転職エージェントは使わない方がいい?利用するメリットや使わないで転職する方法

転職エージェントは使わない方がいい?利用するメリットや使わないで転職する方法
※本ページにはPRが含まれます。

転職エージェントは使わなくても、転職できます。ただし、自分が転職エージェントを使う必要がないかを見極めることが重要。

また、転職エージェントを使わないことで、条件交渉を自分で行う必要があったり、非公開求人が見られなかったりとデメリットもあるので注意が必要です。

今回は転職エージェントは使わない方がいいかについて、利用するメリットや使わないで転職する方法を含めご紹介します。

転職エージェントを使わなくても転職は可能

転職エージェントを使わなくても、転職することは可能です。

転職エージェントは自分に合った求人を探してくれたり、条件交渉を代行してくれたりと便利な点があります。

ただし、誰もが転職エージェントを利用すべきではありません。転職エージェントを使わなくても、自分で求人を見つけて応募すれば転職はできます。

転職エージェントを使わない方が良い人の特徴

転職エージェントを使わない方が良い人の特徴は以下の4つです。

  • 自分のペースで転職したい人
  • 特殊な業界・職種への転職を目指している人
  • 独自のコネ・つながりがある人
  • 第三者からアドバイスをもらうのが嫌な人

自分のペースで転職したい人

自分のペースで転職したい人には、転職エージェントはおすすめではありません。例えば、今すぐ転職したいわけではない人は転職活動が長期的になります。

転職エージェントは登録すると、求人をたくさん提案されます。求人案内のメールや電話が届き、転職を急がされるようなケースもあるでしょう。

そのため、転職を自分のペースで行いたい人は、転職エージェントを利用する必要はないといえます。

特殊な業界・職種への転職を目指している人

特殊な業界・職種への転職を目指している人は、転職エージェントを利用しても求人が見つからない可能性があります。

特殊な業界や職種の求人は、総数が少ないため、転職エージェントに掲載されていないことも。

業界と職種が決まっているなら、転職エージェントを使わなくても応募したい企業は絞りやすいでしょう。業界研究をしたうえで、応募したい企業に直接エントリーするのがおすすめです。

独自のコネ・つながりがある人

転職したい企業への独自のコネや、つながりがある人は転職エージェントを利用する必要がないかもしれません。

転職先企業へコネやつながりがあれば、転職エージェントから応募するよりも採用率は高め。

もしコネで応募しても不採用となる可能性があるなら、念の為転職エージェントを使うのもよいでしょう。

第三者からアドバイスをもらうのが嫌な人

第三者からアドバイスをもらうのが嫌な人は、転職エージェントはおすすめではありません。

転職エージェントは担当のエージェントが転職を総合的にサポートしてくれるサービスです。履歴書の書き方から面接での振る舞い方など、多くのアドバイスをしてくれます。

第三者からアドバイスをもらうのが嫌な人は、転職エージェントを使うメリットは少ないでしょう。

転職エージェントを使わないで転職する方法

転職エージェントを使わないで転職する方法は、以下の5つです。

  • 転職サイトを活用する
  • 企業のコーポレートサイトからエントリーする
  • コネを活用する
  • リファラル採用
  • ハローワークを活用する

転職サイトを活用する

転職エージェントを使わないで転職するなら、転職サイトを活用しましょう。

転職サイトは求人を多く掲載していて、条件を絞って検索できます。膨大な求人の中から、自分の希望条件に近い求人を探しやすいので便利です。

しかし、転職サイトに掲載されている求人情報は良い面ばかりで、デメリットや注意点などは記載されていません。気になる求人があったら、自分でリサーチすることも重要です。

企業のコーポレートサイトからエントリーする

転職エージェントを使わないなら、企業のコーポレートサイトからエントリーする方法もあります。

企業のコーポレートサイトから直接応募すると、「しっかりリサーチした上でエントリーしている」「自分の希望によりエントリーしている」という印象を与えられます。

転職エージェントに提案されて応募する人よりも、採用担当者目線で印象が良く受け止められる可能性がある点はメリットです。

コネを活用する(リファラル採用)

転職エージェントを使わないなら、家族や知り合いなどのコネで入社するリファラル採用があります。

知人経由の採用という点で、ある程度採用率が高いのが特徴です。

また、採用する企業側も信頼がある人物からの紹介という点で採用しやすくなります。ただし、コネ採用は100%ではありません。

コネ採用でも筆記試験を受けてから面接となるケースもあるため、準備はしっかり行いましょう。

ハローワークを活用する

ハローワークは、厚生労働省が設置する公共職業安定所です。職業紹介や、求職相談などのサポートが受けられます。

具体的には職業相談、応募書類の添削、面接指導などが受けられるので、転職エージェントと似たようなサービスが受けられます。

ただし、対面でサポートを受けられるので、転職エージェントよりも相談がしやすいです。

また、全国500ヶ所以上に設置されており、誰でも立ち寄りやすい点でもおすすめです。

転職エージェントを使わないデメリット

転職エージェントを使わないデメリットは、以下の4つです。

  • 公開求人にしかエントリーできない
  • 年収や条件面の交渉がしにくい
  • 転職先企業とのやり取りを自分でやらなければならない
  • 求人を自分で探さなければならない

公開求人にしかエントリーできない

転職エージェントを利用しない場合、公開求人にしかエントリーできません。転職エージェントでは、エージェントからの紹介でしかエントリーできない非公開求人があります。

非公開求人は条件が良いものや、普段明るみに出ないような求人もあるので、目を通す価値があるでしょう。

年収などの条件が良い求人を探している人は、非公開求人に目を通すために転職エージェントを利用することも検討するのがおすすめです。

年収や条件面の交渉がしにくい

転職エージェントを利用しないと、年収や条件面の交渉がしにくいデメリットがあります。

転職エージェントでは、年収や条件の交渉を担当エージェントが代行してくれるので、直接交渉する必要はありません。

しかし、自分で転職活動を行い、条件に納得行かない場合は、条件交渉を自分で行う必要があります。転職における条件交渉は簡単ではなく、かつエネルギーも使うため、自分で行うことは現実的ではないといえます。

条件交渉をする可能性があるという人は、転職エージェントの利用がおすすめです。

転職先企業とのやり取りを自分でやらなければならない

転職エージェントを利用しないと、転職先企業とのやり取りを自分で行う必要があります。

転職エージェントでは、転職先企業との応募メールのやりとり、面接日程調整などは担当エージェントが代行してくれます。

しかし、自分で転職活動を行うなら、メールでのやり取りや面接日程調整などをすべて自分で行う必要があります。特に現職を続けながら転職活動をしている場合、面倒と感じる人もいるでしょう。

転職活動における転職先企業とのやり取りが面倒と感じるなら、転職エージェントの利用を検討しましょう。

求人を自分で探さなければならない

転職エージェントを利用しないと、求人を自分で探さなければなりません。

転職エージェントは、自分の希望条件を伝えればそれをもとに担当エージェントが求人を探してくれます。自分で常に求人を確認する必要がないので、楽に求人を見つけられるでしょう。

転職エージェントを利用しないと、転職サイトで条件検索をしたり、自分でリサーチして求人を探したりしなければならないため、時間がかかります。

求人を探すのが面倒な人は、転職エージェントの利用を検討しましょう。

転職エージェントは相談するだけでもOK!おすすめのエージェント3選

転職エージェントを利用するか迷っている人におすすめのサービスは、以下の3つです。

  • ビズリーチ
  • ハタラクティブ
  • レバテックキャリア

ビズリーチ

ビズリーチ

ビズリーチは、優良企業やヘッドハンターからスカウトが届くハイクラス転職サイトです。年収1,000万円以上の求人が3分の1以上を占めます。

企業と直接的にコンタクトがとれるため、一般的な転職エージェントよりも効率的に転職活動を進めやすいでしょう。

ビズリーチには有料プランもあり、登録することで求人検索が利用できます。ハイクラス転職サイトでは基本的に非公開求人が多いなか、有料プランでは自由に求人を探せるので便利です。

運営会社 株式会社ビズリーチ
公開求人数(2022年4月時点) 72,707件
利用可能地域 全国
利用料 無料

ハタラクティブ

ハタラクティブー商標

ハタラクティブは20代に特化した転職支援サービスです。就職成功率80.4%と高い実績があります。

20代のフリーターや既卒、第2新卒を対象としており、職歴が少なくても就職を無条件で手厚くサポートしてくれる点で評判が良いです。

また、会員登録時に担当者の性別を選べるので、他社よりも利用しやすいでしょう。

大手転職サイトやエージェントでは、基本的に職歴や学歴が一定以上ある人が、優遇される傾向があります。

その点ハタラクティブは、大手転職サイトで転職がうまくいかなかった人でも、充実した就職サポートが期待できます。

運営会社 レバレジーズ株式会社
公開求人数(2022年4月時点) 1,170件以上
利用可能地域 全国
利用料 無料

レバテックキャリア

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、初回提案内定率90%を誇るITを誇るエンジニア・デザイナーに特化した転職エージェントです。

キャリアアドバイザーが履歴書や職務経歴書の添削から面接対策まで行ってくれるので、充実したサポートが受けられます。

レバテックキャリアのキャリアアドバイザーは、年に3,000件以上企業を訪問して、現場のリアルな情報を元に提案をしてくれます。

加えて、対面ではなく電話でのカウンセリングが可能なので、現職で忙しい人や遠方に住んでいる人でも利用しやすいでしょう。

運営会社 レバテック株式会社
公開求人数(2022年4月時点) 13,725件以上
利用可能地域 全国
利用料 無料

自分に転職エージェントが必要なのか考えてみよう!

転職エージェントは使わなくても転職できますが、自分が転職エージェントを使う必要がないかを見極めることが重要です。

また、転職エージェントを使わないことで、条件交渉を自分で行う必要があったり、非公開求人が見られなかったりとデメリットもあります。

このような点を参考に、転職エージェントを使うべきか検討してみてください。