中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

中卒は高卒認定試験を受けるべき?合格すれば選択肢が広がります!

中学卒業後に進学しなかった」「高校に進学したものの中退してしまった」などの理由で、最終学歴が中卒になってしまった人もいるでしょう。

最終学歴が中卒になってしまうと、大学にも進学できず、就職先の選択肢も少ないため就活が不利になってしまいます。

限られた少ない選択肢の中から就職先を決めなければならないため、満足できる就職ができないかもしれません。

しかし、高卒認定試験に合格することにより、学歴こそ高卒にならないものの高卒の資格が与えられて選択肢が多くなります。

高卒認定試験を受けようか迷っている人の中には、実際合格する意味があるのか、合格したらどうなるのか分からない人も多いでしょう。

そこでこの記事では、試験を受けようか悩んでいる人に向けて、

  • 高卒認定試験とは何か
  • 高卒認定試験に合格するとどうなるのか
  • 高卒認定試験の概要

上記3つを解説していきます!

高卒認定試験とは高卒程度の学力を証明する試験

高卒認定試験とは、高卒程度の学力を証明する試験です。

通常高校に進学して、卒業を迎えなければ高卒として扱ってもらえませんが、高校に通わずとも試験に合格すれば、高卒程度の学力があると証明できます。

最終学歴が高卒になるわけではない

高校認定試験で証明できるのは、あくまで学力だけであって、最終学歴が高卒になるわけではありません。

そのため、「高校は今さら行きたくないけれど、これからの将来のために卒業したのと同じような認定が欲しい」という人に適している試験です。

また、履歴書の学歴欄には「高等学校卒業程度認定試験合格」と書くことができます。

高卒認定試験に合格すると就活の選択肢が増える

最終学歴が中卒の状態で、就活を始めてしまうと学歴がネックになってしまい、中々上手くいかないことが多いでしょう。

しかし、高卒認定試験を合格することで、様々な選択肢が増えます。

大学や専門学校に進学できる

試験に合格すれば、大学や専門学校への受験資格が与えられるため、人生の選択肢に「進学」が増えます。

そのため、高校に進学していなくても大学に進学し、卒業を迎えれば学歴が大卒になります。

大卒の学歴を貰えれば、ほぼすべての求人にエントリーできるため、就職先の選択肢が多くなるでしょう。

また、中卒から高卒認定試験を受けて大学を卒業した経歴は、挫折を乗り越えて頑張ったという証になるため必ず企業から評価されるでしょう。

「高卒以上」の求人にエントリーできる

求人によっては「高卒以上」と応募制限をかけている企業も多くあり、中卒からだとエントリーできません

そのため、中卒として就職しようとすると、限られた中から就職先を決めなければなりません。

しかし、高卒認定試験に合格すれば、「高卒以上」の求人にもエントリーが可能になります。

中卒から高収入を得るには?高収入が得られる職種や資格を解説!

高卒認定試験の特徴とは?

高卒認定試験を受ける意味が理解できたところで、ここからは試験の特徴を紹介していきます。

  • 二日間にかけて行われる
  • 出題範囲はかなり広い
  • 高卒認定試験の合格率は40%

それぞれ見ていきましょう。

二日間にかけて行われる

高卒認定試験は、二日間に分けて全8科目の試験が行われ、8科目すべてに合格することで「高卒認定」の合格者となることができます。

しかし、一度の試験で全科目に合格する必要は無く、合格した科目については「科目合格」となり、次の試験からは免除になります。

「高卒認定試験」は年2回実施されるので、受験する科目を2回に分けて受験対策していくことも可能です。

出題範囲はかなり広い

高卒認定試験に出題される問題は、中学1年~高校3年とされており、かなり出題範囲が広くなっています。

また、科目数も8科目と多くなっているため、入念に試験勉強をしなければなりません

しかし、先述した通り合格した科目については、次の試験の際には免除になるため、試験を複数回に分けることで無理なく試験勉強ができます。

そのため、一回の試験で合格するというよりも、1年かけて2回の試験で合格するイメージを持ちましょう。

高卒認定試験の合格率は40%

高卒認定試験の合格率は40%と言われおり、10人受けて4人しか合格しない割合です。

しかし、ここの数値は試験全体の合格率で、1科目当たりの合格率は80%前後になっているためそこまで難しい試験ではありません

事前に受ける教科を決めて、計画的に試験勉強に取り組めば、1年2回のテストで必ず合格できるでしょう。

高卒認定試験への勉強法とは?

高卒卒認定試験を受けるにあたって、試験勉強をしていかなければなりません。

試験対策するにあたり、参考書を買って独学で勉強する方法と、予備校に通って勉強をする二つの方法があります。

参考書を買って独学で勉強する

1つの目勉強法は、参考書を買って独学で勉強をする方法です。

一般的な勉強法ですが、中学時代・高校時代から勉強をしていないことを考えると、勉強へのモチベーションを保つのが難しいかもしれません。

また、2回に分けて試験を受ける場合には、最低でも1年間は勉強をする必要があります。

試験に合格する意欲が強い人は問題ないかもしれませんが、なんとなくで試験勉強を始めてしまう人は合格する見込みが低くなってしまうでしょう。

予備校に通って勉強する

もう一つの方法は、試験対策をしている予備校に通って勉強をする方法です。

予備校に通えば同じ目的を持った仲間と共に勉強ができるため、試験へのモチベーションを維持できるでしょう。

また、予備校独自の試験対策があるため、試験の出題傾向などから効率の良く試験勉強ができます。

合格率に関しても、独学で勉強するのと予備校に通って勉強するのでは、大きな差が出てきます。

しかし、予備校に通うためには学費がかかるため、よく考えてから決断するようにしましょう。

中卒からの就活に不安を感じたらリクらくを活用!

高卒認定試験を受けて、将来への可能性を広げるのも一つの手ですが、試験勉強をするとなるとある程度の時間が掛かってしまいます。

そのため、「中卒として就職しようか…」と考える人もいるでしょう。

中卒として就職するのであれば、当サイトのリクらくを活用してみませんか?

リクらくでは、履歴書作成・面接対策など就活に関するサービスが敢然無料で受けられます。

また、リクらくを活用した人の内定率は90%を超えており、安定した実績を誇っています。

あなたもリクらくを活用して、中卒からの就活を成功させましょう!

あなたのお電話お待ちしています!

中卒として就職するメリットはある?デメリットの方が多い?