中卒30代に仕事はある?おすすめの職種と仕事を探す際の注意点を紹介

中卒30代に仕事はある?おすすめの職種と仕事を探す際の注意点を紹介

中学卒業にフリーターや、派遣社員などをしてきて30代に差し掛かった人の中には、「そろそろ正社員として働きたい」と考える人もいるでしょう。

しかし、中卒は他の学歴と比べて就活に不利になり、加えて30代ともなると若い年代ともいえません。

そのため、「正社員として採用してくれる企業はあるのか」と不安を感じてしまう人が多いと思います。

そこでこの記事では、企業が中卒30代に持っているイメージやおすすめの職種、仕事を探す際の注意点を解説。

中卒30代として就活しようとしている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

企業が中卒の30代に対して思っていること

まず初めに、企業が中卒の30代に対して思っていることから紹介していきます。

  • なぜ30代にもなって仕事を探しているのか
  • 社会人マナーが身に付いていないのでは
  • 採用しても企業にとってプラスにならないのでは

企業からどう見られているかを知れば、対策を取りながら就活を進めていけるので、企業からのイメージを理解しておきましょう。

なぜ30代にもなって仕事を探しているのか

まず初めに思う事は、なぜ30代にもなって仕事を探しているのかという点。

一般的に30代では、今までの経験を活かして、同業種へのキャリアアップ転職するのがほとんどです。

そのため、学歴が中卒ということよりも、30代まで正社員として働かずに過ごしてきたことに少なからず疑問を持ちます。

社会人マナーが身に付いていないのでは

中学卒業から30代の今に至るまで正社員として働いていないため、

  • 社会人としての言葉使いや態度
  • 仕事に対しての考え方
  • 社会常識

上記などの基本的なマナーが身に付いていないのではないかと思われています。

仕事以前に社会人マナーが身に付いていないと、企業がからしても扱いづらい人材という風に見られます。

採用しても企業にとってプラスにならないのでは

正社員とアルバイト・派遣社員とでは、仕事内容や仕事上の責任が大きく異なるため、正社員として働いた経験がないとスキルや経験が乏しいと判断されます。

そのため、企業側からすればスキルがない人を採用しても、会社にプラスにならないと判断され採用に至らないケースがほとんど。

若い年代であれば、仕事の呑み込みの早さやポテンシャルの高さを買われるものの、30代ともなると成長性が低くなってしまいます。

中卒の30代でも新しい仕事に就けます

前の章を読むと30代中卒からの就活が厳しいと感じたかもしれませんが、100%就職できないという訳ではありません。

30代は就活市場においてはギリギリ若い年齢という認識で、たとえ学歴が低くても、求めている会社は確実にあります。

また、業界によっては人手不足を抱えているところも多く、そのような業界は年齢や学歴に関わらず積極的な採用を行っています。

そのため、仕事を探す際は人手不足を抱えている業界を中心に探すようにしましょう。

中卒30代におすすめの5つの職種

ここからは、慢性的な人手不足を抱えている、中卒におすすめの5つの職種を紹介していきます。

いずれの業界も「年齢不問」「学歴不問」とされているため、30代の中卒でも正社員として採用してくれる可能性が高いです。

営業職

営業職は経歴・学歴などを重視していない傾向があるので、中卒の30代でも転職することが可能です。

主に求められるスキルとしては、コミュニケーション能力などの人間的な部分。

これらの要素を身につけている人は営業としてのスキル・知識が無くても転職可能です。

また、営業職は成果を上げた分だけの収入がもらえる職種でもあるので、実力と成果次第では高収入を目指せます。

営業職を目指している人にはマイナビエージェントがおすすめ!

マイナビエージェント

マイナビエージェントには営業職をはじめ、豊富な種類の求人が掲載されている転職エージェントです。

知名度も非常に高く、支援実績も豊富なので学歴・経歴に不安がある人でも安心して利用できます。

担当者から手厚いサポートを受けらえるので是非利用してみてくださいね。

事務職

中卒30代の女性におすすめなのが仕事量が落ち着いており、残業や休日出勤がほとんどない事務職です。

事務職は請求書処理・ファイリング・データ入力などの単純な作業がメインなので、学歴・経歴が無くても転職可能です。

初めは派遣社員や契約社員、パートからかもしれませんが、勤続年数が増えれば正社員に登用できます。

また、事務職は女性が多いので異性が多い職場と比べると人間関係を構築しやすいのもメリットです。

事務への転職にはマイナビキャリレーションがおすすめ!

事務への転職にはマイナビキャリレーション

マイナビキャリレーションは転職大手であるマイナビが運営してる事務に特化している派遣サービスです。

経験の有無を問わず幅広く採用活動を行っているので、様々な経歴の人が問題なく利用できます。

また、入社後には充実した研修カリキュラムが組まれているので、安心して事務としてのスタートを切れます!

\業界最大級の無期雇用派遣サービス!/
公式サイト

介護業界

現代では急激な少子高齢化に伴って、高齢者の数が増えてきており、介護業界へのニーズが高くなっています。

しかし、業界全体へのニーズが高くなっているにも関わらず、介護業界は慢性的な人で不足を抱えており大きな問題に。

そのため、学歴や年齢に関係なく様々な世代の人材を求めています。

介護業界の特徴は学歴や資格、経験に無く始められて、仕事をしていく中で資格が取得できスキルを高められるという点。

企業が資格取得を完全サポートしているため、教材費や受験費用を企業が負担してくれます。

資格を取得すれば、業務内容の幅が広がるだけでなく、資格手当てが付いて収入もアップします。

介護職への転職にはマイナビ介護職がおすすめ!

介護職への転職にはマイナビ介護職がおすすめ!

介護職への転職にはマイナビ介護職がおすすめです。

マイナビ介護職は介護転職支援サービスで介護福祉士が利用したいサイト№1に輝いている実績もあります。

介護業界トップクラスの求人数・手厚いサポート・全国各地のサポートなど、サービスも充実しています。

\介護福祉士が利用したいサイト№1/
公式サイト

建設業界

建設業は、家を作ったり道路工事をしたりと、主に体を使う仕事で主に男性の割合が高い仕事。

建設業界の中でも様々な職種があり、中には大卒からではないと就職できない職種もあるものの、現場の作業員であれば30代の中卒からでも就職できます。

一昔前まで建設業界は、3K(汚い・キツイ・危険)と言われており、若い人材が集まらない業界とされていました。

しかし、現代では働き方が改善されてきており、建設業界のイメージや労働環境などが見直されてきています。

もちろん力仕事の外作業になるため、身体的に大変な面もあるかもしれませんが、その分だけ給与が高いメリットもあります。

また、平均収入が低い中卒の中でも、建設業界で働いている人の年収は平均よりも高い傾向があります。

工場

工場作業員は、学歴や年齢に関係なく中卒の30代でも就職できる仕事です。

工場によって製造しているものに違いがあるものの、全ての企業で業務内容がマニュアル化されています。

そのため、どのような経験をしてきたとしても一からマニュアルで学んでいくため、学歴は全く関係ありません。

複雑な作業ほとんどなく、決まりきった作業を行っていくため、これまでに働いた経験が無くても仕事を始められます。

働き次第では、班長・主任・部長などと順調に昇進していくことが可能で、中卒からでも高収入を得られる可能性が十分にあります。

また、シフト制で昼夜関係なく働くため、身体的に負担が大きいもののその分深夜手当てが付くため収入も低いわけではありません。

高卒が工場で働くのはあり?工場勤務の労働環境やメリット・デメリットを解説

中卒30代が仕事探しをする際の注意点

中卒30代でも就職できる業界が理解できたところで、仕事探す際の注意点について説明していきます。

  • 「30代中卒」を引け目に感じず前向きに就活に取り組む
  • 企業に希望条件を求めすぎないようにする
  • ブラック企業の特徴を理解しておく

この注意点を理解しておかないと、就活が上手くいかなかったり、就職できたとしても早期退職してしまう恐れがあります。

「30代中卒」を引け目に感じず前向きに就活に取り組む

「最終学歴が中卒だから…」「30代でもう若い年齢でもないし…」などのようにネガティブな感情を持ったまま就活を進めるのは辞めましょう。

採用する企業側からしても、ネガティブな感情を持っている人を進んで採用する気にはなれません。

年齢や学歴などの経歴に関しては、どうやっても変えられるものではないため、悲観的にならずポジティブな感情を持って就活に取り組みましょう。

「年齢も高く学歴もありませんが一生懸命働きます」くらいの気概を持っていれば、意欲があると判断されて採用に至る可能性が高くなります。

企業に希望条件を求めすぎないようにする

仕事を探している段階で、「ある程度の収入が稼げる会社が良い」「残業が少ない会社が良い」など条件を求めすぎてしまうのは辞めましょう。

元々就職先の選択肢が少ないため、条件を求めてしまうとさらに選択肢が少なくなってしまいます。

そのため、採用してくれる企業があれば、どんな仕事でもやるという意気込みをもっておきましょう。

就活の段階では興味がなかった仕事でも、必死に仕事をこなしていく中で、やりがいを見出すこともあります。

ブラック企業の特徴を理解しておく

就職先が少ないとは言っても、ブラック企業と呼ばれる企業に就職してしまうと、労働環境が整っていないため早期退職に繋がる恐れがあります。

早期退職を繰り返してしまうと、さらに就職先の選択肢が少なくなり、就職したくても就職できない状況に陥ってしまいます。

その状況を防ぐためにも、ブラック企業に共通している特徴を理解しておきましょう。

面接に行った際の企業の雰囲気や職場環境などを見て、自分に合っていそうな職場なのか判断してみましょう。

諦めずに就活を進めれば30代でも就職できる

最後は感情論になってしまいますが、30代の中卒でも諦めずに就活を行えば、必ず就職先は決まります。

先程も言ったように、ポジティブな感情を持って、なるべくたくさんの企業にエントリーしてみましょう。

エントリーする段階ではあまり興味をもてなくても、実際に採用担当者から仕事に就いての話を聞いているうちに興味が湧くケースもあります。

自ら可能性を狭めず、あらゆる可能性を広げれば、30代中卒でも必ず内定が貰えるでしょう。