既卒は新卒扱いされる?新卒枠・中途採用枠ごとのメリット・デメリットを紹介!

既卒は新卒扱いされる?新卒枠・中途採用枠ごとのメリット・デメリットを紹介!

学校を卒業してから、正社員として働いた経験が無い人のことを「既卒」と言いますが、既卒は就活する上で不利なことが多いです。

というのも、既卒は企業から見れば、就業意識が低い・採用しても活躍する見込みが低いと思われています。

しかし、既卒でも新卒扱いされるのを知っていますか?

新卒扱いで内定を貰えれば、新卒と同じように研修を受けられて、手厚い待遇を受けられます。

既卒者として就活をしているよりも、新卒枠で就活した方が優良企業に就職できるかもしれません。

それでは、既卒はいつまで新卒扱いを受けられるのでしょうか?

この記事で、既卒が新卒扱いを受けられる時期と、既卒・新卒どちらで就職した方が良いのか説明していきます。

既卒が新卒扱いされるのは学校を卒業してから3年目まで

既卒は学校を卒業後、3年以内であれば新卒枠で就活をすることができます。

以前までは、学校を卒業して既卒になった人は、新卒枠の採用を受けられませんでした。

しかし、平成22年に厚生労働省が、青少年雇用機会確保指針を改正し、「大学卒業後3年以内は新卒として扱うこと」という通達を出しました。

これによって、企業は既卒歴が3年以下であれば、新卒として採用する決まりになりました。

新卒求人に応募が可能になるだけで新卒扱いはされない

注意しておきたいのは、新卒枠の求人に募集できるものの、選考を進めていく中で新卒扱いされないということです。

あくまで「新卒枠の求人に応募が可能」になるだけです。

そのため、選考を受けていく中で既卒になった理由や空白期間なども問われます。

既卒と新卒では、どちらも職歴が無く、社会人スキルが身に付いていない点は同じですが圧倒的に新卒の方が就活に強いです。

どこの企業も未経験者には、将来性やポテンシャルを求めているので、これから社会に出る新卒にかなり期待をしています。

しかし既卒には就業経験が無く、働く意識も低いと見られているので、企業から敬遠されがちです。

企業から絶大な信頼を寄せられている新卒と選考を進めていくわけなので、既卒が新卒扱いを受けて就活するべきか、よく考える必要があるでしょう。

企業によっては新卒扱いの年数が違う

一般的には既卒歴が3年以下を対象に新卒扱いとされていますが、企業によっては年数が違います。

5年以内であれば新卒扱いしてくれる企業もありますし、逆に既卒を新卒扱いしない企業もあります。

企業によってかなりばらつきがあるので、応募する時は注意しておかなければなりません。

既卒が新卒枠で採用された例は少ない

新卒枠にエントリーした既卒が、実際に採用されているケースは非常に例が少ないです。

また、採用されている既卒は、

「けがや病気にかかって就活ができなかった」

「海外留学していて就活ができなかった」

上記の様に、既卒になっても仕方ない理由を持った人たちばかりです。

正当な理由以外で既卒になってしまった場合には、新卒枠で選考を受けたとしても採用される見込みがかなり低いです。

既卒者が就活に成功するポイントとは?

先述した通り、既卒者はあくまでも「応募が可能」というだけなので、純粋な新卒者と比べると選考のハードルが高くなります。

そのため、どちらの採用枠で選考を進めるにしても、就職に成功するポイントを理解しておく必要があります。

  • 既卒になった理由・空白期間を説明できるようにしておく
  • 強い就業意欲をアピールする
  • 悲観的にならず自信を持って就活に取り組む
  • 就活の行動量を増やす

それぞれ見ていきましょう。

既卒になった理由・空白期間をしっかりと説明する

企業が既卒に対して、なぜ既卒になってしまったのか・空白期間(既卒をしていた期間)は何をしていたのか、疑問に感じます。

そのため、この2点の質問は面接の中で必ず聞かれます。

既卒の期間が半年くらいであれば、そこまで問題視されませんが、2年以上にもなると面接官は一気に不信感を感じるでしょう。

しかし、既卒期間の長さに関わらず、100%質問されるので回答を準備しておきましょう。

伝える際には、既卒になってしまった原因だけを話して、言い訳だけで終わらないように気を付けましょう。

面接官は、既卒期間を経験してどのようなことを感じたのかを質問を通して、聞こうとしています。

自分が就職しなかった、正直な理由を明らかにしましょう。

原因を人のせいにしたり、言い訳を並べたりすると印象を下げてしまいますので、避けた方がいいです。

原因を話したうえで、「これからどのように成長したいのか」「仕事にどのように取り組んでいくのか」これからの意気込みをアピールしましょう。

また、こちらの記事で、既卒理由・空白期間について詳しく説明しているので参考にしてみてください。

既卒になった理由はどう答えればいい?解答例とその他の頻度の高い質問を紹介!

強い就業意識をアピールする

新卒として就職せずに、学校を卒業して空白期間ができてしまったという過去を持つ既卒は、企業からあまりいい印象を持たれていません。

企業は既卒者に対して、「就業意識が低い」と懸念していることが多いです。

懸念点を払拭できないと、採用される確率はかなり低いでしょう。

そこで、就職を始めた理由・仕事に取り組む姿勢・キャリアプランなどを具体的に伝えて、強い就業意欲をアピールしましょう。

伝える際には、抽象的な表現を避けて、より具体的に伝えると効果的にアピールできます。

例えばキャリアプランを伝える際には、

「○年後には役職に就き、部下を教育するポジションに就きたい。そのためには~」
「御社で経験を積み、○○万円の売り上げを達成したい」

数字や期限を絡めて伝えると、より就業意欲の強さをアピールできます。

悲観的にならず自信を持って就活に取り組む

既卒として就活している人の中には、「既卒だからどうせ内定を貰えない…」と悲観的になっている人がいます。

就活を悲観的な気持ちで取り組んでしまうと、面接の受け答えが上手くできなかったり、覇気が伝わりません。

そのため、採用担当者にネガティブな印象を与えてしまい、採用する価値の無い人材と思われてしまいます。

これまでの経歴は変えることができないので、自信を持ってポジティブな印象を与えられるようにしましょう。

仕事をしていくうえで、元気や明るさはとても重要な要素です。

面接中の受け答えをするときなど、意識して明るい対応ができる様にしましょう。

就活の行動量を増やす

既卒は新卒や第二新卒に比べてしまうと、内定を貰える可能性がかなり低くなっています。

そのため、企業に条件を多く求めてしまい、エントリーする企業数を少なくするのはあまり得策ではありません。

エントリーする企業が多い方が内定を可能性が高くなるので、なるべくたくさんの企業にエントリーするのが大切。

就活の視野をなるべく広くして、様々な企業にエントリーしましょう。

新卒枠・中途採用どちらで就職するべきか?

既卒は新卒枠以外に、中途採用枠での就職ができ、中途採用枠で就活する人の方が一般的です。

新卒枠・中途採用枠それぞれのメリット・デメリットを紹介していきます。

どちらで受けようか迷っている人は、ぜひ参考にしてみてください。

新卒枠で採用を受けるメリット・デメリット

既卒が新卒枠で就活をしていくうえで、下記のメリット・デメリットがあります。

メリット デメリット
  • 大手企業の選考を受けられる
  • 入社後の研修が充実している
  • たくさんの同期ができる
  • 内定率が低い
  • 内定が多くなる時期を逃すと就活ができない

メリット

まず初めに、新卒枠で採用を受けるメリットを紹介していきます。

大手企業の選考を受けられる

中途採用で選考を受ける場合、求人にある企業のほとんどが中小企業やベンチャー企業などです。

そのため、中途採用枠からの就職では、大手企業や大企業へ就職できる可能性がかなり低いです。

稀に大手企業が求人を出す場合があるものの、大手企業が中途採用枠に求人を出す場合は、即戦力となる経験者を求めているケースがほとんどです。

経歴やスキルが無い既卒が、大手企業の中途採用枠にエントリーしたとしても、内定を貰えるケースはほとんどありません。

対して、新卒枠の求人では若い人材を採用しようとしているので、既卒でも採用される可能性があります。

入社後の研修が充実している

新卒枠にエントリーをして、部に時に内定が貰えれば、一斉入社が可能になるので新卒と同じような充実した研修が受けられます。

社会人としての基礎を学べるので、今後の人生にも活かしていけるスキルが学べるでしょう。

たくさんの同期ができる

中途採用枠で入社する場合は、同じ時期に入社する同期がいません。

自分ひとりで人間関係を築いていかなければならないので、コミュニケーションに自信がない人からすると、人間関係を形成していくのが難しいでしょう。

職場での人間関係が上手くいかず、仕事に悩んでしまう人はたくさんいるので、仕事における人間関係はかなり重要です。

新卒枠で入社する場合には、同期入社がたくさんいるので、人間関係を早い段階で築いていけるでしょう。

デメリット

次にデメリットを紹介していきます。

内定率が低い

先述したように、既卒が新卒枠でエントリーしたとしても採用される可能性が限りなく低いです。

新卒枠で選考が受けられるだけなので、内定を貰えるかは、そこからの個人の努力次第になります。

内定が多くなる時期を逃すと就活ができない

新卒には内定が出る時期がだいたい決まっていて、夏頃~秋口にかけて多くなります。

そのため、採用が多くなる時期を逃してしまうと、企業が採用活動を一気に終わりにするので求人が無くなってしまいます。

中途採用枠で採用を受けるメリット・デメリット

既卒が中途採用枠で就活をしていくメリット・デメリットは下記の通りです。

メリット デメリット
  • 年間を通していつでも就活できる
  • 短期間で採用が決まる
  • 未経験が強みになる場合もある
  • 全て一人で行わなければならない
  • 求人が出るタイミングが突発的
  • 基本的に経験者が優遇される

メリット

まず初めにメリットから紹介していきます。

年間を通していつでも就活できる

企業が年間を通して求人を出しているので、興味がある企業があったら、すぐにエントリーできます。

新卒枠の選考では、就活時期がある程度決まっていますが、中途採用枠では年間を通して就活できるメリットがあります。

短期間で採用が決まる

中途採用枠に求人を出している企業は、一刻も早く人材が欲しいと考えている企業がほとんどです。

そのため、採用期間が1ヶ月くらいの企業が多く、内定までかなり早く進みます。

すぐにでも就職して働き始めたいと考えている人にとっては、ピッタリの採用方法と言えるでしょう。

未経験が強みになる場合もある

社会人経験が長い人になると、仕事への取り組み方や自分なりの仕事のルールが決まっていることが多いです。

そのため、新しい職場のルールや決まりに適応できず、職場に馴染めない人が出てきます。

既卒の場合は、社会に出て働いた経験が無いので、自分のルールや仕事の考えが定まっていません。

真っ新な状態から育てていきたいと考えている企業からしてみれば、将来性に期待して再用意できるので、未経験が有利になる場合があります。

デメリット

次にデメリットを紹介していきます。

全て一人で行わなければならない

企業へのエントリー・履歴書作成・面接対策。企業との予定調整など、就活に関することを全て自分ひとりで行わなければなりません。

既卒の中には、就活をしたことのない人もいると思うので、未経験から人累で行うとなると分からないことや不安なことが出てくるでしょう。

就活の仕方が間違っていると、自分の魅力を十分にアピールできず、採用される可能性もかなり低くなってしまいます

求人が出るタイミングが突発的

中途採用枠の求人は、決まった時期には出されず、企業が人材が欲しいと思った時に出されるので突発的です。

そのため、あなたの興味のある企業が求人を出していたとしても、常に企業の動向をチェックしておかないと掲載期間内に応募できません。

日常的に求人をチェックする習慣を身に付けておきましょう。

基本的に経験者が優遇される

企業が中途際採用枠で求人を出す場合は、即戦力となる求人を求めているケースがほとんどです。

そのため、未経験でスキルが無い既卒が応募したとしてもライバルが強かったり、企業のニーズに合っていないと判断されてしまうので採用のハードルが高いです。

新卒扱いでも本物の新卒には勝てない

ここまで記事を読んだ方なら気付いていると思いますが、既卒が新卒扱いを受けたとしても、本物の新卒には勝てません。

たとえものすごい魅力を持っている既卒でも、「既卒」というレッテルを貼られてしまうと、途端に魅力が無くなってしまいます。

そのため、新卒と同じ土俵で就活を進めていくのは、あまり得策とは言えないかもしれません。

就活の方法は様々なので、自分なりの就活方法で就活をしましょう。

既卒は中途採用枠で就職しよう

この記事を読んでいかがでしたか?

既卒は新卒に比べて、不利なことが多いので新卒枠で就活していくのはあまりおすすめできません。

既卒は既卒なりの就活をしていった方が良いでしょう。

中途採用枠にも大手企業や、あなたに合った優良企業の求人がたくさんあります。

あなたの魅力を最大限に伝えれば、最高の環境で働けるでしょう。

また、こちらの記事も参考にしてみてください!

既卒者が就職しやすい就職先とは?おすすめの職種を紹介!

就活に不安を感じたらリクらくを活用しよう!

もし既卒からの就活に不安を感じたら、リクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、求人の紹介・履歴書の作成・面接対策など就活に関してのあらゆるサポートが完全無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

あなたもリクらくを活用して、既卒からの就職を成功させましょう!