20代男性の転職事情とは?転職の失敗例や成功させる方法を解説!

20代男性の転職事情とは?転職の失敗例や成功させる方法を解説!

「20代男性の転職事情はどうなっているのだろうか?」

「転職に失敗してしまう20代男性にはどのような特徴があるのか」

「転職に成功するコツはあるのか」

上記のように20代男性が転職を考えた時に、様々な不安や悩みを感じていると思います。

転職は人生の中でも大きなイベントなので、絶対に失敗したくないですよね。

転職に失敗してしまうと、仕事が合わずに早期退職してしまい、再び転職をしなければならなくなります。

また、転職回数が多くなると、経歴に傷がついてしまいその後のキャリアに悪影響を及ぼすリスクも...。

今回の記事では、20代男性の転職事情や転職の失敗例、成功するポイントなどを解説していきます。

20代男性の転職事情

給料に不満がある。
人間関係が嫌だ。
仕事内容があっていないと感じる。
やりたい仕事がある。
etc…

転職を希望する理由は、人それぞれ。

しかし転職を焦ってはいけません。

まずは自分の置かれている転職事情を把握しましょう。

20代男性は転職しやすい年代

20代での転職は、男女問わずに増加しています。

新卒の獲得には、どこの企業も苦戦しています。

そのため中途転職市場でも20代の若い世代は人気になり、たくさんの企業が20代を積極的に採用しています。

長期的に勤務してほしい、自社でキャリアを形成して欲しいと考えているからです。

そのため、20代の転職は他の年代に比べて、比較的転職がしやすい年代と言えます。

また、男女別に平均勤続年数を比較した時に約4年ほど男性の方が勤続年数が長いデータを厚生労働省が出しています。

「長期的に勤務してほしい」企業の考えと、よりマッチいしているため、20代のなかでも特に男性は、転職に有利になります。

年収UPなどのポジティブな理由であっても、人間関係を変えたいなどのネガティブな理由であっても、20代は絶好の転職チャンスと言えます。

20代前半の転職では、スキルや経歴をあまり重視されない

20代前半の転職の採用基準は、「ポテンシャル」です。

つまりスキルや経歴をそこまで重視されないのです。

20代前半は、社会人としての経験が浅く、転職の中でアピールできそうなスキルや経歴を持っている人が少ないです。

そのため、20代前半の男性は、自信を持って転職活動に踏み出せない人が多い傾向にあります。

しかし、企業が20代前半に求めているのは、ポテンシャルです。

業務や業界に対しての知識やスキルがあるに越したことはありません。

ですが採用段階で即戦力ではなく、ある程度の育成・教育機関を設ける前提で採用しています。

入社してからどのような仕事をしていきたいのかを、明確に伝えて仕事の呑み込みの早さをアピールしましょう。

もちろん、20代前半でもスキルに自信があるならキャリアアップを狙った転職も可能です。

20代前半は「第二新卒」

第二新卒を明確に定義づける期間は存在しません。

おおよそ大学卒業から3年以内の求職者のことを指します。

最低限のビジネススキルは前職で身につけているため、教育コストがかからないことが魅力とされています。

自分の仕事のやり方を見つける前に退職しているため、前職の企業に染まっていないことが多く、年齢的にも若いので会社にも馴染みやすいことも企業に需要があるようです。

第二新卒の定義は会社によって異なるため、求人の募集要項などで確認必須ですが、第二新卒の枠を狙って、転職するのもありでしょう。

20代後半になるとスキルや経験を重視される

20代後半になると、ポテンシャルでなくこれまでの経験やスキルが重要視されます。

そのため、履歴書や面接の中でポテンシャルや人柄に関することをアピールしても、採用担当から評価されることはありません。

反対に、経験を生かしてもっと大きい仕事がしたい、キャリアアップがしたいと考えているなら、20代後半はキャリアアップ転職が見込めます。

年代に合わせて採用基準が変化していくことを理解しておきましょう。

20代のキャリアアップ転職で失敗しないためのポイントと必須の要素

転職回数が多いと転職が困難に

20代男性は、他の年代や女性と比較して転職がしやすいことを書いてきました。

しかし20代の男性でも転職しにくくなってしまうことがあります。

それは何度も転職を繰り返してしまっている場合です。

若いうちから何度も転職を繰り返していると、企業から「採用してもすぐに辞めてしまうのでは?」と思われてしまうのです。

20代の男性が転職市場で人気な理由は「会社に長く勤めて欲しいから」です。

若いうちから転職を何度も繰り返しているということは、すぐに会社を辞めているということになります。

そうなると「長く勤めて欲しい」会社の需要とマッチしないですよね。

加えて、忍耐量が無く仕事を最後までやり遂げられないと思われています。

そのため、何も考えず安易に転職を繰り返してしまうのは、絶対に避けるべきです。

「とりあえず今の環境から抜け出したい」と適当に転職をしてしまうと、転職を繰り返すことになってしまいます。

20代で3回の転職は多い?転職回数が与える影響と転職に成功する秘訣

20代男性が転職で悩んでいること

今より高い収入を得たい、やりたい仕事がある、人間関係がうまくいっていないなど、転職をおこなう理由は様々です。

ですが、根底は「現状の労働環境よりも良い環境で働きたいから」で共通していると思います。

自分以外の20代男性の求職者がどのような悩みを抱えているのかを知ることで、漠然と抱えている不安を解消しましょう。

不安を解消し、精神的に楽になれば、前向きかつ慎重に転職活動に取り組むことができるでしょう。

転職して今よりいい会社で働けるか

これが一番の悩みだと思います。

そもそも転職する理由は「現状よりもよい会社で働きたいから」です。

いくら就業条件が良くても、実際に働いてみなければ自分にとって良い会社かなんてわからないと思いますよね。

しかし事前に適切な準備をしていれば、転職をすることで現状よりいい会社で働ける可能性は十分にあります。

自分が転職先に何を求めるのかを具体的にすること、転職支援サービスを利用し、事前準備を怠らないことで転職失敗のリスクを大きく下げることができます。

自分の希望通りの仕事を見つけられるのか

20代男性は比較的転職しやすいタイミングではありますが、必ずしも希望通りの仕事につけるとは断言できません。

転職する際の企業・世の中のニーズ・あなたの経験によって、希望する職につけるかどうかは変わってくるからです。

しかし世の中には数多くの求人が存在します。

すべての希望を満たす求人を探すことは難しいです。

なぜ転職したいのか優先順位をつければ、ある程度理想とする仕事を見つけることはできるでしょう。

これまでの経歴に自信がない

20代の転職は、「ポテンシャル採用」であることが多いです。

これまでの経歴や経験に関わらず、採用してくれる企業も珍しくありません。

業界未経験を歓迎する求人は人手不足や、若手を積極的に育てていきたい、と考えています。

フリーターや既卒から就職できたという20代男性の方も多いので、経歴に自信がない方はエージェントに相談してみましょう。

資格をとった方がいいのか

未経験業種・未経験職種に転職する際に「資格はとった方が有利なのか?」と考える男性もいるでしょう。

もちろん、応募する企業に関連する資格で、仕事に活かせる資格なら持っておいた方が有利でしょう。

しかし、資格を取れば確実に採用されるわけではありませんし、資格を全く持っていなくても活躍している方は大勢います。

資格が必要な会社や、英語力を証明する資格がないと採用されない企業なら資格は必要ですが、そうでないなら資格だけにこだわる必要はありません。

ただし業界によっては、特定の資格を持っていれば給与面で優遇してくれる会社もあります。

自分の希望する業界をしっかりと調べて、所持していたほうがいい資格なら取っておくのもいいでしょう。

フリーターや無職から正社員への転職は可能か

現在フリーターや無職である人は、転職して正社員になれるのか心配になってしまいますよね。

過去の正社員経験の有無にかかわらず、現在フリーターや無職だと「正社員」になるのにすごく大きなハードルを感じやすくなってしまいます。

要するに自分に自信がなくなってしまうのです。

確かに現在正社員の人と比較すると面接のハードルはあがります。

しかしこの記事で何度も解説していますが、20代前半の転職は「ポテンシャル採用」です。

平たく言えば、「育てれば使えそう」な人を採用するのです。

フリーターや無職だからといって、自信なさげに面接に臨んでは「育てれば使えそう」なんて思われませんよね。

転職支援サービスや転職エージェントと相談のうえ、慎重に転職活動を進めればフリーターや無職の人にも正社員になれるチャンスはあります。

細かいですが、フリーターや無職の場合、転職というよりも「就職」に近い気がします。

転職というと現在正社員の人がライバルというイメージになって、不安になってしまいます。

「自分がするのは就職」と思っておけば、ライバルは自分と同じ無職やフリーターと思えるので、精神的に楽になるのではないでしょうか?

20代男性によくある転職失敗パターン

ここからは20代男性によくある、転職の失敗パターンを紹介していきます。

それぞれ説明していきます。

企業研究をせずに転職してブラック企業に入ってしまう

転職において、事前準備となる企業研究は転職を成功させる大きな要因です。

企業研究を怠ってしまうと、転職先の職場環境や労働条件を理解できません。

そのため、ブラック企業に入社してしまう可能性があがります。

ブラック企業に入社してしまうと、劣悪な労働条件のもとで働かなければならないので、身体的・精神的に追い込まれてしまいます。

そもそも現状よりもいい労働条件を求めて転職活動をしていたのに、劣悪な労働環境に入ってしまっては、本末転倒ですよね。

ブラック企業で長期間働くのはかなり厳しいので、早期退職に繋がり、転職回数が多くなってしまいます。

転職回数が多くなってしまうと次回の転職にも不利になりますし、早期退職も印象が悪いです。

今後のキャリアに傷をつけてしまうので、キャリア形成が難しくなるでしょう。

【完全版】ブラック企業を見分ける方法を伝授します!

入社後のギャップ

20代男性の転職の失敗として多いのが、入社後のギャップです。

転職活動をおこなう根柢の理由として、現在よりよい労働条件・環境で働きたいことがありますよね。

そのうえに「やりたい仕事がある」「現在よりも収入UP」などの人によって異なる様々な理由が存在します。

「入社前に想像していた仕事と全く違う仕事を与えられる」

「想像していた職場環境と違う」

入社後のミスマッチはブラック企業に入社してしまう理由と同様に、企業研究を怠ってしまうのが大きな要因です。

ミスマッチが起きてしまうと、仕事のやりがいやモチベーションが保てず、早期退職に繋がってしまいます。

転職後に前職の方がよかったと後悔する

転職して仕事を始めてみてから、前職の方がよかったと後悔する人も多いです。

一度転職を決意してしまうと、視野が狭くなり、今の会社の悪い部分しか見えなくなります。

しかし20代前半の場合、現在の会社の他に会社を経験していないため、現在の労働環境の良さに気づくことができないことがあります。

人間関係が良い、福利厚生がしっかりしている、昇給幅が大きく勤続年数があがると好待遇だった…など転職すると比較対象ができるため、前職の良さに気づくのです。

一度退社した会社に再び入社するのは、基本的にはできません。

仮にできたとしても、転職しておいてやっぱりもとに戻るなんてあなたのプライドも許しませんよね。

後悔しないように今の状況を考えてから転職するようにしましょう。

20代男性が転職に失敗する5つの要因

20代の男性の転職失敗パターンを紹介していきました。

転職しやすいと言われている20代男性は、なぜ転職に失敗してしまうのでしょうか?

考えられる要因は以下の5つです。

それぞれ補足して説明していきます。

企業の情報収集ができていない

先程の章で述べた、ブラック企業に転職してしまう理由や入社後のミスマッチは、情報収集不足によって起こります。

転職活動をおこなううえでは、目的を持って入念に企業の情報収集をしなければなりません。

企業が出している求人に記載されている情報や企業のホームページに記載されている情報を照らし合わせて、十分に企業研究をしておきましょう。

また、企業研究は企業とのミスマッチを減らすだけでなく、面接の中で必要な情報を得られるというメリットもあります。

企業研究は、とりあえず今の会社を抜け出したいと転職を考える人がないがしろにしてしまいがちなです。

しかし転職活動で最も重要な作業なので、手を抜かず入念に行っておきましょう。

目先のことしか考えず転職してしまう

仕事内容や給料・人間関係が理由で転職を考えている場合、現在の仕事を辞めること自体を目的にしてしまいがちです。

そうなると今よりも労働環境が悪い会社に転職してしまうリスクが高くなり、危険です。

例えば「現在の年収」に不満をもっていて、収入だけを見て転職した場合、以下のような求人にあたってしまう可能性もあります。

目先の感情や利益にとらわれず、自分の将来のことを見据えて転職を考えるようにしましょう。

ネガティブな転職理由を持っている

転職中の面接ではほぼ100%転職理由を問われるでしょう。

転職理由は人によって様々ですが、「仕事量のわりに給与が低くて不満があった」「職場に嫌な上司がいてストレスが溜まり転職した」

などネガティブな印象を与えてしまう転職理由だと、企業から評価されにくくなります。

加えて、「同じような理由でうちの会社も退職してしまうのでは?」と思われてしまうリスクもあります。

そのため、例えネガティブな転職理由だとしても、ポジティブに聞こえるように伝え方を工夫してみましょう。

20代にありがちな転職理由と転職理由の上手な伝えかたを紹介します!

転職活動の視野が狭くなっている

20代男性は転職に有利とはいえ、すぐに転職が決まるわけではありません。

転職が思う様に行かない状態が続くと、焦りを感じてしまい、転職活動の視野が狭くなってしまいます。

視野が狭くなってしまうと、どこでもいいから内定を貰おうとして、興味のない企業にエントリーしてしまう可能性も考えられます。

なるべく視野を広げることを意識して、自分の可能性を狭めないようにしましょう。

転職の原因を環境のせいにしている

転職する理由を自分ではなく、他人や環境のせいにしている場合、転職しても失敗しやすいです。

「求人票と条件が違った」「イメージしていた仕事内容ではなかった」…

様々な転職理由があり、中にはどうしようもない理由もあるでしょう。すべての責任があなたにある、とは言い切れません。

しかし、その会社を選んで入社してしまったのは、まぎれもなく自分です。厳しいですが、反省すべき点はしっかり反省する必要があります。

環境のせいにするような状態で転職しても、また転職先で同じような気持ちになり転職活動をすることになってしまいます。

まずは自分をしっかり見つめ直し、反省するべき点は反省しましょう。

20代男性の転職を成功させる秘訣

転職活動はやみくもに進めていっても、良い結果に結びつきません。

そのため、転職において何が大切なのかを知ったうえで活動を進めていくのが大切です。

ここからは、20代男性の転職を成功させる方法について解説していきます。

それぞれの秘訣を理解して、あなたの転職活動に活かしていきましょう。

自己分析を入念に行う

「自分にはどのような適性があるのか」

「自分が活躍できそうな職種は何か」

「どのようなことにやりがいを感じるのか」

転職していくうえで、知っておかなければならないことはたくさんあります。

自分のことを何一つ理解していない状態で転職活動を始めてしまうと、納得できる転職はできません。

自分のことを理解するためには、自己分析が効果的です。

自問自問して、自分の特性や価値観などを紙にできるだけ書きだしてみましょう。

ポイントはできるだけ多く、かつ具体的に書き出すということです。

もし一人で自己分析ができない場合には、転職エージェントのコンサルタントや家族・友人に協力してもらうのが良いでしょう。

家族や友人相手だと強がってしまい本当の自分を出せないなら、おすすめは転職エージェントです。

明確なキャリアプランを持つ

20代の男性が転職を成功させるためには、キャリアプランを明確にするのも大切なポイントです。

仕事をしていくうえでどうなりたいのかがハッキリわかっていないと、どのような会社に転職すればいいのか判断できません。

前職を退職する理由や自分に足りないこと、今後どのように頑張っていきたいのかをしっかり考え、面接で質問されたときにも明確に表明できるよう準備しておきましょう。

また、キャリプランを伝える際には、年数や期間などを織り交ぜることでより具体的なキャリアプランを伝えられます。

発言に説得力が出るので、採用担当もあなたのキャリアをイメージしやすくなるでしょう。

転職先の企業に求める優先順位をつける

転職先の企業に求めるものに優先順位を付けることは、転職を成功させるのに重要です。

転職する理由は、人によって異なります。

年収UP、人間関係のリセット、やりたい仕事がしたい…など様々ですよね。

しかし、年収UPを一番の目的にしてもいても、できれば人間関係が良い会社がいいですし、やりたい仕事ができる会社がいいですよね。

これら以外のすべての労働条件は、できれば良い方が良いです。

人間は強欲な生き物ですから、どうせ転職するなら…と転職を希望した理由よりも多くを求めてしまいがちです。

すべてを満たしてくれる会社は、ごく一部です。

すべてを求めてしまうと、何か一つでも満たされなかった時に満足度が低くなってしまいます。

どうしても譲れない転職理由を明確にしておき、優先順位をつけることで理想の企業を見つけましょう。

エントリーする企業数を増やす

転職をする際に、企業に求める条件が多くなってしまうと、エントリーする企業の数が少なくなってしまいます。

エントリーする企業が少なくなると、その分採用される可能性が低くなるので、活動期間が長くなってしまう恐れがあります。

そのため、転職を早く終わらせるためにも、なるべくたくさんの企業にエントリーしましょう。

面接に行けば、求人やホームページだけでは伝わらない、リアルな様子を聞くことができます。

面接に行くまでは興味が無かった企業にも、生の声を聴くことで興味が湧く可能性もあります。

結果的に転職の視野が広がるので、納得できる転職ができるでしょう。

仕事を続けながら転職活動を行う

20代が転職を始めて、内定を貰うまでの期間は3ヶ月ほどと言われています。

しかし、人によってかなり異なるので、長い人になると半年以上かかってしまうケースも珍しくありません。

転職期間が長くなることでネックになるのは、金銭的な問題です。

特に仕事を退職してから転職を始めようとしている人は、貯金が無くなってしまうと、転職以前に生活ができなくなってしまいます。

そうなると、心の余裕がなくなるので、満足できる転職活動ができないでしょう。

そのため、必ず現職を辞めずに転職活動を行うようにしましょう。

転職エージェントを活用する

転職エージェントを活用することで、転職活動における様々なサポートが受けられて、不安や悩みを抱えずに転職ができます。

そのため、一人で転職を行うよりも転職エージェントを活用することで、採用率がぐっと上がります。

自分では行いにくい年収の交渉や退職交渉などもサポートしてくれるため、1人での転職に不安を抱えている人は利用してみてください。

20代男性のおすすめの4つの転職先

それではここから、転職を考えている20代男性におすすめできる、4つの転職先を紹介していきます。

転職先選びに失敗してしまうと、長期間勤務することができず、早期退職に繋がってしまうケースも。

せっかく転職したにも関わらず、早期退職してしまうと再び転職活動をしなければならなくなってしまいます。

そうならないためにも、転職先選びは自分の適正などを踏まえて、慎重に決めていくようにしましょう。

それぞれの転職先の特徴などを紹介していくので、転職先選びの参考にしてみてださい。

未経験からでも始められて高収入が狙える営業職

営業職は特別なスキルや資格を必要とされず、20代男性が未経験から転職しやすいおすすめの職種です。

特に未経験でも採用されやすい業界は以下の通りです。

営業職で学べる知識や身に付くスキルは、今後どのような仕事に就いても役立つと言われているため、一生役立つスキルを身に付けられます。

加えて営業職の大きな特徴は、仕事の成果を上げた分だけ報酬が貰える、インセンティブ手当てが付く点です。

仕事の成果を上げた分だけ、収入として評価されるので、仕事のモチベーションややりがいにも繋がるでしょう。

稼いでいる人の中には、年収1000万円を超えている人もおり、かなり高い年収を得られることも。

しかし、年収が高い分仕事量が多く、身体的・精神的に負担がかかってしまうということを覚悟しておきましょう。

また、営業にも法人営業・個人営業・ルート営業・新規開拓など、様々な営業職があるので、自分の性格にあった営業職を選ぶようにしましょう。

これから成長していく見込みが高いIT業界

市場が拡大しており、将来的に見ても成長していくと言われている業界のトップがIT・インターネット業界。

スマートフォンの普及や、5Gなどの新しいテクノロジーの採用によって、IT・インターネット業界は目覚ましい成長を遂げています。

そのため、急成長している企業も多く、年間に数十人単位で新しい人材を採用しているケースも。

また、IT業界に転職するからといって、必ずしもインターネットの知識が必要になるわけではありません。

研修や実務経験の中でスキルや経歴を身に付けていけばいいと考えている企業が多いため、ほとんどの企業で未経験者を採用しています。

今後もさらなる拡大が見込まれていますので、転職するにはおすすめの業界と言えます。

キャリアアップが見込める外資系コンサル

年収が高い業界として20代におすすめできるのは、外資系のコンサル会社が挙げられます。

一言に外資系といってもさまざまな職種がありますが、コンサルタントになることができれば、高収入も十分に期待できます。

しかし、英語力や一定のスキルなどハードルが高くなることも多いため、それなりの努力が必要。

また、外資系企業では成果主義であることが多く、結果を出さないといつまで経っても昇給・昇進の機会がありません。

最悪の場合は、クビになってしまうケースも…。

そのため、外資系企業を狙っている人はある程度覚悟を持って、転職しなければなりません。

人手不足が原因で未経験者でも転職しやすい介護職

介護業界や福祉関連の業界は、人手不足が大きな問題となっており、転職しやすいと業界と言えます。

現在の日本では少子高齢化が進んでいるため、介護サービスへの需要が高まっている一方、労働力の確保ができず人手不足を抱えています。

そのため、介護職や福祉関連の仕事では資格がなくても転職でき、入社後に資格を取得して昇進していくこともできます。

介護関連の資格を取得すれば、一生介護関連の仕事に困ることは無いため、将来的に職を失ってしまう事態に陥ることは無いでしょう。

建設業界

建設業界の営業職や施工管理はIT業界と同じように、土木や建築・電気の知識がなくても採用がされやすいです。

東京オリンピック開催や海外からの観光客向けに、建築業界は需要が高まっているといえます。

未経験から建築関係につきたい20代男性にはおすすめの業界です。

飲食・販売などのサービス業

飲食・販売などのサービス業は慢性的な人手不足のため、未経験からでも採用されやすいです。

特別な資格が必要なく、反響がダイレクトに感じられるので、人と接することが好きな男性におすすめです。

未経験からでもすぐに転職したいと考えている男性にもおすすめの業界です。

安易な転職はNG!将来を見据えて正しい選択を

20代男性は転職に有利と言われているものの、目的を持たず安易に転職してしまうと、転職に失敗してしまう可能性が高いです。

「本当に転職すべきなのか」「どういう目的を持っているのか」など、将来的なことも見据えて、転職するようにしましょう。

あなたの転職が上手くいくことを願っています。

リクらくの内定率は90%以上

20代としての転職に不安を感じたら、リクらくに相談してみませんか?

リクらくでは、一人一人に専属のエージェントが付いて、マンツーマンで転職を完全サポートします。

求人紹介・履歴書作成・面接対策など転職に関するサポートが完全無料で受けられるのも大きなポイントです。

加えて、リクらく活用者の内定率は90%を超えています。

転職活動に悩みや不安を感じている方は、是非相談してみてください。