高卒必見!年収1000万円を稼ぐ方法を紹介します!

高卒必見!年収1000万円を稼ぐ方法を紹介します!

高卒の平均年収は低いと言われているものの、どうせ働くのであれば高収入を目指したいという人が多いのではないでしょうか?

大卒として大手企業に入社できれば、年収1000万稼ぐのも不可能ではないものの、高卒として年収1000万円を目指すのはかなり難易度が高いのが現実。

果たして高卒から年収1000万円を稼ぐことはできるのでしょうか?

そこでこの記事では、高卒からでも1000万円を目指せる職種や資格、1000万円を稼ぐための秘訣を紹介します。

高卒の人は是非この記事を参考にして、今後のキャリア形成に役立ててみて下さいね。

学歴に関わらず年収1000万稼いでいる人はごく僅か!

現代日本では、平均年収が450万円〜500万円ほど、と言われている時代。

そのため、年収1000万円稼いでいる場合は、一般的な人の2倍の給与を得ているということになります。

国税庁による「平成29年分民間給与実態統計調査」によると、年収が1000万円を超えている人の割合は全体の4.5%。

全年代の100人中4人しか年収1000万に届いていない計算になります。

会社に勤めている20代で年収1000万はほぼ0%

起業している人や投資に成功している20代を除いて、会社に勤めいている20代で年収が1000万を超えている人はほぼ0%です。

日本の多くの企業では、勤続年数や年次に合わせて給与が上がっていく年功序列制度を採用している企業がほとんど。

そのため、20代のうちから年収が1000万円に到達している人は中々いません。

有名大学を卒業し大手企業や大企業に就職している人の中には、20代のうちから年収1000万円に到達している人が僅かにいます。

しかし、高卒の20代から年収1000万円を稼ぐのはかなり困難というのが現状となっています。

高卒でも就職できる年収1000万稼げる職種

前章で述べた通り、20代のうちから年収1000万を稼ぐのはかなり困難です。

しかし、20代のうちには稼げなくとも、長期的な目で見て将来的に年収1000万を目指すのは可能。

実際高卒として就職し、1000万円稼いでいる人がいるのも事実です。

そこでここからは、高卒が就職できて高収入が稼げる職種を紹介していきます。

それぞれの職種を見ていきましょう。

保険・不動産などの営業職

営業職で求められるのは、コミュニケーション能力や人当たりの良さなどの人間的な部分となっており、高卒からでも就職が可能です。

営業職の他の仕事とは異なる大きな特徴は、インセンティブ手当てが付くという点。

インセンティブ手当てとは、仕事で成果を上げた分だけ自分の手当として還元されるという手当てです。

そのため、学歴に関わらず仕事の中で成果を上げることができれば、高収入に繋がります。

取り扱う商材によって、利益額が大きく異なるものの、高収入が得られる営業の種類は「不動産営業」と「保険営業」。

どちらにしても1件当たりの単価がものすごく高いため、契約を結べれば大きな収入に繋がります。

実際に営業で実力のある人の中には、1000万プレイヤーがたくさんいます。

高卒から営業職に就職できる?営業職の種類や向いている人の特徴とは?

IT業界の技術職

IT業界と聞くと、学歴が高い人しか就職できず高卒からは就職できないのでは?と思う人も多いでしょう。

しかし、IT業界は既存の仕事に対しての人材の割合が足りていないため、学歴や経験を問わずに採用活動を行っています。

そのため、高卒からでも仕事に対しての意欲が認められて、適性があると判断されれば十分に就職が可能。

IT業界はこの先需要が増える一方で、衰退しない業界と言われているため、一度ITに関する知識やスキルを身に付ければ将来的に安泰です。

一通りの仕事が完璧にこなせるようになったら、フリーランスとしてキャリアを形成したり、起業して自分の会社を立ち上げることもできます。

もちろん、未経験の状態から仕事を始めるため、最初のうちはできる仕事が少なく年収が低くなっています。

しかし、仕事をしていく中でスキルを磨いていけば、おのずと年収も上がっていき相ら鵜的には年収1000万円も目指せます。

際限なく可能性が広がっていくため、向上心が強く、新しい業界に飛び込みたいと考えている人におすすめです。

高卒からIT業界への就職は可能?就職に成功する秘訣や求められるスキルを紹介

飲食店の経営者

飲食業界で働いている正社員のほとんどが、中卒・高卒で大卒が働いているケースが少ないため、出世のチャンスが多い職種です。

飲食業界は、人手不足を抱えている業界でもあるため、昇進のチャンスが多く回ってくるのも大きな特徴。

実際に、20代前半のうちから店長の役職を与えられている人も多く、早い段階から管理者側についている人が大勢います。

順調に出世していけば、20代後半にはマネージャー・本社勤務などと昇進していけるでしょう。

また、飲食のノウハウ・店舗運営のノウハウを学べば、将来的に独立して自分の店舗を持つことも可能です。

店舗の売り上げ次第では複数のお店を出店でき、さらなる高収入を稼げるでしょう。

建設業の管理職

建設作業員は「学歴不問」「未経験歓迎」の人材を積極的に採用しているため、学歴が低いとされている高卒からでも始められる仕事。

「建設作業員って誰でもなれるし、高収入を貰っているイメージが無い」という人もいるでしょう。

しかし、企業によっては資格取得にかかる費用を負担してくれて多くの資格を取得させてくれるため、働きながら資格を取得し仕事のスキルを磨いていけます。

資格を取得することで資格手当が貰えて、経験を積み仕事の幅を増やすことで責任のある立場を任されるため収入アップに繋がるでしょう。

また、建設業界は身体を酷使する仕事で体力的にかなり負担が大きいものの、その分平均的な収入額も高いのが特徴。

仕事の経験を積んでいき、スキルを磨けば順調に出世していけるため、体力面に自信がある人に向いていると言えます。

勤続年数が上がっていくにつれて、現場の責任者、作業員の管理者と出世していけるため、さらなる年収アップが望めるでしょう。

高収入を狙える資格を取得して1000万円を稼ぐ!

就職に有利な資格を取得していることで、将来的に年収1000万につながるケースもあります。

そこでここからは、高卒からでも取得できる資格を紹介していきます。

それぞれ補足して説明していきます。

宅地建物取引士

不動産業界を目指している場合は、宅地建物取引士の資格を取得していれば、かなり有利に就活を進められます。

宅地建物取引士は、不動産の売買や賃貸物件の取引の際に、その土地や建物についてお客様に詳しい説明を行うための国家資格。

企業によっては、宅地建物取引士の資格が必須としている企業もあり、入社後に資格を取らなければならないケースも多々あります。

そのため、入社の時点で資格を持っていれば、即戦力として就活を有利に進められます。

また、宅地建物取引士として働いている人の平均年収は500~700万とされており、かなり高くなっています。

スキルを磨きキャリアを形成していけば、将来的に年収1000万も決して夢ではありません。

しかし、宅地建物取引士の資格を取るのは容易ではなく、合格率は15%とかなり倍率が高くなっています。

もし資格を取ろうとしている人は、計画的に資格勉強を進めていきましょう。

旅行業務取扱管理者

旅行業務取扱管理者の資格を取得していれば、旅行業界への就職にかなり有効になります。

大手の旅行会社では就職後に、国内旅行業務取扱管理者を持っていない人達に対して、資格の取得を奨励する場合があることも。

そのため、入社前に資格を取得しておけば、就活~入社後までかなり有利になります。

国内旅行のみを取り扱うことのできる国内旅行業務取扱管理者と、海外旅行も取り扱うことのできる総合旅行業務取扱管理者の二種類があり、どちらも国家資格です。

また、国内と総合の合格率は国内で60%程度・総合は15~20%前後と難易度にはかなりの差があり、総合の方が圧倒的に困難です。

旅行業務取扱管理者として働いている人の年収は、平均500万円ほど。

しかし、勤続年数やスキルに伴って収入もアップしていくため、将来的には年収1000万円も夢ではありません。

通関士

通関士は貿易に関する唯一の国家資格で、輸出入者の代理人として税関に輸出入の申告や各種手続きを行う仕事。

海外から輸出入しようとする場合、輸出入者は、その物品の内容を国の機関である税関に申告しなければなりません。

しかし、会社のビジネスとして大量に、そして頻繁に輸出入を行う企業の場合は、税関への申告を全て自社で行うのは大きな負担になります。

税関への申告や手続きを代行してくれる「通関業者」に輸出入に必要な通関手続きを任せるケースが多くなり、その実務を取り仕切るのが通関士。

グローバル化が進んでいる現代において、海外と取引できる通関士は将来性のある仕事と言われています。

年収1000万稼いでいる人の数こそ少ないものの、通関士の平均年収は500万~800万とされており、他の職種と比べて高い収入が貰えます。

通関士の資格は国家資格で、合格率が10%前後とかなり取得難易度が高くなっているものの、苦労して取得する価値があると言えるでしょう。

最初の収入は低くてもキャリアを積んでいけば収入が上がっていく

高卒に限らず就職して数年は、できる仕事が限られていたり、仕事上の責任量が少ないため年収が低くなってしまいます。

しかし、勤続年数が増えていくにつれて、年収はおのずと上がっていきます。

そのため、現状の年収が低いからと言って、すぐに仕事を変えてしまうのはあまり得策とは言えません。

将来のことをしっかりと考えて、今の職場で仕事を続けていくべきなのか、転職して新しい職種に転職すべきなのか考えてみましょう。

今の職場で年収が上がる見込みがない場合は転職も1つの方法

「職場の先輩たちの年収が低い」「会社の将来性に不安がある」などと、今の職場で年収が上がる見込みがない場合は、思い切って転職するのも1つの手です。

年収が上がる見込みが低い企業で長期間勤務してしまうと、将来的な不安要素が大きくなってしまいます。

自分の置かれている環境を見つめなおして、転職が必要な場合には思い切って転職してしまいましょう。

高卒としてのキャリアに不安を感じたらリクらくを活用!

高卒として就職しようと思っている人、転職しようと思っている人で、将来のキャリアに不安を感じたら当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、「未経験歓迎」「学齢不問」の求人を多く抱えており、高卒からでも活躍できる求人が揃っています。

履歴書の作成・面接対策などの就職に関する全てのサポートが完全無料で受けられ、活用した人の内定率は90%を超えています。

安定した実績を誇っているリクらくを活用して。高卒からのキャリアを築いていきましょう!

あなたのお電お待ちしています!