中卒就活の現実は厳しい?中卒就活の現状を理解して就活を成功させよう

中卒就活の現実は厳しい?中卒就活の現状を理解して就活を成功させよう

高校に進学せずに最終学歴が中卒になってしまった人は、高卒や大卒と同じ様に就職できるのか不安に思っている人も多いでしょう。

ほぼ全ての人が高校に進学している現代において、高校に進学しない人はとても少ないため、就活に不利になってしまうケースも。

そのため、中卒の就活事情は厳しいのが現実になっています。

しかし、現実が厳しくてもその現実をしっかりと受け止めて、改善策を考えていけば必ず中卒でも就活に成功することができます。

そこでこの記事では、中卒の就職市場の現や中卒として就職するメリット・デメリット、中卒の就活を成功させるためのポイントを解説。

中卒として就職しようと考えている人は是非参考にしてみて下さい!

中卒に待ち受けている現実は厳しい

最終学歴が中卒ともなれば、高卒や大卒という学歴に比べて就職活動が思うようにいかないことが多くあります。

そのため、冒頭でもあった通り、中卒の就活市場の現実は厳しくなっています。

また、中卒の就活では応募する段階から採用、就業後の昇給や昇進についてしっかりと良い環境が与えられる保証はありません。

中学を卒業後に就職した人が0.4%となっているため、高卒が当たり前となった現代において、現実では少々苦難を強いられることでしょう。

就職先の選択肢が少ない

企業が出している求人を見てみると、求人のほとんどが「高卒以上」「大卒以上」と応募基準を定めているケースがほとんどです。

そのため、中卒向けの求人はかなり数が少なく、中卒を採用する意思を持っていない企業もあります。

中卒向けの求人があったとしても、ほとんどが「アルバイト」「派遣社員」「契約社員」契約で正社員としての求人はかなり少ないのが現実。

いくらは働きたい意欲が強くても、中卒は応募条件を満たしていないため、限られた求人の中から就職先を決めなければなりません。

中卒の平均年収はかなり低い

高卒や大卒に比べると、中卒の年収は数十万円低いと言われており、生涯年収に換算すると数千万円の差が出てきます。

このように学歴の差が最も如実に表れるのは平均年収。

学歴で収入差が開いてしまうのは、同じ職場でも学歴によって、初任給が異なっているためです。

そしてそれ以上に学歴が上がるにつれて、いわゆる一流企業の中でも給料が良い、あるいは給料が上がりやすい仕事に就きやすいというのが原因としてあげられます。

しかし、中卒でも仕事のスキルを磨いて成果を出し続ければ、高い収入を得られることが可能です。

そのため、「中卒だから…」と自信を無くさずひたむきに仕事を取り組んでいきましょう。

中卒の平均年収とは?気になる給与事情や高収入を稼ぐ方法を解説

昇進・昇給するスピードが遅い

職場内では学歴によって、役職を与えられるケースが多々あります。

中卒として入社し、長期間勤務しているにも関わらず、一向に昇進しなかったり収入が増えないという企業も存在します。

このような企業は、勉強をしてきて教養のある大卒や高卒しか、役職を与えないという企業も方針を取っています。

そのため、企業を調べておかないまま就職してしまうと、現場関係の仕事のみの仕事となってしまい、人を管理する役職に就けずに年を重ねてしまうことになります。

昇進や昇給に関しても学歴が影響してくるため、中卒の将来は少し厳しいといるかもしれません。

中卒に対して厳しい目を向けられる

先述した通り、若手の中卒者の割合は1%で、中卒者の数がかなり少なくなっています。

というのも現代においては、高校卒業までを義務教育と捉えているため、高校に進学していない中卒に対して厳しい目を向けられます。

それが就活にも影響してしまい、高卒以上が当たり前の認識を企業が持っているため、中卒が募集してきても採用対象として見られません。

世間的な風当たりが強いという面でも、中卒の現実は厳しいと言えるでしょう。

中卒で就職するメリットとデメリット

中卒として就職しようと考えているのであれば、メリットとデメリットを知っておくべきでしょう。

それぞれを理解しておけば、就職する際に必ず役に立つ情報になります。

メリット

まずはメリットから紹介していきます。

  • 社会人スタートが早い
  • スキルや経験を積める
  • 若さが求められる業界に有利

それぞれ見ていきましょう。

社会人スタートが早い

中学卒業後にすぐ働き始められる中卒と違い、高卒や大卒は高校卒業までは3年間、大学卒業までは4年間もの歳月をかけて学業に励むことになります。

そのため、中卒者は一足早く社会に出て一人の社会人として独り立ちをすることができます。

周りよりも先に社会の縮図を学ぶことができ、仕事のスキルを磨いていったり、社会人としての経験を積んでいけるのは大きなメリット。

高卒や大卒が社会人になるころには、中卒は何年も社会人の先輩になっているのです。

同じ年齢なのに4年分多くの経験しているのは、その先の人生においてもかなり有利になります。

また、進学して勉強をする場合は、その分の学費がかかってきます。

高卒はまだしも大学に進学するとなると、数千万円の学費がかかるため、奨学金を借りて私学する場合は将来に返済しなければならない額が莫大な金額になります。

そういった点でも中卒者にはメリットがあります。

スキルや経験を積める

社会人スタートが早い分、早い段階で仕事を始められ、仕事のスキルや経験を積んでいくことができます。

学歴が求められない職種の場合は、スキルが全てになるため、中卒でも高収入を得られるでしょう。

身に付けたスキルはその仕事を辞めない限りはずっと役に立つので、その仕事内でのニーズも絶えません。

進学するよりもいち早く仕事を始めて、スキルを身に付けていきたいという思いの強い人は、中卒でも挫折せずに就活ができるでしょう。

若さが求められる業界に有利

中卒者は早く社会に出ている分、若さをアピールして就職活動を進めることができます。

若さは就活においてかなり大切な要因になり、将来的なポテンシャルが高いと評価されれば、採用がぐっと近づきます。

若さゆえのやる気の大きさや仕事に対しての熱意の高さは、企業サイドには魅力的に映ることでしょう。

また、22歳の新卒の大卒者は就業経験がゼロですが、同じ年齢での中卒者の場合には社会経験が約8年ある計算になります。

高校を卒業した人に比べても3年も開きがあり、このキャリアの差は将来にも大きく響いてくるでしょう。

デメリット

メリットが理解できたところで、ここからはデメリットを紹介していきます。

  • 高卒や大卒と比べられてしまう
  • 社会的信用度が低い
  • 収入が中々上がらない

それぞれ見ていきましょう。

高卒や大卒と比べられてしまう

中卒は一般的に学歴が低いとみなされるため、就活に関わらず様々な場面で、高卒や大卒と見比べられてしまいます。

また、中卒に対して企業は様々な不信感を抱えております。

「中学時代に問題を起こしたのではないか」

「勉強と同じで嫌なことがあったらすぐに投げだしてしまうではないか」

「極度に学習意欲が低い人なのではないか」

これらの不信感を払拭しない事には、中卒からの就職はかなり難易度が高くなってしまいます。

そのため、高卒や大卒に負けない自分だけの強みを見出して、企業にアピールするようにしましょう。

社会的信用度が低い

中卒は社会的な信用度が低いこともデメリットとしてあげられます。

現代では学歴社会の傾向が弱くなったとはいえ、学歴はその人の経歴を証明する証拠のようなものなので、中卒だと偏った目で見られてしまうこともあるでしょう。

仮に結婚をしようとした時に、結婚相手の両親が付き合っている人が中卒という事実を知ってしまうと結婚に否定的になってしまうケースも多いようです。

収入が中々上がらない

先述した通り、同じ職場内でも学歴によって、収入額に大きな差が出てくるケースもあります。

全く同じ仕事をしているにも関わらず、収入に差が出てしまうと、仕事のモチベーションも下がってしまいますよね。

中卒として就職するメリットはある?デメリットの方が多い?

中卒の就職を成功させるための方法

メリット・デメリットが理解できたところで中卒の就職を成功させる方法を紹介していきます。

  • 高卒認定試験に合格する
  • 就職に役立つ資格を取得する
  • 就活エージェントを活用する

それぞれ見ていきましょう。

高卒認定試験に合格する

高校に進学すればよかったと後悔している人は、高卒認定試験をうけるべきです。

高卒認定試験とは、高校卒業程度の学力がある証明になるので、大学や専門学校への進学も可能。

また履歴書に「高卒認定試験合格」と記載できるため、「高卒以上」の求人にも応募できるようになります。

高卒認定試験を受験して合格すれば、様々な選択肢が増えるため、中卒よりも高い収入を得られるでしょう。

就職に役立つ資格を取得する

中卒でも資格を取得してから就活や転職をすれば、就職先の選択肢が広がり、高収入が得られる企業に入社できます。

資格には様々な種類があり、業務の幅を広げるための資格や、仕事のつくために必須となる資格などがあります。

転職して全く違う仕事をしたいと考えている人は、後者の資格がおすすめです。

また、今の仕事で業務の幅を広げていきたいと考えている人は、前者の資格が良いでしょう。

しかし、どちらの資格を取得するにしても、ある程度の時間資格勉強をして試験に合格しなければならないため計画を立ててから資格取得に動き出しましょう。

何も目的を持たないまま資格勉強を始めてしまうと、後々必ず後悔するはめになります。

就活エージェントを活用する

一番手っ取り早く就職を成功させる方法は、就活エージェントの活用です。

就活支援サービスでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたが内定を貰えるまで万全のサポートをしてくれます。

就職支援サービスには様々な種類があるものの、中卒からの就活には当サイトのリクらくがおすすめです。

この記事の最後にリクらくの詳細が書いてあるので、ぜひ最後まで読んでみて下さい!

中卒におすすめの業界3選

それではここから、中卒を積極的に採用している、中卒におすすめの業界を紹介していきます。

  • 配送業
  • 建設業
  • 飲食業

それぞれ見ていきましょう。

配送業

配送ドライバーは、運転免許を取得してれば、学歴に関係なく働くことができます。

仕事内容自体も、定められた区域に荷物を配送するだけなので、そこまで複雑な業務はありません。

深く考えてする仕事というよりも、ルーティーン業務の意味合いが強く、日々同じような業務をこなしていくことになるでしょう。

また、配送ドライバー以外にも、「長距離ドライバー」「タクシードライバー」など免許を持っていれば働けるドライバー系の仕事はたくさんあります。

現代ではネットショッピングがかなり普及しだしているため、慢性的な人材不足を抱えているため、中卒でも喜んで採用してくれるでしょう。

建設業

建設作業員は、家を作ったり道路工事をしたりと、主に体を使う仕事で中卒男性の割合が高い仕事の1つです。

建設業界の中でも様々な仕事があり、中には大卒からではないと就職できない職種もあるものの、現場の作業員であれば中卒からでも就職できます。

一昔前まで建設業界は、3K(汚い・キツイ・危険)と言われており、若い人材が集まらない業界とされていました。

しかし、現代では働き方が改善されて、一昔前ほど建設業界のイメージが悪くなくなってきています。

もちろん力仕事の外作業になるため、身体的に大変な面もあるかもしれませんが、その分だけ給与が高いメリットもあります。

また、平均収入が低い中卒の中でも、建設業界で働いている人の年収は平均よりも高い傾向があります。

飲食業

居酒屋・レストランなどの飲食業界も、学歴を問われる仕事ではないため、中卒からでも就職できる業界と言えます。

料理の腕ももちろん必要ですが、それ以上にお客様とのコミュニケーションスキルやその人の人柄が重要になります。

人と接するのが好きな人や、人を喜ばせるのが好きという人には、かなり向いている業界。

また、料理のスキルを磨いて、店舗経営のノウハウを学んでいけば将来的に自分の店舗を出店するのも可能です。

お店の経営が上手くいけば、複数の店舗を出店できて業務を拡大、年収1000万円も夢ではありません。

将来的に様々な可能性があるので、高い収入を得たい願望の強い人にもおすすめです。

現実を受け止めて諦めずに就活すれば必ず就活に成功します!

この記事では中卒就活の現状や、中卒として就職に成功するための方法などを解説してきました。

この記事を読んだ人であればわかる通り、中卒からの就活は非常に難易度が高く、厳しいのが現実です。

そのため、もしかしたら自信を無くしてしまった人もいるかもしれません。

しかし、現実を知ればその現実を受け止め、対策を取っていけば十分に内定を貰える可能性があります。

「中卒だから…」と悲観的にならず、自信を持って就活に取り組むようにしましょう!

どうしても不安な人はリクらくを活用しましょう

中卒からの就活がどうしても不安に感じてしまう人は、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、「未経験歓迎」「学歴不問」の求人を多く抱えており、中卒からでも内定を貰える環境が整っています。

履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど、就活に関する様々なサポートが、完全無料で受けられるのもリクらくの大きな特徴。

リクらくを活用して就職した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう!

あなたの電話お待ちしています!