20代の転職にかかる費用とは?必要な費用と節約術を紹介!

20代の転職にかかる費用とは?必要な費用と節約術を紹介!

転職したいと思っても、すぐに行動を移せない要因の一つとして「どのくらいの費用が掛かるのか」という問題があります。

転職活動には何かとお金がかかってしまうので、どのくらいのお金がかかるのか、転職活動に入る前に知っておきたいですよね。

社会人経験が浅い20代は収入が少ないので、十分な貯金が貯まっていない人がほとんどでしょう。

転職の知識や見通しを持たずに転職活動を始めてしまうと、中々内定が貰えなくて、転職活動の前に生活ができなくなってしまう可能性もあります。

そこでこの記事では、転職にかかる費用を中心に、転職のあれこれを紹介していきます。

転職にかかる費用は30~40万円!

転職にかかる費用は内定を貰うまでの期間や、転職をする地域などで大きく異なるものの、一般的な目安としては30~40万円くらいが相場とされています。

この金額を見てあなたは安いと思いますか?それとも高いと思いますか?

多くの人が「結構かかるんだな…」と思うはずです。

20代の平均的な貯金額は、20万円ほどと言われているので、その貯金額だけでは転職の費用を賄えません。

転職期間が長引くにつれて、転職にかかる費用が増えていくので、生活ができなくなる可能性も出てきます。

転職にかかる費用の内訳を紹介

先程の章で伝えた30~40万という転職費用の内訳を紹介していきます。

主に上記の5つが転職活動中にかかる費用です。

それぞれの費用について見ていきましょう。

転職中の生活費

転職活動中も今まで同じように、生活は続いていきます。

仕事をしている時は会社にいる時間の方が長いですが、仕事を退職してしまうと、面接の予定が無い限り自宅で作業をすることになります。

そのため、仕事をしている時よりも飲食費や光熱費がかかってしまうでしょう。

また、友人と遊んだり、服やゲームを買ったりするお金も発生するので様々なところで支出が出てきます。

転職期間中は時間を自分で調整しなければならないので、必然的に自由な時間が生まれて、たくさんの誘惑があるでしょう。

企業までの交通費

選考が進むと、会社まで行って面接を受けなければなりません。

そのため、自宅から面接会場までの交通費がかかってきます。

1日に複数の会社と面接がある場合には、電車代だけではなくタクシー代も発生します。

自宅から面接会場まで遠くなければ、高い費用はかからないものの、地方から都内への転職を考えている場合は、新幹線や飛行機などの費用が掛かります。

加えて、数日かけて面接がある場合は、ホテルに泊まるための宿泊費もかかります。

転職活動において、交通費が一番密接に関係してくる費用で、転職活動が長引くほど交通費がかかってしまいます。

面接に着ていく服装代

面接はほとんどの場合、スーツで面接を受けます。

前職でスーツを着ていなかった人は、面接用にスーツを買わなければなりません。

リクルートスーツでも、靴やバックなど一式揃えるとなると5万円ほどかかってしまうでしょう。

また、20代後半になってもリクルートスーツを着ているわけにはいかないので、ビジネススーツを購入しようとしている人もいるでしょう。

ビジネススーツはリクルートスーツと違い、素材が高給なので、10万円程はかかってしまうでしょう。

また、スーツを持っていたとしても。長い間クローゼットにしまっていた場合は、皺や汚れが付いているかもしれません。

汚れや皺が入っていると、不潔感を与えてしまうので、あらかじめクリーニングに出しておいた方が良いでしょう。

スーツのクリーニングであれば、1000~2000円程で出来ます。

僅かの支出を渋ってしまうと、あとで後悔してしまう可能性が高いので、気を付けておきましょう。

面接先での空き時間の費用

面接までの空き時間が1時間以上ある場合には、外で待機している訳にも行かず、1時間前に面接会場に入るわけにも行きません。

そのため、面接時間までは喫茶店やファミリーレストランなどで、時間をつぶさなければなりません。

何も注文しないわけにはいかないので、コーヒーや軽食を注文すると、それだけで1000円程かかってしまいます。

僅かな支出と感じるかもしれませんが、「散りも積もれば山となる」という言葉があるように、長い目で見るとかなり大きな支出になります。

年金などの支払い

正社員として働いている場合は、年金や保険料などは給料から天引きされるので、支払い漏れの心配はありません。

しかし、退職してから転職活動を始めている場合は、自ら年金などに加入して料金を支払わなければなりません。

月々に支払う年金額は、おおよそ4万円ほどなので、かなり大きな支出になります。

給与から天引きされている時には、問題ありませんが、ただでさえ収入が無く貯金も少ない状況で年金を支払うとなると経済的にかなり厳しくなります。

そのため、中には年金などを支払わないという人が多くいますが、年金などを支払わないと将来的に大きなリスクが生まれます。

金銭的にどうしても年金が支払えない場合には、役所などに行って年金免除手続きを
行ないましょう。

申請すれば猶予期間や免除されることも

年金の支払いがどうしてもできない場合には、役所や年金事務所に相談してみましょう。

申請が認められれば、支払いが延長されたり、支払いが免除される場合もあります。

手続きを怠ってしまうと、将来的に貰える年収が低くなったり、最悪の場合は年金が貰えなくなってしまいます。

将来的なリスクを減らすためにも、しっかりと手続きを行っておきましょう。

上記以外にも細々とした費用が掛かります

上記で伝えた費用以外にも、

…などと、様々な費用が掛かってきます。

あらゆるところで費用が掛かってくるので、事前に理解しておきましょう。

転職活動中は誘惑に負けないように…

転職活動中は基本的に自分ひとりで、転職を進めていくので、自由な時間を作ろうと思えばいくらでも作れます。

自由な時間ができると、様々な誘惑が生まれてくるので、たくさんの費用が掛かります。

転職に回す費用が少なくなってしまうリスクもあるので、転職活動中は誘惑に負けないようにしましょう。

退職してから転職活動を行うとリスクが高い

ここまで読んだ人なら気付いているかもしれませんが、転職は様々なところで費用がかさみます。

退職してしまうと転職期間中は無職になるので、収入が入ってきません。

お金が底を尽きてしまうと、転職活動以前に生活ができなくなってしまうので、お金は相当シビアな問題です。

そのため、退職してから転職活動を始めるのはおすすめできません。

仕事を続けながら転職活動を進めましょう

仕事をしながら転職活動を進めれば、収入が無くなることが無いので、生活ができなくなるリスクを防げます。

また、思い通りに転職が進まない場合には、一旦転職活動をストップして今の仕事に戻る選択もできます。

転職には様々なリスクが付きまとうので、リスクマネジメントのためにも、あらゆる保険をかけておきましょう。

転職の進め方が分からない20代必見!転職の進め方完全マニュアル

内定を貰うのが遅くなるとその分お金がかかります

転職して内定を貰うまでにかかる期間は、3ヶ月前後と言われています。

効率よく転職が進めば、1ヶ月以内に貰える人もいますが、思い通りに進まないと半年以上かかってしまう人もいます。

転職活動が長引けば長引くだけ、費用が掛かってしまいます。

そのため、計画を立ててから転職活動に入るようにしましょう。

転職にはどのくらいの期間がかかる?平均的な期間や転職を成功させるポイントを解説!

退職したら失業保険を忘れずに!

退職してから転職する場合は、失業保険を忘れずに受け取るようにしましょう。

失業保険は退職理由に関係なく、退職した人が申請の手続きをすれば、前職の給料の7割ほどを受け取ることができます。

仕事をしていなくても受けられる保険なので、手続きを怠らないようにしましょう。

転職に不安を感じたらリクらくを活用!

転職は基本的に一人で行わなければならないので、不安や悩みを抱えながら転職をしなければなりません。

そのため、転職が上手くいかずに転職期間が長引いてしまう可能性もあります。

転職期間が長くなってしまうと、長くなった分だけ転職の費用が掛かってしまうので、税剤的にもかなり厳しくなってしまうでしょう。

転職期間を短くするためにも、当サイトのリクらくを活用してみましょう。

リクらくでは一人一人に専属のエージェントが付いて、納得のいく転職ができるようにあらゆるサポートを施します。

また、リクらくを活用した人の90%が内定に至っており、安定した実績を誇っています。

加えて、リクらくで受けられるサポートは全て完全無料となっているので、金銭的に不安をかじる必要もありません!

あなたのお電話お待ちしています!