ニートからの就職におすすめの職種13選!就職に成功する秘訣を大公開!

ニートからの就職におすすめの職種13選!就職に成功する秘訣を大公開!

「ニートでも働ける仕事はあるのだろうか?」
「職歴がなくても社会復帰できるのかな?」

ニートからの就職はハードルが高く、本当に社会復帰できるのか不安もあると思います。

ニートから就職するには、採用されやすい業種や職種を選ぶことが大切です。

多くのニートの人が職歴を持っていないと思いますが、職歴や学歴を問わない仕事にはどんなものがあるのでしょうか?

ここでは、ニートが就職を成功するために、オススメの職業を13種類紹介しています。

あなたの性格に合わせて選んでみて下さい。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

ニートからでも就職できるおすすめの職種13選

ニートからでも就職できるおすすめの職種13選

ニートが就職を成功させるには、人手が足りていない職業に注目しましょう。

さらに未経験でもはじめやすい仕事であることも重要です。

ここからはニートを積極的に採用している傾向のある職種を13種類紹介していきます。

  • 接客業
  • 清掃業
  • 事務
  • コールセンター
  • 倉庫作業員
  • 介護職
  • 建設業界の職人
  • 工場勤務
  • ドライバー
  • IT業界のエンジニア
  • 営業職
  • 警備員
  • 工場の作業員

接客業

接客業には、アパレルの販売員や飲食店のスタッフ、コンビニやスーパーの店員、ホテルやレジャー施設のスタッフなどがあります。

いずれも学歴や職歴を必要とせず、マニュアルが充実しているのでニートからでも採用されやすい職業です。

正社員はもちろん、アルバイトから気軽にはじめられるので、ブランクが長い方は週2〜3日から働き始めるのはいかがでしょうか?

「人と話すことが好き」「デスクワークは苦手」という方にオススメしたい仕事です。

清掃業

人と接することが少なく、プレッシャーやストレスが少ない職業が清掃業です。

勤務地はオフィスビルや商業施設、駅、一般家庭の家事代行などで、場所によって清掃内容は異なります。

清掃業のメリットは、ルーティンワークで残業がほとんどないところで、集中してコツコツと作業をするのが得意な人に向いています。

意外に奥が深い仕事で、どうやったら早く汚れを落とせるか、効率よく作業を進めるにはどうしたらいいのか、1人で考えながら進めていけるのも清掃業の魅力です。

事務

ニートの女性におすすめなのが事務職です。

事務職はデータ入力・請求書処理・ファイリングなどがメイン業務で、特別難しい業務や資格が必要になることがありません。

そのため、経歴や学歴に関係なく採用活動を行っています。

業務量も落ち着いており、休日出勤や残業が多いわけでもないので、ワークライフバランスを重視したい人にとてもおすすめです。

コールセンター

商品やサービス等の顧客からの問い合わせに対応するコールセンターもニートにおすすめの職種のひとつです。

コールセンターの仕事内容はおおよそカリキュラムが設定されているので、そのカリキュラムを覚えてしまえば一通りの作業はできてしまいます。

カリキュラムを覚えるまで少々大変かもしれませんが、慣れてしまえば難しい業務はほとんどありません。

人と話すのが得意な人にもおすすめですが、ニートから抜け出すための第一歩としても職種に最適です。

コールセンターは未経験でも転職可能|求められるスキルや転職するメリットを解説

倉庫作業員

倉庫で商品をの検品や包装をおこなう倉庫作業員もニートにおすすめです。

基本的に単純な作業がメインで特別なスキルや経験は不要。職歴がないニートにもチャレンジ可能です。

また、人との関りもほとんどないので、一人で仕事をしたいと考えている人にぴったりな仕事と言えます。

介護職

慢性的な人手不足の代表といわれているのが介護業界です。

「きつい」「きたない」「きけん」が揃った3K職場とも言われており、国をあげて働き方改革を進めています。

介護といっても職場はさまざまで、一般的に皆さんがイメージする介護度の高い老人ホームばかりではありません。

高齢者のコミュニケーションの場になっているデイサービスは、介護度の低い高齢者が多い施設で、基本的に夜勤はなく日勤のみです。

また高齢者の自宅を訪問し、買い出しや料理、掃除などの日常生活をサポートする訪問介護などもあります。

自分に合った働き方が選択でき、「お年寄りと話すのが好き」「家事が得意」という方にもピッタリの職業です。

介護士は資格なしでも働ける!資格なしでもできる理由や無資格で働くメリット・デメリットを紹介!

建設業界の職人

建設業界といえば「昔ながらの職人」というイメージを持っている人も多いと思いますが、業界の高齢化が問題になっています。

肉体労働で、ときには危険も伴う仕事なので、若者に敬遠されてしまう職業です。

「体力に自信がある」「ものづくりに興味がある」という方にオススメで、ニートでも現場の経験を積むことで一人前の職人になれます。また体力を使うので収入も悪くありません。

工場勤務

人とコミュニケーションをとらずに黙々と作業することが好きなら、工場でのライン作業や梱包作業がピッタリです。

学歴・職歴を問わないこともあり、ニートだった人も多く働いています。

面接などでニートになった理由などを聞かれる心配もほとんどありません。

また年齢層も幅広く、10代から50代くらいまで幅広く働いているので、末長く働けるのもポイントです。

工場を持っている企業は地域でも大手、中堅であることも多く、福利厚生が充実している点も魅力。

会社によっては退職金制度や寮を完備しているところもありますので、できるだけ大手企業の工場で働くことをオススメします。

ドライバー

自動車免許を持っている方なら、ドライバーとして働くことができます。ドライバーの仕事には、

  • タクシー運転手
  • 配送業のドライバー
  • 長距離のトラック運転手
  • 送迎ドライバー

などがありますが、人と接するのが苦手な方には配送業のドライバーがオススメです。

配送業はインターネット通販の拡大で需要があり、給与も安定しています。

荷下ろしや集荷など体力が必要な仕事ですが、髪型などもわりと自由で、運転好きな人なら楽しく働くことができるでしょう。

IT業界のエンジニア

IT業界はこれからますます人手が足りなくなると言われている業界で、他の職業と比べて収入に期待できるのが特徴です。

技術を習得するまでは大変ですが、一通り仕事ができるようになると、転職や独立が可能になります。

今はフリーランスで仕事を受け、働き方を問わないノマドワーカーとして活躍しているエンジニアも多いようです。

フリーで活躍できれば、会社の人間関係に悩むことや、毎日スーツを着て満員電車に乗る必要もありません。

IT企業は研修期間を設け、プログラミングの基礎からビジネスマナーまで、一から育てる環境を整えています。

研修制度は企業によってまちまちですので、企業研究をして教育制度が充実している企業を選ぶようにしましょう。

営業職

営業というと、「ノルマがある」「体力的に大変」というイメージを抱いている人も多いと思います。

「自分には営業は向いていない」という思い込みで、営業にチャレンジする機会を失っていませんか?

営業は大きく分けて「法人営業」と「個人営業」があり、営業の仕方もまったく異なってきます。

飛び込み営業は精神的にもストレスが大きいので、すでに契約を交わしている顧客を回るルート営業がオススメです。

営業はどんな業種でも歓迎されるので、転職しやすいというメリットがあります。

また頑張り次第では高収入や昇格ができるという点も魅力で、ニートだった過去を払拭できる仕事です。

就職したいニートが取り組むべき4つのこと!就活のポイントを押えて社会人デビューを

警備員

警備員は未経験を歓迎している求人が多く、経歴や学歴とは関係なく採用しているのでニートでも就職可能な職種です。

施設警備・交通誘導員・身辺警備など、警備と一括りにしても様々な種類があるのが特徴。

なお、警備員は内定をもらってすぐに警備の現場に就くわけではなく、数日間の研修を受けて現場にデビューします。

業務内容も決して複雑というわけではなく、かなり単調なので社会人経験が少ない二―トにピッタリです。

工場の作業員

工場の作業員も学歴やスキルとは関係なく未経験からチャレンジできる職種です。

マニュアル通りに仕事をこなしていくだけなので、覚えることも少なく早いタイミングで仕事を一通り覚えられます。

また、人とコミュニケーションを取ることも少ないので、社会復帰したてで人間関係を構築するのが面倒に感じるニートにぴったり。

業務に役立つ資格を取得すれば、キャリアップ・収入アップにもつながります。

ハタラクティブにはニートにおすすめの求人が豊富に掲載されている!

ハタラクティブ-商標

ハタラクティブはフリーター・ニート・既卒など、社会人経験が少ない人に特化している転職エージェントです。

一般的に就職ハードルが高い状況の人に最適な求人とエージェントによる手厚いサポートを実施しているので、ニートからでも社会復帰が可能です。

利用料や登録料は一切かからず無料で利用できるので、ニートを脱出したい人はぜひ利用してみてくださいね。

\掲載求人の50%以上が上場企業!/
ハタラクティブ公式サイト

ニートから就職できる職種の特徴

ニートから就職できる職種の特徴

先ほど紹介したような「ニートでも就職できる仕事」には、ある特徴があります。

  • 「未経験歓迎」「職歴不問」の職種
  • 離職率が高い
  • 慢性的に人手が不足している

「未経験歓迎」「職歴不問」の職種

ニートの方は求人サイトやハローワークを利用して仕事を探していると思いますが、募集要項に「未経験歓迎」や「学歴・職歴不問」などと書かれた求人を選ぶようにしましょう。

未経験でもOKということは、仕事自体が専門的なスキルを必要とせず、研修やマニュアルが充実しているということです。

こちらで紹介したような、無職の期間が長くても取り組みやすい職業に多くみられます。

離職率が高い

離職率が高いということは、仕事がきつい、長く働きづらいということが予想されます。

中にはブラック企業なども含まれ、人が定着しない人気のない仕事ということです。

ニートの人もそんな会社では働きたくないというのが感想かもしれません。

しかしこれまで毎日働いてきた人と、無職だった人とでは、入社できる会社に差が出てしまうのは当然のことです。

ニートの人にとって大切なのは、まず「職歴を積むこと」、この一択です。

ブラック企業はお勧めしませんが、最初はハードルが低い会社に入社して職歴を積み、次に長く働ける会社へチャレンジするのも一つの方法です。

企業研究が足りずにブラック企業へ入社してしまうと、精神的にダメージを受けてニートに逆戻りしてしまう可能性があります。

ブラック企業へは絶対に入社しないよう、注意して下さい。

慢性的に人手が不足している

日本は高齢化と少子化の影響で、人手不足が深刻化しています。

人気の高い大企業にばかり応募が偏り、知名度の低い中小企業は有効求人倍率がおよそ8倍です。

有効求人倍率とは、1人の求職者に対して何件の求人があるかを表す数値で、倍率が1を上回ると「就職しやすい」ということになります。

つまり中小企業には「1人に対して8件の求人がある」という状況で、人がまったく足りていないことが理解できます。

一方で大企業の有効求人倍率は0.4倍ほどで、こちらは狭き門です。

ニートの人が応募するなら大企業はむずかしいですが、中小企業なら入社できる可能性が高いことが、理解できると思います。

ニートから就職するために今からしておくべき3つのこと

ニートから就職していきなり正社員として働くとなると環境ががらっと変わるので、そう簡単にできることではありません。

そこでここからはニートから就職するためにしておいた方が良い事について紹介していきます。

  • 規則正しい健康的な生活を送る
  • 人と交流する場を設ける
  • 危機感を感じる

規則正しい健康的な生活を送る

生活が不規則になっている人は、朝型の生活へリセットしましょう。

とくにゲームやネットを夜中にやっている人は、朝寝て夕方起きるような生活になっていませんか?

いきなり生活を変えることはむずかしいので、まずは「1時間早く起きる」から挑戦してみて下さい。

お風呂は湯船に浸かってリラックスし、眠くなくても布団に入る習慣をつけるのがオススメです。

朝はカーテンを開け朝日を浴びて、1日に1回は外出し外の空気を吸いましょう。

人と交流する場を設ける

自宅に引きこもっていたニートの方は、家族だけとしか交流が持てていない人も多いです。

就職活動では、初対面の面接官に自分をアピールしなくてはいけません。

また入社してからも、先輩や同僚に仕事を教わりながら関わっていくことになります。

人と接していない期間が長い人ほど抵抗があると思いますので、就活を始めると同時に、人と関わる機会を持ちましょう。

人に慣れておくことで、面接でも極度に緊張しないで済みます。

危機感を感じる

ニートの中には、危機感を感じて就職を決意した人も多いでしょう。

ほとんどのニートは親のお金に頼って生活をしていると思いますが、親だっていつまでも仕事がある訳ではありません。

いずれ定年を迎えて年金生活を始めれば、今よりも苦しい生活を強いられることになります。

今は50代の高齢ニートの増加が問題になっていて、50代のニートを80代の親が支える「8050問題」に注目が集まっています。

高齢ニートが社会復帰できる可能性はほんのわずかですので、そうなる前に就職することが大切です。

このままニートを続けると、ホームレスや孤独死といった末路が待っています。

ニートには悲惨な末路が舞っている!抜けだすための方法とは?

ニートからの就職を成功させる7つのポイント

ポイント2

「このままではまずい」と感じたあなたは、脱ニートして社会復帰できます。

では就職を成功させるにはどうしたらいいのか、詳しくみていきましょう。

  • 就活エージェントを利用する
  • 自己分析を入念に行う
  • 業界研究・企業研究を行う
  • 就職に役立つ資格を取得する
  • ニートの期間を長引かせずすぐに行動する
  • 内定を貰いやすい業界にエントリーする
  • アルバイトから正社員に登用する

就活エージェントを活用する

ネット上では、「ニートはブラック企業しか入社できない」などと書かれていますが、そんなことはありません。ニートでも優良な企業で働くことは十分に可能です。

ただ求人票を見ただけでは、ブラックなのかホワイトなのかを見抜けませんよね。

そこでお勧めしたいのが、就活エージェントを活用した就職活動です。

就活エージェントは企業と求職者を結ぶ橋渡しの役割で、求職者の悩みやキャリアを一緒に考えながら、内定がもらえそうな優良企業を紹介してくれます。

履歴書の作成や面接対策、空白期間をどう説明するかなどのアドバイスも受けられますので、就活に悩んでいるニートの方は登録してみましょう。

ニートからの就職にはハタラクティブがおすすめ!

ハタラクティブ-商標

ニートからの就職にはDYM就職がおすすめです。

DYM就職には未経験歓迎・経歴不問などの求人が多く掲載されており、これまでに数百人以上の就職をサポートしてきているエージェントのサポートが受けられます。

就職をあきらめているニートにとてもおすすめなので、ぜひ利用してみてくださいね。

\掲載求人の50%以上が上場企業!/
ハタラクティブ公式サイト

自己分析を入念に行う

「自分に合った仕事ってなんだろう?」
「自分の特技を活かせる職業ってなんだろう?」

このような悩みを解決するためには自己分析が必要です。

自分を見つめ直し、強みや弱み、過去の成功・失敗体験を振り返ります。

また仕事を選ぶ際に重視したいこともリストアップしましょう。

「収入がいいとやりがいを感じる」という人もいますし、「職場の雰囲気が重要」と思う人もいます。

あなたにとって何が大切かを考えることで、自分に合った仕事や職場環境が見えてきます。

業界研究・企業研究を行う

自己分析と同じくらい大切なのが、業界研究と企業研究です。まずは業界研究からはじめ、業界を決めてから企業研究を行います。

どの業界で働きたいかを決めるには、どんな業界があるのかを調べることが先決です。

多くの人が認知しているは、テレビなどのメディアを通してみる大企業の宣伝ばかり。

例えばメーカーというと、食品や自動車などが身近ではないでしょうか?

しかし素材や繊維、金属など、多くのメーカーが国内に存在します。

入社したい業界を決めたら、次は企業研究です。企業の特徴や扱っている商品・サービスを調べ、「今後の成長が見込める分野か」「企業の業績は良好か」などをチェックしてみましょう。

実際に働いている社員が書いた、企業の口コミを調べるのもオススメです。

ただ口コミはネガティブな発言が多いので、100%鵜呑みにする訳ではなく、あくまでも参考程度にしておく方がいいでしょう。

就職に役立つ資格を取得する

採用する企業から見るとニートは仕事に対しての意欲が低く、能力が低い人と判断されています。

採用するメリットがないと思われていますが、資格を取得しておくことによって企業からの目が変わります。

資格があると関連した予備知識があり、働くことへの意欲をアピールできるので採用率がぐっとが上がります。

興味のある業界や職種が決まっている人はそれらに関連した資格を取得しておきましょう。

ニートの期間を長引かせずすぐに行動する

空白期間はより少ない方が就活を進めやすいです。半年ニートと3年ニートでは、どちらのニートが採用されやすいか明らかですよね。

採用担当者がニートを採用するときのポイントは、

  1. 早く職場に馴染み長く勤めてくれるか
  2. 当社で活躍してくれるか

この2点です。1日も早く就活をスタートさせ、社会復帰しましょう。

内定を貰いやすい業界にエントリーする

せっかく働くのだから「自分の好きな仕事がやりたい」と考える人もいるかもしれません。

仕事はやりがいや楽しさも大切なので、興味のある分野で働ければ最高です。

しかしニートだったということで、選べる仕事の選択肢は狭くなっています。

「社会に慣れる」という意味でも、まずは社会復帰して実務経験を積むことを優先しましょう。

やりたい仕事は実績を積んだあとに進むべきです。

ここで紹介した仕事は、ニートでも間口が広がっている業界・職業です。

まずは内定をもらいやすい業界にエントリーして、毎日会社に行くことに慣れましょう。

アルバイトから正社員に登用する

「ニートからいきなり正社員として週に5日間働くのは無理...。」このような不安を感じて、就活をためらっている人も多いと思います。

そんな人は正社員登用制度のあるアルバイト先でまずはアルバイトとして働きましょう。

数か月~数年かかってしまいますが、アルバイトを経て正社員に登用できます。

アルバイト経験を着実に積んで、経験とスキルを身につけられるので、いきなり正社員になるよりは就職しやすいでしょう。

また、アルバイトとして社会人経験も積めるので、着実に社会復帰につながります。

ハタラクティブ
ハタラクティブ-商標
公開求人数 約2,000件
非公開求人数 不明
対応地域 全国
対応年代 20代~30代
主な職種 営業・IT関連・接客・事務など
注目ポイント
  • 未経験OKの求人多数!
  • 初めて転職する人も安心の手厚いサポート!
  • 利用者の内定率80.4%の実績あり!

就職せずにいつまでもニートとして生活すると...?

就職せずにいつまでもニートとして生活すると、様々なリスクをひきおこしてしまいます。

  • 就職したくてもできなくなる
  • 回りから人がいなくなる
  • 生活費がなくなり生活ができなくなる
  • 生きる意味を失ってしまう

就職したくてもできなくなる

ニート歴が長くなるほど経歴に傷がついてしまう事になるので、就職に悪い影響を及ぼします。

「働く意識がない」「採用する価値がない」と判断されてしまい、就職したくても採用されない状況に。

ニート歴と共に年齢も上がっていくので、この記事で紹介してきたニートでも就職しやすい職種にも就職できなくなります。

そんな状況にならないためにもニート期間が短いうちになるべく早く就職するようにしましょう。

回りから人がいなくなる

ニートをずっと続けると周りの人との生活リズムが全く異なってしまい、友人や知人との関係性が薄くなります。

そのため、友人や知人がいなくなってしまい回りから人がいなくなってしまいます。

生涯一人でいなければならなくなるので、生きる意味が見いだせなくなってしまう事にもつながります。

生活費がなくなり生活ができなくなる

ニートは収入源がありません。両親が面倒を見てくれるうちは生活に困らないかもしれませんが、将来的に両親の収入がなくなると生活ができなくなります。

また、両親はいつまでも面倒を見てくれるとは限りません。

迷惑をかける前になるべく早く就職してニートから脱するようにしましょう。

ニートから就職するにはいち早く行動に移すのが大切!

ニートの期間が長ければ長いほど不安は高まり、就職がむずかしくなります。

就職するには早めの行動が肝心です。

まずは生活を整え、人と接する機会を持ちましょう。

そして自分にはどんな仕事が向いているのか、自己分析をしながら進めて下さい。

自己分析でつまずいたり仕事選びで苦戦したりしたら、迷わず就職エージェントの力を借りましょう。

その方が内定獲得もスムーズで、ブラック企業を避けられます。

またこれまでニートの就職を成功させてノウハウを豊富に持っていますので、あなたの就職もきっと成功するはずです。

勇気を持って前へ進んでいって下さい。