20代にありがちな転職理由と転職理由の上手な伝えかたを紹介します!

20代にありがちな転職理由と転職理由の上手な伝えかたを紹介します!

一昔前では、新卒で入社した会社で、定年まで働くのが当たり前でした。

しかし、現代では転職が当たり前になってきていて、新卒で入社した会社を3年以内に辞める20代が3割に上ります。

それでは、転職を決意した20代はどのような転職理由を持っていたのでしょうか?

この記事では、20代にありがちな転職理由や、20代の転職市場について紹介していきます。

20代にありがちな転職理由とは?

20代はどのような転職理由を抱えて、転職を決意するのでしょうか?

20代に多い転職理由6つを紹介していきます。

他にやりたい仕事ができた

新卒で就職活動をしていたころは、まだ学生だったこともあり、本当に自分が何をしたいのかが分からない人もいたと思います。

「就職する=義務」と感じていた人がほとんどでしょう。

とりあえず、内定を貰えた会社に入社して働き始めたものの、「自分が想像していた環境じゃない」とギャップを感じることもあるはずです。

社会人として経験を積んでいくと、社会や仕事に対して、向き合い方や考え方に変化が出てきて、そこで初めて自分が何をしたいのかが見えてきます。

このように、仕事を始めてみてから自分のやりたいことが決まって、転職を決意する人の割合はかなり多くなっています。

転職に有利な20代の内に転職してしまう

年齢を重ねていくと、経験や専門的なスキルを求められるので、中々未経験の業種に転職するのは難しいです。

対して、20代前半であれば、経験や専門知識などのスキル面をあまり重視されません。

スキル面よりもポテンシャルや人柄などの人間性を重視される傾向があり、20代前半向けの求人は数が多く、企業からのニーズがかなり高くなっています。

また「若い方が転職に有利」ということを、多くの20代は知っています。

そのため「だらだらと会社を続けて年齢を重ねていくよりも、20代の若いうちに転職してしまおう」と決断する20代が多くなっているようです。

結婚を意識しだした

「現在の仕事が多忙で、月に数回の休みしかない」

「給与が低くて結婚できる環境ではない」などと、独り身の時には感じなかった会社への不満も、結婚を意識しだすと色々と見えてきます。

家族との時間をできるだけ確保したいと思う人もいますし、結婚をしたら色々と支出が増えるので、今よりも給料が多い会社に行きたいと考える人もいます。

このように、結婚を機に転職する人の割合も多いです。

給与への不満

労働者にとって、給与は仕事をしていくモチベーションの一つです。

受け取る給与が自分の仕事量に給が見合っていないと感じ、収入アップを狙って、転職する20代も多くいます。

年収アップを狙う転職は、もちろんスキルやキャリアが必要になるものの、20代であればポテンシャルも加味してもらえます。

そのため、30代よりは積極的にチャレンジがしやすいでしょう。

労働条件・待遇が悪い

入社してから月に4回しか休みが無かったり、毎日のように残業をしているなど、過酷な環境で仕事をしている人が多く存在します。

労働環境が過酷な職場で働いていると、いつの間にか仕事が中心になってしまって、何のために働いているのか分からなくなる人もいます。

加えて、仕事量に見合った給与も支払われないとなると、会社への不満がたまり仕事のモチベーションも下がってしまうでしょう。

また、最低限の福利厚生しか整っていないケースもあり、会社への不満を募らせてしまう場合もあります。

会社に将来性を感じない

「業績が不振で減給をされた」

「社員のことを大切に考えていない」

「上司を見てああいう風にはなりたくないと感じた」

など現在の会社に危機感を感じて、転職に踏み込むケースもあります。

何年勤務しても、昇給しないと判断して手炎色に踏み切る20代も多いです。

面接官に良い印象を持たれる転職理由とは?

転職理由を伝える際に、前の職場の愚痴ばかり言ってしまう転職者がいます。

転職理由を愚痴だけで終わらせるのは、NGです。

前の会社に対しての愚痴ばかりを、言っていても面接官から良い印象は持たれません。

面接官もあなたの愚痴を聞こうと思って、転職理由を聞いているわけではないのです。

そのため、転職理由には伝え方のポイントがあります。

以上の三つのポイントを踏まえれば、あなたの人柄が魅力的に伝わるでしょう

1点ずつ、詳細に説明していきます。

ポジティブな転職理由をアピールする

転職を決意する理由は人によって様々です。

やりたいことが見つかったという前向きな理由もあれば、給与が低い・人間関係が嫌になったなどの、ネガティブな転職理由もあります。

どちらにしても、転職理由は次の転職に繋がるようなポジティブに伝えましょう。

たとえ、ネガティブな転職理由だったとしても、そのまま伝えるのはあまり良くなりません。

「給与が低い」「残業代が出ない」などの理由であれば、「自分の働きを正当に評価してもらえる会社を目指したい」と言った自分の意欲の高さをアピールしましょう。

明確なキャリアプランを持つ

「なぜ転職しようと思ったのか」「なぜ前職を辞めたのか」などの転職理由は、面接の際に必ず聞かれます。

転職理由と合わせて、志望動機も必ず聞かれるでしょう。

志望理由を長々と語るだけでは、魅力に感じません。

「入社後会社にどう貢献するのか」「将来自分はどうなりたいのか」将来のビジョンを明確なものにしておく必要があります。

そのためには、身に付いたスキルや経験から自分の強みや将来性を伝えなければいけません。

しかし、どんな魅力的なスキルを持っている人でも、志望動機の伝え方が悪いと面接官に魅力は伝わりません。

そこで、数字や期限を絡めて伝えると、将来像を具体的に伝えられます。

何年後にどのような役職に就いて、どんな業務に携わっていたいか、数字を絡めて具体的に伝えましょう。

ハキハキと話す

転職理由を話す際に、退職してしまった後ろめたさから、自信を持って答えられない場合もあります。

自信が無い口調で話してしまうと、面接官から見て、話している以外に何か問題があったのではないか?などと不信感を与えてしまいます。

また、コミュニケーション能力が無く、覇気がない人と判断されてしまう場合もあります。

それを避けるためにも、面接中は常にハキハキと話すのを心がけましょう。

当たり前だと思う人もいるかもしれませんが、元気が無くて選考に落ちてしまう人もいます。

自分は大丈夫と思っている人でも、ハキハキと話すことを意識しましょう。

20代の転職者は企業からどのように見られている?

20代で転職をすることは珍しい事ではなく、多くの20代が、早期に見切りをつけて転職をしています。

中には前職の在籍期間が半年に満たない転職者もいます。

前職を早い段階で退職している20代の転職者は、企業からどのように思われているのでしょうか?

20代転職者の需要は高い

前職を早期に退職しているとはいえ、若い年齢の転職者は内定率が高く、転職先も割と早い段階で決まることが多いです。

30代後半になってしまうと、転職しようと思っても年齢的な部分で転職できないことが多いです。

しかし、20代であれば未経験者でも、仕事の成長率やポテンシャルを見込まれて採用される場合が多いです。

年齢を重ねるごとに、未経験職への転職は難易度があがります。

未経験職への転職を考えている場合には、なるべく早い段階で転職しましょう

若いほど未経験の業界にチャレンジしやすい

企業の採用基準は、20代がポテンシャル、30代が経験値です。

業務経験が少なかったり、知識が無かったりしてもやる気や向上心があれば、企業には十分にアピールできます。

また、前職でしていた業務を転職先の業務に関連させてアピールできれば、さらに内定率があがるでしょう。

1年以内に辞めている場合は注意

職歴やスキルに重点を置いていないとはいえ、前職の在籍期間が1年未満になってしまうと転職にはかなり不利になります。

企業側からすれば、どんな理由があるとは言っても最低1年以上は続いていないと、入社したとしてもすぐに辞めてしまうだろうと不信感を抱きます。

仕事に対する意欲やモチベーションが低いと判断されてしまうと、いくら魅力的な人物でも敬遠されます。

また、あまりにも在籍期間が短いと「早期離職」と括られてしまい、転職が困難になります。

よほどの理由が無い限りは、最低でも1年、できれば3年は続けるようにしましょう。

その転職ちょっと待って!20代転職者に覚えて欲しい事

転職を考えている人は、勢いで退職してしまうのはよくありません。

自分の環境を振り返り、本当に転職したほうが良いのか考えてみましょう。

転職はキャリアアップにも繋がりますが、必ずリスクもあります。

勢いで転職して失敗しないためにも、20代転職者に覚えおいて欲しい3つのポイントをお伝えします。

転職回数が多くなると転職に不利になります

先述しましたが、20代での転職は珍しい事ではありません。

転職した先が、自分にとって最良の環境とも限らないので、転職に失敗し数か月在籍したのちに、また転職してしまう可能性もあります。
転職回数が多くなると、問題がある人間と判断されて、転職難易度がかなり高くなります。

一つの企業に3年は在籍しておいた方が、転職に有利です

どうしても今すぐに転職したい、いち早く違う職に就きたいという強い意志が無い限りは、3年以上は在籍しておいた方が良いでしょう。
長い期間在籍しておくだけでも、十分にアピールできる要因になります。
また、職場を転々としているとスキルが身に付かないので、企業にアピールするポイントを持てません。

転職は慎重に行いましょう!

転職が当たり前の時代になったからこそ、転職は慎重に行うべきでしょう。
転職先があなたに合った環境とは限りませんし、転職先であなたが活躍できるかは転職してみないとわかりません。
もしかしたら、転職してみて前の職場が自分に合っていたと後悔してしまう場合もあります。
転職をしようと思っている人は、自分に転職する必要が本当にあるのか、今一度確かめてみましょう。

ポジティブな転職理由を伝えて、転職を成功させよう

転職する人によって、転職理由は様々です。

自分のスキルアップのために転職する人もいれば、収入アップが目的で転職する人もいるでしょう。

しかし、どんな理由にしても、ポジティブな要素を持たせて転職理由を伝えましょう。

転職理由は、基本的にマイナス要素を含んでいるので、そのまま話してしまうとネガティブに聞こえてしまいます。

ネガティブにならないためにも、キャリアプランを交えて、あなたの仕事に対するポジティブな姿勢を面接官に伝えましょう。

転職理由を上手に伝えて、あなたの魅力が面接官に伝われば、必ずあなたの希望する企業に転職できるはずです。

この記事を読んだ人が一人でも多く、転職に成功することを祈っています。