高卒の就職先はブラック企業しか無い!?ブラック企業に共通している特徴を紹介

高卒の就職先はブラック企業しか無い!?ブラック企業に共通している特徴を紹介

高卒として就活を始めた時に、不安になるのがブラック企業の存在…

ブラック企業をイメージした時に、「劣悪な労働環境」「残業が多くて休日出勤が当たり前」などをイメージすると思います。

そんな企業で働くのは絶対に避けたいですよね。

また、ブラック企業の怖いところは、実際に働き始めないとブラック企業なのかが分からないという点。

高卒にとっては初めての就活なので、どの企業がブラック企業なのか、見分けられないでしょう。

そこで今回は、ブラック企業に共通している特徴や、ブラック企業に就職しないための5つの対策を解説。

この記事を読んで、ブラック企業へ就職しないようにしましょう!

高卒は就職の選択肢が少ない分ブラック企業に就職する確率が高い

高卒と違って大卒の場合は、就職先の選択肢は多い分、ブラック企業に入社する可能性が低くなっています。

対して高卒の場合は、就職先の選択肢が少なく、就活が限られてしまうためブラック企業に入社してしまう確率が高くなっています。

そのため、高卒として就職する人は十分に気を付けて就活をして行かなければなりません。

ブラック企業に共通する5つの特徴

ここからは、ブラック企業に共通している5つの特徴を紹介していきます。

  • 採用基準が低い
  • 離職率が高く人の入れ替わりが頻繁
  • 長時間労働が当たり前になっている
  • 具体的な業務内容が不明確
  • 年間通していつでも求人を出している

上記の特徴を理解して、ブラック企業への就職を未然に防ぎましょう。

それぞれ補足して解説していきます。

離職率が高く人の入れ替わりが頻繁

ブラック業界に共通している大きな特徴は、離職率の高さです。

「労働環境が悪い」「給与が低い」など様々な悪条件がある中で、長期間労働をするのはかなり難しいです。

そのため、入社したとしても早期退職者が続出し、離職率が異常に高いという特徴があります。

また、早期退職することを前提としている企業もあり、人が抜けたら再び募集をかけて抜けた分の人員を補填するという流れになっています。

高卒でも人生終わりではない!人生終わりにならない高卒の特徴を解説!

年間通していつでも求人を出している

上記のように、ブラック企業は離職率が高く、人の入れ替わりが激しいため年間を通して求人を出して採用活動を行っています。

そのため求人サイトを頻繁に見る癖がついてくると、求人掲載期間に関係なく、求人を出している企業を見かけると思います。

年間を通して求人を掲載している企業は、ほぼブラック企業と言えるので、間違ってもエントリーしないようにしましょう。

採用基準が低い

「人の入れ替わりが激しい」という特徴に付随して、企業は一人でも多くの人材を獲得したいと考えています。

また、離職率が高い企業は辞めてしまった社員の穴埋めが緊急で必要になるため、採用基準に「学歴」や「資格」などは全く必要としていません。

そのため、選考基準がかなり低く、あっさりと入社できる特徴があります。
求人を見ると「急募!」「学歴不問」などといった言葉を載せている求人案件が多く存在します。

そのような採用水準が低い企業は、ブラック企業の可能性もあるので気を付けておきましょう。

長時間労働が当たり前になっている

ブラック企業では、休日出勤や残業が当たり前になっており、平気で長時間労働を強いられます。

人の入れ替わりが激しため、業務を分散して行うことができず、一人当たりの仕事量がかなり多くなっています。

そのため、ブラック企業に入社してしまうと、早期退職に繋がりキャリアを形成していくことが難しくなるでしょう。

具体的な業務内容が不明確

企業が出している求人には、具体的な業務内容が記載されています。

業務内容は企業を選ぶ際の、大きな要因となってくるため、就活をしている人からしていればとても大切な情報です。

しかし、ブラック企業の場合は、具体的な業務内容を掲載していないケースがあります。

「仕事にやりがいを感じられる職場」

「アットホームな環境で仕事ができます」

上記のように、業務に直接関係ないことが記載されており、実際にどのような業鵜をするのかが不明確です。

業務内容を曖昧にするのは、本当の業務内容を記載してしまうと、応募が集まらないため恵です。

一人でも多くの応募希望者を集めるために、業務内容をあいまいにし、安定した職場をアピールしているのです。

そのため、あまりにも前向きな言葉を載せている求人や、業務内容が不明確な求人には十分に注意しましょう。

ブラック企業に入社しないための5つの対策

ブラック企業の特徴が上記で理解できたかと思います。

そこで次に、ブラック喫業に入社しないための5つの対策を紹介していきたいと思います。

  • 面接で直接質問する
  • ネットの口コミを見る
  • 実際に働いている人から情報を仕入れる
  • ブラック企業の求人を見抜く
  • 就活エージェントを活用する

それぞれ見ていきましょう。

面接で直接質問する

求人や企業のホームページだけでは、ブラック企業か判断できないという人も多いかと思います。

そのような人は、面接を受けた際に気になったことを、思いつく限り質問してみましょう

  • 働いている人の一日の流れを教えて下さい
  • 休日出勤の頻度や残業時間の平均はどのくらいですか?
  • 会社を退職している人の理由は何ですか?
  • 職場の人間関係は良好ですか?

上記のような質問でも良いですし、自分の気になったことがあれば、気になったことを質問しても構いません。

面接の質問の際に、遠慮して聞けなかったりすると、入社してから必ず後悔することになります。

いくつ質問しても合否に関係することは無いので、疑問を抱えたまま面接が終わらない様にしましょう。

ネットの口コミを見る

現代では、ネットで企業名を検索すると、その会社に在籍していた人や会社に関連した人がその会社についての口コミを見ることができます。

携帯1つでどこでも行えるため、スピーディーに企業の内情を把握できます。

しかし、口コミは主観的だったり、実際に所属してない人が代理で書いてある場合もあるため全てを鵜呑みにするのはよくありません。

あくまでも、参考程度に見ておきましょう。

実際に働いている人から情報を仕入れる

応募しようとしている企業で働いている人がいる場合は、その人から企業の情報を仕入れるようにしましょう。

求人やネットの口コミだけでは伝わってこない、企業のリアルな情報が聞けます。

また、応募先の企業で働いていなかったとしても、その会社の取引先などの関連していそうな会社で働いている人に聞くのも良いでしょう。

今すぐに、知人や友人を辿って、関連している会社で働いている人がいないか探してみましょう。

ブラック企業の求人を見抜く

先程の章で解説したように、ブラック企業の求人には様々な特徴があります。

  • 離職率が高い
  • 年間を通して求人を出している
  • 業務内容が不明確
  • 「未経験歓迎」「学歴不問」「急募」などが書かれている

上記のような特徴がある求人は、ブラック企業の可能性が高いです。

求人自体は携帯1つでいつでも見られるため、日頃から求人を見る癖をつけていきましょう。

色々な求人を見ていくうちに、その求人がブラック企業なのかが、次第にわかるようになります。

高卒にはどのような就職先がある?高卒におすすめする7つの仕事を紹介

就活エージェントを活用する

ブラック企業に就職しない一番手堅い方法は。就活エージェントの活用です。

就活エージェントは、企業の採用担当者と繋がりがあるため、企業のリアルな現状を知ることができます。

加えて、就活エージェントが抱えている求人は、求人サイトに掲載されているものよりもかなり質が高いです。

そのため、ブラック企業どころか、労働環境が整っているホワイト企業に就職できる可能性も出てきます。

就活エージェントはかなりたくさんの種類がありますが、高卒からの就活には当サイトのリクらくがおすすめです。

この記事の最後に、リクらくのサービスを詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみてください。

入念な企業研究がブラック企業への入社を防ぐ!

ここまで読んでいかがでしたか?

ブラック企業には様々な特徴があることが理解できたかと思います。

何も考えずに就活を進めてしまうと、ブラック企業に入社してしまう可能性が高くなるので、入念に企業研究をするのが大切です。

また、就活は人生の中でも一大イベントなので、満足する就活ができるように、万全の準備を整えるようにしましょう。

ブラック企業への就職を防ぐにはリクらくを活用!

ブラック企業への就職をどうしても防ぎたいという人は、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、丁寧なカウンセリングを行ってから就活を始めます。

そのため、あなたにとって理想的な企業が見つかり、ブラック企業への驟雨職を防げるでしょう。

リクらくを活用した人の採用率は90%を超えており、受けられるサービスは完全無料となっています。

多くの人の就職を成功させているリクらくであなたの就職も成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!