土日休みの登録販売者に転職するには?おすすめの職場と求人探しのコツとを紹介

土日休みの登録販売者に転職するには?おすすめの職場と求人探しのコツとを紹介

登録販売者として転職するなら、ワークライフバランスも重視したいところですよね。

「できれば土日休みの職場で働きたいけど、そんな求人あるの?」
「土日に休みやすい職場ってどんなところ?」

この記事ではそんな疑問に答えていきたいと思います。

登録販売者が土日休みをとる方法や、土日休みを取りやすい職場について解説していますので目を通してみてください。

また、登録販売者におすすめの転職支援サービスについても紹介していますので参考にしてみてくださいね。

登録販売者は土日休みを取れる?

考える白衣の女性

登録販売者も一般的な販売職の仕事と同じように、希望すれば土日休みを全く取れないということはありません。

ただし、休みの取りやすさは勤務する職場の種類や、所属する企業の方針によるところが大きいです。

土日休みを取りやすい職場の種類や、休暇について比較的柔軟に対応してくれそうな職場の特徴を把握することで、希望にマッチする求人を見つけやすくなるでしょう。

ただし、登録販売者の勤務する職場は基本的に土日を固定休みにしません。

そのため、完全土日休みで働ける求人はかなり少ないと言えるでしょう。

正社員の登録販売者が土日休みを取る方法

男女 白衣

同じ登録販売者でも、雇用形態によって休みの取りやすさは異なります。

まずは正社員の登録販売者が、土日休みを獲得するためのおすすめの方法を紹介します

  • 土日休みの店舗に転職する
  • シフト管理が柔軟な職場を選ぶ
  • 自分で開業する

土日休みの店舗に転職する

お伝えしていたように、登録販売者の働く職場は基本的に土日を固定の休みにはしません。

例えばドラッグストアや量販店など、曜日に関わらず営業しスタッフがシフト制で勤務するスタイルがほとんどでしょう。

一方で、個人で経営しているような薬局等の場合は土日に閉店しているケースもあります。

どうしても土日固定で休みたいという方は、大手の店舗ではなく地方に多いような小さな薬局などの求人を探してみましょう。

シフト管理が柔軟な職場を選ぶ

シフト管理が柔軟な職場を選べば、正社員でも比較的土日休みを折りやすくなります。

しかし、求人票にシフト休が取りやすいかどうかまで、都合よく記載されているとは限りませんよね。

そんな時は、企業の口コミや評判を検索してみるのがおすすめ。

現社員や元社員が、シフト級の取りやすさについて書き込みしているかもしれません。

自分で開業する

確実に土日休みで働きたい時の裏技として、自分で開業してしまうという手もあります。

自分が経営する店であれば、いつを休みにするかも自由ですので、もちろん完全土日休みにすることも可能です。

パート・アルバイトは登録販売者でも土日休みを取りやすい

登録販売者は未経験からでも目指せる?仕事内容や必要な資格を詳しく紹介!

登録販売者として土日休みで働きたいなら、正社員にこだわらずパート・アルバイトという雇用形態を選ぶのも方法です。

基本的に正社員よりは優先的にシフト希望を出すことができる傾向にありますよ。

ただしいくら希望が通りやすいと言っても、完全土日休みで働けるかは店舗の事情や方針によります。

例えば人手不足の職場で、あまりわがままなシフトを出し続けるのは、常識的にもいただけません。

土日にお休みを取りたい人は他にもいるでしょうから、常識の範囲で希望を出すようにしましょう。

登録販売者が土日休みを取りやすい職場

登録販売者の転職先とは?転職に最適なタイミングや転職事情を詳しく紹介!

登録販売者が比較的土日休みを取りやすい職場として挙げられるのは下記の3つです。

  • 調剤薬局
  • ローカルなスーパーやホームセンター
  • コンビニ

調剤薬局

調剤薬局は日曜日を休みにしていることも多いです。

また、調剤薬局は基本的に周辺の病院やクリニックの営業スケジュールに合わせていることがほとんど。

そのため、土日に診療をしていないクリニックの近くにある調剤薬局なら、土日休みで働ける可能性もあります。

ほとんどの医療機関は土曜日も診療を行いますが、土日休みの調剤薬局がゼロというわけではありません。

調剤薬局の求人を特に注目して、見逃がしが無いようチェックしていきましょう。

ローカルなスーパーやホームセンター

大手のスーパーやホームセンターは土日は稼ぎ時ですから、当然土日休みは取りにくくなります。

ただ、地方のローカル的な店舗であれば週末でもそこまで忙しくないことがありますから、土日休みを希望しやすいケースも。

地域密着型の小規模な店舗を狙って応募し、面接時に交渉すれば、土日休みを獲得できるかもしれません。

コンビニ

コンビニは平日も土日も忙しさに大きな差がないため、スーパーやホームセンターと比べると土日休みを取りやすい傾向にあります。

また求人票に「週3日以上」「1日3時間以上」というような記載があったりと、自由度が高いのも特徴。

さらに一般的なドラッグストア以上の時給を設定していることも多いですよ。

登録販売者として自由度の高い働き方をしたいなら、コンビニ業界にも注目したいところですね。

土日休みの求人探しは転職エージェントにお任せ!

女性 ポイント4

土日に休める登録販売者の求人がなかなか見つからない時は、転職エージェントを活用することをおすすめします。

転職エージェントでは、求人票に載っていない企業の情報も詳しく把握したコンサルタントが求人をピックアップしてくれますよ。

そのためより希望にマッチする求人に出会いやすくなるでしょう。

また履歴書作成や面接対策など転職全般のサポートを受けられるので、転職の成功率がぐっと高くなります。

転職後にアフターフォローも受けられるため、不安や疑問が生じた際、気軽に相談できますよ。

転職エージェントは基本的に無料で、医薬品業界に特化しているエージェントもあるため、ぜひ活用してみてください。

登販エージェントなら非公開求人も充実

登録販売者専門の転職支援サービスである登販エージェントは、非公開求人が充実していることに定評があります。

非公開求人とは、応募殺到を防ぐためにあえて非公開の状態にされている好条件の求人の事です。

エージェントサービスに登録することで、コンサルタントから直接非公開求人を紹介してもらえるようになります。

転職サイトで探すだけでは出会えない好待遇の案件に出会える可能性が高いので、土日休みで働きたい登録販売者の転職に非常におすすめです。

登販AGENT
登販AGENT
公開求人数 約6,500件
非公開求人数 公開求人数に含まれています
対応地域 全国
対応年代 20代~50代
主な転職先 調剤薬局・ドラッグストア・企業など
注目ポイント
  • 専任コンサルタントからのマンツーマンサポート
  • 登録は60秒でカンタンにできる
  • 他サイトにはない独自の非公開求人多数!

登録販売者の転職におすすめの転職サイト・エージェント3選

求人サイトやハローワークをみても希望を満たすような求人に出会えない場合は、登録販売者の転職に特化した転職エージェントを利用するのがおすすめです。

キャリアコンサルタントがあなたのキャリアプランや希望条件を最大限に考慮して転職をサポートしてくれます。

これから転職活動を予定している方は、自分に合ったエージェント選びの参考にしてみてください。

  • 登販AGENT
  • CME登録販売者
  • マイナビ薬剤師

登販AGENT

登販AGENT

登販AGENTは「エムスリーグループ」が運営する、登録販売者を専門とした転職支援サービスです。

医療業界専門の企業なので、独自のパイプを活かした好条件の求人が多く、「キャリアアップ」や「年収アップ」を成功させた事例を豊富に持っています。

専任のコンサルタントがあなたのキャリアや要望を聞きながら、最適な転職先を紹介し、入職までをトータルでサポートしてくれるので転職が初めての方でも安心ですよ。

非公開求人も豊富で、他では出会えない優良求人に出会える可能性も高いのが魅力。

特に関東エリアの求人が豊富なので、東京や周辺で転職先を探している方におすすめです。

運営会社 エムスリーキャリア株式会社
対応エリア 全国
求人数 約6,500件(2022年7月時点)
利用料金 無料

\掲載求人数10万件以上!/
登販AGENTに申し込む

CME登録販売者

CME登録販売者
「CME登録販売者」は、登録販売者の求人に特化した転職エージェントです。

未経験者の転職にも強く、経験がなくても希望条件に近い求人に転職できるよう徹底したサポートが期待できます。

土日に休みを取りやすい職場という希望を伝え、求人をピックアップしてもらいましょう。

また在籍中であっても積極的に求人を紹介してくれるので、スピーディな転職を実現させることができるでしょう。

運営会社 株式会社CMEコンサルティング
対応エリア 全国
求人数 約28,000件(2022年7月時点)
利用料金 無料

\サービスは全て完全無料!/
CME登録販売者に申し込む

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

「マイナビ薬剤師」は人材サービス大手のマイナビが運営するサイトで、薬剤師や認定薬剤師、登録販売者の求人が掲載されています。

サイト自体の求人数は5万7,000件ほどで、そのうち登録販売者の求人は約8,000件(2022年9月時点)。

さらにその中でも調剤薬局の求人が半数以上を占めています。

調剤薬局も条件が揃えば、土日に休みを取れる職場を見つけやすくなりますから、調剤薬局の登録販売者求人に絞って転職先を探している方におすすめです。

関連記事

運営会社 株式会社マイナビ
対応エリア 全国
求人数(2022年9月時点) 約57,000件
利用料金 無料

\マイナビだけの非公開求人多数!/
マイナビ薬剤師に申し込む

登録販売者も土日休みの職場に転職可能

登録販売者が土日休みをとる方法や、土日休みを取りやすい職場について解説しました。

登録販売者が働く環境は基本的に土日休みを取りにくいです。

しかし、紹介したような土日に休みを取りやすい職場の特徴を知れば、転職の際に希望にマッチした求人を見極めやすくなるでしょう。