。断ってもOKです。

JACリクルートメントでは転職者が納得できる転職ができるように努めているため、転職を無理に急かすことはありません。

希望する転職を実現させるために尽力してくれます。

サポートの対応エリアは全国ですか?

国内であれば、北関東~福岡までが対応範囲。

対応エリアの詳細は、以下の通りです。

  • 北関東(群馬、栃木、茨城)
  • 関東(埼玉、東京、神奈川)
  • 甲信越(山梨・長野)
  • 東海(名古屋・静岡)
  • 関西(京都、大阪、兵庫)
  • 中国(岡山・広島)
  • 福岡

地方住まいでも、都市への就職を希望する方にはおすすめですよ。

会員登録後はすべての非公開求人を見れますか?

全ては見れません。

ご登録の可否に関わらず、全ては見られません。

非公開求人は、エージェントが個別で紹介しています。

応募が難しいと判断された場合、詳細の求人情報を確認できない場合もあります。

面談は必ず来社しなければなりませんか?

来社しなくてもOK。

  • 近くに支店(面談会場)がない方
  • 忙しすぎて時間がない方

これらの方は、WEBや電話で面談を行えます。

また時期によっては、コロナウイルスの影響もあり、来社の面談を受け付けていない場合も。

対面面談をするための時間作りをするのが難しい方は、WEBや電話を希望しましょう。

JACリクルートメントを活用してミドルの転職を成功させよう!

JACリクルートメントは30代〜50代のミドル層向けに、ハイクラス求人や外資系企業の求人を提案してくれるエージェントです。

口コミに関してはいい評判も悪い評判もありましたが、「求人の質が高い」「コンサルタントの専門性が高くサポートが手厚い」など魅力的な面もたくさんありました。

JACリクルートメントでは企業と求職者の対応を同じ担当者が行う仕組みなので、企業文化や内部事情など細かい情報を提供してくれるのも魅力的なポイントです。

しかし一定レベルのスキルや実績、語学力が求められるため、「紹介できる求人がない」と断られてしまう可能性も少なくありません。

最初からJACリクルートメントだけに絞らず、複数のエージェントを活用して選択肢を広げ、ハイクラス転職を成功させましょう。

当サイト厳選! おすすめの転職エージェント
おすすめの転職エージェントを2つ紹介します。 登録して転職を成功させましょう!
dudaの画像
掲載求人数業界トップクラス!
dodaは業界トップクラスの求人数を誇り、幅広く取り揃えているため、 転職する方にとてもおすすめです。 毎日新着求人が届くので、様々な発見に巡り合えます。転職に役立つコンテンツや転職イベントも充実しているので、 内定につながるチャンスが豊富なのもポイントです。
ビズリーチの画像
選ばれた人だけが利用できるハイクラス向け転職サイト
ビズリーチでは年収1,000万円の求人が全求人の3分の1を占めており、 ハイクラス転職が実現できます。 キャリアップ・年収アップを狙っている人にとてもおすすめです。転職のプロであるヘッドハンターからスカウトが届き、 転職のサポートをしてくれるのもポイントです。