転職の進め方が分からない20代必見!転職の進め方完全マニュアル

転職の進め方が分からない20代必見!転職の進め方完全マニュアル

20代で仕事をしている人の中には、転職を考えている人も多いのではないでしょうか?

しかし、転職経験が無い人や少ない人は、

「転職はどのように進め行けばいいのか」
「まず何から始めればいいのか」

…など、転職の進め方を理解していない人がほとんどだと思います。

不明な点をそのままにして転職活動を始めても、内定に直結することは少ないので、必ず後悔してしまいます。

転職の正しい進め方を理解しておけば、必ずいい結果を得られるので、この記事を読んで転職の進め方を学びましょう!

転職活動を始める前にしておくこと

転職を始める前に、転職活動には欠かせない、自己分析・業界研究をしておく必要があります。

この二つは、志望動機や自己PRの他にも、履歴書や面接などに関わってくる重要な要素です。

それぞれ詳細に説明していきます。

自己分析

「自己分析なんて必要ない」と思う人もいるかもしれませんが、転職活動においてとても重要です。

自己分析をすることで、自分はなぜ転職したいのか、どのようなスキル・専門知識を持っているのかなど面接のアピールポイントが明確に分かります。

また、自己分析は転職の方針決めから面接でのアピール内容の洗い出しまで、転職活動の最初に必要な情報を揃えるためにかなり重要です。

自己分析をしなかったために、転職先選びが難航して後悔した人も多く、自分が持つ能力を十分に生かせない企業に転職してしまう人もいます。

それらを防ぐためにも、すぐに転職活動には入らず、一旦自己分析に時間をかけたほうが賢明と言えます。

自己分析は紙に書きだす

いきなり自己分析をやりなさい、と言われてもどうやればいいのか分からず困ってしまいますよね。

まず初めに自己分析をするときは、頭の中だけで完結させず、紙に書きだして可視化するのがポイントです。

頭の中で取り組んでしまうと、自己分析の結果が分からなくなってしまい、効果的な自己分析ができません。

自分を見つめなおして特徴や価値観を書き出す

「仕事をしていてどのような時にやりがいを感じるのか」
「生きていくうえで最も大切なものは何か」
「自分は周りからどのような人間と言われるのか」

…など、自分の特性や仕事観・価値観などを書き出せるだけ紙に書きだしてみましょう。

書き出す際には、些細なことや重要なことなどの大小を問わず、書き出すのがポイントです。

また、学生時代の経験や社会人の経験なども書き出してみましょう。

前職を経験しての成果や実績、成功経験・失敗体験などを掘り下げていくと、アピールポイントの元となる材料が浮き出てくるでしょう

それらの洗い出しが終わったら、その中から履歴書や面接の中でアピールできそうな要素をピックアップしていきましょう。

ピックアップしていくと、自分適性や価値観、ビジネススキルなどが見えてきます。

自己分析には少し時間が掛かってしまうものの、転職活動の基盤づくりと思って、十分な時間をかけて取り組むようにしましょう。

業界研究

自己分析とともに重要なのが、業界研究です。

業界研究は、どの業界・職種に応募するかが決まっていない人はもちろん、面接の対策にもなります。

納得のいく転職をしたいのなら、業界研究はマストで行いましょう。

業界研究をする際は、一つの業界に絞らず、視野を広くしてあらゆる業界を研究しておくと良いでしょう。

企業が出している求人やホームページを見比べたり、合同説明会などに行って、業界研究するのも一つの方法です。

出来るだけたくさんの業界を研究すれば、自分の適性に合う企業が見つかったり、思いがけない優良企業と出会う可能性も出てきます。

自己分析と同様に軽視されがちですが、入念に行っておけば、就活で必ず役に立ちます。

20代の転職の進め方

自己分析・業界研究が取り組めたら、本格的に転職活動に入りましょう。

転職活動の大まかな手順としては、

上記のような流れになります。

それぞれの手順を補足して説明していきます。

志望する企業の求人を探す

まず初めにどの企業にエントリーするのかを決めて得行かなければなりません。

仕事内容・待遇・福利厚生などあらゆる観点から、応募先を決めなければなりません。

そのため、転職先に求める条件を設定して、転職活動の軸を決めておいた方が良いでしょう。

何も考えずに転職先を決めてしまうと、入社後にミスマッチが生まれて、早期退職に繋がってしまいます。

また、逆に企業に求める条件があり過ぎると、エントリーする企業が少なくなってしまい内定率がぐっと低くなってしまいます。

たくさんの企業にエントリーして選考を受ければ、その分内定率も上がります。

しかし、手当たり次第に闇雲に選考を受けてしまうと、労働環境が整っていないブラック企業に転職してしまう可能性が高くなります。

そうならないためにも、業界研究を入念に行っておけば、ブラック企業に入社するリスクを最小限に抑えられるのです。

応募する求人が決まらない場合は転職エージェントに相談!

応募する企業が決まらずに困っている人は、当サイトのリクらくを活用して、応募先を決めませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、あなたの適性や価値観を聞き取りして最適な企業を提案します。

また、他の求人サイトでは取り扱っていないレアな求人を抱えているので、思いがけない優良企業に出会えるかもしれません。

この記事の最後にリクらくについて詳しく紹介しているので、ぜひ最後まで読んでみて下さい

求人に応募する~履歴書・職務経歴書を提出~

応募する求人が決まったら、その企業にエントリーする流れになります。

一般的に、エントリーする際に履歴書や職務経歴書を送るので、このステップまでに応募書類を作成しておかなければなりません。

エントリーしてから、1週間以内には合否の連絡が送られてくるので、合格の連絡が来たら次のステップに進みます。

自分独自の志望動機を作成してアピールしましょう

履歴書で企業が重視するのが、志望動機欄です。

なぜ当社を志望したのか、どれほどの熱意をもって応募してくるのかを知るための重要な情報で、就業意欲を見られています。

しかし中には、履歴書の志望動機の内容をそのまま他の企業に流用する人がいます。

企業側から見れば流用しているのはすぐに分かるので、志望動機の流用は絶対にやめましょう。

企業に対する強い志望度を表すためには、応募する企業の何に惹かれたのか具体的に伝えましょう。

企業方針や業務内容について入念に調べていることをアピールできれば、志望度の高さを伝えられます。

また、企業に入ってどういうことがしたいのか、今後どうなりたいのかというキャリアプランも併せて説明しましょう。

面接

書類選考を通過したら、企業の採用担当と面接をします。

企業によって面接回数にばらつきがあるものの、一般的には1回から2回とされています。

面接は転職活動において、もっとも重要なステップなので、気を抜かずに入念な面接対策をしてから本番に臨みましょう。

20代の転職者が必ず聞かれる質問の回答は事前に準備しておきましょう

20代の転職者に必ず聞かれる質問があり、この質問の回答次第で合否が決まると言っても過言ではありません。

転職理由

採用担当者は、なぜあなたが転職しようと思ったのか、という点を知りたがっています。

明確な転職理由を持っておらず、あいまいな転職理由だと、転職活動の本気度が低いと判断されてしまいます。

そのため、明確な将来ビジョンを持っている旨を伝えて、転職活動の本気度を伝えるようにしましょう。

志望動機

先述しましたが、履歴書に限らず面接の中でも志望動機を問われます。

あらかじめ履歴書に志望動機が書いてあるので、採用担当はあなたがどのような志望動機を持っているか把握しています。

そのため、履歴書に書いてある志望動機と面接で話す志望動機の内容が異なってしまうと、矛盾が生じてしまいます。

矛盾が生じてしまうと、一貫性が無いと判断されてしまうので、企業からの評価が下がってしまいます。

履歴書に書いてある内容と全く同じである必要はありませんが、一貫性を持たせておく必要があるでしょう。

また、履歴書に書いてある志望動機に別の要素を付け加えて伝えれば、さらにアピールになります。

内定~待遇や入社日を決めていく~

数回の面接を合格したら、晴れて内定が貰えます

しかし、内定を貰った後も入社日を決めたり待遇を交渉したりと、やらなければならないことはたくさんあります。

入社日に関しては、企業と相談して決めていけばいいのですが、給与や待遇など決める際に問題が起こるケースがあります。

内定者側が提示する条件と、企業側が提示する条件が異なってしまうと、中々入社日を迎えられません。

一方的に条件を提示してしまうと、企業からの印象が悪くなってしまうがあるので、妥協点を作って企業の条件も考慮した方が良いでしょう。

20代の転職は退職してから?仕事を続けながら?

現在の仕事を続けている人が転職を決意した時に、転職は退職してからするべきか、仕事を続けながらするべきか悩む人がいるでしょう。

どちらにしても、一長一短あるので、それぞれの特徴を紹介していきます。

退職してから転職する場合

転職活動をしていくには、やるべきことがたくさんあるので、自分の時間を全て転職活動に注げるという点ではメリットと言えます。

企業との面接日も円滑に決められるので、転職活動がスムーズに進むでしょう。

しかし、仕事を退職してしまうと、無職になり収入が無くなってしまうので転職活動が長引くとお金が無くなります。

お金が無くなってしまうと、転職活動の前に生活ができなくなってしまうので、かなりの大きいリスクと言えます。

転職活動は意外とお金がかかるので、貯金が少ない人は、仕事を続けながら転職活動をした方が良いでしょう。

仕事を続けつつ転職する場合

対して仕事を続けながら転職する場合は、仕事をしている状況なので、転職にかける時間が少なくなります。

そのため、履歴書の作成にかなりの時間が掛かってしまったり、面接の日程調整が思うように出来ないというケースもあります。

しかし、先述したように転職では意外とお金がかかるので、収入が無くならないという点で大きなメリットになります。

また、転職が思うように出来ない場合には、一度転職を辞めて今の仕事を続けるという選択もできます。

貯金が無くなってしまい、転職以前に生活ができなくなってしまうのが一番怖いので、その状況に陥らないというだけでも安心できます。

仕事を辞めるべきか悩んでいる人は、仕事を続けながら転職活動に取り組むことをおすすめします。

20代は経歴やスキルが無くても転職できる!

企業が20代に求めているのは、経歴やスキルではなく、ポテンシャルや仕事に対してのモチベーションです。

そのため、前職の経験が活かせなくても適性があると認められれば、十分に転職できる可能性があります。

前職の経験をアピールするのも大切な要素ですが、それだけを前面にアピールしてしまうと企業が求めている人物像にはなりません。

求められている要素を十分に理解してから、転職するようにしましょう。

20代はキャリアチェンジする絶好のチャンス

転職をしようとしている人の中には、前職と関連の無い未経験の業界に転職しようとしている人がいます。

「未経験だから採用されないのかな…」と心配する必要はありません。

先述したように、20代に求められているのは、ポテンシャルや仕事への熱意です。

そのため、20代はキャリアチェンジに最適なチャンスと言えるので、可能性を捨てず果敢にチャレンジするようにしましょう。

20代はキャリアチェンジの絶好のチャンス!目的を持って転職活動を行いましょう

20代の転職は準備が重要!

20代の転職は、転職活動よりも事前の準備が必要です。

目的を持たずに転職活動を始めてしまうと、転職が思う様に進みません。

入念に準備をしてから、転職活動を始めるようにしましょう。

リクらくを活用して20代の転職を成功させよう!

転職で不安や悩みを抱えたらリクらくを活用して、転職をしてみませんか?

リクらくでは履歴書の作成・面接対策・内定後のフローなど、転職に関するあらゆるサポートが受けられます。

また、リクらくで受けられるサポートはすべて無料となっているので、安心して活用してみて下さい。

あなたのお電話お待ちしています!

転職先が決まらない20代の特徴と転職先が決まらないときの対処法