高卒からでも高収入を得られる?おすすめの資格や職種を解説

高卒からでも高収入を得られる?おすすめの資格や職種を解説

「仕事をするからには収入の高い仕事に就きたい!」

「高卒でも稼げる仕事に就けるのだろうか…」

上記の様に「高卒だから」という理由で、高収入を諦めていませんか?

確かに大卒と比べてしまうと、平均収入や就職先の選択肢などは少ないのは紛れもない事実。

だからと言って、社会に出てから稼げるかどうかは、学歴よりもその人の仕事の意欲や就活の工夫次第の側面が大きいです。

そこでこの記事では、高収入に繋がるおすすめの資格や、高卒からでも無資格で就職できる職種を紹介していきます。

この記事を読んで明確な目的を持ち、ひたむきに就活すれば必ず高収入が得られる仕事に就けます。

doda 商標
公開求人数 約110,000件
非公開求人数 公開求人数に含まれています
対応地域 全国
対応年代 20代~40代
主な職種 営業・IT関連・コンサル・接客など
注目ポイント
  • 掲載求人数業界トップクラス!
  • 実績のあるエージェントのサポート!
  • 詳細な条件で求人検索ができる!

高収入を得るためにも高卒就活の現状を理解しておこう

高卒だからと言って、最初からあきらめない様にしましょう!
冒頭でも触れましたが、大卒や専門卒に比べてしまうと、高卒は就活やその後の収入の面で劣ってしまいます。

高卒の人からすれば悲しき現実。

しかし、高卒の自分が置かれている現状を理解すれば、これからの就活に対しての対策をとることができます。

高卒は大卒・専門卒などに比べて平均収入が低い

厚生労働省が調査した「賃金構造基本統計調査」によると大卒、高卒の平均年収は男女別で以下の表のようになります。(※全ての年代の合計値)

高卒 大卒
男性 291万円 400万円
女性 212万円 290万円

上記の表からもわかる通り、高卒と大卒では平均年収に約100万円の違いがあります。

この数字だけ見てしまうと、「やはり高卒の現実は厳しい」と思ってしまうでしょう。

しかし、上記表はあくまで全ての年代の平均年収になっているため、中には高卒からでも高収入を得ている人はたくさん存在します。

また、高卒は大卒と比べて4年早く働き始めるため、その年数分仕事のスキルを磨けて社会人としての能力を蓄積できます。

大学進学していない分、学費もかからないため奨学金を返済しなくて済むと考えたらそれだけで大きなメリットになるでしょう。

高卒のボーナスの平均額とは?夏と冬で貰える額は違う?

就職先の選択肢が少ない

「高学歴=職業の選択肢の幅も広い」と認識されているのが現状となっているため、高卒の就職先の選択肢は大卒と比べると少なくなっています

そのため、求人を見てみると「大卒以上」「専門学校卒業」などと、応募条件がかけられている求人も。

また応募条件をかけている企業は押しなべて、大手企業や大企業が多くなっているため、高卒との収入に差が出る原因となっています。

しかし、選択肢が少なくなってしまうものの、高卒を積極的に採用している企業もたくさんあります。

その企業の中には、学歴を重視しないで実力のみを評価してくれる企業もあり、高卒からでも高収入を得られる環境が整っています。

企業研究を入念に行い、企業がどのような評価制度なのか、学歴が昇進・昇給に関係しているのかを調べておきましょう。

dodaは高卒向けの求人を多数取り扱っている!

doda 商標

業界最大規模を誇るdodaでは高卒を積極的に採用している企業の求人を多数掲載しています。

学歴のハンデを感じずに転職できるので満足度の高い転職が実現できます。

利用料は一切かからないので、気になる人は下記より申し込みをしてみてくださいね。

doda公式サイト

高卒から高収入を目指す方法

前章を読むと高卒と大卒で収入差や、就職の選択肢の違いが理解できたと同時に、就職に対して不安を持つ人もいるでしょう。

大卒と高卒で差があるのは紛れもない事実なので、受け入れるしかありません。

そこでここからは、高卒から高収入を目指す方法を紹介していきます。

  • 高収入を狙える資格を取得する
  • 収入が良いとされている仕事に就く
  • 実力主義の職種に就く
  • 専門的なスキルを身に付ける

それぞれ見ていきましょう。

高収入を狙える資格を取得する

資格の中には、受講資格が大卒以上となっている資格があるものの、学歴に関係なく取得できる資格もたくさん存在します。

最終学歴が高卒でも、就活に有利な資格を取得すれば、高収入を目指せる仕事に就ける可能性が高くなるでしょう。

しかし、資格によっては取得できるまでに長期間かかってしまうものや、合格難易度が高い資格も存在します。

資格を取得しようとしている人は、事前に受験難易度や試験勉強にかかる時間などを調べておきましょう。

高卒の就職に役立つ資格を紹介!資格を取って有利に就活を進めよう

収入が良いとされている仕事に就く

高卒が就職できる職種は限られているものの、高収入を目指せる職種があるのも確かです。

そのため、手当たり次第に様々な企業にエントリーするのはあまり得策と言えません。

業界研究・企業研究を入念に行い、どの様な職種が高収入を目指せるのか、事前に調べておきましょう。

また、この記事の後半に高卒からでも就職できる収入が高い仕事を紹介しているので、ぜひ参考にしてみて下さい。

dodaでは高収入求人多数!

doda 商標

業界最大規模を誇るdodaでは、未経験者向けの求人でも高収入を狙える質の良い求人が揃っています。

年収が低い傾向のある高卒でも高収入を狙えるので、大卒と変わらない収入を得られます。

利用料は一切かからないので、気になる人は下記より申し込みをしてみてくださいね。

doda公式サイト

実力主義の職種に就く

企業や職種によって評価制度が異なり、学歴や年齢によって評価が決まる企業もあります。

そのような企業の場合、高卒として就職してしまうと、中々昇進や昇給の機会が少ないかもしれません。

しかし、年次や学歴に関係なく、仕事の成果のみを評価してくれる企業の場合は、高卒からでも仕事の成果次第では高収入を稼げます。

ただ、仕事の成果をあげられないといつまで経っても収入が上がらないため、安定志向が強い人にはあまり向いてないかもしれません。

専門的なスキルを身に付ける

仕事に必要なスキルや知識だけではなく、仕事に関係する専門性が高いスキルを取得するのも高収入に繋がります。

例えば、外国語を話せるようになると、日本国内だけではなく海外で働くこともでき様々な可能性が広がります。

一度身に付けたスキルはこの先、需要が絶えない限り仕事に活かしていけるため、安定した収入を得られます。

将来的には独立したり、フリーランスとして働くこともできるので、能動的にスキルを身に付けておくようにしましょう。

高卒が取得できる高収入に繋がる資格

それではここから、高卒からでも取得できる高収入に繋がる資格を紹介していきます。

  • 介護福祉士
  • ファイナンシャル・プランニング技能士
  • 宅地建物取引士

それぞれ見ていきましょう。

介護福祉士

昨今では少子高齢化に拍車がかかり、日本の大きな問題となってきています。

それを受けて、介護業界は高齢者の数に対して介護者の数が少なく、慢性的な人手不足を抱えています。

そのため、介護業界では様座な年代の人材を求めており、中でも将来性のある若い年代のニーズが急激に高まっています。

介護福祉士自体は免許が無くても始められるものの、介護福祉士の資格があると、就活で有利になり待遇もかなり上がります。

また、介護福祉士はこの先も需要が絶えない職業なので、将来的に失業してしまう恐れもほとんどありません。

加えて、介護福祉士の資格取得率は70%を超えているので、比較的取得しやすい資格と言えるでしょう。

ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャルプランナーとは、節約から税金・投資・住宅ローン・不動産・教育・老後・相続まで、ありとあらゆるお金のエキスパート。

一口にお金といっても、世の中で出回っているお金にはさまざまな形・種類があります。

例えば、財布の中にあるお金から銀行の預金、株式などの投資に回されるお金。

また、国や地方公共団体が徴収する税金や企業が融資を受ける借入金など…。

ファイナンシャルプランナーは、これらのお金のうち、

  • ライフプランニングと資金計画
  • 金融資産運用
  • タックスプランニング
  • リスク管理
  • 不動産
  • 相続・事業承継

以上の6つの分野のお金を扱います。

銀行や保険や証券などの金融業界、住宅メーカーや物件仲介業などの不動産業界の業務上でFPの知識がかなり役立ちます。

上記の業界への就職を希望している場合は、FP資格を持っていれば、即戦力として採用の可能性があります。

また、ファイナンシャルプランナーの年収は所属する事務所によって大きく異なるものの、300万~650万と言われております。

勤続年数や仕事のスキルによって、さらに年収が上がっていくため高収入を稼げる仕事と言えます。

宅地建物取引士

就職希望先を不動産業界においている人は、宅地建物取引士の資格を取得していればかなり有利に就活を進められます。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸物件の取引の際に、その土地や建物についてお客様に詳しい説明を行うための国家資格。

企業によっては、宅地建物取引士の資格が必須としている企業もあり、入社後に資格を取らなければならないケースも多々あります。

そのため、入社の時点で資格を持っていれば、即戦力人材として就活を有利に進められます。

また、宅地建物取引士として働いている人の平均年収は500~700万とされており、高卒の平均的な収入よりも高い収入が得られます。

しかし、宅地建物取引士の資格を取るのは容易ではなく、合格率は15%とかなり倍率が高くなっています。

もし資格を取ろうとしている人は、計画的に資格勉強を進めていきましょう。

高収入が得られ高卒から無資格で始められる職種

ここからは資格が無くても、高卒から就職できる職種を説明していきます。

いずれの仕事も仕事内容こそ異なるものの、共通しているのは実力主義の仕事という点。

学歴が一切問われないため、企業から適性があると判断されれば就職でき、実力があればそれに見合った収入を得られます。

  • 営業職
  • IT業界のエンジニア
  • 建設作業員

それぞれ補足して説明していきます。

営業職

営業職は仕事のスキルや学歴に関係なく、人柄や仕事に対してのやる気があれば、学歴不問で挑戦できる業界です。

営業職の他の仕事と違い、固定給以外にインセンティブ手当てが付きます。

インセンティブ手当てとは、仕事で成果を上げた分だけ自分の手当として還元されるという手当て。

そのため、学歴に関わらず仕事の中で成果を上げることができれば、高収入に繋がります。

取り扱う商材によって、利益額が大きく異なるものの、中卒におすすめなのは「不動産営業」と「保険営業」。

どちらにしても1件当たりの単価がものすごく高いため、契約を結べれば大きな収入に繋がります。

学歴が求められない分、実力が全ての業界になっているため、仕事で成果をあげられないといつまで経っても昇進や昇給できません。

安定志向が強い人にはあまり向いていない職種で、向上心が強い人には最適な職種と言えるでしょう。

IT業界のエンジニア

「高卒からIT系の業界に就職できるわけない」と思うかもしれませんが、IT業界でも多くの未経験者を募集しています。

IT業界では、急速なIT技術の発展に伴い、多様化するニーズに既存の社員だけでは応えられない企業が多くなっています。

経験者のみを募集しても、人材を確保しきれない企業が多くなっているため未経験者も募集するようになりました。

そのため、企業ごとに未経験者からでも仕事のスキルを磨いていける、確立した研修体制が整っています。

少しでも早く現場に出て、会社の一員になってほしいと考えているので、質のいい研修を受けられます。

また、IT業界はこれからの時代において、最も必要とされる業界の1つ。

時代が進んでもニーズが無くならないため、ITのスキルを身に付ければ、この先職に困ることはありません。

IT業界はかなりの実力主義となっているため、仕事の成果を上げた分だけ、収入があがっていきます。

建設作業員

建設業は家を作ったり道路工事をしたりと、主に体を使う仕事で主に男性の割合が高い仕事。

建設業界の中でも様々な職種があり、中には大卒からではないと就職できない職種もあるものの、現場の作業員であれば中卒からでも就職できます。

一昔前まで建設業界は、3K(汚い・キツイ・危険)と言われており、若い人材が集まらない業界とされていました。

しかし、現代では働き方が改善されてきており、建設業界のイメージや労働環境などが見直されてきています。

もちろん力仕事の外作業になるため、身体的に大変な面もあるかもしれませんが、その分だけ給与が高いメリットもあります。

また、平均収入が低い高卒の中でも、建設業界で働いている人の年収は平均よりも高い傾向があります。

高卒からでも高収入を稼げる!明確な目的を持った就活を

ここまで読んでいかがでしたか?

修飾に不利とされている高卒でも、資格を取得したり、高収入を稼げる実力主義の職種に就職すれば大卒に劣らない収入を稼げます。

一番やってはいけないのは、「高卒だから…」と悲観的になること。

悲観的になっていると、企業から見て魅力的な人材に見えず、採用する価値のない人と判断されます。

明るくひたむきに就活を行えば、必ず内定を貰えるので諦めずに就活を行っていきましょう!

doda 商標
公開求人数 約110,000件
非公開求人数 公開求人数に含まれています
対応地域 全国
対応年代 20代~40代
主な職種 営業・IT関連・コンサル・接客など
注目ポイント
  • 掲載求人数業界トップクラス!
  • 実績のあるエージェントのサポート!
  • 詳細な条件で求人検索ができる!