20代女性の転職者必見!印象が良くなる服装のコツを紹介します

20代女性の転職者必見!印象が良くなる服装のコツを紹介します

転職をしようと考えている/転職をしている女性の多くが、面接に何を着ていけばいいのか分からない人が多いのではないでしょうか?

新卒の時はリクルートスーツを着ていたものの、転職ともなるとリクルートスーツはあまり良くないと思うかもしれません。

男性に比べて女性は、身に付けるものが多いので、その分分からないことも多くなってしまいますよね。

服装や身だしなみは、人の第一印象を決める重要な要素なので、企業から悪い印象を持たれないためにも正しい服装を知っておきたいところです。

そこで今回は、20代女性の服装にフォーカスを当てて、面接に適した服装を解説していきたいと思います。

20代の転職で面接にはビジネススーツを着てくのが無難

20代女性の面接では、ビジネススーツを着ていくのが無難と言えます。

リクルートスーツに比べて、1~2万円ほど高く、与える印象もかなり異なってきます。

大きな出費と考える人もいるかもしれませんが、この先どこかのタイミングで着るかもしれませんし、服装でだいぶ印象が変わるので必要経費と割り切りましょう。

パンツ・スカートどちらでもOK

スーツであれば、パンツスタイルでもスカートでもどちらでも問題ありません。

そのため、希望している仕事に合ったスタイルを選ぶのが無難と言えるでしょう。

事務職を志望している場合はスカートスタイル、営業職を志望している場合は、外回りでも動きやすいようにパンツスタイルなど。

カラーやデザインはそこまで意識する必要はありませんが、落ち着いているものを選んだほうが良いでしょう。

リクルートスーツでもOKだが…

「リクルートスーツはダメなの?」と思う人もいるかもしれません。

もちろんリクルートスーツがNGというわけではありませんが、新卒と同様の服装になってしまうので、年齢にそぐわない恰好をしていると思われます。

一度は社会人を経験しているので、ビジネススーツの一着も持っていないのは、企業に悪いイメージを与えてしまうでしょう。

社会人にとって「TPOに合わせた服装」をするのは、基本的なマナーですので、ビジネススーツで面接に行った方が悪いイメージを回避できます。

企業から指定が無い限り面接にはスーツを着ていきましょう

企業側から指定がない限り、面接にはスーツで挑みましょう。

転職面接も大切なビジネスシーンの一つなので、TPOに合った服装を心がけるようにしましょう。

面接を実施する目的の一つは、ビジネスマナーに問題がないかどうかをチェックすることです。

その場に合った服装ができないと、本来の実力とは関係のない、第一印象で評価が損なわれてしまいます。

服装のだらしなさは、仕事のだらしなさにも直結すると考える面接官もいます。

スーツは特別な物を用意する必要はないものの、「落ち着いた色であること」「清潔感があること」「シワがないこと」などをチェックしましょう。

20代女性のビジネススーツを選ぶポイント

それではここから、面接の服装を選ぶ際のポイントを紹介していきます。

アイテムごとに紹介していくので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

スーツは黒・紺・グレーなどの落ち着いた色

「ストライプ柄」「素材」「スーツの色」など、リクルートスーツと違い、ビジネススーツには様々なデザインや色の物があります。

どれが良いのか迷ってしまうかもしれませんが、無地の落ち着いた色のスーツを選んでおけば問題ありません。

サイズは大きすぎてもピッタリすぎても見栄えが悪くなるので、特に肩のサイズが合っているかどうかに気を付けて選びましょう。

また季節によって、スーツの素材が異なるので、分からないことがあれば店員さんに聞いていましょう。

インナーは清潔感を重視!

ジャケットの下に着るインナーは、清潔感のあるものを選びましょう。

ビジネススーツに適したインナーは、大きく分けてシャツ・ブラウス・カットソーがあります。

基本的に、シンプルで清潔感があればどんなものでも構いません。

白色のフリルなどの装飾がついていないシャツが一番無難で、どのようなスーツにでも合わせられます。

その外にも、薄いブルーのシャツやフリルがついていないタイプのブラウスなどであれば、特に問題はないでしょう。

しかし、インナーに皺や汚れが入っていると、不潔感を与えてしまうので面接の前にチェックしてきましょう。

値段が安いものであれば、2000円前後で買えるので、不安があれば新しく買っておいた方が良いでしょう。

靴はシンプルで落ち着いた色を選びましょう

スーツに合わせる靴は、ヒールの高さが3~5センチのパンプスが好ましいです。

黒が無難ですが、スーツやバッグに合わせて茶色やベージュなどでもいいでしょう。

スーツやスカートの色と靴の色を合わせると、全体的な統一感がでてきっちりとした雰囲気がでます。

種類によっては、靴の先端がとがり過ぎていたり、光沢のある靴があるのでプレーンな形の靴を選ぶようにしましょう。

バックは過度な装飾の無いものを!

書類や筆記用具などを入れておくビジネスバックは、過度な装飾や派手でなければ、特に指定はありません。

しかし、キャンパス地のトートバックや、リュックなやめておいた方が良いでしょう。

バックもスーツと同様に、落ち着いた色のバックを選べば大きな問題はありません。

また、面接時にバックは床に置いておくので、形がしっかりしていて床に置きやすいとストレスを感じないでしょう。

面接に適した髪型とは?

身だしなみを考えた時に、服装以外に髪型にも注意を払っておく必要があります。

髪型はその人の印象を大きく左右する要因なので、髪型1つで悪い印象を与えてしまう場合があります。

面接にふさわしく好印象を与える髪型を紹介していきます。

基本的に黒髪で面接に臨みましょう

普通の職場では女性の茶髪が許されている職場も多いですが、転職中は黒髪にしておくのが無難です。

絶対に黒でなければいけないというわけではありませんが、あまりにも明るい場合はビジネスマナーから逸していると判断されてしまうリスクがあります。

社会人として見た時に、TPOに合った清潔感のある髪色で転職に臨むようにしましょう。

髪が長い場合は結んでおきましょう

髪の毛を下ろしたままで面接に臨む方もいますが、髪をまとめた方が良い印象を与えられます。

髪をまとめていないと、おじぎをしたときに髪の毛がたれてしまったり、顔を上げたときに顔にかかってしまいます。

また1つの動作ごとに髪をいじってしまうと、面接に集中できなくなってしまい、面接官からも集中していないと誤解されてしまうリスクもあります。

中には、髪の毛を後ろにまとめているのに、サイドをおろしている方もいます。

顔の横に髪をたらしている状態だと、顔の表情が見えづらくなり、だらしない印象を与えかねないので、ピンなどでとめて、顔にかからないようにしましょう。

20代の面接では清潔感を重視!

面接に臨む服装には、何よりも清潔感が重要です。

スーツやシャツに皺や汚れが無いか、今一度チェックして、必要であれば買ったりクリーニングに出しておきましょう。

服装はその人の印象を左右する大きな要因の一つなので、面接の内容以外に悪い印象を与えてしまうとあなたの本来の姿をアピールできません。

面接に着ていく服装で、応募先の企業の取引先を訪問できるかどうか、想像してみるのも一つの判断基準となるでしょう。

客観的に自分の服装を判断して、相応しい服装か考えてみましょう。

服装に迷ったらリクらくに相談しましょう

もし面接に着ていく服装に悩んでしまったら、リクらくに相談してみませんか?

どんなに些細な悩みでも、相談できる環境が整っており、リクらくで受けられるサポートはすべて無料となっています。

また、服装の悩み以外にも面接対策や内定後のフローなどのサポートも受けられます。

リクらくを活用して転職した人の90%以上が採用に至っており、安定した実績を誇っています。

転職で些細な悩みを感じたら、気軽にリクらくを活用してみて下さい!

あなたのお電話お待ちしています!

【回答例付き】20代の面接で聞かれることが多い8個の質問を紹介!

子持ちの20代女性は転職に不利?転職する際のポイントやおすすめの職種を解説